デキすぎ君とヤンキーちゃん

dekisugikun to yankeechan

天才优等生与不良少年

デキすぎ君とヤンキーちゃん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×28
  • 萌9
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
69
評価数
25件
平均
3 / 5
神率
4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832288461

あらすじ

泣く子も黙るヤンキー高校生・竜崎には 誰にも知られたくない秘密がある。 なんと…興奮すると、ちょ~可愛く変身してしまうのだ! よりにもよってそれをイケ好かない委員長・城ヶ崎に 知られてからというもの、「秘密の共有をしよう」と 好き放題手を出されちゃって…!? 『トラさんと狼さん』春野アヒルの注目最新作★大幅描き下ろしつき★

表題作デキすぎ君とヤンキーちゃん

超秀才でモテる同級生の委員長 城ケ崎
秘密のある超ブラコンヤンキー高校生 竜崎

同時収録作品コンビニスイーツ

杏仁
プリン

その他の収録作品

  • できすぎ君とヤンキーちゃん 番外編
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

なんちゃってヤンキー

秀才×ヤンキーの王道なカップリングですが、お話はちょっぴり不思議系だと思います。それでも詳しい説明はなくふわふわ進んでいくのが、この作者様らしいお話だと思いました。

この作者さんの作品だと、ツンデレ受けしか読んだことない気がします。ツンデレ受けを描かれるのが非常に上手い・・・。
動揺すると小さくなってしまうという特異体質な主人公のお話なため、ちびっこ系が好きなら可愛くて萌えられるかと思います。
ただ、肝心な部分はあまり説明されておらず、ラブストーリーとしての表現も非常にソフトです。
なんとなくふんわり楽しむにはよいお話だと思いました。
ラブシーンを期待して読むとややや物足りないのですが、優等生×ヤンキーの王道が好きならオススメです。

1

チビッ子が可愛いです

驚くと変身しちゃうという秘密を抱えたヤンキー君とジェントロフィリアという性癖を抱えたデキすぎ君との、可愛くて不思議なお話です。

ヤンキーの竜崎は弟思いだけど、学校はサボりがちで。
そんな竜崎を学校に行かせようと関わって来たのが、委員長の城ヶ崎です。

実は竜崎は、驚くとチビッ子になるという秘密を抱えていて。それを、たまたま城ヶ崎に知られてしまうのです。
慌てている竜崎に、自分もフケ専という性癖があるから秘密の共有をしようと、提案する城ヶ崎。その時から、冷たくしても冷たくしても、城ヶ崎は竜崎を追いかけるようになります。

チビッ子になる謎は全然分からないけど、可愛くて癒されます。
城ヶ崎も、竜崎が大変な時に必ず現れるのもカッコイイし。城ヶ崎がフケ専返上で、竜崎にひかれていく様子もキュンとなります。
だけど、エッチをしようとすると驚いてチビッ子になるのに、無事に結ばれる日は来るのでしょうか…。次巻を楽しみにしたいと思います。

3

可愛く変身

※ネタバレ有です。



◆デキすぎ君とヤンキーちゃん◆《年上好き×身体がショタになる男》
竜崎は感情が高ぶると身体がショタになってしまう─ そのことを間近で見た城ヶ崎は自分の性癖を話し、秘密を共有しようとするが──。

うーん……(*_*;)
なんだろう……現実的な話じゃないから、あんまり好きじゃないです。

竜崎のショタ姿は可愛かったんですけど……(゜▽゜*)
デレ部分が多くて、少し萌えが冷めてしまう部分もありました。
もう少し二人の間に何かあっても良かったと思いますv(^o^)

城ヶ崎が竜崎の弟(祐)に嫉妬する場面好きです(^^)
でも、年上(フケ専)好きなんですよね~
もっとフケ専プッシュして欲しがったです(´・ω・`)少し弱かったように感じました。


今回はあんまり萌えが足りなかったので、中立です。

1

何度読んでもノリきれず・・・

おーー春野さんの新刊!
そう思って、あんまり考えずに買って読んでみたのですが、
ん~~~??
設定が色んな方向にブッ飛んでいるように感じて、なんかノリきれない・・・
時間を置いて何度か再読してみたけど、やっぱりダメっぽいです・・・


(なんちゃって)ヤンキーちゃんが、
弟を溺愛しているのも、ビックリ☆すると可愛く小さく変身してしまうのも、
面白い設定じゃないか♪と思うのですが、
そのヤンキーに絡んでくるデキすぎ君のキャラが・・・う~ん、どうにも掴めない・・・

なんでもデキすぎちゃって毎日つまらないから、
ヤンキーちゃんに絡んでいって~ってことなんだと思うのだけれど、
それも分からなくもないのだけど、
だから秘密を共有するだの、勝手に性癖を暴露するだのって、
自分には脈絡無しに思えてしまう。
その暴露した性癖も今のところ現実味がないしなぁ~
とりあえず、こんな感じだと面白いかな?
という展開を色々くっつけてお話を作ってみたーって感じがしちゃって、
一度そう思うと、色んな事が気になってしまって、ダメでした・・・すみません・・・

そういえば、続き
自分は「トラさんと狼さん」シリーズしか春野さんの本は読んだことがなかったのです。
実は今回の本の方が春野さんらしい展開なのかな?
突き抜けた展開もありつつ、
基本は王道!って感じが、「トラさん~」では好きだったのだけどな。


2巻まで読んだら、これだよーー!いい!!ってなるのかなぁ~
なったらこの低い評価、平謝りします m(_ _)m

4

可愛いっちゃ可愛いんだけども

なんでヤンキーという言葉に弱いんだろワシ(´・ω・`)ショボン
最近こういうネタ多いですよね。
エセヤンキーが優等生メガネにいいように弄ばれて手篭めにされて
ハッピーエンドwwちゃんちゃんw的なな。
王道から外れないお話でした。

馬鹿な子は好きなのよ?
単純ばかで可愛い子。
なにげに、最初の中学までは~と泣いて帰る友人様のコマが好きでした
何があったwwwwwww
存外愛されちゃってる感じが学校でも丸出しなので
もう少しそこに触れてくれても良かった気がする。

動揺するとちびっこになってしまう設定は可愛いのかどうなのか
本当にあのメガネはフケ専なのか。
ある意味個人的にはあのメガネが極度のショタコンでハァハァする変態のほうが好みだった気がする。
というか、、、、ん~・・・思ってたより(笑
な雑感が強い今回でした。
悪くはないんだけど、ベタがベタすぎてという感じ。
もう一つ抜きん出た何かが欲しかった。

ちなみにあの弟くんって・・・・父・・じゃ・・ないの?
次回に続くようなので、もう少し見守ろうと思います続き


2

チビ可愛い。

ジャンルとしてはファンタジー?
タイトルからは想像ができない内容でした。

何々君と何々君というタイトルなんとなく好きです
主人公と相手の関係ごわかりやすいってのが
理由ではありますが。

動揺すると、子供になってしまう。
この子供のチビちゃんが可愛い。

ざっくりな感じもしますが、動揺の種類や内容があるので
なるほどそうかと思えてニヤニヤできます。

ヤンキー設定ですが、悪というよりは
家族思いでまっすぐ可愛いヤンキーです

優等生は真面目というか、頭がよくて
クールではありますが
生真面目とは違う感じがします。

個人的には優等生のお母様が好きです。

この作品はまだ連載中なので完結はしていませんが
二巻発売待たずして読んでも十分楽しめます。



0

今度のファンタジーはビックリ萌え

イラストだけでも大好きなのですが、作品もこの手のファンタジーには目が無いので
ホントに楽しみにしていた1冊なんです。
タイトル通りデキすぎ君とヤンキーちゃん、何故ヤンキーにちゃんがつくのか?
それが今回のとんでもびっくりファンタジー、感情の起伏が原因で見た目不良で
態度もそれなり、それでも母子家庭で母親を助け幼い弟の面倒を見るヤンキーちゃん。
そんな彼は何故かビックリしたりするとちんまり可愛い子供にあららぁ~変身!

それを目撃したのがデキすぎ君でヤンキーちゃんのクラス委員長でもある城ケ崎君。
自分がつれていた犬が切っ掛けで変身され、その事で過去に散々な目にあった
ヤンキーちゃん、その秘密を何故か二人で共有する事に、それもヤンキーちゃんは
頼んでもいないのに城ケ崎君がフケ専だと自らの秘密を無理やり打ち明け共有仲間。
でも、この委員長なにやら腹黒みたいなのですが、ヤンキーちゃんは単純に信じて
ちまっとした可愛い容姿に笑顔でお礼なんか言ったものだから城ケ崎君のハート
狙い撃ち状態、そしてドキドキ胸キュン城ケ崎君は鈍かった。
恋に堕ちたのにを気が付いていないのです続きが、ここから始まるラブ予感。

この全然タイプの違う二人の恋だと気が付かない関係は次第に変化していきます。
誰にも興味も関心も無かった簡単に言えば冷めてるけど大人の前では良い子の城ケ崎君。
ほんとは感受性も強くて傷つきやすいヤンキーちゃん。
城ケ崎君の自分の感情に鈍いクールなインテリぶりは萌えちゃいます。
だって眼鏡が素敵なんですもの~ヤンキーちゃんは子供の純粋さを失っていない感じで
こちらも萌えちゃいます、変身した姿は激ラブリーなのです。

そして、ヤンキーちゃんの行方不明の父親とヤンキーちゃんの弟には裏がある!?
次回作が待ち遠しいけれど、あと1冊で終わるのは残念に萌える程萌えでした。

2

個性的組み合わせでした

春野アヒルさんといえば、ツンデレ♪
今回は主人公のヤンキーくんがツンデレで登場です。
そして、ヘンテコな設定がある!?
…いいよね、あらすじにもあるし…
何と!ビックリしたり感情が乱れるとチビッコに変身してしまうという変な体質。
対して相手は、超頭のいい優等生でモテる同級生なのだが、これがまた一見まともなんだけど、微妙にどっかおかしい人w
超個性的な組み合わせが出来あがっておりますヨ。

ヤンキーの竜崎は幼稚園の弟を溺愛する超ブラコン。
送迎バスまでたった1mでもお迎えに行くという過保護ぶりだが、学校はさぼってばかり。
そんな彼が偶然同級生の委員長竜ヶ崎と朝ばったり出会うと、彼は犬を連れていて。
犬が苦手な竜崎は、突然チビッコに変身してしまうのです。
竜崎の秘密を知った城ケ崎は自分にも秘密があるので、互いに共有しようともちかけ
そして「協力関係」を盾に彼にちょっかいをかけるという展開。

あらすじに、泣く子も黙るヤンキーって書いてあるけど、冒頭の登場シーンだけでした(爆!まるでジョジョの如くw)
竜ヶ崎、すごく単純でいい意味でバカ?
チビッコになってし続きまっても粋がっているその姿がカワイイの♪
全然怖いヤンキーじゃなくて、意地っ張りとツンデレが可愛すぎるんですが~
城ケ崎のお母さんがショタコンって言ってたけど、間違いなく城ケ崎はその血を引いているかも。
だけど最初の秘密でジェントロフィリアだって言ってたのは?
彼って、どれが本当でどれがハッタリなのかわからない雰囲気があるので、ひょっとして何か影にあるのかな?って勘ぐってしまいますが。

城ケ崎にキスされて、ビックリしてチビッコになってしまう竜崎だけど、だんだん慣れてきたのかすぐにはならなかったり、
変質者に襲われそうになった時は、変身しないのに、城ケ崎が来たら変わるとか、明らかに動揺する目安になるから、とっても解りやすいです。
城ケ崎が竜崎の事を調べて、父親が失踪した年に弟が海外から帰国ってあったのですよ!
これはひょっとして?
そして、チビッコに変身してしまうんじゃぁエッチできるの?とか、
城ケ崎は本当は何かあるんじゃないか?とか
次の2巻で完結らしいので、待て!次まで状態ですねw

アヒルさんの描くチビッコかわいいんだけど、手が滅茶苦茶小さいの(爆)
指3本分くらいの手のひらの大きさって!?
一見バランスが悪いなぁとも思うのに(だって、小動物じゃなくて昆虫みたいなんだもんw)何かそれが特徴でもあり、一瞬気になるけどあとは大丈夫になってしまいます。

愉快な設定があってとっても面白いけど、設定が当初止まりで、あと放置になってしまうところがちょっと気になったりして。。。

同時掲載は、コンビニスイーツの擬人化
俺様プリンと、人気落ち目の杏仁です。
ここにもツンデレが(笑)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ