花音 2013年4月号(雑誌著者等複数)

hanaoto

花音 2013年4月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥733(税抜)  ¥792(税込)
ISBN

あらすじ

【表紙】桜賀めい

秋葉東子「新入社員のしつけ方」
いつきまこと「メガネは愛の全部です。」
桜賀めい「ワルイ王子でもスキ」
深井結己「愛と偽りのキス」
富士山ひょうた「下弦の月夜の物語」
島あさひ「黒、じゃない」
新井サチ「キスはドルチェの後で」
CJ Michalski「MOWMOWモーちゃん」
松田ひなた「恋ってことは秘密です」
二条クロ「撫でてキスして」
北別府ニカ「どっちの蜜が甘い?」
鷹丘モトナリ「俺達は幸せになりたい」
南野ましろ「溺愛ハニーバンチ」
松本花「蜜の王国」
夏水りつ「山田くんと田中課長」
トラ山ミコト「腐っても男子」

表題作花音 2013年4月号(雑誌著者等複数)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

花音安定感

桜賀めいさんの『ワルイコト』シリーズが新連載♪と言う事で購入しました。
今回はメインカップル、帝×永遠編です♪

表紙は永遠&七王さんなんですが、このペアってよく見かけるような…?
何ででしょう、というか何故七王さんなのでしょう(このシリーズ内では一番好きですが)
巻頭カラーは秋葉東子さん『新入社員のしつけ方』。
『ワルイコト』シリーズと合わせて2大新連載となっています。
全体的に安定感がある楽しさだなぁと思い、私の中ではどれもこれも面白かったです。

そんな中でも、特にお気に入りの作品を。


◆桜賀めいさん『ワルイ王子でもスキ』
帝×永遠編のこちら。私が花音を買い始めて初めて雑誌掲載分をお見かけしました。
永遠が何と、帝との「お付き合い」に不安を感じ始める今回。
言葉を言われてないんじゃないのか、自分だけがそう思ってるんじゃないのか。
そう思って居る時に帝から貰ったクッキー。女子から渡されたと聞いて嫉妬する永遠は――と続いていきます。
永遠、自覚の時!?気付いてしまったら最後、帝の思うツボだと思うのは私だけでしょうか♪
というか、だんだん帝が変態続きキモ男になりつつある気が…いや気のせいか…(笑)
「悟りを開いた」とかダメでしょう、大丈夫ですかこの学園(笑)
今まで深くは考えた事が無かったのに、永遠は帝が本当は学内で本当に凄い人間なのだと知って…というところで次号へ。
甘い結末が待っているんだろうと思えてならないので、安心しきっている私がいます。


◆鷹丘モトナリさん『俺たちは幸せになりたい』
ウェディングプランナーの小椋と、上司・三宅のお話。
先輩に振られてから、二人は身体の関係だけが続いて3ヶ月。すっかり小椋は心も三宅に向いている。
もし、自分が先輩を忘れましたと言ったら、もしかして恋人同士になれる?――と進んでいきます。
冷たい三宅がドSっぽくて格好いいです!私の好み♪
小椋が転勤になると言っても笑顔で喜ぶし、本当は自分の思い違いで俺の事なんて…と勝手に振られたなんて思う小椋ですが、実は三宅も同じ想いだったと言うのがイイですね。
すれ違っても遠回りしても、しっかり二人がくっついてくれたのが良かった♡
あとは小椋君、三宅さんから沢山可愛がられて下さい♪


◆新井サチさん『ドルチェまで待てない』
『キスはドルチェの後で』番外編、三好店長とシェフの榊のお話。
本編よりこちらの方が好き!と思ってしまった♡
バツイチの三好店長は、5年前から榊と体の関係を持つ間柄に。
「自分が好きでしてるだけ、答えは求めない」という榊だけれど、愛されていると自覚している三好。
前妻との間の子供と会い、少しだけ心を満たされるも寂しい気持ちも持つ。
『榊の気持ちには応えられない』と一度は思う三好に、ある出来事が訪れて――と進んでいきます。
少しだけ三好店長の都合の良さが垣間見えるものの、榊の一途な思いが心をきゅんとさせてくれます。
そもそも三好店長、「黒髪・眼鏡・受け」という私にとっては神にも近い3拍子なので(笑)無条件で萌えるんです。
しかも休日、息子と会うのに三つ揃えを着ている三好店長…そしてその後、お店で榊と…!
二人が幸せならいいのです。うん。


次号は、夏水りつさん『K先生の野蛮な恋愛』が最終話!何だか早かった。
そしてそして、中村明日美子さん『あなどこ平安編~奈落何処絵巻』が!!!
これは絶対見逃せないですーっ♪次回で4話目と言う事は、年内にあなどこ第2弾コミックスが発売されるかも、なんて勝手に浮かれています(笑)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ