ヒマなのでハジメテみます。

hima nanode hajimetemimasu

ヒマなのでハジメテみます。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神36
  • 萌×251
  • 萌38
  • 中立5
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
30
得点
503
評価数
137件
平均
3.8 / 5
神率
26.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403663772

あらすじ

幼なじみで同じ大学に通う俺と希(のぞ)は、一応お付き合いしてて、同居もしてる。 そう、同居。
同棲、といいきれないのは、俺らはまだヤってないからだ!
のぞはいつだってサカってるけど、サカリと恋の間には、深ぁ~いギャップがあって……。

左京亜也が描く、フツーの男子の、フツーくないバイバイDTダイアリー!!

表題作ヒマなのでハジメテみます。

大学生 中津川希
大学生 天野凛太郎

その他の収録作品

  • ヒマなので屋上にいます
  • ヒマなので気が付いてしまいました。

評価・レビューする

レビュー投稿数30

好喜欢这种纯情中又有色气的故事啦

最喜欢初恋的故事啦,现在也在收集这种攻方很纯洁,对受方超级痴情的漫画

0

かわいい話だけど

ちょっとお馬鹿な希とそれを甘やかす凛太郎。
希が凜太郎に依存しまくっているように見えるけど、実はヘタレな希の世話を焼くことで希を自分のものにしている凜太郎の方が依存しているのかも。
まぁお互いが好き好きで幸せならいいのではないでしょうか。

個人的には、なんで凜太郎が受け??とそこがひっかかってしまいました。
可愛いお話だけど、一度読めばいいかな。

クロネコシリーズ好きとしては黒猫バックに反応してしまいました(笑)

0

アホの子を受け入れられたら

 クロネコ彼氏の続編がもうすぐ発売の左京亜也先生。あとがきによるとこの作品は少女漫画の読み切りから始まったそうです。右京あやね名義で描き始めた「もにゃ」っとした読みきりで匂わせて、大学進学を機に『ハジメテみます』とBL誌に移したそうです。内容とタイトルの意味が繋がらなかったのですが、そこがタイトルになっているのかな!?
 希は真正アホの子なので、この子を受け入れられたらこの作品は面白いんだと思います。私はアホの子はあまり好きではないので、うう~んって感じだったんだけど、少女漫画で始まったという1話の『ヒマなので屋上にいます。』がとてもよかったので、わりとさっくりと受け入れられました!この時点では匂い系な二人なんですが、ニアと高校生と屋上が合わさって、なんとも言えない微炭酸のしゅわしゅわした甘酸っぱさが漂っていて好きでした。
 大学に進学して同居を始めてからの二人は、希のアホはパワーアップしてるし、相変わらずぐずぐず泣くし、うざいことこの上ないんだけど、1話の『屋上にいます。』で受け入れちゃっているので、アホも可愛く見えてしまうし、それ以上にいつも無表情な凛太郎が悩む姿が可愛いし、見続きた目を裏切る攻め受けもいいね!アホの子が受けたらアホすぎて甘すぎて駄目だったろうな。最後の最後でもしやリバ!?との期待もあったけど、この二人の場合はリバじゃなくて正解かな。希が大人になってアホの子を卒業してからに期待します^^
 ところで、地雷のない私としては、こう言う作品は攻め受けの記入はないほうが楽しめますね。うっかり見てしまってからだと楽しみも半減してしまいます。でも地雷持ちの方には表記が重要ですよね・・・難しい(>_<)

2

ヒマ?

タイトルと内容が結び付きません。
二人はいつも、お互いの事で忙しそうです。
読み終わった時には、タイトルの事なんて忘れていたくらいです。

アホでエロくて、美人で凛が大好きな攻めが可愛くて良いんですが…どうしても、他の作品とキャラが被ります………。

凛の希への行動は子供っぽいけど好きでした。
ゴミついてるよって、えっ?そんなこと言ったら女子を敵に回しちゃうじゃ……ってハラハラしました(笑)

でも、凛に取ってはもう敵でしたね。

3

作者は大好きです

クロネコ彼氏シリーズは毎回楽しませて貰っています。

しかし、この作品はどうやら攻めの性質が
個人的に合わなかったようで
楽しむことができませんでした。

私の中では左京さんの攻めは
・受けのことが好きで執着する
・なのに結構ひどいことする
・オトコらしい美形

この3点に萌が集約されているので、
分かりやすく受けが好きでべったりするタイプ
また、可愛らしい感じの顔立ちがどうにも苦手です。
まだまだ私自身BLを楽しむために修行したいと思います。
奥が深いです…。

1

泣き虫攻め

幼馴染もので、童貞同士。
そう、私の大好物の童貞攻めであります。

ちょっとのことでもすぐに泣き出す、涙腺激弱な情けないヘタレ攻めと、そんな頼りない攻めをまるごと受け止めてあげる、しっかりものの男前受けのお話です。
全体的にほのぼのしていて、実に私好みでした。

あとどうでもいい話なんですが、作中で凛太郎が着ていたあの何ともいえないパンダのTシャツなんですが、「クロネコ彼氏のアソビ方」に登場する真悟も同じようなものを着てましたね(笑)

1

可愛らしい大学生デビュー

とても器用な作家さんなのですね!
「クロネコ~」でエロエロを描かれたと思いきや、こちらは幼なじみの純愛路線。
しかもこちらの1話めは、別冊マーガレットで発表されたものとのことで、内容はどうみても男の子同士の恋愛だとは思うものの、非常に少女漫画らしい画面使い。
そこから途端にBL漫画らしくなるので、その差が面白かったりします(笑)

でも正直、少女漫画風な1話めが大好きです。
高校生時代の友情と恋愛の間でくすぶってる様がなんともよくて、それでも何をするでもなしに一緒に居られる今が、彼らにとっては大切な時間であるんですよね。
そんな屋上にいる毎日の一部を切り取った、とても印象に残るものでした。

BL漫画になってからは、どう彼らが気持ちに折り合いつけてエッチに持ち込むか♪…いや、ちゃんと心も身体も両想いになるかがメインとなってくるわけですが、
凛ちゃん一筋なわんこ・希(攻)はともかくとして、ツンな凛ちゃん(受)が途中から妙に可愛くなっちゃうのが、私としては残念だったかなぁと思います。
彼の心の葛藤描写はよかったと思うのですが。

エッチシーンは、どれも可愛くてエロ続きくて大好きです。
気持ちよさが伝わるし、顔の角度とか体位とか素敵!
特に萌えたのが、ヌキっこシーンw

しかし、さらっと読めすぎてしまい強い印象を持ちづらかったので、この評価で。
でもこの作者さんの器用っぷりは、私の素人目線からしても、本当に凄いと思います!

1

可愛いワンコ攻め

まさにワンコ!ご主人様をみたら尻尾ふって喜ぶワンちゃん!もうそうしか見えないってくらい攻めくんがワンコすぎる(笑)
可愛いよ・・・うん・・・可愛い・・・でも、ちょっとなよなよしすぎかな~?!
攻めでエッチの時は自分で色々調べて積極的だけど、なんだかなよなよしてる印象が・・。
受け自身もなかなか自分の気持ちに整理がつかなく、煮え切れないって感じの印象・・・
そして、攻めくんの姉がちょっと・・・私的にはそこは大学の同級生とか、身内じゃなくもっとほかのキャラであて馬的な感じで登場してほしかった・・・。
臨月で産まれるって・・・でも、この姉出産で攻めくんのテキパキ感がみれて、実はやればできる子!って感じにも思えました(たぶん受けクンも同じ気持ちだったはず!!)

2

おさななじみ同居もの

ヘタレ泣き虫ワンコ攻×世話焼きオカン系受の幼なじみ同居もの。
1話目の高校生編は少女漫画誌に掲載され、2話目以降の大学生編からBL誌に連載されてそのままBLコミックスとしてまとめて出版されたという大変めずらしい経緯の作品w

攻も受も嫉妬深いんですが、なんていうかふたりとも嫉妬の仕方とか方向性がちょっと女々しいというかあまりにもコドモというか…うーん。
ふたりともあまりにも恋愛脳?すぎて…私には共感できる要素がなかったw
絵柄はとてもキレイで、エロシーンもわりと局部描写が直接的にしっかり描き込まれている方wですが、なぜだかあまり色気を感じない…

うまく表現できませんが、全体的に日頃少女マンガを読んでいる若い人たちの層向けの作品なのかなぁと思いましたw
もちろん個人差や個人の好みはありますし、あくまでも私個人の感想ですが、
コアなBLファンの層の方にはもしかしたらなにか物足りなく感じられるかも?

4

萌×2な作品だと思うのに…付けてしまったのは中立⁉

クロネコが凄く良かったので、この作品も読んでみたんですけど…ん〜私的に評価に悩む作品です。

画力といい、ストーリー展開といい、キャラ設定といい、どの部分をみても高評価だと思える作品です。
でも、実際に私が出させてもらった評価は中立…。
自分でも矛盾していると思うから、何故なのか…納得できるまで、何回も読み返したものの…
やっぱり中立(笑)

ずっと、読んでいる間、モヤモヤが引っかかった感じで、読み終わってもスッキリしなかったんです。
面白い良い作品だから、高評価をつけたいのに、自分の正直な評価とは相反してしまったんです。
そんな自分自身を、残念に感じてしまう作品でした。

ストーリーは、シリアスな展開もあるんですけど、全体的にはコミカルな感じ。
もちろんエロいんですけど、クロネコよりは、可愛らしいライトなエロといった感じでしょうか…。

可愛らしいアホ系な希 × しっかりオカン気質な凛太朗の大学生同士&幼馴染もの

凜太郎は大学生になり、幼馴染の希と同居⁉ 同棲⁉ することに。
幼い頃から、何をするのも、いつも一緒の2人。
凜太郎は希を可愛いと思っ続きているし、もちろん、希も同じ気持ちで、普段から『凛ちゃん、好き〜好き』っていう感じ…
しかも、凜太郎を見てるだけで、勃ってしまうくらい意識し始めちゃって…さあ大変(笑)
そんなわけで、凛太朗も意識し始めて…
最初から、こんな状態で同居生活なんて送っていけるのか…⁉
そんな初々しい童貞な2人が、お触りっこから始まり…恋人同士になるお話‼
凛太朗の姉(人妻妊婦)も乗り込んできて…さあどうなるのか⁉

まだ左京先生の作品は二作品目ですけど、本当に上手いな〜と驚きます。
ノーマル同士っていうところを最大限に生かして、のびのびエロを楽しんで描かれているのが伝わってきます。
さわりっこに、素股シーン。
慣らしている場面だったり、シャワー浣だったり、初Hまでの段階や、念願の初Hシーンも…
初々しく、エロく、普段お目にかかれない、細部のシーンまで描かれているから、凄いなあと思います。
リアルで新鮮だから、面白いこと間違いなしだと思います。

そして、可愛らしい表情、色っぽい表情、せつない表情…いろんな表情が丁寧に書かれていて、心を掴まれます。
そんな感じで、上手く展開していくので、グイグイ引き込まれて読んでいけるわけなんですけど…。

読み終えて、レビューする段階で迷って×2、しまったというわけなんです(笑)

クロネコのインパクトが強過ぎたのもあるのかもしれません。
美しい絵柄は同じなんですけど、今回の絵柄の雰囲気は、画力の素晴らしさは感じるものの、可愛らしいイメージ。
一番最初のお話が、少女漫画誌に掲載されたものだった事も、ニアさが強調され過ぎてしまっていてダメだったのかもしれません。

そして、いつもながらの自分の早合点も原因かと⁉
表紙のイメージと、実際の中身が違っていたもので(笑)
攻受が想像と逆だったんです…すみません。
そんなものだから、キャラのギャップ間でも、最初から動揺があった事も原因かと⁉

凛太朗は受様でも、普通にツンで、可愛らしい感じのタイプで大丈夫だったんですけど、
希のギャップが衝撃的だったんです。
普段、長身&長髪でおねえ系が入った可愛らしい攻でも、
アホ系でヘタレ系攻でも、大丈夫な方なんですけど…
何だろう、早合点でギャップを感じてしまった事で、ややイラっとさせられてしまうキャラになってしまったんですよね‼

そんな気持ちがなければ、最後に凛太朗が男らしい面を見せてくれるシーンでも、素直にギャップ萌を感じられたとは思うんですけど…
すでにギャップを感じていた自分には不効果でした…(笑)

上手く伝えれていないと思うんですけど、良い作品なのに、自分が台無しにした事が、残念な評価に繋がってしまったというわけなんです…。
かといって、引っ掛かりを感じたまま高評価にも出来ずに…
素直な自分の感想のまま、中立と中途半端な結果つけてしまった次第であります。

それにしても、けっこう皆さん高評価な様なので、私みたいな失敗した読み方はされてないんだろうなあと…本当におっちょこちょいでありました。

毎回爆笑だったのが、お互いに、Hのやり方を調べていて、そのくだりが、『インターネットてべんりだね』って…(笑)
確かに便利ですもんね(笑)
結構好きなシーンでした。
あと、危うしリバ展開もあって笑えました。

クロネコの左京先生のイメージで読んでしまうと、ややハードルが高めになると思うので、失敗するかも⁉
最初はニヤ作品だったことも念頭において、少女漫画たっちの可愛らしい、ライトな作品だと思って読まれた方がいいかもしれません。
あとは、キャラの好みの問題さえ大丈夫なら楽しめること間違いなしだと思います。

お話は、軽快で明快な普通に面白い作品です。
評価は中立にしていますけど、
ぜひオススメしたい作品です。

5

左京さん、初読みです!

とても有名な漫画家さんだと言うのに、今更ですみません;;
綺麗な絵でエロい、というのは存じ上げておりましたが
いやー、あんまり猫に反応するタイプではないのでつい……。

でもせっかくだから読んでみようと手にとったところ、
少し苦手なアホの子攻めでした(泣)
やたら泣くし、いくら一途に受けを好きでも、
ワンコ気質でもどーなの??と思いながら、
「凛ちゃんの脇を見てたら勃っちゃった」とか笑えましたし、
Hは気持ちよさげで色気があるし、楽しめました!
受けを好きすぎるお話というのはやはり良いものです☆

ほだされ、独占欲を覚え、自覚は遅くとも
しっかりのぞに惚れていたんですものね…。

後半の「俺が誰か他の人を好きになればいいと思ってんの」と言われ、
泣いてしまう凛がいとおしかったです。
あれだけずっと一緒にいて、好きだと言われ続け
今更知らない誰かになんて渡せるはずもないのに
一緒にいられなくなるからやめようだなんて。
言った本人も言われたのぞも傷ついたけれど
のぞのお姉ちゃんの緊急事態で救われて良かったw

ただ頼りなくてバカか!と思っていた続きのぞが
あんなに的確な行動をとれる男だったとは…!!
ギャップに惚れなおしてもしょうがないですね。
挿れた途端イッちゃうのは早すぎだとしてもww

私は通常、リバップルだったらものすっごく嬉しいのですが
凛がDTだとしても、いっそいんじゃね??
散々喘がされて溺れてればいんじゃね??
って思ってしまったカップルでしたw
(だってあんなに気持ちよさげだったらさ!!)

そして黒髪のツンデレは自分にとって萌えツボだなと
再確認させられました♪
&、インターネットって本当に色々と便利だねwww

3

ワンコ×ツンツンデレ

幼馴染の二人の高校生~大学生までのお話です。

高校生編の二人はピュアかつ高校生らしいヤキモチでキュンキュンしました。
ワンコが女の子からもらった手紙をラブレターと勘違いした受けがヤキモチでプンプンしてワンコが困り果てるのですがなんとそれは受け宛の手紙だった。
それを知った受けは手紙の中身も見ずにワンコから女の子へ返すよう言います。
ツンデレじゃねぇか・・・・・。ワンコはいつもでれでれ甘ったれで可愛い・・・・。
大学生編は二人が同居するという急展開(笑)
ワンコのお姉さんがデキ婚したことで大学で家をでる予定のツンデレにワンコを押しつけられます。
がしかし、このお姉ちゃん自分勝手(笑)
萌えたいのにお姉ちゃんくそ邪魔(笑)
おかげで二人はケンカになってひと悶着あります。
がしかし、お姉ちゃん一切反省なし(笑)こいつなんなのーー?な感じでした。
ん~。今後も気になるけどこれで終わりなのかな?

3

長髪でよく泣くワンコキャラって…

泣き虫でヘタレで甘えたのワンコと一見無愛想だけど面倒見のいい幼馴染のほだされ愛。
一途でグイグイ押すようなワンコキャラが好きな人は楽しいかも。

個人的に長髪でよく泣くワンコキャラって苦手なのでイマイチでした。鬱陶しいしウザさが先に来てどうも魅力的に思えない……
でも、意外とモテるけどそこんとこ鈍感な受キャラが、他人にちやほや構われてるワンコをみて無自覚にヤキモチ焼くのは微笑ましかった(*´∀`)
不本意ながらほだされてく受は可愛いですね。

あと、どういうわけかこの作家さんのエロシーンにエロスを感じないのが残念でした。
割りと局部もちゃんと描いてるタイプのエロシーンなのに…なんでだろ…トーンの貼り方かな…しなり方…形か…?…と局部の描き方にも個性ってあるんだよな……とくっだらないことをあれこれ考えた作品。笑

《個人的 好感度》
★★・・・ :ストーリー
★★・・・ :エロス
★・・・・ :キャラ
★★・・・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成

3

地雷がありましたが左京さんなら大丈夫(笑)

左京さんの作品は絵がとても丁寧で
作品を読むというより
堪能しながら眺めるという印象です。
今回も絵が綺麗だったなぁ~。

そして、のぞ(攻め)、可愛い!

王子様のようなルックスなのに
凛ちゃん(受け)が大好きで、
一緒にいるだけで、尻尾フリフリ。
こんな絵に描いたような可愛いワンコ
(いや絵に描かれているのですが…)
なかなかないんじゃないかな?

女の子っぽくラブリーなのぞですが
決してオカマ方面の男子ではなく、
れっきとした男です。漢・攻めです。
凛ちゃんを想う気持ちは誰にも負けず
時には意地悪をして、女の子からの手紙を
取り次がなかったりもしちゃいます。

一方凛ちゃんはツンデレ。
しょうがねーなーという体を取りながら
いつものぞと一緒にいる。
なんだかんだで体も許す(笑)
何となく流されているわけじゃなくて
ちゃんと昔からのぞを好きだったことが
伝わって来るのが良いです。

で…、
あー、出て来ちゃったか~というのが
のぞの姉です。
二人がいい雰囲気になると
計ったようなタイミングで邪魔に入り
読んでいてこ続きとごとく白けます。

私は、主人公の姉妹が出て来て
意図不明の邪魔をするという展開が
地雷なので(すごくよく見ますよね)
お話を引き延ばしたいのであれば
他のエピソードにして!!と
この場を借りてお願いしたい位です。

ただ、左京さんの美しい絵の前には
地雷もかすみます。
何とか萌えが1個残りました。

4

何度も読み返したくなる可愛さ


左京先生の絵が好きなので購入しました。

幼馴染同士のいちゃらぶ。
アホの望と世話する凛太郎の距離がどんどん近づいて、
一瞬離れて、結ばれる話。

題名からして軽い内容なのかなと最初はスルーしてたのですが、
意外に読み返せるし、1冊全部その話なので癒され楽しめる作品でした。
ページを追う毎に凛太郎の甘い顔が増えていくのも可愛くて良かったです。

4

期待を裏切らない出来に満足!


ヘタレ攻め×ツンデレ受けのとっても可愛いお話でした。
表紙のカラーもとっても綺麗です。

クロネコの後に読んだせいか、中々進展しない二人の関係が少しもどかしかったですが、
相変わらず絵は美麗だし、ストーリーもしっかりしてるので、安心して読めましたw
もちろんHもエロエロでよかったですw
ここの評価ではエッチ度が標準になってますが、個人的にエロエロだと思うんです!w
描写が濃いんですよね~vv

クロネコに引き続き本作でも、ツンデレ受けが本当に好きなんだ!と改めて実感した一冊でありました。
最初はしっかりしている受けが段々と懐柔されて可愛らしくなってく姿が素敵です。。
そして黒髪ってところもドストライクでしたw

ただ評価はクロネコよりもちょっと萌えが低かったので萌×2にしました!

4

インターネットって便利だね(笑)

ハジメテ読んでみました、左京亜也さん。

カッコいい黒髪男子にキュッとしがみつく長い髪の可愛い子。
ふたりを彩るパステル調の表紙。
少女マンガだと間違えて買ったら幼なじみDT×2のモダモダ話ってビックリする人が出そうな感じ。

プロローグ的な高校時代を描いた【ヒマなので屋上にいます。】

幼なじみのアホっ子・希の面倒をみてきた凛太郎たちは高校生になっても変わらず、希は凛太郎に心身ともにぺったり寄り添っています。

あとがきで知りましたが別名義で少女マンガとして掲載されていたんですね~。

ふたりはもやもや~んとしたままでしたが屋上を見上げる希の視線は確信犯。

そこにいるであろう凛太郎へ投げる意識された上目遣いに撃ち抜かれました。

そしてタイトルの本編では大学生になり同居を始めた彼らですが、サクッと一発ヌく希のBLシフトチェンジの見事さにウケましたw
この時点ではまだ幼なじみなのに!

つか、表情も体のラインもアングルもエロ~!
ハジメテ読んで興奮してます←
でも驚くのはまだ早かった…だって、ちんこ修正のテクニックが神業!
手書き文字の擬音も卑猥ですw

魅力は絵だけじゃなくてキャラ続きクターたちのバランスの良さ!

凛太郎目線で進むので彼の戸惑い→確信→葛藤がすごく細かく描かれてました。

自分をエロい対象として見る希を嫌だと思わない自身に戸惑い、女の子たちに隙を見せる彼にイラつき、想いを自覚する凛太郎。

曖昧な関係のまま流されるように性欲を満たす(手コキだがw)自分をずるいと思ってしまう凛太郎の真面目さと希に対する素直じゃない言動が可愛いです。

希は幼い頃から、ところかまわず泣くし最近は勃たせてるし(笑)

それを凜太郎にストレートにぶつけてくるんですが、凛太郎としては『大好き』は幼い頃から聞き慣れているので真意をはかりかねているんですよね。

自分は希にハマっていることに気づいてしまった分、グルグルしてしまう凛太郎…幼なじみって『ちょっとだけ負けたくない』自分が存在します。

ヘタレなアホっ子がエッチの時だけはアグレッシヴでイイ仕事をするシチュが大好物なので大満足!

「おしりこっち向けて?」の雌豹ポーズがエロかった…無意識な挑発の威力って爆発的。

描き下ろしでは凛太郎の妖精脱出計画ならず(笑)

担当さんとのやりとりが面白くて、そんな左京さんの他の作品も読みたくなりました!

5

わんこ攻め

幼馴染カップル。

のぞが小さい時から凛太郎と「結婚する!する!」って一途な所は、可愛いような、バカな様な。
バカでエロ要素高めな、ワンコ攻めが好物でしたので、私にはドストライク。
欲を言えば、もう少しのぞと凛太郎の心境の変化というか葛藤を書いて欲しかった気もしないでもないけど。これはこれで満足でした。

受けがDTのまま…たしかに、言われてみたら、使わなきゃ童貞ですね…。
のぞが受け入れてくれたら・・・と思ったけど、未遂で終了。
こういう展開もアリかな。

2

ちょっと物足りないかな?

とても可愛い幼馴染カップル!癒されるといえば癒される(笑)

幼馴染→恋愛対象→H までの展開が早いというか。どうしていきなり恋愛対象に…という気持ちにはなりました。もう少し精神的な絡みが見たかったな~と思います。

凛ちゃんは、時折見せるなかなか色っぽい顔が好みでした(笑)

1

可愛い幼馴染み

とりあえず幼馴染み同士がずっと一緒にいよう♪という可愛いお話の中にどんなエロがあるのかスッゴい楽しみにしてました!!

左京さんはステキなエロエロを描いて下さるので、それだけでも私個人は評価高いですが、お話も初恋拗らせたらこうなった…みたいで本当に可愛い♪小学校から大学生になっても『凛ちゃんと結婚する!!』を通した希がアホ可愛い過ぎます。
でも、凛ちゃんが色々考えて一緒に居れるようにひとり静かに奮闘するところもキュンとしました!!
今後は、きっとバカップルまっしぐらですね♪

3

ヒマなので読んでみました。

タイトル買いで、いつものお店で特典つきで購入しました。
本来は雑誌「Dear+ 2013年1月号」で初めて読んでいたのですが、
コミックを読む時に、初めて読むと思いながら読んでいたら、
一話分、読んだ覚えがあると強く感じて、雑誌を読み返してから
思い出して気が付きました。

今回の新刊コミックの時も、雑誌の時も、同じように
タイトルが面白いと感じ、萌え加減も同じくらい感じました。

タイトルから、一体どれくらいヒマなんだろうと思っていたら、
ヒマな時なんて無かったような気がします。
だからといって慌ただしくずっと忙しいっていうわけではなく、
ゆっくりと、のんびりと過ごしている印象を受けました。
二人の間で流れる時間の速さ加減が心地よく感じました。
本当にヒマ過ぎる訳ではなく、だからといって慌ただしくない
時間の流れの表現が良かったです。

攻めの希くんが、受けの凜太郎くんに甘えているのが
可愛らしいと思いました。
雰囲気や行動や言動が、全体的に女の子っぽい印象が強いけど、
だからといって女の子になりたいとか、そういう願望のような
描写は一切ない続きような印象を受けたので、その辺りの攻めの性格を
どう捉えたら良いか、少し中途半端なような気がしました。

凜太郎くんは、攻めの印象が強いです。
しかし、周囲に迷惑をかけないよう配慮したり、
健気に攻めと繋がるための準備をしたりするなど、
やっぱり受けなんだなと思いました。

攻めの希くんのお姉さんが、とても良い人でした。
偏見を持たず、懐が深いです。
お姉さんが居なかったら、今の二人は友達のまま
終わっていたのではないかと思いました。

絵は見やすくて綺麗でした。

話の内容自体は普通でしたが、タイトルと絵がとても良かったです。
特にタイトルはお気に入りです。


今回は、ほんの少し「萌」と「萌×2」で迷いました。
物語そのものは迷うことなく「萌」で、
タイトルや絵は迷うことなく「萌×2」です。
私の基準では物語の内容を重視しますが、今回は それ以上に
タイトルが魅力的で惹かれたので、最終的に「萌×2」にしました。

ちなみに、今回のレビューのタイトルを「ヒマなので読んでみました。」
と付けましたが、「暇だから読んでみた」訳ではないです。 f(^^;

4

絵が苦手だけど

左京さんの本は初めて読んだのですが、絵が苦手でした……
下手ではないし、ぜんぜん読めないというほどではないんですが、もう一度読みたいとは思えませんでした(>_<)

アホな攻めとそのお世話をずっとしていた幼馴染な受けのお話で、ストーリーの流れは好き!
小さいころからずっと一緒にいて、攻めは受けのことが好きでたまらないという感じがツボです
でもこの二人は本当に二人で世界が閉じちゃっているなという感じで、攻めも受けも人当たり悪すぎるだろう!とツッコミを入れてしまいました……

2

「ワンコ攻め萌!!」

綺麗系ワンコ攻めと平凡受けに私はドはまりでした。
希が何だかんだ甘えん坊で、凛に甘えてるのがなんともかわいかったです!!
で、凛も何だかんだで甘えられるのに仕方ないなと感じながらも甘やかしてるのが微笑ましいです★
ですが、凛も昔からの幼なじみとゆう事もあり希との恋愛とゆうのに一歩踏み出せず四苦八苦してるのが少しもどかしくもあります!!
でも、ここは色々あり元サヤに収まるとゆうか希の甘えん坊に絆されつつ、自分の気持ちにも気づき最後はラブラブですね!!

左京さんの作品は局部もしっかり描いてありエロいですが、下品さはなくとてもきれいです。
この作品も読んで損はなし!!

4

なんてかわいいの!?

あほっこは相当苦手なのですが、最後まで楽しく読めました。
作者さん買いをしたのですが、間違いなかったです。
左京さんの絵の独特な丸みが好きです。
そして、それが何ともエロい(笑)

1冊まるまる1カプということで、
2人が高校生~大学生となり
じんわり2人の心がつながっていく過程が読めて、良かったです。

凛と希は幼馴染で、恋ではないけど、
お互いがいて当たり前と思っている。
そして、2人は大学生になり、ひょんなことから同居することに。
すると、希は凛といるとエチをしたくなり、
希も徐々に凛に触れたくなる。。。

凛はあほっこ希をかわいく思っている様子が
読み手としても感じることができます。

ほわわんとした気持ちになれる作品です。
ただ、タイトルはこれで無くてもよかったような。

3

アホの子攻めがお好きな人にはぜひ!

とにかく線画がお綺麗。そして着色もお上手ですー!
昔に比べて絵の完成度がどんどん上がっていっておられて、素晴らしく高い画力をお持ちの作家様という印象です。少女漫画系でもご活躍されていますが、BLでも才能を発揮なさっておられる気がいたします。絵に関しては他にもアレが神がかった修正で描いておられるのでエロも見せ方がお上手だなといつも思います。

この作品は「攻め」が「アホの子」タイプで「受け」が「しっかり」タイプです。
たまたまなのですが、私の読む作品はアホの子受けが多いので、たまにはこんな逆転カプを読むのもいいなぁと思いました。

内容も良かったし、絵も綺麗で楽しめたのですが、萌×2にならなかったのは、
P70以降、凛のTシャツのパンダがシュールすぎて目がどうしてもそっちに行ってしまって、グッと胸に迫るところでシュールなパンダが邪魔してきて、思いっきり笑ってしまったからです。
どうして凛はそのTシャツを選んだの!(笑)可愛い趣味だな。

希のおねえちゃんはお邪魔虫キャラでしたが悪い人じゃないし、嫌いじゃなかったです。
それより妊婦さん締め出す希はいかんですね。そこは続きとりあえず姉ちゃんを家に入れて、
自分らがどっかに行くのが正解だったよなーと思ったりしました。
ま、希はアホの子だからそこまで気が回らないのは仕方ないですけど…。

この作品は攻めがアホの子であるということが大丈夫な人で、かつコミカルさとエロさを楽しみたい人向けだと思いました。

4

攻め様ラブリーです

破れ鍋に綴じ蓋カップルなのかも知れないと読んでて思った感想ですね。
幼なじみ同士でいつもベソベソ泣いているようなおバカで受け様をちゃん付けで
高校生になっても幼い時と同じように後ろからくっ付いていつも傍にいる。
そんな攻め様をダメな子ほど可愛いなんて絆されるように、次第に自分が面倒を見なければ
ダメだなんて、仕方ないなんて納得しながらも別の何かが心の奥で育っている。

攻め様の事をバカだアホだと決めつけてヘタレな攻め様を面倒見ている受け様ですが
攻め様の姉が産気づいた時に見せた攻め様のしっかりした頼れる男の姿になにやら
胸キュンしてる気がする。
一見しっかり者の受け様だけど、色々考えすぎて単に好きだと思う気持ち意外に
ぐるぐるしてしまうのは、攻め様との関係を壊したくないって思いも伝わるし、
攻め様のある意味自分の心に素直で真っ直ぐなワンコくんはホントに可愛らしいです。

いつも傍にいるのが当たり前の幼なじみから、劣情を催す攻め様にドギマギされながら
受け様まで釣られるように欲情しちゃう場面は好きな気持ちが無意識にストッパーを
外してしまうような展開で、その続き後の幼なじみとしてから意識せずにはいられない
恋する相手として変化していく様子も萌えを擽ります。
ベッタリ甘え倒す攻め様が可愛らしくてツンデレな受け様も可愛かった作品です。

4

綺麗系はたまに読みたい

表紙をみて、女性?と思い
blコーナーかを確かめました
綺麗な男性
内容の想像はつくもののたまには
読みたいと購入しました

中絵イラストがとてもPOPで可愛かったです
綺麗な子が目つきの悪い猫のクッションみたいなもんを抱きしめているイラストなのですが

それをみて、綺麗な男の子は黒猫さながらに
ツンツンしているかわいい彼が大好きなんだろうし
ツンツンしてる男の子も素直じゃないものの綺麗な男のが好きなんだろうな

と想像は簡単にできました

想像とおりでしたが、面白さは想像を超えてました

ロン毛嫌いですし、顔綺麗すぎも
ハーフ以外は怖い
ですが甘々ちゃんとのため、それは嫌味には感じませんでした

お姉さんもナイスキャラです

リバになりそうでならなかったのが
残念でした

4

クロネコより好き。

クロネコほどエロエロではないですし、
そのせいもあって読んだ時の衝撃度は少ないですが、
かわいーなー♪おかしーなー♪と思わせる、ちょこちょことしたシーンが結構ツボで、
わたしは、こっちの本の方が、
というか今まで読んだ左京さんのBL本の中では、これが一番好きかな。

真面目とコミカルとのサンドイッチ具合が絶妙で、飽きさせない一冊だと思います。
(アホな子が苦手な人は、途中で嫌になる可能性アリですがw)


幼なじみで、小さい時からずっと一緒で、
アホで人から侮られがちな希を、ずっ~とそばでフォローしてきた凛太郎は戸惑う。
高校生になって、アホがかわいいと言われ、顔がいいとか背が高いとかで、
希がやたら女子うけがよくなって、遂には女子に告られ、でもそれを希は隠そうとする・・・
今までの日常が崩れはじめて、ふたりは・・・
そんな高校2年の出来事から、大学に入って一緒に暮らしてラブラブになるまでの物語です。

その高校時代の日常~という、
屋上で希を枕にしてふたりで寝っころがりながらゲームと読書。
もう、そっからしてすでにツボw
でも、ツボといえばもう続きもう満載で、
攻めの希が、美人顔で長髪で背が高いキラキラくんなのに、
背中丸めてもじもじしてなんだ?と思ったら、
凛太郎のワキを見てたら「勃っちゃった」と言い出したり、
他にも「おっぱい吸いたい」だの「おちんちんも吸ってもいいの?」だの、
もう目を輝かせながらの発言はエロおかしいし、
そんな希は朝起きたら、うっすらヒゲが生えちゃったりしてるし、
まぁまぁ、とにかくコミカルですw
あ、凛太郎が、
クロネコで真悟も着ていたパンダのTシャツを部屋着にしていたのにも笑ったな~
あれは受け専用Tシャツなのかな?w

かと思えば、「好き」のずれが生じたふたりを真面目に描いてもくれたり。

エロに割かれいるページはクロネコに比べるとだいぶ少ないと思いますが、
(クロネコは結構ひたすらヤってましたのでねw)、
初々しいエッチとアングルがなかなかよかったので、個人的には十分満足でした。

ただ、受けの凛太郎が後半、かなり可愛くなっちゃって、
もうちょっと最初の頃の大人っぽい雰囲気や表情がたまにでも見れると嬉しかったな~
あと、リバ!
匂わせておいて、その展開?で、
リバ好きには殺生ですよーーーっ!!って叫びたくなりました・・・w


でもホント、全体的には楽しくて好き♪
神に近めの萌×2です。

7

おさななじみの甘い日常

いよいよ手元に届きました左京さんーっ!
こちらの『ヒマなのでハジメテみます。』は、BL雑誌に連載されていた頃から「コミックスになったら絶対買おう!」と心に決めておりました。
それぐらい、おばかなのぞと、ツンデレ凜太郎の、キュンと甘さと切なさが絶妙っ♪

しかも、冒頭の『~屋上にいます。』は、何と少女漫画誌に右京あやねさん名義で掲載されたものだとか。
巻末のあとがきでもご本人さまが仰っている通り、本当に妙な経緯の作品ですね。そういう事もあるのかぁと面白い気分に。


◆『ヒマなので屋上にいます。』
幼馴染の中津川希と天野凜太郎、高校時代のお話。
この頃はまだ、お互いが「恋」としての自覚がない状態です。
屋上でゲームしたり漫画読んだり、時折男女の告白を眺めたり、それ見て「カノジョ欲しい」と思ったりしていた二人。
ある日、凜太郎が屋上から下を見ると、のぞが女子に告白をされていて――と進んでいきます。
この時の凜太郎、まだちょっと攻めっぽい顔してます!キリッとしてカッコイイ!
のぞも、口調がこの後の大学生話の時より、まだ凛ちゃんに対して男っぽい雑な話し方をする時が有続きります。

二人とも、「カノジョ欲しい」と思って居た。
なのに、どちらかのそれが叶いそうになった時、気持ちがガクリと傾く。
それが何かはまだ分からないけれど、「取られたくない」と思う気持ちは一緒ののぞと凛。
何か、こう、におわす感じがゾクッとします♪


◆『ヒマなのでハジメテみます。』
そしてそんな二人、大学に進学。その上同居。
ここではしっかり、のぞが凜太郎に「恋心と性欲」を持ち合わせています!
もうソレを自覚しちゃったら、のぞのワンコ具合ったらない。可愛くて可愛くて仕方ないんですよー、大好きですこういう子。
(のぞのロン毛も好き過ぎです。タマラナイ)
大好き過ぎて、誰にバレようが構わないのぞ。
それとは対照的に、バレるのは怖い凜太郎。
お互いの「好き」の歯車が、ちょっとずつちょっとずつかみ合わなくなる。

きっとのぞは、お馬鹿だけど、いざとなったら確実に凜太郎を守る準備が出来てるんだと思う。
だから、周りに知られたってどうってことない。
本人は無意識ながらも、いつの間にかちゃんと腹をくくってるんですよね。
一方で凜太郎は、誰かに知られたら、絶対に離れ離れになってしまう恐怖感の方が勝ってしまう。
好きだけじゃどうにもならない事だってある、と、マイナスなことばかり考えてしまってぐるぐるします。
しっかり者の凜太郎だけど、えぇいと腹をくくってないのは彼でした。

のぞの姉・ヒカリがいい具合に二人を引っ掻き回してくれるんですが、かなーりいいキャラでした。
彼女がいないと、のぞの男らしさも見られなかっただろうし、凜太郎の本音も見えなかった。
お互い男らしいところを持ち合わせているし、お互いベタボレだし、何だ怖いものなんてないじゃないか♡って思えてしまうんです♪

描き下ろしは、凜太郎、一生童貞!?の巻(笑)
別に無理にのぞのソレをこじあけようとしている訳じゃないよ、という凜太郎の優しさと愛溢れる行動にきゅん。

画力の素晴らしさ、感情のこもった表情の圧倒加減はもちろんのこと、左京さんと言えばのアカラサマなのにチラリズムも健在!
本当に本当に待ち望んでいた1冊。
幼馴染&同居話がお好きな方にゼヒゼヒおすすめします♡

5

左京作品の何がすばらしいのかという部分がより明確になった作品

この表題の前振りにあたる【ヒマなので屋上にいます】は別冊マーガレットに掲載された作品なんですって!
そこはかとない、どうみても腐臭しかしない幼馴染の様子がムフフな雰囲気で展開されるんですが、
以前少女漫画のbl展開作品を読んだことがあって、やけに主人公がキラキラして描かれているのが特徴的だな~と思ったのですが、これも希がやけにキラキラに描かれてませんか?
そして、左京さんといえば圧倒的な画力に「すごい!」と思わせる部分があるのですがそれがあまり目立ってない?
・・・わかりました!
その後、本編に入って交わる肉体表現のシーンが出てきたとき、主人公の感情のこもった顔がクローズアップされたとき、そこにその魅力が最大限に引き出される。
だから少女漫画の範疇ではちょっとアレ?ってなってしまうんですね。
今回も超注目だったのは、主人公たちが一緒に同衾した折、希が勃ってしまって互いに横になった状態でマスタベを行うシーンがあるんですが、ここの表現がめちゃリアルっぽい!!態勢といい、片方の肩に頭を預けたりのたった1pのシーンの迫力♪
さらにその後の進展した後のエッチシーンもアングルをはじ続きめ迫力と肉体の美しさが最大限に引き出され、この作家さんの素晴らしさがうかがえるのです!
やっぱぁ~エッチシーンあってこその左京作品の気もしないでも・・・

もちろん、話の方も愉快な幼馴染モノです。
何でもかんでも「凛ちゃ~ん」と凛太郎がいないと生きていけないような天然っぽいおバカワンコキャラの希の存在を当たり前のように「しようがないやつだな」と言いながらそばにいるのが当たり前心地よいという二人の関係。
それが以外と希がモテるのを凛太郎が嫉妬したりして、本当は凛太郎も希が大好きだったんだというのをかなりなツンデレで描いております。
本編に入ってからは同居する大学生設定で、姉がお邪魔虫で入り、せっかくの二人の蜜月の邪魔を?
そして以外にもダメダメちゃんな希が、というギャップ萌えもあるかも♪

萌×2に近い萌え評価です(クロネコと比較しちゃうとね。。。)

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ