キチク系野獣イケメン×天然系草食男子の、身も心も染め上げるハード調教ラブ

理想の恋人

risou no koibito

理想の恋人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神32
  • 萌×222
  • 萌19
  • 中立4
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
25
得点
309
評価数
87件
平均
3.7 / 5
神率
36.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403663789

あらすじ

初体験がトラウマになり、恋から遠ざかっていた陸(りく)。
そんな彼の前に現れた自信家でドSな美男子・義巳(よしみ)。
わざと陸のコンプレックスを刺激しまくる、義巳の本当の目的とは……!?

表題作理想の恋人

小坂義巳 陸の店の常連でアパレル会社勤務
木内陸 元タチのバーテンダー

同時収録作品震える手の先

斉藤一 高校からの友人で受様に片想い
成田幸 大学生

その他の収録作品

  • 理想と現実(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数25

漫画2冊とCD全部いい

久しぶりにこんなにドキドキしてどうなるのとハラハラするBLに出会った。絵も美麗で、受けの陸が設定通りそこそこなルックスなところがリアルでいい。周りからはブス扱いの陸にどこまでも一途で怖いくらいの執着を見せる義巳に読んでいてとてもときめいた…。続編もまたやばい。さらに甘くなって義巳の独占欲強い。

1

理想の恋人

私にとっては、このカップルが理想の恋人です。
もっとこのカップルのお話読みたい!

0

無自覚にはやっぱり強引に?

コミックで今私の中で斑目ヒロさんのこのシリーズがマイブームでして、多分、1・2巻まとめて読んだのが良かったと思われます。

勇気を出して行ったバーで初体験迄は良かったのですが、相手に下手くそ呼ばわりされて、恋愛にトラウマになってしまった陸(受)
陸がバーテンを務めるバーの常連の滅茶苦茶モテる義巳(攻)

男臭くて、坊主頭で見た目も並の下の陸をキラキラ見た目のモテ男の義巳はとにかくイジメます。
普通なら、気に入るもいらないも無いくらい寡黙で地味。
見ていてもイライラするくらい自己主張もせず、諦めきった陸に義巳はいちいち構っては意地悪するところが、ツボです♡
とにかく二人の感情の微妙なすれ違いっぷりが面白かったです。

何かある毎に、お仕置きする義巳に、陸に対する執着心と愛情が見える為、酷いことでも全然大丈夫。
むしろ陸が愛されてて羨ましい…
でも恋愛初心者の陸には義巳の心も行動も分かりません。

鈍感な陸が、自分の気持ちと向き合い義巳に素直になるまでで終わっていて、この本だけなら神寄りの萌2にしたのですが、続けて「理想の誘惑」を読んだので、義巳の陸に対する長い続き片想いからの両想い迄の過程が良く理解出来たし、陸の自信の無さからくるんだろう鈍感さからの自覚も、イライラしたけど面白かったです。

多分、陸も義巳も性格的にかなり両極端なので好き嫌いは分かれる作品なのでしょうが、意地悪でも根底に相手の事が好きだというのが随所に見られる為、それもツボで、
義巳の垣間見える恥ずかしがったり、嬉しくて泣きそうな顔が陸じゃあないけど萌えました。

2

悪魔だけど好きが勝る

受けの陸ちゃん(←ちゃん付けも合わないけど)の髪型といい、ゴツいからだ、後ろ向きな性格全てが好きじゃないし、攻めのよしみちゃんも時々見せる凶悪な顔と怖いお仕置きがあまり好きじゃないのですが、なんでかなぁ、萌え萌えです。

斑目さんの描くキャラクターの悪魔チックだけど、ものすごく情が深いところ、取り巻くブスキャラクターがそのマイナスを上回るんですよね。

本編はもちろんママの昔話番外編は、最後のオチに大爆笑。天然なヒロトくんも本物のこいをさせてあげてほしかったなぁ。

2

意地悪×卑屈

2カップルの話が収録されています。メインは表題作の、バーの常連(イケメン)×バーテンダー(地味)です。

小坂義巳×成田幸
「理想の恋人」初体験のトラウマを持つ陸と、ヨシミが付き合う話。
「理想の関係」嫉妬を見せない陸にヨシミがイラつく話。
「理想の恋愛」陸が初体験の相手であるヒロトをふっきる話。
「理想の愛情」ヒロトが恋愛に後ろ向きな陸にイラつく話。
「理想の告白」陸がヒロトに好きだと告げる話。
番外編「理想と現実」バーのママの思い出話。

斉藤一×成田幸「震える手の先」
大学生カップル。素直になれないコウはイチの心が離れるのを…。

最初から最後まで、卑屈な陸に、ヨシミがイラついている話です(笑)。ヨシミのちょっと意地悪な愛情表現が良いなぁと思います。カバー下のイラストの、陸のちょっと困った感じが可愛いかったです。

ベタ甘な攻めに飽きた方にオススメです!卑屈受けが嫌いな方にはオススメできません…。指先や口元がエロい魅力的な絵だと思います。
なお、続編に2015年8月発売の「理想の誘惑」があります♪

3

裏側にある気持ち

これオススメです!と気軽には言えませんが
やはり好きな気持ちが勝って神を付けてしまう(中立か神かで迷いました)。先のレビュアーさま方の感想を読むのが、こんなに興味深く感じたことはないかも...どれもとても参考になります。

鬼畜男ほど自身はあまのじゃく気味で、ナチュラルなやさしさを持った男に惚れてしまう。鬼畜男は実はとっても情が深いのだが、ナチュラルボケにはそれがなかなか伝わらない展開。これは、そのじれったさが自分の好きな感じで表現されているまさにドンピシャ作品でした。

男としても人間的にも変にやさしすぎる陸(りく)。
自信の無さをあきらめているあたりにイライラはすれど、決して嫌いにはなれないタイプでもあります。だけどそんなことを忘れてしまうほどの、義巳(ヨシミ)の愛情深さがすべてだった。長い長い片思いの途中、思うままに行動しているように見えるけれど、その裏側の気持ちを思うとたまらなくなります。可愛い男です。なんだかんだママにも愛されているし。実はすべてを知っているのはママだけなんじゃないか(笑)。それともうひとつすごくよかったのは、陸のモノローグで「切なくて うれしくて続き 訳が解らなくなって」というのがあったこと。このとき、そのうれしさが義巳に伝わったんだと私は勝手に思っています。

もう一作品も、ラストで時が止まりました。
やられた...って感じです。

ところで予約商品を検索していたら、どうやらこのタイトル続きがあるみたいですね。雑誌を読んでいないので知らなかった、楽しみ!

4

全然理想じゃなかったです

鬼畜系野獣イケメンと、天然系草食男子の、ハードな調教ラブスートリーです。

『悪魔シリーズ』の楓太が好きだったので、同じ鬼畜系かと思ってワクワクして読みました。だけど、何か違う…と思って、撃沈しました。なぜなら、攻めの義巳が酷過ぎました(自分的には、ですが)だって、楓太からは愛情があふれていたのに、義巳からはあまり感じられず…。

何かあるとお仕置きと称して、人前だろうが受けの陸を恥ずかしい目に合わせてるし。昔手に入らなかったから、執着してるだけなんじゃないのかと思ってしまいました。
陸も、いつも後ろ向きでイジイジしていて、好きになれず…。
周囲のオカマさん達は、好きだったんだけど。
もう一つの短編も、ひねくれたキャラを好きになれず…、残念です。

4

二作目が(>_<

人前プレイにつられて購入しました笑
最初は絵も内容もまぁまぁ、うんうん、というかんじでした。でも、だんだん、じわじわ、というかんじになります。
最初は攻め様が鬼畜で片思いでキツかったです(>_<)
でも最終は、いつまで立っても好きを言わない受け様に怒った攻め様はもう来ないと告げ、他の男と付き合い街を歩いているのとすれ違った受け様が攻め様に、別れたくないの一点張りですがる姿がグッときましたね(@⌒ー⌒@)
でも、一つだけ気に食わなかったのは、すがる受け様を最後に抱きしめたのに、鬼畜になったところですかね笑


二作目がとにかくヤバイです!(>_<)
少ないページですが、泣けました(>_<)
好きなのに素直になれず、繋ぎとめ方も分からない受け様が空回りするのが泣けました(;_;)
繋ぎとめ方が分からないから、酷い態度とってしまう受け様に、攻め様が他の男の子に惹かれ始めて、2人がいいかんじになるのを目の当たりにし、家までいって確かめてみると案の定、2人は一緒にいて傷ついて、後悔して、泣くところがグッときました(;_;)(;_;)(;_;)
家から出て行き泣く受け様を追い続きかける攻め様は、酷い言葉を浴びせる。その中でも「あの子の方がかわいい」は死にましたね笑。でも、最後は「どうして、一瞬で気持ち引き戻すようなことするんだよ」と攻め様が受け様を抱きしめて、ハッピーエンドでした。

私が求め続けた、「受けの切ない」を使ったものがたりでした。最高でした。( ^ω^ )

4

割と一途な所に性格の悪さも帳消し

坊主頭に萌えられない身としては、正直ヤバイかもしれないと一瞬躊躇うも、最終的には陸の凡庸さなどが出てて良かったのかなと思います。

トラウマのせいで恋愛に臆病な陸と、キレイだけど性格の悪い義巳。
煮え切らない陸に、恋人として当たり前な感情を求めても暖簾に腕押し。
腰の引き気味な陸には身体で分からせてやる。そんな俺様な義巳のお仕置きは可哀想よりも仕方ないかな?

三婆。もとい、ママたちの会話こそ最高のレビュアー。
野次馬根性で「次の波乱は?」とワクワクしながら次巻を待ちたいと思います。

「震える手の先」
気持ちを持て余して、相手より優位に立つことでバランスを取ろうとする臆病で警戒心の塊なコウ。
そんなコウにすっかり疲弊してしまったイチ。
悪い所は分かっていても止められない。
そんな葛藤ともどかしさに苛まれて、素直に泣けた事で新しい関係が築ければいいなと思います。

2

おかまさんたちいいキャラしてるなー


大阪のおばちゃんのイメージだなー、とかね、思いながら、この、きゃらだちしておばちゃんがお気に入り、という。

でも、本当、鬼畜というよりもですね、
この、攻めの、俺の方だったのに!っていうような嫉妬とかそういう気持ちが、
ああ、こうもなるだろうなあ、わかるわかる、ってなって、好きでした。

あと、躾けとかいって、本当、全部嫉妬なんだよね、空ぶる感じがイライラして嫌なんだよね。すきだからなんだよね、って思って、すごくコミカルで面白かったです。

あと、主人公の初体験の相手の、すっとぼけかんが、おいおいおいおい、って思いました。

4

これぞ鬼畜の極み

悪魔シリーズで、班目さんの作品にハマり気になったので購入した作品。

もろ好みでした。まずは綺麗系(鬼畜)攻めにガタイ坊主頭(気弱)受け。 この設定が萌えツボ。

ハッキリしない受け、攻めに流されっぱなしだけど、最後に好きだと自覚した時の切羽詰まりようにキュン。

攻めの受けへの感情が恋なのか疑問に感じることもあるけど、いろんな愛の形があるし、征服欲だけじゃないことを信じて、今後の展開期待大。

脇キャラのオカマ様たちが良いスパイスですね。ドラマCDも楽しみです。

2

コミカルとシリアスがせめぎ合うストーリーw

斑目さんお得意のきらびやかモテモテお鬼畜攻×野暮ったい流され受ですが、今回の受の陸は、攻の義巳の言葉を借りるならまさに「ゴリ」系なガタイのよさ。
もしかしたら、読む人のハードルを上げてしまってるかもしれないほどのこのルックスw

バーテンダーで元タチの陸は、初体験のトラウマから恋に超臆病に…そんな陸くんが、バーのお客の超美形で性格に難アリな義巳に翻弄されあれよあれよという間に食べられてしまうというお話ですw

義巳の陸に対する執着と束縛はなぜそこまで…と思うほど。
そして今作はエロが…!スゴカッタ。
野外むりやり立ちバック・剃毛・ロッカーで強制フェラ・知り合いがたくさん見てる前で(これは途中まで)……と、なんだかすごいことにw

これだけ書くと、どんだけダークやねんという感じですが、お話全体としては、陸が働くバーのママをはじめとした年季の入ったオネエさまやゆかいなバーのお客様たちのおかげでコメディ色も強く、シリアスな面も主張しつつ、ほの暗さよりもコミカルさがやや勝ってる感じですw

同時収録作は短編が1点「震える手の先」
惚れられてると思ってワガママ言いまくって続きたら、別の男にかっさらわれそうになって…
という、短いながらも痛くて切なくて…痛いお話。
かわいそうな当て馬君…どうなってしまったのか。

4

ややシリアス

BL界ってそもそも痛い話が多めなので、私はそれほど痛さを感じなかったんですが
なんだかんだいっていつもラブラブハッピーな現実離れしたコメディー・『かわいい悪魔』シリーズから斑目さんに嵌った人はちょっと購入注意かな

坊主キャラってすごい画力がないと難しいと、改めて思いました
顔の大きさに対し後頭部が小さくて変なんですよね
おでこも狭い(顔の下半分が長い)ような……

「舐めさせながら後ろを弄らせる」このシチュ斑目さん好きですね!
路上の「捨てないで」からの手コキだけは勘弁!胸キュンが萎みます

『理想と現実』ママを幸せにしてあげてw

4

全体に微妙に洒落ておかしい雰囲気が好き。

班目ヒロさん、初読み。
ストーリー自体っていうより、絵とか雰囲気とかが好みでした。

坊主頭で自信がない受けの陸と、見目麗しく俺様ででも実は陸にぞっこんの攻めの善巳。
陸のイジイジしたネガティブなキャラは好きじゃないのですが、
愛に溢れるSの攻めが悪くなかったし(笑)、
バーのママさんや脇のオカマさん達の、野次馬ぶりやちょっとした会話が楽しく
全体の雰囲気を作っていました。
シリアスみたいなんだけれど、こじゃれた感じにコミカルなところがいいな。

5

楓太だった!!

俺様な楓太がここにもいたわ。

ついつい「悪魔シリーズ」の楓太と比べている私。
だって義巳とかぶるところ多いんだもの(^^;)
俺様だけど、相手のことは大好きでよく見てる。
意地悪だけれど最後には許してる。
なんだかんだで陸に振り回されてるんだよね。
でも楓太よりはこっちの義巳の方がSが強い感じかな?

そして陸の方も何となく秋吉なのかなぁ。
凄くかぶるわけじゃないけれど「悪魔シリーズ」を読んでる感じ。
好きなシリーズなので、この本も大好きなんですけどねvv

それよりオススメしたいのが最後のショート「理想と現実」
ママが昔の忘れられない男の話ししてるの。
次のページに凄いダンディーな男性が出てきたので
もしかしてこの人が???な展開でしたが
その人が言った台詞に大爆笑!!
このキャラ最高!!



4

考えさせられる!

美人鬼畜攻め×ゴリオ
読み終わった感想は、ラブラブでハッピーエンド❤な話に慣れてしまっている私には内容重視の考えさせられる話でした。
萌えるような感じではありませんbでしたが、こういうシリアスなのもたまにはいいかな!
私的に、現実にいるようなぼうずのがっちり体型受けはうーーー。。んでした(−_−;)
印象に残ったシーンはらすとの陸がヨシミにすがりついて別れないで欲しいと言うシーンです。綺麗な感じではないというか、小っ恥ずかしくなりました。。。w
本の裏に書いてあったように、ハード調教ラブですな( ̄◇ ̄;)
濃い~

3

好き

班目さんの作品はこれまで全部読んでますが
久しぶりになんかズキュンとドツボな1冊でした(*゚▽゚*)ノシ
悪魔シリーズなアホなネタも嫌いじゃないんですが、
こういうシットリした(と言えるのか)ネタ。好きです。

初体験の失敗で恋愛に躊躇躊躇な受。
ひどい言われようをしたのがトラウマで、そんなこと言わないような相手ばかりを探してた。
ところが、引っかかったのはドエスな攻さま。
何があるかわからない。攻たいと思っていたのもつかのまあえなく喘がされ~
なんだかんだで受難っぽいんですが、よくよく見れば
存外攻のが受にゾッコンな感じが好き。
最初に声かけたのも俺なのに。
好きって言ってもらってない。
わざと他の男とイチャついてみせる。
普段がどんなに鬼畜でも。そいういうところ可愛いなと思えてしまうのです。
読み方変えればもっと萌えがつまっているのではと思わずニンマリ
続編あっても美味しい作品だと思いました。

後半読み切り。
自分のことが好き。
どんなにひどい言葉をかけても、どんなに理不尽にしても好きだという男。
続き信がないから時々確かめて。
いつまでつづくかわからない・・・確信を求めて~なちょっと痛いお話でした。
だがそれがいい!
強がって、いきがって。自分の存在を確かめて。
求められなくなって泣いて。可愛いじゃないかっ!!
きっとこのあとガツガツ合体するんだろうと思うのだけれど
寸止めにヤラレマシタorz
これもまたその後のラブいやつが見れたらいいのにな~と思うお話でした。
ガッツリ心掴まれたっチューネン

5

うぅ…萌えれなかった…

大好きな斑目せんせいの作品なはずなんですが…萌えれませんでした…

なんてゆうかせんせいの作品には不幸な過去や性分の中に溢れる愛が垣間みられる感じが涙が出るほど好きだったはずなんですが…

受けの坊主君の見た目がいけないのか…
受けの坊主君のトラウマがそこまで不幸感漂わないのがいけないのか…
攻めのイケメンの鬼畜具合が中途半端に感じるのがいけないのか…

先に好きになったのはイケメンくん風なのに…
頬を赤らめてた姿と裏腹に妙な鬼畜プレイを強要しちゃったり…
坊主君がウジウジすぎて、まったく恋愛的なもちゃもちゃ絡みが少なかったり…

他せんせいの作品みたいに実はラブラブ♪地味にメロメロってゆう設定が好きだったのかもです…
デブマスターのチョイ話はせんせい節がでてて好きでしたが…
もう一個入ってる短編も私的には駄目でした…

4

斑目ヒロさんマジック!

正直言いまして、攻も受も性格的に大嫌いです。
しかし、斑目ヒロさんマジックでしょうか!?
2人とも、性格に問題を感じるのですが、
どこかかわいくて、何とも愛おしい作品となりました。
これこそ、作家さんの絵の力、雰囲気を作り出す力なのかもしれません。

陸は働くバーで、義巳に嫌がされを受ける。
好みの男を連れていかれてしまったり、
コンプレックスを刺激されたり、
大嫌いと言われたり。
でも、大柄だけど天然で、内気なため、
それでも、気にせずにいたのですが、
実は、義巳は自分のことを憎からずおもってくれていたようで。

義巳のどSっぷり、陸のウジウジっぷりに
腹が立ち、まったく好きになれないキャラクターなのに、
それでも、もがいて恋をする2人がたまらなく
大切に感じました。

2

ひび割れ枯渇穴wwwwww

斑目先生と言えば……最近は
どS系な美形攻めのキャラがよく出て来ますけど
今回もそんな感じです・

かわいい悪魔シリーズもそうだったけど
この作品も同系統のお話と言っていいと思います。

相変わらず斑目節は健在で、キャラの変調や
裏表の激しさ、サブキャラの濃さなど満載でした。
特に笑ったフレーズは
『ひび割れ枯渇穴』wwwww
いやーw普通は出てこない表現でしょwww

表題作以外に短編も収録されてますが
そちらの方が等身大ゲイっぽい感じかな?

面白い作品なので『萌』とさせて頂きます!

3

是非読み切りも。

本編は他のユーザーさんのレビューで書かれているとおり、鬼畜調教ありです。

読み切り作品ですが、久々に胸が締め付けられました。
ネタバレですが、私の妄想も入っていますので、流し読みしてください。


告白してきたイチをコウは我が儘言って振り回す。
けれどもイチの視線は徐々にコウではなく別の人へ。
コウが学内で見かけた際に蔑んだ彼に同情の目を向け、やがて別の感情へ

我が儘言って振り回してどうにかコッチを振り向いてもらおうとして、空回り。
気づいた時にはもう遅い。

本当は縋りついてでも止めたいのに、けれどもイヤミしか出てこない。
イチの視線を独占してきている彼に嫉妬して、そして初めて自分自身の気持ちに気付き・愚かな行為の数々に後悔。

最後まで素直になれず悪態ついて飛び出しその途中で我慢できずに涙する。

コウには振り向いてもらえないのに我が儘に振り回され、ふと向けた先はコウの正反対の彼。
少しづつ彼に惹かれてゆく。コウにはウンザリしていて、もう終わりにしようと思っていたイチだけども、自分のために泣いているコウを見たら今までの事など忘れて心が全て引続きき戻される。
未練など無いと思っていたけれど、本当はどちらも未練タラタラで臆病になって逃げていた。


ここからは自論。
作品の冒頭でコウは俺は一人でも別に平気と語っていますが、本当は平気なわけがないと思う。平気ではなく慣れなんですよね。
慣れてしまえばどうでもないと。

また、好意持ってくれているイチを利用して小学生かのような独占欲を露わにする。
いつの間にか隣にいた存在がいなくなると不安になりイライラ。本当に小学生なんですよね。

イチに少しづつ距離を置かれ不満を爆発させようと乗り込めば、自分といる時よりも楽しそうにしている二人を見てコウはどこか悟ったのではないでしょうか。
『あ、俺いなくても全然大丈夫…じゃん』
だからこそ最後まで素直にもなりきれず悪態ついて飛び出す

イチは当て馬の彼の事は好きだったでしょう。けれども、片隅でコウと比べてたのではないか。
涙して本音を見せたコウに一瞬で引き戻されるということは、最後の悪態つかれても決して嫌いではないということ。
ましてや本気で好きになった相手なら諦めることは出来ても、簡単に嫌いにはなれない。
また、ラストにイチはコウに「めちゃくちゃだよ、お前…わかんねぇ」と言っていますが、コウだけではなく自分自身にも言っているのでしょうね。
何でこんな我儘で性格悪いヤツなのにそれなのに……それでもどうしようもなく好きなんだよなと。

当て馬の彼、残念ながら救われません。
もしこれが他誌で掲載されていたならば、書き下ろしに彼の救いばなしをコミックスに収められたと思いますが、それは無かったです。
なので皆ハッピーエンドを望む方にはあまりオススメできません。
私はむしろこの方がリアルかなと思いました。

長々と書きましたがそんな感じです。
本編よりも、読み切り作品がもう読みたくて購入しましたが、キューンと締め付けられます。
もちろん本編もお楽しみ頂けますよ!
ただ読み切り作品は視点変えてみるとまた面白いと思います。


7

好きなハズ・・・

1冊に2つのストーリーが入っていました。

2つのどちらのお話も大好きな「俺様」が出てきます!
モテる俺様が嫉妬する、こちらも大好物な場面が山盛りですっ。
無理矢理ちっくなのも出てくる場面はありますが、
基本、愛あってのことで「鬼畜だ!!」というほどでもなく。
絵も特徴はあるけど、キレイ。
ちりばめられているギャグなんかも笑えるし。

なのに。
なぜ?

全然萌えられませんでした(;_;)
ふつーーーに「あー、おもしろかった。」と
さら~り読み終えてしまいました。

3

心がキツくなりました

相変わらず美麗な色使いの表紙にほうとため息が出そうになります。
表紙をめくってすぐのカラーイラストの色使いも美しい♪
そんな、私にとっての斑目ヒロさん単行本2冊目。

こちらは『理想』シリーズ5話のほか、『震える手の先』が収録されています。
切ない表紙画から、さぞ中身も切なさいっぱい!?どうしよう泣いてしまったら…と思いながら本編を読み進めました。

◆『理想』シリーズ
ゲイバーで働くゴツくて坊主の男・陸と、煌びやかなイケメン男・義巳のお話。
大人しく無口な陸は、過去に初体験をした時のトラウマが深く残っていて、恋愛に積極的になれないでいる。
ある日、ゲイバーに義巳が男と共にやってきたのだけれど――と進んでいきます。

はじめは、義巳がずっと陸を好きで、それが分かってキスして、「お前はヒドい」と顔を赤らめる義巳が居て、うわー実はすっごいツンデレ!?可愛いかも…!と思ったのですが。
そこから、義巳のドS極まりない調教っぷりが始まります(苦笑)
デレ少ない、むしろツンばっかりじゃないか!という感じ。

私、気付きました。
斑目さんの描くドSキャラ……半端じゃ続きなく苦手かも……(汗)

愛情は確実にあるのでしょうけど、何故か分からないけど時折、頭がクラリとするくらい心が苦しくなるんですよね。
痛すぎるっていうか、甘いモノ好きな私にとってその甘さに気付けないんです。

……いや、それ以上に。
いくら愛情があっても、首絞めたり(ギャグでも)、ゴミぶつけたり、そういうのがスッゴイいや!!なんです。

付き合う内に、陸は何故自分が義巳と付き合っているのか分からなくなる。
ある日、突然義巳に別れを告げられ、ようやく義巳への自分の気持ちに気付き、そして偶然街で会った時に別れたくないと請う。
そこでも義巳のSっぷりというかキツさは出てるし、陸の過剰な?必死さというのか、もういつの間にか絶対服従のような調教?もされていてそれが出てる。
割かしそのシーンは全然痛くないし、逆に好きなんですが……全体的に苦手意識が募る。

お互いちゃんと想い合ってて好き合ってますよーなんだけど、心がモヤモヤしてしまいました。


◆『震える手の先』
高校時代の同級生。大学に進んでから、『なめさせる』ところまではやらせてあげる。
そんな王様なコウと、大人しい性格のイチのお話。
大学に行ってとある地味な男子を見掛けてから、イチの態度が変わります。
お前は俺の言う事だけ聞いてろよとでも言わんばかりのコウに、イチがどんどん離れていく。
その状況に、徐々に耐えられなくなるコウは――と進んでいきます。

読み切りのこちらは、一切甘さが有りません。シリアス一色。
そういう雰囲気の方が、斑目さんの絵柄的に凄く合う気がする。
……けれど、やっぱりこのコウのキツさも辛かったー……。

このコウが自身の気持ちに気付いてしまうのは、イチ宅に乗り込んで暴言を吐いて、から。
そして追い掛けてくるイチ。
本当は突き放して終わりにしてやろうとすら思って居たのに、結局は一瞬で心が全てコウのもとに戻ってしまう。

最後のコウのモノローグ。
『イチをください どうか どうか――』
その後にはきっと、
「イチを好きだ イチが好きだ だから俺から離れないで お願いだから好きでいて」
と伝えているんじゃないかと思える光景がとても印象的でグッと来ました。

……ただ、やっぱりあの男の子がかわいそうかなぁ……と。


心をキツくさせてくれる作家さん。
私に辛さも痛さもくれる斑目さんですが、面白いかと言われればシコリが残ってしまう。
うーん……苦手意識が増えてしまったかもしれません。

9

惚れた弱みなのはどっち?

バサバサ睫毛の三白眼が美しい、ドS執着攻め。

攻めの鬼畜さや、受けの外見(ガタイのいい短髪坊主)は、読む人を選ぶかもしれませんが。
読んでみると、攻めの意外な一途さ・情の深さなど、
単純に攻め>受けとは言い切れない関係が奥深い作品です。

受けは、攻めに出会うまではタチだったバーテンダー・陸。
初めて付き合った男に酷いことを言われて以来、キレイな男は苦手。
自分に自信がなく、オネエな常連たちにバカだオクテだ言われっぱなしの、口下手な奴です。

そんな陸の店の常連の一人・ヨシミは、陸が苦手とする超美形。
陸に酷いこと言ってばかりのドS男子ですが、実はかなり前から陸のことを好きだったことが判明。告白シーンでは一転、カーっと真っ赤になりますw

そんな可愛いところもあれど、根本的に嗜虐趣味のある?ヨシミ。
ゴツくて男くさいヤツを開発するのが一番楽しいらしく、
全て俺に任せればいいから・・・と陸を押し倒し、受けに仕立ててしまいます。
本来タチな陸ですが、後ろの素質があったのか、ヨシミが上手いのか?
タチに回りたい気持ちもあるけど、ヨシミにどんどん開発されてい続ききますw

そんな展開で第1話から一応恋人になったけど、すれ違いも多い二人。
陸がモテるヨシミに引け目を感じたり、ヨシミが嫉妬したり…と波乱はあるけど、
なんだかんだ陸に惚れてるヨシミ。
陸の性格的に、ほっといたら自然消滅になる…と踏んで、「おしおき」と称して色々行動を起こし、破局を回避します。

その「おしおき」プレイが基本なので、SMチックなの苦手な方は要注意!!かもです。
引っかき傷をつけたり、剃毛したり(下を)、人前で押し倒したり…と結構えげつない感じ。
しかし、やってる回数/内容の割には痛々しさ・エロさは控えめ。
絵がキレイなためか、局部が見えにくい描き方だからか、陸が体格よくて背徳感が少ないためか・・・色々理由はあるだろうけど、とにかく上品で読みやすい印象です。

個人的には、SとMの一筋縄ではいかないパワーバランスがとても面白い作品でした。
楽しそうに陸をいじめるヨシミですが、
ニブい陸に焦れたり、気づかせるため色々仕掛けたり…と色々アクションを起こすのはヨシミの方で、S=サービスのSだと実感。
そんなヨシミに対して受け身だった陸が、最終話でやっと自分の気持ちに気付き、自分からヨシミを追いかけて告白する…という、本当に両想いになるまでの(調教完了までの?)お話です。

描き下ろしは、常連のオネエの切ない再会愛…かと思いきやギャグオチw
美形に迫られるって現実ではそうないよね~って現実に戻してくれるSSでしたw

読み切り【震える手の先】のカプは、服従×傲慢という関係性が表題作とは真逆?
しかし、最後の最後で攻めが離れていきそうになり、受けが追いかける…という、これも一筋縄ではいかないお話です。

2

調教します!

案外に、この一方が一方的に振り回されているカプというのは、実は振り回されていると思っている方が振り回しているのだったという、
若干すれ違いにも似た、イラっとするタイプの話結構好きだったりします
特に班目作品だとそれが切ない系で走るか、ユーモア系で走るかによって、ガラっとトーンが違ってきてしまうのですが、今回はコメディ系。
だけど、やはり読んでる身にはちょっと痛さを感じるのかもしれないですね。
あと、今回珍しく短髪坊主頭の男が登場していますので、このあたりも受け入れ率を限定する壁になっているかも?・・・もちろん、私は好きなんですがw

ゲイバーのバーテンをしている木内陸にはトラウマがある。
初めて抱いたきれいな男によって発せられた言葉にすっかり自信を失っている。
陸のいるバーに常連でよくやってくるキレイな男・小坂義巳はそんな陸のことを、顔は並以下、性格は暗い、図体はでかいくせに弱気だの、散々と彼のことをひどく言う。
偶然入ったショップが義巳の務めるアパレルメーカーのショップで、そこで陸は彼のいやな点をあげつらいあげく「嫌い」と義巳に言い切られるのだ。
ある晩、義巳が一続き緒に店に連れてきた男は陸のトラウマの元となった男。
ショックにうちのめされているところへ義巳がやってきて陸にはいた言葉は・・・

確かに陸は暗いです。
寡黙だし自信がないし、自分からどうしたいああしたいの自主性のある行動が見られない。
結局義巳は陸を好きだったのに、自分を見てくれてなくてそれですごく意地悪していたというとどのつまりがあれど、義巳の好みのタイプだったということでいいのだろうか?
その好みのタイプとは・・・調教しがいのある♂!?
全部で5話展開していきますが、いつもヘタレる陸を義巳が怒ってお仕置きしするという展開が待っており、執着具合はわかれどそれが愛情かというと、ひょっとしてジレンマなのかな?という彼の焦りのような感情にも見て取れる。(たぶんに趣味がほとんどなのかもしれないが)
それが周囲のオカマの人々の出歯亀的、野次馬的、キャイキャイワイワイしたキャラクターによってシリアス度合を薄められているのが救いなのかもしれないです。
最終話によって、やっと陸の本心が出てきたのですが、、、、
驚愕でした!!イヌが出来上がってる!?

【震える手の先】
痛くて切ない班目作品の典型的な短編ですね(涙)
高校の時、自分を好きだと思った相手を自分につなぎとめるためにそばに置いていただけなのに、彼が自分でない方を乱したとき、はじめて気が付く執着心
・・・といったお話。

表題、今回は義巳が一方的でしたが、わんこに育った陸がもっとキャラ押ししてくると楽しいコメディへもっとステップアップして面白くなる気もします。番外あったら期待かも?

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ