大人気 セクシャル・ファンタジー、待望の最新刊! !

クリムゾン・スペル(5)

crimson spell

绯色诱惑

クリムゾン・スペル(5)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×26
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
67
評価数
15件
平均
4.5 / 5
神率
53.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784199605468

あらすじ

目指すは、最高位の魔導士アスタドール──。魔剣の呪いを掛けた人物を追い、なんとか帝都に潜入したバルド。偵察の最中、皇帝の遣いに拉致されるが、そんなバルドの前に、捜していた魔導士が自ら現れた!! しかもついに明かされたその顔は、なぜかリムリスと瓜二つで!? バルド最大の危機に、ハヴィは身を挺して駆けつける!!

【応募者全員サービス実施!】
カバーイラスト図書カード(B4描き下ろしペーパーつき)
◆「雑誌」+「コミックス」で申し込めます!
→詳しくはキャラ公式へ!!

表題作クリムゾン・スペル(5)

ハヴィ/天才魔道士バルド
バルド/魔剣の呪いにより魔獣化する王子

評価・レビューする

レビュー投稿数3

リムリスの正体がじわじわと…

ユグ・ヴェルンドに呪いをかけたと目される魔導士・アスタドールに会うべく、ゼネドゥーラ帝国の要塞都市ゼネドゥラスへとやって来たバルド一行。日常に魔法が根付いているこの町は、昼は和やかで平和な反面、夜は魔物が跋扈する不思議な町でした。国境でのわだかまりも解消してバランスの良い関係になりつつあるバルドとハヴィですが、またもやバルドを狙う怪しい一味の影がチラつきます。そしてそれは記憶を失っているというリムリスの過去と深く関係しているようで――…。

むむむ…ここに来て過去の因縁が一行の行く手に重く伸し掛かってきたな~と感じました。解呪の旅はやはり一筋縄では行かなさそうです。リムリス~…いや、ただの愛想のいい兄ちゃんとは思っていませんでしたが、そう来るか、と。終盤のバルドとのシーンは「これ、遊佐さんボイスで是非聴きたい!」と思いましたが笑

そんな中でも、ハヴィとバルドの関係が新しいステージへと進んだようなアクションシーンは嬉しかったです。ようやく真正面から対等に向き合った感のある二人。早く続刊が読みたいな~と、今回読み返して改めて思いました。

3

もっとバルドとハビを!!

待望の・・・本当に待望もいいとこの第五巻!笑
作者がまた別に連載BLを持ってることからしょうがないと我慢しつつも
長かったよ第五巻・・・(笑)


リムリスの正体も徐々に見えてきて(やっぱり只者じゃなかったあの魔術師)
バルドとハビも気持ち的にも繋がりが見えてきていい感じ!
な、ところでまたひと波乱。
今回はリムリスについての描写がメインですね!
どうやら彼はかつてバルドの国の民のようで・・・?
なにやら激情に近い恨みと執着、さらに愛情が絡み合っているようで・・・

怖いですリムリス。
リムリスの力をかつて吸い取ったと思わしきソックリさんまででてきて、
後半、体のつながりをバルドに強制的に求めてきやがります!!
早く助けろハビー!(笑)

個人的には、もっとハビ×バルドが見たかった・・・
さらにはちょっとだけでもルルカとバルドがネンゴロになるシーンって・・・
ないですよねはい・・・(´・ω・`)←

しかし番外編でルルカとバルドがいちゃこらする話もあって
ルルカ好きとしては蛇の生殺し状態でしたはいwwww

3

ということは、次回はまた2年後なのだろうか。。。。
そんなこんなな新刊w
黒バルドの出番が少なくて寂しいです(´・ω・`)
や、出てはいるけどキャラクター的にな。
白皇子もきらいじゃないけれど、やっぱり褐色肌のエロスは数割増だと思うの。
とはいえ、陵辱イベントが美味しい今回。
褐色肌でめくられた尻肉wwwそれだけで満足だったりします。

ただ合体するだけじゃ繋がるとは言えない!
愛がなけりゃ!
なんて愛イベントも着実に進んでおりますが
確信はもう少し先なのかしら。
完結した時にもっかいまとめて読めたらサイコーかな~な雑感です
メンタルな面でのつながりが太くなった分、官能的な意味でのつながりが今回弱かったのが少々残念。次回に期待シマス

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ