フェチ大学生、乙女男子リーマン、純情ビッチマッサージ師、ツンデレ嫁など、美味しい男子盛りだくさん★

さわって恋して

さわって恋して
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
6件
平均
2.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796404174

あらすじ

「好きなんだ! お前のうなじが!」
大学4年、就活を目の前にして長髪を切ろうとしたら、片想いしている同級生のヒデが、挙動不審! 俺の首筋がなんとも理想的らしい。さわっていいよと言ったら、それ以来うしろからクンカクンカされたり、指でツツーってやられたり…好きなヤツにこんなことされたら、変な気分になっちゃうんですけど!!
表題作ほか、ウエディングプランナーが男同士で結婚!?や、将軍さまに男が嫁入り!?など、ラブがお盛ん★甘々作品集!

収録作:さわって恋して/結婚しようよ/愛情マッサージ/将軍さまの花嫁/描き下ろし

(出版社より)

表題作さわって恋して

うなじフェチの親友 ヒデ
就活が始まる大学生 光希

同時収録作品結婚しようよ

乙女なブライダルコーディネーター 今川
バンケットホールの主任 松尾・29歳

同時収録作品愛情マッサージ

常連客 佐古木 
カイロプラティックの先生 千里

同時収録作品将軍さまの花嫁

第108代将軍 時政
許嫁 千代

同時収録作品大奥恋日和

和蘭の第三王子 
お庭番 花緒

評価・レビューする

レビュー投稿数3

久々のねねこさんのうそんこ歴史物♪

表題作について語れよ自分!

いや、表題作は・・・まぁなぁ。
うなじが好きです触りたいですハァハァな所が強烈に出ている本で、
「ピアスでやった方がよかったんじゃねーかなぁ・・・」
というフェチなテーマでした。

それ以外の話ですね、好きなのは。
かわいい声して中身はあまりにも荒っぽいマッサージ師さんの「愛情マッサージ」とか。
オラオラ攻めする受けって好きだし。文句言われながら腰のメンテされたいなー・・・

あと、艶恋タイフーン以来、久々に来ましたウソんこ歴史物!
というか歴史物の時代風景の未来物。身分差とかはなんか復活してるけど
それ以上に服装とかそういうのがぶっ飛びすぎてて読む人選ぶのかしらん。

チャイナな許嫁、千夜も可愛いけど、メガネっこ忍者花緒も可愛いなぁ・・・。
将軍もドーテイだからなんだろう、いざとなるとうぶうぶで可愛いこと。

あと、この夫婦は未来設定らしく「子作り可能」になってしまってることが
同性の屈託なんかもなんもないほわわーっな話になってるんですよね。好き!

1

サラーッとしてます

私にとって初・楢崎ねねこさん単行本です。
雑誌で数回お見かけした事はあるのですが、あまり心に残った事が無く……
そして今回、表紙のサーモンピンクの背景が可愛らしいと言う理由だけで購入に至りました(笑)

今回は短編集で、
・親友を好きな光希と、光希のうなじが理想的で仕方ないヒデのお話『さわって恋して』
・一流ホテルに勤めるデキるゲイ・松尾と、夢見がちな後輩・今川のお話『結婚しようよ』
・マッサージ店に通っているリーマン・佐古木と、そのマッサージ師で佐古木のオアシス・千里先生の豹変話『愛情マッサージ』
・2310年の江戸、同性同士の結婚も当たり前になっている時代。108代目将軍・時政様とその許嫁・千夜のお話『将軍さまの花嫁』
が収録されています。


正直、あまり画が好みじゃなかったようです……(気付くの遅すぎ)
お話自体も心に残る感じではなく、とてもサラリとしていたのが物足りなかった。

強いて言えば『将軍さまの花嫁』が一番可愛くて良かったかな?
(描き下ろしの花緒のお話もコレは良かった!)

だからと言って「しゅみじゃない」わけでもなく、正直評価に続き困った1冊でした。
ライトに楽しめるのが好き!という方にはオススメ出来るかもしれません。

1

ツンデレ色々

3冊連続刊行のラスト、3冊目はGUSHからの短編集。
最近シリーズものが多かったので短編集は久々な感じ?
ねねこさんの好きな色々なツンデレ受けが揃ってます。
最初一読した時、何だかな~だったんですが寝かせて読んだら結構いいじゃないか♪
やっぱり受けちゃんのツンデレが思わずハートキャッチ!(体調とバイオリズムによるのでしょうね~)
こういう作者さんの十八番的キャラが揃ってるお話は読みやすいんですね。

表題、高校から大学もずっと一緒のヒデと光希。
もうそろそろ就職活動しなくちゃいけないから髪を切ろうかな?という光希に、ヒデが告白を。
「好きなんだ!・・・お前のうなじが」
そう、ヒデはうなじフェチで、高校の時髪を結んで見えた光希のうなじにぞっこんになって、そのうなじにあれやこれやしたいという願望を抱いていたのです!
光希は、ヒデに密かに想いを寄せていたので、大好きなヒデを悲しませたくないと、うなじに触ることを許すのだが、それはだんだんエスカレートして、光希を苦しめて・・・
光希の健気さが光るのだが、ヒデお前はちゃっかりさんだw
行きつく先はバカップルだろうな~(笑続き

【結婚しようよ】
作者さんいわく、恋愛の始まりによくある”好きと言われて好きになる”パターンだそうですw
ここに出てくる主人公のホテルバンケットの主任のツンデレ意地っ張りが切なくてね。
ゲイだから結婚できない、子供もできない。
自分をゲイと知ると好きになったノンケは自分を気持ち悪がったりと、色々を諦めているのです。
そんな同僚でブライダルプランナーの今川が好きなのだが、彼は結婚に夢を抱いていて、それがイラっときて思わず告白してしまうのです。
一見、今川は乙女なおネェなのか?みたいな外見で描かれているのでひょっとして受け?とおもったのですが、違いました(笑)
でも誠実に酷い様相になるまで悩んで考えた真面目なキャラだった。
それにしても男初めてで、いきなりエッチ展開に仰天!?
しかし、この主任のツンデレキャラが結構好みだったりしました。

【愛情マッサージ】
腰が痛くて整体に通っているサラリーマンの佐古木は、そこの先生の千里がきになっている。
ある晩、つかれて路上でしゃがみこんでいると、いちゃもんをつけるガラの悪い男が・・・なんと千里先生だった!?
ここで愉快なのは、千里の豹変ぶりとツンデレ・・・ではなく、
エッチの最中に腰をやってしまって、千里にマッサージしてもらう佐古木という図(爆)
こういう時、恋人が整体師っていいよな~♪

【将軍さまの花嫁】
幕府が続いてる未来設定というファンタジー。
この時代、人口調整ができるようになり、結婚に性差がなくなった未来という設定。
若くして有能で国民に圧倒的支持を受けている将軍・時政の元へ許嫁として京の宮家から来た千代。
まるで思春期の中高生のような、純情な展開がほほえましいです♪
これこそ、女子でよくない?なのですが(見た目も女子だしw)そこは設定ありき。
千代のツンデレと、お庭番兼大奥取締りの花緒のツンデレという2種類のツンデレが、健気でありながら違う見せ方、身分の違いゆえの差というのがあり、そんな点が見どころでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ