男子寮301号室の恋愛フラグ

danshiryou 301goushitsu no renai flag

男子寮301号室の恋愛フラグ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×29
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
70
評価数
20件
平均
3.6 / 5
神率
10%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784861346118

あらすじ

同室になったのは、話さない・目を合わせない・応えない、無愛想な青柳だった。ストレスが溜まっていく福永だが、ある時、寝ている青柳にイタズラをしたことで一変。触るたびに反応する青柳が面白くて思わず乳首を触った瞬間、思いがけない青柳の声に動悸が止まらず??!! その後、少しづつ話すようになった青柳が、寝ている時に不意に福永の手にすり寄ってきて…!?

表題作男子寮301号室の恋愛フラグ

誰とでも仲良くなれる面倒見のいい高校生  福永久志
寮で同室になった超感じ悪い同級生      青柳昴

同時収録作品だけど、想定外!/かなり、想定外!!/おまけ①・②

一見そうは見えないがケンカが強い大学生 塚原 
攻に返り討ちにされ弟子入り希望の高校生  犬飼渚

同時収録作品美味しい恋の伝え方/おまけ①・②

定食屋の近くの大学に通う 大学1年     松永
寂れた小さな定食屋をひとりで切り盛り  三崎一味

その他の収録作品

  • 男子寮301号室の恋愛フラグ~青柳家の家族会議~
  • あとがき。

評価・レビューする

レビュー投稿数6

男子寮はパラダイス

「男子寮」って聞くだけで
胸がキュンって高鳴ってしまうのは
私だけでしょうか。

いやあ、腐女子にとっては男子寮は
夢が詰まっていると思いませんか?(笑)

今回の作品もまさにそんな感じの一冊です。
誰とでも仲良く慣れる明るい性格をした主人公・福永(攻)。
そんな福永と訳あって同室になる超無愛想な青柳(受)。
はじめの出会いから、ふたりの相性は最悪状態です。
青柳に歩み寄ろうとする福永の態度がとてもカワイイのですが、
そんな福永に目もくれず、相変わらず性悪と思える性格の青柳。

でもある日、寝ている青柳に福永がエロいととれる悪戯を…。
うわあ、寝ている奴にそんなことをしていいのか!
いやでも、もってやれ!
そしてその悪戯で体を開発されてきてしまう青柳にも注目です。

そして、福永の猛アタックの甲斐あってだんだんと
福永にだけ心を開き始める青柳…。
うわあ、カワイイ!
なんか、小さい猛獣がだんだんと懐いてきてくれている感じがします。
でも、実は既に青柳は福永のことを好きになっていたんですね…。

青柳は福永に自分の過去の秘密(?)を打ち明続きけ、
そして、福永に行為を持っていることを告白します。
もともと青柳を好きだった福永ですから、
ここから、もう両想い!
雪崩れ込むようにHへ…。
寝ている間に体を開発されてしまっている青柳ですから、
感じまくるところが、もう…><

小さい猛獣が懐いてきてくれて、良かったね。

1

周りのキャラ含めキャラたちが面白い!

この作家さんらしいノリツッコミが上手なキャラたちのテンポの良いラブコメが見れます。
コミカル加減やセリフ回しなど絶妙なので、個人的にはもうちょっと評価されてもいいラブコメBLだと思います。絵柄の好みには個人差あるかもしれませんが、未読でラブコメ好きならぜひ試してみてください(´・∀・`*)
3組のカップルからなる短篇集。

■男子寮301号室の恋愛フラグ
表題作。寮で相部屋になった高校生同士。
世話焼きで割りと誰とでも仲良くできる高校生×過去のトラウマから人間不審で警戒心半端ない野良猫のような高校生。
誰とも打ち解けられない受キャラと、巡り巡って同じ寮部屋になった攻キャラが、あの手この手と懐柔するうちに、寝付いたら中々目を覚まさない受の体にちょっかいかける楽しみを覚え、エスカレートして変態ちっくになる自分を一方で叱咤しながら、受との距離を縮め、なんやかんやあって下心がバレて懺悔してお付き合いできるようになる話。

攻めが自分の欲望に常識的かつ的確なツッコミをしながら悶々としたり、後ろめたさを隠しながら受けの世話を焼く姿がとてもコミカルに描かれてて面白かったです!
続きは関西弁を話す無愛想な受けの反応もデレすぎず、いちいち面白くてかわいいので、いいコンビだと思います(´・∀・`*)
あと、突然の家族へのカミングアウト展開が見どころです。
受けの里帰りに同伴した攻を家族に紹介するにあたり、受の会話能力の低さから不本意ながら突然のカムアウトを余儀なくされ、攻めも家族も私もびっくり!!笑
さらに、「息子達も寝静まり、夜もふけて参りましたが…」との前置きでスタートした深夜の家族会議にはさらなる驚きがあったし!なんだこの流れ!ウケる!!
真剣な顔でテーブルを囲む受キャラの家族たち…
血をわけた妹、実の父、母…それぞれがそれぞれに硬い決意のもと集まった厳粛なる家族会議です。
誰もが自分だけが唯一の理解者であると勝手に思い込み、受けのカムアウトをどんな反対を押し切ってでも自分だけは擁護しようと思惑を巡らせる……
そんな超展開に爆笑しました!!(≧∀≦*)ノ
マジ、いい家族!!ってか受、愛されすぎ!ま、かわいいから納得だけど!笑

■だけど、想定外!/かなり、想定外!!/おまけ①・②
実は腕っぷしが強いがテンション低い大学生×単純おバカなヤンキー高校生。
受けに絡まれたのを返り討ちにした縁で尊敬され懐かれた攻めが、いやいや付き合ううちに受けが可愛くなってきて恋に発展。
これはおまけマンガがとっても好きでした。
受けのべた褒めプロフィールを信じて息子をよろしくお願いしてくる受けの父に対し罪悪感に苛む攻めがステキです。

■美味しい恋の伝え方/おまけ①・②
受けの料理に惚れた常連客の大学生(大型犬)×寂れた定食屋の料理人(ツンデレ)。
受けへの愛ゆえに店が繁盛するよういろいろ尽くす攻めがいい子な話。

コミカル具合が絶妙なので、明るくてノリの良いラブコメBLが読みたい方にオススメです。

《個人的 好感度》
★★★★・ :ストーリー
★★・・・ :エロス
★★★★・ :キャラ
★★★・・ :設定/シチュ
★★★★・ :構成

2

ヤン可愛い。

コミック買うのをすっかり忘れていました

ケイタさん好きなので
コミックは揃えているのですが
なぜかこのコミック購入していなかった

タイトルを覚えていないというのが盲点です・・・

今回もケイタさんらし、バカでかわいい男の子が満載です

ヤンキーや暴力嫌いですが
ケイタさんの描くヤンキーは
どこか優しくて土くさくて
がっかりしません

表題の作品
・男子寮301号室の恋愛フラグ
とても好きでした
青柳がかわいい
無口な理由が違う理由の方が楽しめたなとは思うのですが
寝ている青柳にイタズラ加速する感じは笑いました

・おいしい恋の伝え方
このほっこり感覚好きですが
三崎さんキャラちがくないか?と
何度か読み直しました
うーーーーん

いずれにしても、ケイタさんの作品は可愛いバカくんが愛しいです

1

最初の二組が特にイイ!

それぞれに繋がりがない学生さん三組のお話です。

表題作『男子寮301号室の恋愛プラグ』は誰とでも仲良くなれる攻×無口な受のお話です。
まぁ攻は寝てる受に対してイタズラと称して乳首弄ったりする人ですがね!
受の家族がツボだったお話です。

二作目は無愛想な攻×おバカな受の作品です。
受が本当に一途でおバカでだんだんいとおしくなってきます!

三作目は常連客×料理屋の若い料理人?のお話です。
でも、ごめんなさい……2作目がお気に入りすぎてあまり記憶に残っていない………


どれも軽く読める作品ばかりで軽く読みたいなって時にオススメです

1

かわいい!

作者さん買いでしたが、満足の1作でした。
3カプの短編が入っていますが、
表題作カプと2作目の大学生とヤンキーのカプが
好みでした。

2作目は、大学生の塚原は、
高校生ヤンキーのナギにからまれ、
かえり討ちにしたところ、ナギになつかれてという
展開です。
ヤンキーこそ純情っていうのが、
オヤクソクではあるのですが、楽しめました。
ナギが純情過ぎて、逆に塚原をヤキモキさせてしまうのに、
なんともニヤニヤがとまりませんでした。

安定の1作です。

1

楽しいし、真っ直ぐさに癒された♪

いつもとは雰囲気が違う話かな~
と西原さんがつぶやいておられたのを見て、どんな話かな?と興味がわいて買ってみました♪

この本すごく楽しかったです!!
買ってよかった~~~
こういう雰囲気すきすき~~~
西原さんの本はこれが3冊目なので、いつもと違うかどうかは判断がつきかねるのですが、
今まで読んだ中ではダントツにこの本が一番すきです♪


■「男子寮301号室の恋愛フラグ」
友達から寮の部屋変わって!と頼まれて、それも楽しそうかなとOKしたら、
相部屋になったヤツ(受け)が、
目つきは悪いわ、愛想はないわ、話さないどころか返事もしない、超感じの悪い男で、
なんなんだよーー!!というところからお話は始る☆
そのふてぶてしい態度にムカついて、寝ている時にイタズラをしてみたら、
色々しても起きないうえに甘い声なんか出すもんだから、攻めの子はなんだか止められなく・・・w
そして、そんなことしちゃった罪悪感もあって、
受けに親切と気遣いを繰り返していると、予想外な一面が次々と見えてきて・・・

この予想外な一面が、ホントに予想外☆
普段は無愛想でほとん続きど喋らないのに、
「いやや・・・一人にせんとってや・・・」と関西弁で泣きながら寝言とか(他にもあります)、
そんな一面見ちゃったら、もう、ねぇ?
攻めじゃなくても、ギャップ萌えでクラっときちゃうよw
無愛想で感じ悪いヤツになったいきさつも、
それを話し終わってしまってからの素も、変に真っ直ぐなトコロも、すごくカワイイ。
そんな受けの姿を見てキュン♡となっちゃう、とっても楽しいお話でした~~


■「だけど、想定外!」「かなり、想定外!!」
一見地味な黒髪メガネの大学生が(攻め)、
いきがったバカな高校生(受け)にカツアゲされそうになって、
返り討ちにしたら、ケンカが強くてスゴイ!となつかれて~~というお話。
受けの子がワンコで、押せ押せでいくのかな?と思っていたら、
意外にも攻めが受けの可愛さに参っていたらしい・・・という展開もよかったです。

くっついてからは、
攻めが受けをからかっているつもりが、受けのおバカで子供なところに振り回されるw
その姿がおかしくて、微笑ましくて、なかなか想定外で、いい!!


■「美味しい恋の伝え方」
これだけちょっと古い(2010年雑誌掲載)ので、絵が少し違います。
寂れた小さな定食屋さんを、ひとりで切り盛りするお兄さんに恋しちゃって、
フラれても冷たくされても、めげずに何度も何度もぶつかっていくワンコ大学生のお話。


どのお話も、登場人物は根がとても真っ直ぐでそれぞれ一生懸命なところがあって、
楽しいだけじゃなくて、ちょっと癒されました♪
内容も、春にふさわしい感じがします。
オススメ本です☆

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ