*メーカー通販特典は、ホーリンラブブックスでご購入いただいた場合は付きませんのでご注意ください*

叶先生のすべて

kanousensei no subete

叶老师的一切

叶先生のすべて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×26
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
79
評価数
20件
平均
4 / 5
神率
40%
著者
音楽
スタジオマウス
脚本
青嶋みお
原画・イラスト
田中ボール
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー通販特典:出演キャストによるトークCD
フリートーク
あり
発売日
価格
¥2,857(税抜)  ¥3,086(税込)

あらすじ

超ネガティブキャラの小説家・叶先生と担当編集の日高は、愛を誓った恋人同士…のはずが、日高の変態発言と持ち前のマイナス思考でいつも彼の愛情を疑ってしまい!?
ヤンデレな叶先生と変態な日高のバカップルラブコメディ

1.先生の過去
2.叶先生とデート
3.叶先生の恋
4.叶先生のすべて
5.キャストコメント

表題作 叶先生のすべて

日高唯人 → 羽多野渉

叶歩稀 → 寺島拓篤

その他キャラ
榎本[松岡禎丞]/ 蒼井偲[下妻由幸]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

面白い

原作読んでないんですが、よかったです。
レビューが結構な好評だったので聞いてみたのですが、当たり作品でしたw

とりあえず...てらしーがすごい。
すごく面倒くさくて、ネガティブな妄想がすごくて、キャラがコロコロ変わったりする叶先生、一見すぐ飽きるキャラぽく感じてしまうんですが、てらしーの声のおかげで聞いててとても楽しかったです。ほんと、さすがでした。
羽多野さんは、いつもかっこいい系の攻めをよく聞いていたので今回のこういった変態ほんわかキャラ?はとても新鮮でした(*´∀`)

話的には少しおバカな感じの話なのですが、
ノリがいいので聞いてて楽しかったです。

0

夢のコラボ♡

てらしーがBLしてるCDってなかなかないですよね。
それだけで十分レアだし聴き所です(*´∀`*)
それにしても、叶先生可愛すぎ♡
ネガティブな方向に、がががーって行っちゃう所。笑笑
個人的に好きなのは、ロールケーキ(だっけ?)に反応する叶先生。←
あそこは永遠にリピですね、リピ。うん。
対する攻めの日高くんもいい味出してるし。
変態具合ねwむふふ。←
行為中にカメラでかしゃかしゃ写真撮っちゃったり…
だいちゅき☆とか言わせてみちゃったり。(言ってないけどw)
赤ちゃんプレイとかキチクプレイとか妄想しちゃったり。
変態な羽多野さん好きですよw←(違うけどw)
この作品に関しては、迷うことなく神評価です(*´∀`*)
ギャグ満載で、にやにやしちゃってずっと楽しかったです♡♡
息抜きしたいときに聴いたら元気になれます(/-\*)
おすすめです☆



0

叶先生、めんどくさっww

原作未読ですが
なんとなしに脳内でかなり展開出来やすいお話でした☆
しかも仲良しの羽多野さんと寺島さんときたら
自然と頬も緩むってなもんですw

普通、愚図で情緒不安定な人を
そんなに好きになれる人はいないと思ってしまいましたが
日高の懐ならなんでも許せてしまうんだろうなぁという
羽多野さんの優しさ全開のお声が全編心地いい!!
ホントこのお方は…なんてこったい!(?)
時々ちょっと度が過ぎてる性癖がまた似合ってたw
ただ優しいだけじゃ面白みがないから凄くそういうの好きです♪

叶先生演じる寺島さんは年齢にしてはお声が高めかもしれないけど
こじらせてる分には不自然さはそんなに無いかもしれませんw
寺島さんは『徒然』が個人的に一番好きなんですが
こちらのCDも、はっちゃけていて微笑ましかった☆
いちいち悪い方へ悪い方へってわからなくもないですし
眼鏡で武装してる姿も可愛らしいと思えましたw
その時はトーンが少し低めなのも
気持ちの切り替えがわかりやすくて良かったです!
ラブコメはこれくらいが良いかも♪

しっかし、叶先生面倒くさいなー!ww
続きリアルでこんな人、仕事でも関わりたくない!w
でも、日高の愛の深さで
叶先生可愛いかも、と思えてしまうんです。
実際、約束を反故にされてしょげる叶先生は
気持ちと反対の事を言ってもわかりやすく落ち込んでいて
結局は素直なんだなーと…。
過去のツラい出来事が全ての基準ってわからなくもないですし…。
尚更羽多野さんの優しさで出来ているお声が沁みる!!!

個人的に羽多野さん祭り開催中なので
こんなコミカル且つ愛溢れる役どころが嬉しかった♡
なんか素に近いんじゃないかなと勝手に思ってしまいましたw
そんでHなシーンは思いっきり甘くて…とんでもねぇな!!ww

深刻にならずに済むのでリピ率は高めかもしれません!
突き抜けた感じの寺島さんと
あんまい羽多野さんを楽しめる楽しい作品でした♪♪

2

叶先生も変態編集者も可愛くてしょうがない!

「叶先生のすべて」のコミックはすごく好きで、
わたしにとっては迷わず神!な本でした。
でも、
原作が好きなだけに、CD化されるのを知っても、
こういうテンションの高いギャーギャー言うコミカル系は、
はずすとすっごく残念だよなぁ~その可能性高いよなぁ…
そう思って、怖くて買えなったのです。

でも、中古で安くなっているのを見かけてしまって、購入。
(すみません…でも小説家の方はちゃんと買いました~m(__)m)

いざ聴いてみたら、
自分のイメージを全然崩さないどころか、
ジェットコースター並みに激しい起伏でぐるぐるしながら、
ネガにもポジにも俺様にもなるツンデレの叶先生が、
ものすっっごく活き活きと演じられていてビックリでした!!
寺島さん、
実は叶先生ご自身なの??と思っちゃうほどw
(巻末のキャストトークでは、まさに叶先生のテンションで、
すげぇ面白くできたと思ってるけど俺なんて絶対ダメなんだーー
俺なんて絶対面白くできてないんだぁぁぁーーって、
感想を言っていおられて、それがまたすごくツボでした~☆)

叶先生のことが長年大好きでパン続きツも食べたい程の変態編集者、
日高役の羽多野さんもすごくハマってました。
変態妄想の暴走と健気さと愛あるツッコミがすごく好き~
そしてヘタレっぽいのに、
実はすごい包容力を発揮してて叶先生には日高しかいないな!
そう素直に思える存在でほっこりです。

ちょっと疲れた時に聴くと癒されて元気が出るので、
続きの「ある小説家のノロケ話」とコチラのCD、
両方ともかなーーりリピートして聴いてます♪

このCDでは脇役の蒼井偲役は下妻さんが演じておられますが、
「ある小説家のノロケ話」ではその蒼井がメインになって、
野島裕史さんが演っておられます。
こちらの下妻さんは、ちょっと声が低めすぎ?という印象でした。

3

原作は大好きですが、やはり私には波長が合いませんでした…。

原作コミック既読です。

新作のBLCDの購入基準は、好きな声優さんでフリートークの特典CDや
初回盤しかないドラマCDなどがある場合で、
それ以外は機会がある時に入手するようにしています。
特典CDと特典ペーパーが別々のお店で付く場合、
ペーパーは諦めて、CD一筋で決めています。
しかし、今回は原作がとても良かったため、
限定の特典ペーパーのためだけに、
今回は例外で予約して購入しました。

BLCDの攻め受けの主役としては、寺島さんの演技を初めて聴きました。

波多野さんについて、BLCDにおいては攻め役の作品しか
聴いたことがありませんが、今まで何作品か聴いたことがありますが、
聴いた作品すべて、一生懸命に演技をしているのはとても良く
伝わってくるのですが、ファンの方には大変 申し訳ありませんが、
BLCDの攻め役となると、様々な要因があり、どうしても苦手です。
脇役であれば苦手意識は無いので、決して下手だとは思っていません。

また、寺島さんについて、ファンの方には大変 申し訳ありませんが、
乙女系ゲームの攻略キャラクターの声を聴いた時続き
主役級のキャラクターの声が私には合わないと感じてしまい、
BLCDでは聴きたいCDの中に寺島さんの出演している作品が
偶然にも一つも無く巡り会わなかったこともあり、聴かず嫌いでした。
脇役であれば、名脇役と言っても過言ではないくらい、演技も素晴らしく、
脇役に最適な声質だと思っています。

今まで、例えば波多野さんであれば、受け役の声優さんは
好きな声優さんだったり演技が神だと思える声優さんだったりしたので、
受け役の声優さんで不安要素はカバー出来ましたが、今回は攻めも受けも
どちらも最も苦手とする声質や演技の声優さんだったので、
聴く前は不安しかありませんでした。
原作がとても素晴らしくて良かったので、期待してしまう部分も
ありますが、原作のイメージを出来る限り考えないように気をつけて
聴きました。
実際に聴いてみて、それでも、やはり、不安は思いっきり
的中してしまいました。

波多野さんについては、今まで聴いた波多野さんが出演している
BL作品の中では、一番 滑らかな感じが出ていて、今まで聴いた中では
一番 聴きやすかったです。

寺島さんについては、叶先生の演じ分けは非常に大変だと思うし、
一生懸命に演技をしているところは伝わってきましたが、
演技が下手だとは決して思っていませんが、どの感情表現も
同じような感じに聴こえてしまい、演じ分け切れなかったように
感じました。

今回の評価は「中立」と「萌」で非常に迷いました。
やはり「中立」にしてしまうと、何のために特典ペーパーのために
予約して購入したのか、無意味なものになってしまうので、
それは非常に残念すぎるので、また、原作は好きな作品なので、
最終的に「萌」評価にしました。

2

原作の雰囲気

ネガティブ思考の作家叶先生と一見普通に見えて実は変態な編集日高のラブコメです。
あらすじには叶先生はヤンデレとありますが、これヤンデレなのかなぁ?個人的にはヤンデレより「超ネガティブの安定しない子」という印象でした。

原作の雰囲気をそのままCDにしたような印象でとにかく叶先生がバ可愛い。
そして一見普通の編集日高は、日常会話と同じテンションで普通に変態な事を口走ったりととにかくまるごと賑やかな1枚で楽しかった!

コメディのため会話がポンポンテンポよく進みスピード感があるので、ネガティブだけでなくメガネをかけるとキリッとするとかナルシストとかもともと叶先生が設定てんこ盛りなキャラで、原作を読んでいたときには感じなかったのですが音声で聞くとちょっと盛りすぎで安定しないように感じてしまいました。

原作が好きな方、コメディが好きな方は聴いて楽しいCDだと思います(^-^)

1

てらしーの、このテンションって

原作既読です。
テンションの起伏が激しい叶先生を寺島さん、
ニコニコしながらナチュラルに変態な日高君を羽多野さん。
まさか、こんなテンションの受けを寺島さんで聞く日が来るとは、あんまり想像したこと無かったなぁ。
でも、原作だと叶先生って年不相応なくらいにかわいい絵で、設定よりは幼く見えていてから、寺島さんが叶先生を演じることで、やっと設定年齢に近づいた感じ。
日高君のわちゃは、すごく優しくて、ワンコな感じが、原作のイメージそのままで、言うことないです。

1

もはやなにかの反則やろが。

「叶先生のすべて」は私の2012年度最大の神本と言ってもいいのですが、
よりによってこれがCDになってくれるとは感謝していながら、
世界観ぶっつぶれたらどーしようかっ!と凄く心配していました。

あんまり自分声優さんに詳しくないんですよ。
「部活の後輩に迫られていますの吉武」で知ってる羽多野さんはともかく、
寺島さんは全く知らない。イメージに合わない声が出てきたらどうしようかと・・・。

でも、まったくもって杞憂でした!
1トラックの時点ですっと「叶先生の声」「日高君の声」として認識できました。
さすがワンコさんに定評のある羽多野さん。もうラブとかになる前の段階から人懐っこさがにじみ出ていて・・・
寺島さんの29才役にしては高い声も「かわいい」そのもので、しかも百面相な声も見事に出されていてすげーですわ。
というか、叶先生をやるためには4つも5つも役を演じ分けてるようなもんだと思うんですよ。よくやるわぁ。

つーか、このペースで最後まで聞くと脳内が萌え壊れるような気がする!
もともと「声に出して読みたいBL」なのでぜひ原作の絵を見ながら聞いてください。
続きついでに言うならブックレットにさりげなく二人の身長が書いてあってうれしい。

あと、なぜかエッチシーンを原作よりかなり多めに盛っている所がえろい。

2

眠れる森

榎本(松岡さん)には「ちょっと違う」感覚を感じたけど(先輩って感じはしない・・・)
脇役中の脇役なので特に傷はつかない。

テンポ感とテンションの起伏がすごい。

原作未読。
絵が可愛いのと、あらすじだけ見てネガティブラーっていいなーと思ってたのですが。
思ってたのですが。
なるほど、こういう感じなのか、叶先生。
てらしー(寺島さん)の叶先生はテンションの起伏が激しいです。
ちょっとしたことですぐに「絶版だー!」とか言い出します(笑)
いや、それはそれでかわいいんだけど。
ネガティブキャラいいと思うんだけど。
時々、メガネな俺様キャラになったりするんだよ。
すぐ崩れるけど。
とにかく、この可能先生の可愛さにつきると思います。
ツンデレ的発言とかもするんですが、いろいろ口から漏れてたり。
とにかくかわいい。
一方の羽多野くんの日高はそんな可能先生をうまく転がしてるような部分もあったり…。
それでいて、こちらはこちらで変態さんだったりするんですよね。
同僚の人たちはいい迷惑だと思います。
榎本が「バカップル」認定してたのも仕方がないと思います。
そんな日高の大きな窓のある寝室妄想がちょっと実はお気に入りです(笑)
本編ではワンコというか保父さんみたいなやさしく包み込むような感じの日高ですが、寝室妄想はちょっと羞恥プ続きレイ的なあれのシーンなので意地悪声とでもいいましょうか。
イイ声で喋ってます。
あとは榎本役の松岡くん。
これまで聞いたことあるのがわりと可愛めの声だったので、ちょっとトーン落としてぶっきらぼうな感じにするだけでこんなに印象が変わるとは…。
今度こんな声でヤンデレな攻とかやってくれないかな?
…と思ったら聞いたことあるの思い出しました!
「バスルームより愛を込めて」がそんな感じ(Sキャラだったかな)だった気がする。
どんどんこれから出てくればいいよ。

巻末フリトはてらしーと羽多野くんのみ。
キャラの感情面の起伏があって楽しく演じられたてらしー。
ニヘラニヘラしながら包容力のある日高。
渉はどっちかっていうと叶先生寄り。
プライベードはわりと反対かもしれない2人。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ