できちゃった男子 ハングリー編

dekichatta danshi

学生奶爸

できちゃった男子 ハングリー編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×29
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
85
評価数
22件
平均
3.9 / 5
神率
27.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥686(税抜)  ¥741(税込)
ISBN
9784799712689

あらすじ

果てしなくラブラブ?ケンカップルなエロ夫婦?友二郎と飛翠。
心配性な嫁も、旦那の愛?のお蔭で元気にツンデレする毎日(笑)。
しかし…いけすかない知的イケメン新店員が登場、飛翠に迫る!!
無防備に周囲に愛されまくる嫁に、硬派なハズの旦那は…!?
「お前を支える奴が俺以外にもいるのが悔しいだけだ――」
大ヒット★御景椿史上、最強エロくてラブくてアットホーム?
息子とカレシの仲も進展? 嫉妬で濃ゆ~いH描き下ろし付き!

表題作できちゃった男子 ハングリー編

調理師・旦那 羽鳥友二郎 32歳
居酒屋こびき店主 小比企飛翠 32歳

その他の収録作品

  • できちゃった男子 男夫婦の育児編
  • できちゃった男子 新店員加入編

評価・レビューする

レビュー投稿数7

泣いて笑って

複雑になってまいりましたが、導入部分に今までのあらすじ漫画があるので、初めてでも大丈夫。

ランチ営業することになり、ママさん達が集まるように。
そんなある日、新参者のママさんに友と飛翠のキスシーンを見られてしまい…
『非常識』と言われる飛翠。
そんな時、子供が愚図って大泣きしてしまい困るママ。飛翠が入り、子供をたしなめる姿は立派。無くしたことがあるからこその言葉。優しい言葉にジーンときます。

外から見たら歪んだ偽物でも、それでも何より大事だと涙する飛翠。どこに逃げたらいい?誰に許されたらいい?と号泣し、感動を呼びますが…
その後のオチが面白くて。
泣いて笑える一冊でした。

そして新キャラ登場です。これはどちらかというと隆介×波留日の話への序章ですかね。
普段アホっぽく波留日にベッタリな隆介の裏の顔がちらほら出てきます。実は切れ者。この先の展開も見逃せません。(笑)

書き下ろしもエロいけど良かった~
分かりやすい約束なんか何もないから
お互いを食わせ合う様にして確かめる。
俺はお前のもの。
繰り返し分けあって生きている
この凄い素敵なモノロー続きグ中に!!
…笑いました。

0

相変わらず好きなシリーズ!

できちゃった男子シリーズ第4弾!!
家が隣同士で幼馴染、顔を見れば言い合いをしてしまう飛翠と友二郎、さらにはるひと隆介、新たな赤ちゃんも加わり、はちゃめちゃイチャラブなお話です。
強気なことを言いながらも実は繊細で弱い飛翠と、それを包み込む優しさと器をもった友二郎、この2人のバランスがすごく良いです。
エロシーンも結構ありますが、2人が想い合っているのが分かる大事な場面としても描かれており、温かさもあります。
飛翠はすぐに泣いちゃうようなところがあるので、受けとはいえそういうキャラが苦手な方には向かないかもしれません。
私は可愛くて大好きでしたが…(笑)

0

シリーズ中で一番好き

家も隣りで幼馴染の高校生二人が、急に子育てに巻き込まれる、ドタバタラブコメディ第四弾です。今回は、飛翠の店に新しい店員が入ったり、ハルヒが別れを決めたり、ちょっと切なくて甘いお話で、シリーズ中で一番好きです。

◎飛翠×友二郎
近所の奥様たちに自分たちの関係がばれたと焦る飛翠だけど、実はバレバレだったというお約束な展開がおかしいです。でも、家族を守ろうと土下座した飛翠を、初めてカッコイイと思いました。飛翠が不安になって、それを友二郎が安心させるという、いつもの展開だけど、不器用な二人に萌えます。

◎ハルヒ×隆介
隆介のお家事情で、本当に隆介が好きだと気付いたハルヒ。みんなのために別れようとする姿が切なかったです。意外だったのが、隆介のカッコイイ姿です。優しいだけかと思ったら、やる時はやる男だったのがキュンときます。二人がエッチをするのはいつなのか気になるところです。

みんなが幸せそうな様子に、良かったね~と温かい気持ちになります。次巻が出たら、買いたいと思います。

2

パターンはわかるが好きだ

熟年夫婦でありながらも新婚(?)当時のラブラブっぷりが全く薄れないどころか増しているような飛翠と友二郎。

スピンオフの「家族」「執事」も読みましたが、やっぱりこの「男子」シリーズのキャラたちが一番魅力的だと思いました。特にメインの二人は本当にいい子なんだな、と思わせられます。今回のストーリーではお客さんに二人の関係がばれてしまうのですが、そこで受け入れてもらっているのは二人の普段のやり取りやお客さんとの関係ゆえのことだろうなとしみじみ。今野という新しいキャラも登場しますが、彼と飛翠とのやり取りが猶一層そのことを感じさせてくれるように思います。

波留日と隆介の関係のお話も読めて嬉しかった!今まで隆介は「波留日大好き」オーラ満開の天然くんでしたが、この巻では彼の男前っぷりが見れます。波留日もしっかり隆介のことが大好きで、飛翠同様しっかり相手のことを思ってあげられる子だなと再確認しました。飛翠とはちょっと違った感じのツンデレも最高にかわいいです。

飛翠はちゃんと男前だけれども過去のトラウマで弱気になってしまうことがあって…そこで友二郎が慰めると言うのがある意味この物語のパタ続きーンとなっているわけですが。
マンネリするかと言うとそういうわけではなく、そこの展開の仕方が微妙に違っていて、何かしら二人の関係に前進があると言うところが飽きさせないポイントなのかなと思いました。
何より友二郎はいい男だし、飛翠は大事なことはしっかり言えるようになっていっているし、愛あるカップルだということをこれでもかと見せ付けられるのが一番なのかもしれません。若いときだけではなく、この先もずっと、それこそおじいちゃんになるまで寄り添っているんだろうなと思わせてくれるカップルです。恋愛とか体だけではなく本当の愛情を見せてくれているような感じ。

(あと、Hシーンがどんどん良くなっていっている気が…!)

個人的にとても好きなシリーズです。まだまだ続きそうなので続巻を期待です。

2

どうもハマりきらない自分がいる・・・

出来ちゃった男子・・・全部読みましたが、どうもはまりきらない。

攻めの男らしさにマジで惚れ惚れするので、攻めがかっこよすぎて萌え!ってのは
あるんですけど・・・(あんな男いたら女はほっとかないよ!?!?笑)

でもでもでもねー・・・
なぜかこれハマりきらないんですよね。
受けがちょっと苦手なのかなあ・・・
お前は一体何回攻めに確認しなおすんだと!!!(笑)

いやわかりますよ!?
男同士だし、むしろずっと信用して安心していられるってのが不思議だし。
しょっちゅう不安になる方がリアルかと・・・。
しかしもうここまで来て、あんな濃厚なエッチが連日続いて、
まだドの付くツンデレですか!爆
不安になりすぎだよー翡翠(´・ω・`)
友二郎がその度にえらいなあと、かっけえなあこの漢!って思いますね。

今回は、まークソ生意気なクソ腹の立つ(おっと下品?)当て馬的なのが
出てきます。(これだからボンボンってのは!!)
今回翡翠の成長ぶりが自然と見れて良かったかなあ・・・
あの年下CPも展開見せてくれてよかったです♪
いやーはるひはやっぱ翡翠の子ですね!!続き(笑) 似てるわ不安定なところがw

読み応え充分な一冊です☆

0

安心して読んでられる。

できちゃった家族ももう4冊目ですが、新キャラ登場でどう絡むか?と思ったけど
大して変わりはない。相変わらず「飛翠は女の子が好き」なんですよね。
流石にもう三十路なのでターゲットは「奥様方」にかわってきてますが。

そして隙あらば友二郎の目を盗んで?女の子と仲良くしようとするし、
「男同士で夫婦」だなんて間違っても思われたくない。
それに対しての友二郎の毎度毎度の嫉妬も健在。

まぁ読者としてみりゃ
「もう15年も抱かれまくってるのにもう女の子無理だってばw」
と苦笑しつつ見守るわけですが。そろそろ気づけ。
むしろ友が倒れたりすることでより古夫婦のきずなっぽくなってきます。
しかし、この二人老けないなぁ・・・。

というわけで新キャラはもう息子カップルの相手の方に近づいてくる、
しかも地位を脅かしに来るという危険なキャラクター。
さらに飛翠にもコナかけに来るし、結局目的はなんだったんだお前?とは思うのですが…
大きな打算がありそうで結局なかったようです。セレブだし。

まぁ、結局なんなんだとは思いつつ、
「結論として2カップルはより強くお互いを意識続きした」
という結論ではあるので、あー良かったねぇと思います。

基本的には破天荒なBLの方が好きですけど、
こういう予定調和ってたまにはいいっすわ。

3

夫婦の愛、さらに深まる

もうハネムーンまで行って、しっかり固い絆で結ばれている友と飛翠。
でも、やっぱり波は立つようで・・・というシリーズ4巻目♪

この巻は、エッチは友×飛翠だけなのですが(相変わらずお熱いエロでした~)、
ふたりの息子・波留日とセレブ眼鏡彼氏の隆介の仲も進展あり、
そして、新キャラありと、ギュッと詰まった4巻目となっております。

最初に「これだけでもけっこうわかる(笑)これまでのお話」が用意されていまして、
1ページでごくごく簡単にですが、あらすじが新キャラによって説明されていま~す☆
(これで結構分かるけど、やっぱりシリーズ1巻から読んだ方がいいかと・・・)

まずは「男夫婦の育児編 」
居酒屋こびき、夜の営業とは別にランチも始めまして、子連れのママたちが集まる場所に。
女好きの飛翠は、ハートをいっぱい飛ばしてルンルンで接客~♪
そんな中、引っ越してきたばかりのひとりのママさんの言葉が、
友と子供たちとの今の生活で幸せに満ちていた飛翠の心に、大波を立てる。
「男性同士でいかがわしい・・・非常識だわ」
ふたりがキスをしていたところを見られていたようで、そ続きう責められて飛翠は・・・

そして、この本の大部分を占める「新店員加入編 」
波留日の彼氏・隆介の友人という今野が、新店員として居酒屋こびきで働くことに。
この今野、あくどいことを考えているようにも見えて、好青年にも見えて・・・というナゾなイケメン。
彼の存在は、友の心に嫉妬という波を立て・・・


この巻では、ツンデレながらも飛翠はなかなか素直で可愛い。
それなのに友が結構何度も不安な気持ちに・・・要は飛翠が好きすぎてヤキモチ → エッチ。
ちょ~っとワンパターンな感じがしたけれど、
情けない顔の友が何度も見れてキュン♡としたから、まぁいいかw
色々ありながらも、毎日同じように生活してエッチして・・・なんだかとても夫婦っぽいな。
相変わらず友は、ストレートに甘い台詞を囁いてくれる夫でした~

「ハングリー編」は実は描き下ろしの部分のこと。
座りながらウトウトと寝ている友に対して飛翠が、襲い狼になってみたら~というお話。
最近ヤキモチ妬きの友に大サービスしてやろうかなーなんて言いながら、フェラを~
でも、友が黙ってされたままな訳はなく・・・w

波が立つのは、相手が大切だからで、
波を乗り越えれば乗り越えるほど、さらに夫婦の愛は深まり♡というラブラブ~な一冊。
ご馳走様でした!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ