Ninna Nanna

ninna nanna

Ninna Nanna
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
20
評価数
4件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
MICHI HOUSE〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
36ページ
版型
A5

あらすじ

R18 「off you go」番外編。良時×密。
年末年始を色々と。

表題作Ninna Nanna

静良時(明光新聞社整理部)
佐伯密(明光新聞社外報部)

同時収録作品キスをしなくてよかった

静良時
佐伯密

その他の収録作品

  • とりのゆめ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

それぞれが口ずさむ子守唄

『off you go』番外編。

クリスマスイブの夜、おひとり様を楽しんでいた良時のところへ
酔っぱらってやってくる佐伯さん。
彼が抱えて来たのは、大きなしろくまの縫いぐるみ。
プレゼントだっていうならいざしらず、連れてきたそのいきさつに怒った良時、
いつもいつも好き勝手はさせないぞ!と厳しい態度に出るが…
そこから始まる、彼ら流の(笑)あまーい夜。
え?どうしてそうなる?と思った貴方、それはお読み下さいまし。
なんたって佐伯密だよっ!

可愛い表紙を製作された竹美家せんせが、
「佐伯さんてもう誘い受けですらなくただの変態だよね」と仰せだったとか。
ごもっとも。
もうねー、世界中の誰にも、良時にしか見せないかわいい顔だよね。
そして、その佐伯が選んだだけある良時も、常識的に見えて楽しい人ですw
夜明けの街を鉄のそりは行く…

     ☆     ☆     ☆
 
『キスをしなくてよかった』は、学生時代最後の雪のお正月のエピソード。
酔っぱらって甘える良時と、密の秘密。せつない…
チラッと出てくる、密の父のエピソードがいい。
こういうと続きころが、一穂さんの凄さだと改めて思う。

『とりのゆめ』
彼らがそれぞれ離婚する前、夫婦だった時代の佐伯と十和子。
香港で恋人だった時代の一束も、彼らしい静かな佇まいでチラッと登場します。

     ☆     ☆     ☆

タイトルの『Ninna Nanna』はイタリア語で子守唄のこと。
三編とも、寝付くのを見守る場面が出てくる。
良時が佐伯を、佐伯が良時を、そして佐伯が十和子を‥
それぞれが、それぞれを愛おしく大切にしたいと、優しく歌う祈りのようです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ