喰うか喰われるか!? セクハラ社長と冷徹次長のラブバトル、開始!

社長、無礼につき

shachou burei ni tsuki

野蛮社长

社長、無礼につき
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
36
評価数
9件
平均
4 / 5
神率
22.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403663796

あらすじ

旧財閥御曹司・柚原は、イケメン&敏腕で誰もが羨む超イイオトコ
そんな柚原が、裸にむいて快感に喘ぐ姿を見たいと迫っているのは、バリタチのクールビューティ・衣荻で……!?

表題作社長、無礼につき

柚原讃河 ファンシーグッズ会社社長で財閥御曹司
衣荻周介 次長 かわいい子好きのバリタチ

その他の収録作品

  • 次長、不敵につき
  • ロストバージンの夜(描き下ろし)
  • 柚原兄弟(描き下ろし)
  • ロストバージンの夜2&あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数5

2人の攻防が見もの

主人公2人はゲイでバリタチなんですが、序盤は2人とも譲らないという態度で、一体どうなるのか攻防戦が見ものでした。
坊ちゃまで社長の柚原がガタイが大きい外見には似合わず可愛いものが好きだったり、衣荻に対してどんどん健気でワンコになっていくのがひたすら可愛かったです。
衣荻も最後まで男前でクールビューティーというのを崩さず、とてもカッコ良かったです。
2人ともとても仕事のデキる男達でスーツ姿をたくさん見れるので、仕事をする男性がお好きな方にもお薦めです。
ちょっとだけですが、千束さんと波平君も登場したのが嬉しかったです。「千束さんに伝えて」から1年位後のかな?と思わせる台詞があるのですが、2人とも相変わらずラブラブでした。

0

攻×攻の攻防戦!千束たちも登場

千束×波平シリーズのスピンオフではないようですが、シリーズの主役二人が登場します。柚原が千束の先輩という設定で、パーティ会場に波平も走って現われるますし、「千束さんに伝えて」の翌年であることも分かります。カバー下で三人の会話もありますので、シリーズのファンには必見です。

「社長、無礼につき」
柚原の目線で進んでいきます。自分の好み120%の衣荻を口説き落として、自分の会社の次長に引き抜いたものの、衣荻はかわいいノンケ好きのバリタチ(攻めオンリー)で、冷たく突き放され続けています。柚原のセクハラに本気で嫌がる衣荻を長期戦で落とす予定でしたが、気がつけば柚原は衣荻が好意を抱く相手に嫉妬をしていて…。

3BTTLE(3話)の間に、ゲームのような誘いから、抱かれてもいいくらいに惚れるという展開でした。喫煙者のデカイ男二人というのに、子供のように感情を出す柚原は可愛らしく、攻めだというのに衣荻は色っぽかったです。


「次長、不敵につき」
衣荻の目線で進んでいきます。
徐々に柚原に惹かれていく衣荻ですが、自分の知らない柚原の一面を知り、離れてしまいます。そんな時、どことな続きく柚原似の男と知り合い…。

3FALL(3話)の間に、衣荻が恋ではないけれど願いを叶えてやろうと柚原に抱かれるという話でした。衣荻は終始、柚原には余裕のある態度でしか相手していないので、どんな場面でどう崩れて感情むきだしで話すのかが気になるところです。どうにもまだ素直にぶつかってはいけない模様で、続編「社長、華麗につき」が気になるところです。

「ロストバージンの夜」
「ロストバージンの夜2」
「次長」のその後になります。甘えてもう一度を求める柚原と、「少しだけ」が嘘だと分かっていながら付き合ってあげる衣荻の話でした。事後の煙草を吸っている衣荻が色っぽかったです。
「2」は千束にも迫ったことがあるだろう、と衣荻に断言される柚原の話でした。

「柚原兄弟」
「次長」でビックリした弟でした。兄弟二人でじゃれあっているのが可愛らしかったです。

作者様があとがきで書かれていましたが、裏表紙、表紙折り返し、カバー下と隅々にまで、小ネタがちりばめられていて、キャラへの愛情を感じます。

この作者様の作品は、どれも登場人物の表情が素敵です。遠景ではささっと描かれている部分もあるのですが、キメとなるときの表情が印象的なイラストです。一筋縄ではいかない、だけどハッピーエンドというストーリー展開と合わせて大好きな作者様の作品でした。

1

千束さんだ~っvv

傲慢社長かと思っていたら…

衣荻を側において、ジワジワと自分のものにしようと思ってた。
好きというのではなく、ただ彼を自分の下で「アンアン」言わせたいと。
それがいつしか本気モード!
だが彼は可愛い系が好きなバリタチ!!
なんだか社長、衣荻に本気になった途端ワンコモード入ってますが…

あれこれと衣荻にチョッカイだしていくのですが、いつもかわされ
おっと、ようやくというところでも進展なし。
ですがそんな社長の事が気になり始めたところ
彼のバックの大きさに、自分との立場の差を見せられたというか
自分から引いてしまうんですよね。

だけど社長の事ばかり考えてしまう自分が嫌で、
今までの自分好みの可愛い男の子を捜そうと思っていたら
社長に面影の似た人物に出会う。
その後、彼と友達のような付き合いをしていくのですが
やはり社長と比べてしまっている。

そんな社長の方はといえば…
衣荻にはっきりと振られましたが、勿論いまも想ってて
噂で彼に好きな人ができたと聞き焦ってます。
いてもたってもいられず彼のマンションへ。
そこでは誰かがシャワーをあびて続きて、これから誰かを抱くのかと思うと
我慢できずに、すがりつき告白。
衣荻の方も自分の気持ちを確信し、いい雰囲気になってたところで
忘れてはいけません、面影が社長に似ているシャワーの男です。
似ているはずです、だって本当に社長の弟だったのですから(笑)

なんやかんやで遠まわりしてきましたが、落ち着くところに落ち着きました。


そして千束さんたちの登場!!
カバー下にもあるように、社長はどう衣荻を紹介するつもりだったのでしょう?
彼らのバックを考えると、すんなり受け入れられるとは思いませんが
この社長ならどうにかするか??

2

恋する男は可愛い

バリタチ同士のカップル?が誕生するまでって感じの作品でしたね。
社長である攻め様は自分と左程ガタイが違わない男を抱くのが好きなゲイなのですが、
自分の好みの男に出会い、自社にヘッドハンティングしてから、ゆっくり時間をかけて
ものにする心づもりだったのに、気が付けば身体だけ目当てだった相手にどんどん惹かれ
自分が本気の恋をしてしまった事に気が付く。

初めは社長と次長の関係はセクハラする社長に次長の受け様が容赦なく、跳ね除け、
仕事でも、云いたい事をやりあうような二人とも男前で仕事が出来る感じです。
でも、初めは身体だけが目的だったのに、次第に心の方が欲しくなる。
余裕で受け様にセクハラして口説いていた攻め様が本気になった時に性格まで変わって
見える程可愛い男になるのですよ。
恋をしたら、先に好きになった方が負けだと感じる流れもあって、攻め様の純情ブリが
微笑ましいエピーソードもあって良かったです。

受け様が可愛い子が好きで攻め様は全然好みでないし、同じタチ同士なのに、
攻め様が自分を思う気持ちに絆されそうになったと思ったら、可愛い子が好きなのに、
何故続きか攻め様の事が気になってしまったりする。
仕事も出来る対等な男同士って雰囲気で決して甘々な関係には程遠い気がするけれど、
恋人と言うよりきっとパートナーなんて言葉が似合うような二人なのではと思える作品。
攻め様の弟が出て来て受け様に近づく事で急展開する内容なのですが、この弟のキャラが
かなり奔放な気がして、作品の初めに出てくる子供の姿とのギャツプに惹かれました。
この弟で、何か読んで見たいと思わせるキャラでもありました。

3

攻×攻!ストイックな関係性に萌え萌え♪♪

面白かった~!!!こういう攻×攻を読みたかったんだよーーーーー!!!と実感した作品でした。

社長・柚原と次長・衣荻。タチ同士の二人。
一冊丸々かけて、こいつになら抱かれてもいい…と互いが思うようになるまでが丁寧に描かれています。ポジションを譲ってもいいと思えるくらい、相手への尊敬・好意がある二人。どっちが攻めでも納得なくらい二人とも格好よく男前です!

最終的には攻め受けが決まるのですが、その決め方も、押しの強い方が攻め、とかではなく!
どっちが後ろに向いてるか試してから、じゃあ俺が受けてやるよ…ってことで、男らしく乗っかるんです。攻めてる方が組み敷かれてて、より翻弄されてるってのがいいv
エロさは控えめですが、互いを尊敬し、好きになるまでの過程とか、
両想いになっても男前な受けとか、とにかく最後まで男×男の魅力にあふれた作品でした!

また、二人が仕事で手がけるファンシーキャラクター・ヨンガくんが可愛いw
いい男二人が、脱力系キャラの商品化のあれこれについて真剣に話してる…ってギャップも萌えポイントでしたv
二人をつなぐアイテムでもあるヨンガくん。
衣荻に続き迫る謎の男・泰河(意外な正体アリ)とダブルで、優秀助演賞をあげたいですv

男同士らしいストイックさも残しつつ、ようやく甘い関係になった二人。
ベタ惚れな攻めを翻弄しつつも甘やかす受けが超素敵で格好良く、そんな様子が描き下ろしでも見られますv
この二人の話ももっと読みたいけど、どっちもいけるらしい泰河君のスピンオフ作品も読んでみたいかも!?

脇役といえば、『明日、彼のベッドで』などの千束・波平カプもさりげなく登場。
出番は少ないけど、相変わらずラブラブらしい所を見せつけてくれましたv

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ