マッチ売り

match uri

卖火柴的青年

マッチ売り
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×28
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
114
評価数
27件
平均
4.3 / 5
神率
51.9%
著者
作品演出・監督
阿部信行
音楽
下總裕
脚本
外原祥子
原画・イラスト
草間さかえ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ出版〈CD〉
収録時間
73 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー通販特典:野島裕史&小野友樹キャストトークCD
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

学生・廣瀬の元に返って来た本にまぎれていた恋文。
宛名があるはずの1枚目は無く、文末の署名は本を貸した友人の名。
その友人が急に東京を去るという。それは渡せなかった恋文の所為か…?
恋文を返そうと友人を待つ廣瀬の前に現れたのは、ヤミのマッチ売り・花城。
お人好しの廣瀬に、一人ではイけない身体の花城は教えて欲しいという。
「どれ位、イイのか。後、本当に一晩で何回もイくのか」と。
性急に肌を重ねたがるのは、気まぐれなのか…それとも…。
恋文で人生を狂わされた4人の男たちの複雑で単純な恋愛物語が絡み合う――。
大人気! 草間さかえの「マッチ売り」がついに音声化!

表題作 マッチ売り

廣瀬清高 → 小野友樹

花城青司 → 野島裕史

澤陣一郎 → 安元洋貴

有原岑生 → 鈴木達央

評価・レビューする

レビュー投稿数7

一定の品位を保った佳作

トラック1の最後、警官に追われながら二人が逃げるシーンの演技も演出もBGMも凄く良くて、
これはこの良い雰囲気がずっと続くんだろうなと予感させる1枚。

実際、昭和23年、美術、文学、出版、大学などを舞台に一定の品位を保った佳作。

原作未読では場面転換や人物相関がわかりづらいし、
草間さかえ独特の雰囲気を楽しむ作品だと思うので、原作予習必須。

やさぐれた野島兄はハマリ役。
安元さんも嫌味な女将のようで比較的よかった。
か弱く悲劇的な達央は無理がある。いつものブリ声が出ちゃうね。
おのゆーさんはお上手ですね。好演されていたと思います。

本編が静かだったので、反動で、
フリトの野島兄とおのゆーさんがテンションMAXで始まったのが微笑ましかった。

安元達央組より、脇の先生助手組のほうがもっと聴きたいと思わせる出来。

登場人物全員がおキレイな身上ではないが、作品はキレイ。

0

とんだ焦らしプレイだな!

原作未読。
恋文を巡る2組(?)のお話なのですが。
原作読んでないので知らなかったんですが、これ、物語完結してないんですよね。
そして、原作もまだ完結してないとか。
なんですって!!
つまり、このCDシリーズも完結するのは当分先ということで。
あうう。
とんだ焦らしプレイだな!

さて、本編。
真っ直ぐな青年・廣瀬と歪んだ大人・花城の恋物語が軸になるのですが。
真っ直ぐな廣瀬は感情面でもちゃんと真っ直ぐ。
素直で攻だけどなんだかかわいい面も多い。
それに対して花城はかなり歪んでるというか。
それはこれまでの人生経験のせいもあるんだろうけど、そういう過去があるから現状においても「いつか壊れてしまうもの」というように見ている部分もあって。
素直な気持ちを吐き出すよりも今を楽しむような部分もあったり。
「ヤミのマッチ売り」の仕事(?)とかしてたりもするけど、廣瀬に対しての愛情みたいなのはすごく深い。
すごく惚れてるんだなっていうのがなんか感じられる。
そして、廣瀬もそれに値するイイ人物なんだなと感じられる部分は非常に多くて。
そういう優しさが花城には沁みる続きんだろうなぁ。
一方の澤と有原。
個人的には断然こちらの方が気になるのですが。
有原はどこか儚くて嗜虐心を煽るような部分もあったりして。
これまでにいろんな体験をしてきたようですが、この先が気になるところ。
澤は実は一番歪んでるんじゃないかと思わせられるような常に含みのある感じの口調ですね。
有原の弱みを握ることで関係を持ったりもしてますが、強引ではあるけど無理強いではないというか。
加虐的な感じではなく、そういう点では優しい面もあったり。
花城の歪みは歪みつつも、廣瀬と接することで純粋な気持ちとか取り戻しつつあるような感じもあるのですが、澤も有原といれば変わっていくことができるのでしょうか?

CDでは音の世界ということで、その中でも戦後のノスタルジーを感じさせる雰囲気のある音作りで非常にステキでした。
裕史さん(野島さん)の花城はぶっきらぼうな感じもありつつ、どこか気怠げな色気みたいなのもある声。
小野くんの広瀬は大型ワンコみたいなかわいい…まではいかないけど、青年のわりにはわりとやさしいというか若そうな声。
安元さんの澤はとにかく常に含みのありそうなねっとりとしたちょっとスローテンポな感じの声。
いつもの安元さんの役ほど低いトーンではないけど、なんかねちっこい感じがします。
たっつん(鈴木さん)の有原はかわいいか細い繊細系。
時々あるたっつんの全面的にかわいい方の声です。
次はいつ出るんでしょうか?
あー、早く続きが聞きたいです!!ߗ

2

昭和初期の音がする

このCD,、実は原作を読む前に買いました。
原作無しだと、ちょっと人間関係とかわかりにくいかも?
私はよくわからず、「難しそうなお話やなぁ」という感想でした。
そして、非常に中途半端な終わり方。
あぁ、これ他の作品でもあったな、「ここで終わり?」ってCDが。
とりあえず、次が出るまでの我慢ですね。

もしも原作読まずにこれを評価すると…いや、評価できませんです、ハイ。
少なくとも私には無理☆
ただ、この声優さん達の妙な色気が凄かったです!
小野さんは買った頃、これの前には一作くらいしか聞いたことが無かったので。
この人はなんて色っぽい声なんだろうなぁ、と思いました。
そして、原作を読んでから思ったのは、澤役の安元さんがピッタリ!
もう、漫画読みながら安元さんの声で噴出し読んじゃってました、脳内で。

CD内は特に、澤の台詞がとてもいい!
彼がとても際立っていました。
原作読んでからは何度も聞いて、ここいいなぁ、ここ楽しいなぁ、と発見がいっぱい。
有原役の鈴木さんがいじめられてるシーンも、非常に色っぽいです。
そして背景に流れる昭和の様々な音(汽車の続き音、マッチを擦る音など)、メロディの素晴らしさ。
これは音源でないと表せない世界観。
お見事!と思いました。
関係ないですが、子供の頃の趣味はマッチ集めw
あの擦る時の音がたまりません!

ちなみに、おまけCDは。
小野さん野島兄さんのテンションがものすごいので要注意☆
ギャップにあてられてしまいました…。
あ、これは同じ声優さんが主役の他の作品でも同じ現象が起きていましたww

1

このキャスティングを受け入れられるかどうか

こちらでは評価が高いですが、意外と賛否両論のようであるこの作品。
どうやらキャスティングが受け入れられるかどうかで評価が大きく変わるようですね。

私は残念ながら受け入れられなかった側なようです。
いい役者さんぞろいであるし、いい作りだと思うのに。

廣瀬は私の脳内では羽多野氏でしたが(すみません・・・)、小野友さんの廣瀬は良くマッチしていたと思います。
擦れてなくてまっすぐな性根を持つ学生さんが、花城に心捕らわれて少しずつ変わっていく様が見て取れました。

野島兄さんの花城はちゃんと色気あっていいと思うのですが、もう少し奔放さが足りない気がしてしまう・・・。
野島兄さん本来の性質なのか、どっか生真面目さが出てしまってるように感じてしまって、惜しいと思ってしまいました。
ただトラック3あたりからは俄然花城の持つ本質の可愛らしさがよく出てて好きでした。
個人的に花城は好きなキャラクターなので、目線が厳しくなってしまってるとは思うのですが。

澤@安元さんは、澤にしては渋過ぎる向きがあると思うけど、これはこれでよかった。
声のバランスを考えても、安元さんでよか続きったのではないでしょうか。
なんかもう、花城と廣瀬のイチャつきにいらっときてる感がいい。
澤は澤でかわいい人だなーと思えるのです。

一番あらっと思ってしまったのが、有原@鈴木達央氏。
恐らく鈴木達央氏の出すこの声質が、私好み出なかったのだと思います。
心は違うところにあるのに身体を持っていかれてしまう切ないHシーンの巧さは流石でしたし、他にもいい演技あるにも関わらず、有原と思うには私のイメージとはかけ離れてたようです。
鈴木たっつんがやるなら原作とはズレてしまうけれども、有原の持つ悪く言えばなよなよしさ成分を減らしても良かったのでは?
無理に弱々しさであったり可憐さを出そうとしてるようで、むむむと思ってしまうのでした。
そう思ってしまう自分が哀しい!

野島兄さんと鈴木達央氏の役は逆がよかったな・・・。


音作りは昭和な雰囲気を醸し出すにはとても良いものであったと思いますし、
演出も悪くなかったと思うのです。
配役が残念としか、私にはいいようのない作品となってしまいました。
しかし、きっと2作目も出してくれるでしょうから、その際にはもっとこなれた印象を持てるのではないかなという期待値もこめて、星3つとさせていただきます。

4

あぁぁぁ

こんなとこで終わっちゃうのね、、、、。

ドラマCDとしてのクォリティはとっても高いです。
でも、ここまでしかお話は進まないのね(T-T)
原作の方も進みがゆっくりで、けっこう途方に暮れていたから、このドラマCDで、なんとかもうちょっとアレな気分になれるかなぁって期待していたのに、更にうあぁぁぁな気分というか、欲求不満がたまってしまう。
もう、これは、次を待つしか、ちゃんと次を出して頂けるのを信じて待つしかない。

ドラマCDの出来としては、音楽といい、効果といい、そして声優さんの演技といい、
全く文句はありませぬ。
ただ、ここは一点、原作との兼ね合いもあるでしょうが、完結していない作品を、こんな欲求不満で悶々とさせるような形で聞かされちゃった、この、行き場のない悶々で萌ひとつマイナス。

2

主役キャラと脇キャラの遣り取りが楽しい♪

待ちに待った野島兄さんの花城さん。
期待通り、いやいや、期待以上でした!
そして、澤さん役の安元さんがすごくステキでした。
試聴した時は、ちょっと声が低すぎるかなあと思ったりもしたんですが、あの低い声がドラマの要所要所でアクセントになっていて、ドラマ全体がきゅっと締まった感じがしました。

内容については、原作に忠実にCD化されていて、がっかりする部分が全くありません。
細かい手書きのセリフもちゃんと音声化されてて嬉しかったです。
ラストの+αの部分もオチがついてて、音楽と相まってキレイに終わってます。
その上、4人の主役たちの声が、個々に聞くとそんなでもないのに、ドラマになると完璧にはまってました。
野島兄さんと安元さんは大人組、小野友さんと達っつんは若人組、すばらしくピッタリです。
さかえさんのマンガは、モノローグが極端に少なく、そのモノローグも尻切れになってたりするんですが、このシリーズは廣瀬と澤さんにモノローグが多く、それがストーリーの鍵になってると思います。
それでも、原作片手に…でないと、わかり辛い部分が多いかなあと思います。

原作を読んだ時とC続きDを聴いた時とで、確実に印象が変わった(それも良い方に)場面は、脇キャラと主役たちとの遣り取りです。
とにかく、脇キャラの印象がすごくいいんです。

雪に濡れて身体が冷たくなった花城さんと廣瀬。
花城さんの会社のあるビルの地下、ボイラー室で管理人のおじさんにお風呂を借ります。
その時の、おじさんと花城さんの遣り取りが、サイコーに大好きです。
まるでジ●リです、ほのぼのしいというか、管理人のおじさんがすごくかわいいです。
廣瀬が持っている有原の書いた手紙を、盗み見する花城さん。
「いけねんだー」と管理人のおじさんの微妙に間延びした声がすばらしい。
そしておじさんの前じゃ、思いっきり素に戻る花城さんが子どもみたいで楽しい。
ボイラー室の蒸気の音、ラムネのビンの中のビー玉の音。
すべて臨場感があって、目を瞑ると情景が浮かんできます。

もうひとつ、澤さんが有原を連れて支那そばを食べに行き、その後、連れ込み宿へ。
連れ込み宿の女将さん・志緒さんがまたかわいらしい。
翌朝の有原との遣り取りが、これまたジ●リっぽい。
小さいときから澤さんを知ってる志緒さんは、有原に澤さんの過去や人となりを語ります。
そしてお願いするんです。
「帰るなんて勿体無い事言わずに、ちょっと考えてみちゃくれないかい」
それに対して、有原の真面目な返し。
「思い返せば面倒見は悪くないと思いますが、嫌がらせを受けた方が多いです」
その後の志緒さんの笑いがおかしくって、つられて笑ってしまいます。

さらに、先生がすごくいい感じで、ホントにピッタリです。
狸オヤジっぽいというか。助手との遣り取りも秀逸。
それ以上に、澤さんとの電話での会話が、狸と狐の化かし合い…楽しすぎます。

音楽も素敵!
バンドネオン(アコーディオン?)だったり、小編成のラグタイムだったり。
昭和初期の時代っぽい音楽にやられました。

私の中では「ジ●リっぽいBLCD」=名作確定です。
何度でも聴きたい、そして続きが待ち遠しいです。

5

晴々

>東雲月虹さーん
わー、コメントありがとうございます!!初コメント…すごくうれしいです♪♪
東雲さんの仰るように、全体的にすごーく大人っぽいけだるい感じなのに、ちょいちょいジ●リっぽいのが入ってきて和むんですー。
管理人のおじさんや志緒さんの中の人セレクトが絶妙ですよね♪
もちろん、絡みは少ないけれどやらしーい大人の雰囲気が出てますよね(涎~)
続き、私も早めに聴きたいです!!

東雲月虹

晴々さん、こんにちは!
ジ●リっぽい、とはうまい事おっしゃいました!!
そしてボイラー室のあの熱がこもっているような音や、
ラムネの音等、本当に素晴らしかった!
更に先生の喰えない感じ、ぴったりでしたよね!!
作品への愛が伝わる素敵なレビュー、ありがとうございました!

とても丁寧な作り!!

ほぼ原作どおりですが、
未読だとしんどいのではと思います。
BGMがレトロで、草間さんがお描きになった世界観と
この作品の時代に合ってます!

トンネルに立ってた花城のフ○ラ音、いやらしいーー!

澤に安元さんはどうだろうと思っていましたが(すみません)
冷たいどっしりしたトーンで
根性ひん曲がった感じが絶妙w
廣瀬を何度も「素人童貞」呼ばわりしていて吹いた!
…まぁ、自分の方が花城に早く出会って好きになったのに
体で満足させられなかったという苦い過去もあって
廣瀬が気に入ら無すぎなのもわかるけど…。

花城が雪の中待ちぼうけをくらったシーン、
湿度が高い雪が降ってる音までして細かい!
さすが…阿部信行さん…!!(涙)

下宿で澤に見つかった時の有原、もっと慌てるのかと思ったら
気の弱い有原らしい気もしました。
鈴木さん、いかにも線が細そうな色白っぷり、
純真そうでお上手…。やはり演技派です!

「誰だか知らんが目に物見せてくれらあ!!」が
ここはすごく男らしかった野島兄さんは全体的に色っぽい!!
こんな美人な阿婆擦れ、たまん続きないw

小野さん演じる廣瀬の年下ワンコ、優しくて真面目で好きです!
会社の資料室でヤるところのモノローグが特に!!
そして事後嬉しそうで廣瀬を愛おしくてたまらないというふうな
野島兄さんの「平気でよかった」にはきゅんとしましたよー!

澤が雪道を歩くざくざくと言う音、
聞き慣れていますがうまい!
本当に、細かいところまで…と感動します。

コミックス『やぎさん郵便』に掲載されている
第11話の途中まで(+ちょっとアレンジ)ですので、
充実感がありました。

原作片手にじわじわ出来るし、
なんといってもSEの細かさが素晴らしい!
絡みが激しいとかじゃないのですが
雰囲気がしっとりしているので大人のCDという印象です。
まるで映画を観たような気持ちになりました。
続きも是非早めに聴きたいです!
(勿論原作の方も早めに続きを…w)

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ