雑誌掲載時から大反響!! 緒川千世の待望作、ついにコミックス化! 描き下ろしは二人のデート編◇

誤算のハート

gosan no heart

誤算のハート
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神153
  • 萌×292
  • 萌54
  • 中立21
  • しゅみじゃない27

191

レビュー数
61
得点
1316
評価数
347件
平均
3.9 / 5
神率
44.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796404303

あらすじ

「俺と、付き合っちゃう?」別れ話でもめていた隣のクラスの烏童と付き合うことになった三城。気まぐれで始めた「恋人ごっこ」のはずなのに、烏童の隣は居心地よくて…。セックスも彼の手管に翻弄され、快感に震えていることしかできなかった。優しい愛撫、甘い熱――俺の体はどうしちまったんだ。…ヤバイ、こんなの俺じゃない。
硬派彼氏×チャラ系男子、男子高生のふしだらな純愛。

収録作
誤算のハート/ラストサマーブルース/無防備な午後/誤算のデートv

表題作誤算のハート

高校生 隣のクラスの硬派な 烏童隆太 
テキトーに女の子と遊ぶ高校生 三城

同時収録作品ラストサマーブルース

同時収録作品無防備な午後

リーマン 営業 田町
攻の同期、企画部の鬼主任 大村

その他の収録作品

  • 誤算のデート?
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数61

まるで少女漫画

CDを聞いてからコミックを買いました!
最初、つぐつぐこと松岡禎丞さんの受け声?!と飛びついてCDを購入しましたが三城くんの溢れ出す色気にやられました、、
緒川先生の絵は私的にすごく好みで特に緒川先生のかくチャラいとゆうかだらしない男の子がすごく好きです!!
チャラくて自己中なのに実はすぐ泣いちゃったり、甘えてきたりとわがままかわいい三城くんにメロメロです。

烏童くんもかわいい三城くんを甘やかしているのですがちょっとSっけがあったり独占欲が強かったりと三城くんを溺愛してくれている素敵な攻め様です♡
個人的には誤算のデートがすごくかわいかったです!!
快楽に弱くてちょろい三城くんを存分に楽しめました!
とってもかわいらしいカップルに神評価です!

0

ネタバレ無

どストライク過ぎます。
この作品の良さを簡潔に言うなら、「とんでもなく男前な攻め×可愛さに破壊力がある受け」が可愛いすぎるところです。
包容力のある攻めが好きな私には、烏童くんはまさに、包容力!圧倒的!という感じで、攻めが好きな作品でした。(受けもとんでもなく可愛い)
また、この作品はポロッとでる2人のセリフに悶絶させられるほど可愛いしかっこいいです。セリフが王道ながらにもどストライク過ぎました。
なんとなくからはじまった本気の恋。
もう万人受けするビーだと思うので、たくさんの方に読んでいただきたいです!

1

淑女のようにふるえるのがかわいい

女たらしで軽い三城と、男っぽくて度量が広い烏童。
奔放な三城は自分から烏童を誘ったのに、抱かれて淑女のように震えてたり、烏童に夢中になってしまう変貌ぶりがかわいい。
烏童は余裕があって三城を手のひらの上でまわしてる感じ。ただ言動がかっこよすぎて、高校生だと思うと読んでるこっちが恥ずかしいけど…
同時収録の短編2編と合わせて、サラーっと読める一冊です。

本作では三城をホテルに拉致る烏童兄、スピンオフ『終わらない不幸についての話』での切ない片思いには泣きました。『誤算のハート』後日譚も収録されていて、そちらでは三城もちょっと大人になってます。

0

一番好きな作品です

今まで読んだBLマンガで一番好きな作品です!!スタイリッシュであっさりしてるのが好きな人におススメ。

とにかく絵が何というか「今風」で良いです。主人公も「今どき」な感じ。うどーくんがとにかくエロかっこいいです。そして異様にダーク。彼氏のことを自分が作り上げた「魔性」とか言ってます。言葉遣いとか絶対高校生じゃないw 淑女の意味が分からず辞書で調べました。。。

ストーリーに深味はないです。そこがサラリとしていて私は好きです。あと、激しいセックスシーンとかないですけど、全体的に雰囲気がすごいエロいです。受け攻め共にキャラ自体が色っぽいからだと思います。とってもステキな作品です♫CDもすごい良いですよ!

1

三城がどんどん色っぽくなります

私は結構好きですね、この作品。
確かに最初はほんの気まぐれから始まった付き合いなのですが、烏堂の優しさと体にどんどんはまっていく三城が色っぽいです。天の邪鬼で我儘なお姫様体質の三城が最終的には「お前も俺と同じくらい俺に夢中になって」と言わされてしまうところなんて、可愛くて、そりゃあやり殺されますわ。

1

何にも引っ掛からなかった…

「ん?読み落としがあったか!?」
と思うほど内容が薄く、心がひとつも動かされなかったです。

第1話目であっさりHしたのをきっかけに、攻めを好きになる受けの心理が分からず。第2話目に急に執着しだした攻めの心理も分からず…
あれ?もう恋に落ちちゃったの?
と、完全に置いていかれて読了。といった感じでした。

「烏童に好きな子ができるまで盾になる」という三城の言葉に伏線があるのか?と思いましたが特に無く。途中出てきた烏童の兄の行動がとんちんかんで、どうせならちゃんとした当て馬にしたげればよかったのに…と思いました。

もう少し話にひねりをいれて欲しかったのと、キャラ設定をもうちょっとしっかりして欲しかったです。真面目設定である攻めが簡単な誘いで受けと付き合ったり、遊び人設定である受けが一回Hしただけて攻めを好きになったり…など。

最後にBLではしょうがないのと思うのですが
この漫画に出てくる女の子達みんなが、このふたりに振り回されて可哀想と終始思いました。

1

鳥肌の立つようなセリフ回しがちょっと...

スピンオフの方の終わらない不幸についての話を先に読んでから、こちらの作品を読ませていただきました。しかしながら、たくさんの高評価の中本当に申し分けないのですが、全く萌えることができませんでした。終わらない...の方はドキドキしながら読んだのですが私にはこちらは合わなかったようです涙
もちろん、絵はとても綺麗で読みやすく、キャラの魅力を引き出しているように感じました。
一方で、表題作なのですが、高校生のノンケ同士であんなにスムーズに事が進んだり、受け攻め共に鳥肌の立つようなセリフを吐くことに大きな違和感を感じました。
残りの2作品も特に考えることなくサラッと読んでしまいした。どうも私のツボに合わなかったみたいで残念です

2

とにかく可愛い

女の子から人気があって、女性との関係も遊び程度に考えている三城と同級生の烏童のお話。
最初は烏童が女の子に告白されて困っているところを助けようと、「今から烏童と俺付き合うから」と冗談で言った三城。
でも、どんどん烏童に惹かれていき、気付いたら本当のお付き合いが開始!

女の子には強気な三城が烏童に対してだけは、嫉妬しちゃうくらい弱弱(^^)
その様子がとにかく可愛い。
普段クールな烏童も三城に対する愛情はたっぷりで、応援したくなる似合いのカップルです。

0

言葉選びにやられました

本気になるなんて面倒くさい。テキトーに女の子と遊んでいる三城。対照的に真面目な烏童。真面目な烏童が女の子を真摯に振る姿を見て 三城が興味半分で烏童に付き合おうという。付き合って3ヶ月、やっとお楽しみの展開。性欲さえ満たせればいいと考えていた三城に 烏童はそれ以上の快感を与える。こんなのは自分ではない。俺は誰かのせいで変わるなんてありえない!!と、思っていたのに捕まってしまった…第1話。
もっと自分に夢中になれと。自分ばかりがもとめているだけだと思って やけになってもう止める!!と、女に走ろうとする三城。烏童が三城を回収し、抑え込んでいた感情を表に出した時の烏童の顔と 三城のあの返答!!ここで神ですよ!!ここです、ここ!!私の萌えポイントをまんまと押してくれました。飄々と生きてきたであろう三城が、「うん」ではなく「はい」って言うんです!!あの自分本位な軽々しい三城が「はい」って言うんです!!←2度目。これでやられましたー!!

1

瑞々しく美しい世界

緒川先生の描く話の瑞々しさが好きです!今度、烏童兄を主人公にしたスピンオフが発売されると聞いて改めてこちらを読み返してみました。

烏童と三城がどうやって惹かれあっていくかという描写はほとんどありません。でも変な違和感は全くなくて、理由がなくても本能的に恋に落ちてしまったんだと思わせてくれるのが不思議です。あと、二人は高校生なのですが「いやいや、こんな爛れてる高校生いないでしょ」というくらい女遊びが激しかったりセックスが上手かったりします。これもまぁこの世界なら有りだなと思えてしまう。
要は、現実味がなくてもグッと引き込まれてしまう美しい世界観が魅力なんです!

女遊び大好きな三城(受け)が烏童に本気になって、不慣れな恋にいっぱいいっぱいになっているところも見ていて可愛らしいし、優しくて真面目な烏童(攻め)が三城の魔性に理性を崩されていくところもいい〜!これからもお互いを翻弄しあって仲を深めていけばいいと思います。

ついでにいうと、三城の華奢な体格とか女好きのくせに感度が良くてめっちゃ受けっぽい体質なとことか、すごいツボなんですよね(笑)美人、ビッチ、お馬鹿な受けが好き続きな方にはぜひおすすめしたいです!

他に短編2作あります。野球部の先輩後輩の話も切なくてよかったし、リーマンの話も短いなりにまとまってて読み応えがありました。

3

出会えてよかった!!

話題になっていた時には特に興味が持てず、手を出さずにいた一冊です。
表紙の絵の透明感には凄く印象的ではあったのですが・・・

それでも手を出さなかったのは、読んだことのない作者さんだったというのもありますし(過去の経験上、漫画と小説だと、圧倒的に漫画の方が冒険した際に外す確率も高くて・・・)、高校生のお話をあまり好んで読まないというのもありました。しかも暗い展開だったら嫌だし・・・と、ずっとさけていたのです。
でも、ある日、たまたま作者様の他の作品を目にする機会があり、そこで作者様の作品に興味を持ち、読む事となったのでした。

今まで私の中で先入観としてあった高校生物とは全然違うという、良い意味での衝撃を受け、そしてなぜ本作が人気があるのも納得できる内容でした。

受け様には初心でいて欲しくて、攻め様にはとことん受け様に執着していただきたい・・・という萌えツボの私にとっては、それをうまい具合にくすぐるキャラ設定と展開で、すごくドキドキしました。
実は受け様は女遊びに関しては全く初心ではないいんです。で、SEX大好き!軽い気持ちでSEXしちゃう!みたいなタイプなのですが続き、半ば冗談半分で付き合う事にした攻め様といざコトに及んだら、もう攻め様のなすがまま、すっかり翻弄されてしまうんです。ここで初心さ全開・・・という状況に・・・。この当の本人も予想外の初心さがとても萌えツボで!今までの下半身のゆるさは私の中で一気に帳消しです。

攻め様の執着っぷりも凄く素敵で!!!
特に、自分ばっかりが相手を好きだと戸惑う受け様がやけになってわざと女の事遊ぼうとしていた時に、その女の子から受け様を引き離し、女の子に対して、「許してやって こいつが二度と俺以外とヤレねーように俺が躾とくからさ」っていう攻め様の台詞のシーンなんて、もう格好良すぎてたまりませんでした。

本書には表題作のほかに短編が二編入っているのですが、「無防備な午後」も非常に萌えツボでした。将来受け様になる可能性のある(お話はキスどまりだったので・・・。しかも別に両想いとかではなく、これから・・・という感じで終わっているので・・・)人物が、眼鏡美人、融通の利かない真面目で厳しい性格だけどでも天然・・・というキャラなので、これが私にはドストライクな受け様だったんです。
このお話の続きがあったら良いのに・・・!!!

4

久しぶりに…

発売当初に購入して、一回読んだきりだったのを棚から発掘。久しぶりに読んだら……面白いな!?!?二度読みしました。

「溶けちゃう」とか「作り変えないで」とか「淑女のように~」とかとか、普通に口にしたら寒いセリフが何回か出てきたので、昔の自分は敬遠していたんだと思います(笑)だけどそんなのサラッと読み流してしまえば、萌える要素は沢山ありました。経験豊富なのになし崩しにされてる受けの姿を見るともうテンション上がりますわ…一方でしっかり者で余裕のある攻めはかっこいい~で、結局お互いヤキモチ焼きなので、あーはいはい、って感じでニヤニヤしながら読みました。

緒川さんの描く高校生は、同時収録のリーマンものと比べると凄い高校生!って感じがします。作品ごとの雰囲気の描き分けがはっきりしてて好きです。

1

ほんとスタイリッシュ☆

この作家さんの中でも、とっても大好きな一冊です。
会話とモノローグの流れや交錯の仕方がとてもきれいでスタイリッシュでした。

チャラくて女子を両手に侍らしているような三城と勉強や女子に対して真面目ででもモテモテの烏童が出会って、お互いに最初の頃と違っていくのがいい。
恋愛は遊びでするもんだよと言ってはばからない三城は軽い気持ちで烏童に『付き合っちゃう?』と持ちかけ、好きな子ができるまでの盾になってあげるよと更に言い募り、烏童にokをもらうんですが、←烏童よ、真面目はどこに行った。おまっ、さっき別れたばっかりやろ(笑)と思いましたが、真面目にお付き合いしていきます。
そうこうして、やっぱり三城が誘って初エッチのくだり。←烏童っ!もう、ちょっ烏童、おまっ!!!真面目キャラなのに、真面目キャラなのにっ!!!手管って!快楽で泣かせるほどって!!烏童どれほど経験豊富なの!?(笑)と。
三城がどんどん烏童を好きになっていくけど、恋愛は遊びと思っていただけに、あらがうように他の女の子を侍らせて烏童に見せつけていると、悪い顔した烏童に『俺の腕の中でだけは 淑女のように身を震わせているのを見続きるとすげえ興奮するんだよ』って!! なんかもうじたばたする他ない!烏童すごいよ。
そして烏童の対応が大人で全員に優しく、三城ばかりにかまってくれないので、すねて他の女の子と浮気しようとした時の烏童の『やり殺すからな』の衝撃(笑)
…もう、烏童の遍歴が知りたい(笑)
真面目なのに経験豊富って感じがにやにやがとまりませんでした。

2

今時男子がイイ!!

大好きな作品です。
たまに読み返したくなる1冊。
オシャレな今時の男子校生な2人っていうのが凄く良いし、攻めが大人なのに執着心を隠し持ってるとことかエロいとこも好みです。
こんなエロカッコよかったら受けも夢中になっちゃうよなー。
受けは性格わるーと思うこともありますが、可愛いところもあるのでそれも良し。
攻めに上手く飼い慣らしてもらいましょう!
絵柄もキレイで雰囲気あります。
緒川さんの作品を読み漁るきっかけになりました!

1

殺し文句がきまってる

とっくのとうに読んだと思っていたのに、未読未レビューだったのが発覚。
この表紙のカバー絵は好きな雰囲気で印象的だったから、当然読んであると思っていたのになぁ。
表題作は「硬派彼氏×チャラ系男子、男子高校生のふしだらな純愛。」
この目が、白抜きの瞳や切れ長な二重の目元や睫毛が、実に色っぽい。
三城のほっそい腕や薄い肩、浮き出た鎖骨やぺたんこなおなかも、実に男子高校生らしいエロさで、絵的には非常に眼福でした。
とはいっても、実はこの三城と取り巻きの女の子たちみたいな下半身の緩い系高校生はちょっといただけないというか、
男同士、烏童の下で感じすぎちゃってどんどんかわいくなっちゃう三城は大好物で全然ウエルカムなんですが、、
同録はサラリーマンものと、男子高校生でもこちらは健全な野球部くんのお話。
どちらもラブ未満エロなしです。

2

たまに読みたくなる

なぜか作家買いしてしまう一人です。
他の方が書かれているように確かに絵や展開は少女漫画のようだし、BLでなければならないというわけではないのかもしれません。
何か気になるんですよね~、実は暗めな作風ですよね。
明るい作風の中に暗さがチラチラ見え隠れするのが、何か気になります。
目が印象的で、記憶に残る作品だと思います。
笑いも感動も無いんですけど、爽やかさと妖しさのバランスが絶妙なんです。
雰囲気重視の漫画の中ではかなり優秀な作品だと思います。

2

オシャBL

誤算のハート:オシャレなスパダリ×ヤリチンビッチ。ヤリチンビッチは顔がかわいいしやることなすこと全部うざかわいいんですけど、緒川先生独特のオシャレな台詞回しとオシャレな展開に現実味はない。スパダリが特に裏もなくただただスパダリなので、ものすごくオシャレなレディコミですな。あとビッチは言動にビッチ感はあるんですけど攻めにだけビッチな一途ビッチです。ぜひともレイプされてほしかったんですけどそんなことになるとこのP数ではまとまりませんね。
ラストサマーブルース:すみません後輩×先輩好きだしわんこ攻めも好きなんですけど商業BLにおける野球部モノに本当に興味がなくて全然何も感じませんでした。
無防備な午後:メガネをなくしたメガネ受けという意欲作。メガネ受けにもスパダリーマンにも興味ないため何も感じませんでした。
誤算のデート♡:表題作の番外編。ただただビッチがかわいい。

表題作は★★★★☆なんですけどほか2作があまりにも興味なさすぎて★3つで。すみません。

0

受けがエロ可愛い

最初は襲い受けのようなチャラい受けの三城と無愛想な攻めの烏童みたいな感じかな〜?思う入りでした。


でも、身体を交した時の余裕なく乱れる三城はエロ可愛いすぎて胸がぎゅんぎゅん興奮しました。
その後、三城くんが烏童くんのペースに流され喘いでたことにムッとして一悶着起こすんですが...これのおかげで両思いという形でのちゃんとした恋人らしいお付き合いになります。

後半は、甘い恋人同士の2人が見れます〜!
攻めである烏童の独占欲も見どころです。

思い出しながら書いてるので、印象に残ってることだけを!

恋人らしいお付き合いあるのかな?うーん?と、思って買うの戸惑ってたんですが読み応えのある作品でした!







1

ときめく~

とにかくキュン❤

1

どこかで間違えたラブ

主人公の三城(受)が果てしなく
可愛いです!!
そして、ひとつひとつの台詞も萌え萌え。

「これ以上舐められたら、
 オレ、溶けちゃうから……っ」

とか、

「それ以上したら本当に好きになっちゃうから、
 だからさわらないで」

とか、

「やめて烏童、これ以上オレを作り替えないで」

とか、

もぉぉぉぉ、萌える!

可愛すぎます!
三城、最高!

女の子にモテモテっていう設定ですけど、
どちらかというと、
モテモテ設定は、烏童(攻)の方に似合っていたような…

ちょっとしたきっかけで付き合い始めたふたり。

でも、付き合うきっかけって、
そんなのもアリだと思います。

烏童のひとつひとつの行動に
ビクビクしている三城が本当に可愛いです!

そして、そんな三城に
どうしようもなく惹かれていき、
独占欲の塊になる烏童も素敵です。

攻めの独占欲、大好物です!!><

もっと三城を独占してしまって!!

最後、あまりに綺麗になりすぎて
魔性となってしまった三城ですが、
これからも烏童は、
そんな続き三城を独占し続けるんでしょうね。

烏童がんばれ!

そして、三城もいまからも可愛くあれ!

2

緒川先生最高です!

緒川千世先生の本は2冊目です!

【誤算のハート】
表題作です。恋人ごっこのはずだったのに、気付いたら相手のことを本気で好きになっていたというお話。受けの三城くんがただのチャラ男かと思いきやとてもかわいかったです。攻めの烏童くんも男前でかっこいい。緒川先生の描くキスシーンはエロいと思います…。

【ラストサマーブルース】
(キス含めエロ無しだったので不確かですが)野球部の後輩ピッチャー×先輩元ピッチャー。後輩は自分の目標であった先輩が野球部の練習に顔を出さなくなったことに怒りを感じますが、実は先輩はもう野球ができなくなっていたという切ないお話です。野球部のBLは青春って感じで好きです。このお話もとってもよかったです。

【無防備な午後】
同期の営業マン×企画部主任。キスのみです。いつも厳しくみんなに恐れられている主任ですが、ものすごく目が悪くメガネがなくなると心細いのか子供のようになってしまう主任が最高にかわいかったです。これは営業マンが主任を好きになっちゃう(なってた?)のも分かります…とても萌えました。

すべてよかったので神評価とさせていただきました!

2

絵は好きです。

試し読みをして面白そうだったので購入してみたんですが、お話の展開が早すぎて分からないところが多かったです。

表題作は個人的に、好きになった理由がよく分からないし、受けの方にちょっと勝手だなーと思うところが結構ありました。それと攻めのお兄さんはなんで出てきたのか、ただ邪魔したかっただけなのか…うーん、わたしの理解力の問題と思いますが、読んでいて「どういうこと?」って思うところが多かったです。
二つ目のお話は、本当に失礼ですが…始終意味が分からなかったです。
三つ目のお話は、展開は急ではありますが面白かったです。電車の中のシーンが好きです。

えらそうなレビューを書いてしまいましたが、絵がとても好みなので、買って損をしたというほどではないです。読んでどう思うかは人それぞれなので、参考程度にしてください。

1

少女漫画系というか

もう、三城くん(受)の性別は女の子でもいいんじゃないかな。
というのが、二回読んだ今での感想です……。

線の細い繊細な絵で、とても綺麗だとは思うんですが、正に趣味ではありませんでした。
男の子みんな細すぎる…!
野球部のお話も収録されていますが、思わず首をかしげるほど細いです。

個人的には、お話も今ひとつ。
展開が早い上にキャラ付けが薄くって、三城くんのチャラ男・モテ設定も烏童くんのモテ設定も「なんで?」としか思えません。重要な、好きになった理由も「なんで?」としか言えません。
「付き合ってる」と公言してるのは良いんですが、周囲に冗談として受け止められているのか?本気に取られているのか?ひかれてるのか?受け入れられているのか?どうも、良く分からない。若干見られる周囲からの反応もなんだかズレていて、まず言うべきはそこじゃねーだろという感じ。

三城くんは容姿が女性的なので、女の子に囲まれてても変に違和感がないし。
性別が女性でも多少の設定変更だけで問題なく読めてしまいそうなのが、とても残念。
男同士の葛藤とか、男同士でしか分かち合えない感情、とかがないんです続きよね……。

「少女漫画を読んでいた女の子が最初に読むBL導入」としてなら、入り込みやすいかな~と思います。

8

私の初めて買ったBL本

読み返してみてレビューを書きたくなったので書いているのですが、緒川先生のこの本は私が初めて買ったオリジナルBL本なんです笑

この作品でなかったら私はここまでBLにハマっていなかったかもしれません。それくらい大好きなお話です。
緒川先生の世界観は、まるでクモの巣みたいに一度引っかかったらもう囚われてしまうんですよね。

また、絵のタッチが繊細で綺麗な方なので、あまりBL感が出てないので読みやすいかと思います。
えちシーンもそこまで生々しくはありません。綺麗な絵で行われている行為だからでしょうか??

がっしりした筋肉質の男よりもひょろっとした細めの男が好きな方には是非オススメの作者さんであり、作品です。
お手にとって読んでみてはいかがでしょうか?

1

絵がキレイ

緒川さんは本当に絵がキレイですね。色気があるし、BLなのに男くさくない。
それが不満な方もいらっしゃると思いますが私は好きな絵です。ちゃんと男の子に描けてますから問題ありません。


三城はチャラい男子で烏童は紳士な男子。お遊びで付き合うことになって次第にのめり込んでいくサマが良かったです。いまどき芸能人でもないに両肩に女の子抱えてる男子っているかあ?とも思いますが、そこは漫画ですから目をつぶりましょう 笑
烏童に抱かれることにより色っぽさ倍増の三城はまたセクシーで良かったですね。描き下ろしのアオ○ンも良かったです。

0

期待を裏切らない‼︎

緒川千世先生の作品はすべて好きです♪
ジャンルの違ったお話が混ざった一冊でした。

表題作+2作品収録されています。


[誤算のハート]
3話+書き下ろし収録。
攻 : 烏童隆太 / 高校生。紳士で真面目。
受 : 三城 / 高校生。チャラい。女たらし。

内容 : 三城(受)は、女と適当に遊んで、性欲を満たせればそれでいいという貞操観念が全くない男。そんな三城が偶然見てしまったのは、隣のクラスの烏童(攻)が女子と別れ話をしているところだった。烏童の別れ話に中々納得しない女子...魔が差した三城は「ウドーくんは今から俺と付き合うから」と言い......


冗談恋愛→本気恋愛ですね!
烏童の三城への執着っぷりがいいです‼︎
初めから、というわけではなく、段々と執着していくわけなのですが、執着攻めの好きな私にとって良い変化でした‼︎

絡みシーンの三城が女っぽいです(笑)
かなりの豹変ぶりです(笑)

前戯中→「これ以上舐められたら 俺とけちゃうから......っ」
挿入前→「こっ こわいっ」

全然キャラちゃうやないかーい!と思わずツッ続きコミを入れたくなりました(笑)
でも、烏童のキャラとでバランスがとれていたので、不満には思いませんでした。

本格的に付き合う時の会話も好きです。三城が可愛かったです!
烏童が優勢かと思いきや、三城が主導権を握っている感じも良かった‼︎


[ラストサマーブルース]
1話収録。攻受不明。
久住 / 高2。野球部エース。
市ヶ谷 / 高1。野球部。

悲しい...けど、暖かいお話でした。
短編で続きがなくても十分満足できました!
市ヶ谷はこれから1年間、野球部の為、皆の為、そして何より久住の為に投げ続けるんだなぁと思うと、少し救われた気がしました。


[無防備な午後]
1話収録。攻受不明。
田町 / 社会人。営業マン。大村と同期。
大村 / 社会人。企画部所属。田町と同期。

大村が可愛い‼︎仕事には真面目で厳しくて、でも天然で鈍感で...私の好きなタイプの受けでした(笑)
しかも、田町も器用で面倒見がいい攻めだったのでかなり好きな組み合わせでした♪
攻受不明と書きましたが、続きがあったら大村が受け、田町が攻めでほぼ確定だと思います。
田町はもし大村と付き合うことになったら、執着攻めになりそうな予感...ますます良い!(笑)
個人的にかなり好きなCPだったので、もっと読みたかったです‼︎


サラッと読めて、かなりの頻度で読み返している一冊です。

3

キレイな絵

全部で3つのストーリーが入ってました。

やっぱり絵がキレイですね~^^

ミキくんはもうモノスゴイ小悪魔ですね~。
超カワイイw
一生懸命ウドウくんを翻弄してるんだけど
でもやっぱり、握ってるのはウドウくんなんだなぁw

お互いがお互いを大好きな感じがいいですね~。
あまあまで、読んでてニヨニヨしちゃいます。
でも、せっかくなので兄上にもっと絡んで欲しかったですねw

2つめは高校球児のお話。

3つめはサラリーマンのお話。
部署は違うけど同期の2人のお話でした。
とっても短いんですが、爽やかさと楽しさと入っていて
サラリと読めて良かったです~♪

1

こうして転げてゆくのね…

女の子に対して下半身ユルユルの見目よい男の子が本気の恋でグズグズに可愛くなっていくお話、好きです(笑)
そして堅物ノン気で淡々とした感のある攻めがそんな男の子にドはまりして、激しい本性が外に漏れ出ていく様を見るのも…。
攻め兄の所業は攻めが受けに対する独占欲を見せる為のエピソードだったのでしょうが、ちょっと中途半端だったかな?
そんな独占欲丸出しな攻めのセリフは、私も大好きな天禅先生トコの俺様レイ様が同じことを言うので読んでてついそっちの話を思い出しちゃいましたが(笑)、でもやっぱり好きです、ああいうセリフ。それに対して素直に返事しちゃう しおらしい受けもイイ。そこは何回も見ちゃうなー♪

1

ツボをつかれてしまった。

緒川千世さんの本の中で一番好きです。
緒川さんワールドというか、緒川さんの書く顔だけが取り柄のクズ男が大好きなんです。

真面目×チャラ男。取り柄は顔だけの最低男と、真面目ぶってるけどたぶんそんなに真面目じゃない男のラブストーリー。最初は、ほんの遊び心だったのに気づいたら溺れてしまっていて、でもそんな気持ちがちょっと怖い。

ここでいったん深呼吸。

遊びの恋は得意だけど本当の恋にはちょっと臆病な三城ときっと恋愛ってものにそんなに興味がなかった鳥童の本当の恋

BLてほんとうにいいな~と感じました。
自分のドストライク直球でしたね。

三城はほんとバカなんです。バカで可愛い子なんです。
ぜひ読んでみてください。

1

雰囲気が好きかも

表題作「誤算のハート」

硬派なイケメン烏童とチャラ系の三城。
別れ話でもめていた烏童と恋人のふりをして協力した三城。
適当に女の子と遊んで、性欲満たせればいいくらいの三城が
初めはお遊びのつもりが、居心地の良い烏童の隣にいるうちいつしか本気になって・・・
Hなんて慣れてるはずなのに
初めて烏童と寝たとき驚くほど烏童の下で感じている自分がいて
強がってはいるけど、「これ以上触られると本当に好きになっちゃう」て本音だね。

どんどん烏童に惹かれていき、もう毎日毎日烏童のことしか頭にない三城。
クールな烏童も、本当は三城が好きなんだけどあんまり表に出さないキャラだから
三城は自分だけがこんなに想っているとイライラ・・・
もう、女の子みたいで三城くん可愛い♪
今までのチャラ男はどこへ行っちゃったかな?
ってくらい、もう烏童でいっぱいで。

最後に烏童のお兄さんが出てきて、なんかいじわるしちゃうけど
そこに烏童が助けに来て「コイツに関しては冗談通じないから」
キャー!言われてみたい、その一言。三城良かったね~!

あとの2つの短編は、高校野球児のほんわ続きか青春ストーリーと
リーマンのほのぼのストーリーで、Hもなくキス程度で終了。
高校野球のお話はもう少し踏み込んでHぐらいしてくれるとよかったかなぁ~

描き下ろしの「誤算のデート」では
いつも部屋でHばかりしているのでたまには外でデートしようという三城に付き合って
遊園地に来た烏童だが
結局、三城が観覧車の中でサカってしまい、部屋以外でHしたという話。
やっぱり烏童は三城に優しくて甘い。
なんでも言うこと聞いちゃうんだもんね。少しは自覚あるみたいだけど・・・(笑)

2

ちゅーの体勢が大好きです。

『誤算のハート』2話目の、三城の「お待たせ、ダーリン♡」ってところのちゅーシーン大好きです。この体勢でのチュー大好きです。なんて名前に体勢なんでしょうか。個人的には「コンビニちゅー」と呼んでいるんですが(昔読んだ少女漫画で主人公とその彼氏がこの体勢でコンビニちゅーしていたことに由来)、正式名称が知りたいです。どなたかご存じないでしょうか。

『無防備な午後』
リーマンラブ。いいですね、こんなことが起きるのを横で見れるなら、仕事頑張れるってもんです。

1

キュンとくる決定的な何かが欲しかった!

好評のようだったので、読んでみました。
絵はとても綺麗でした。
話はというと、どうも二人が好きになれないので入り込めないまま終わってしまったような。
最初は良かったんですが、これでどうして攻めがなびくのか、受けの魅力がよく分かりませんでした。
キュンとくる決定的な何かがないからですかねえ。
好みさえあれば、絵も綺麗で読みやすい一作だと思います。
私は微妙にズレたので、良くもなく悪くもなくという感じです。

余談ですが、私はどうも海王社と相性が悪い気がします。

1

攻めがみせる悪い顔がイイ(笑)

この作者様初読みです。
表題作のカプが、私の中でけっこうお気に入りキャラです♡
私は攻めくんのときどき見せる悪い顔が好きです(ここで書く悪い顔はちょっと腹黒そうな顔のコト)
受けくんも、自分からエッチをお誘いしておきながら、事後に攻めくんの家を出たとたんお顔真っ赤!これは可愛かった♡
きっと、受けくんは、本当に人を好きになったことがなかったから、自分でも制御できなくなったり、そんな自分を受け入れなかったりしたんでしょうね・・・急に攻めくんを突き放し女の子を両手に囲い・・・でも、やっぱり心から人を好きなるって感覚を少しながらでも知ってしまったから今までは女の子と楽しく遊んでたのにしっくりこない・・・
そんな受けクンを見ながら攻めくんはたまに悪い顔をしてます(笑)

今後も、この作者様の本を読んでみたいと思いました♪

1

あまあま具合が素敵過ぎて

最近のお気に入り!何回見ても飽きません!距離感、セリフ、色気たっぷりが本当に萌えます!学生モノ、エロ好きな方にはオススメ。

0

実は攻めのほうが魔性という萌え

 遊び人がHテクに翻弄されて本気に…というストーリーかと思って敬遠してましたが、読んでみたら体よりも心を癒されてもっていかれた感じで、良かったです。

 新しい遊びのつもりで鳥童に近づき、本気になっていく自分を認めたくなくて強がり、勝手に傷ついている三城。
 寂しさゆえの女遊び。本気の恋を求められない臆病さ。虚勢を張って魔性の俺様キャラを通してますが、はみ出てる弱さが可愛らしい…! 
 最後には開き直って可愛い自分を魔性の売りにしてますが、そのままの三城を受け止めて泳がせている鳥童の包容力のほうが魔性だと感じました。

 どうせすぐ別れるだろうと思われている2人が、意外と長続きしていて周囲を驚かせる未来の話が読みたいです!

1

絵に色気があって綺麗!

初読み作家さんです。
表題作+短編集2作品が収録されています。
全体的に綺麗な絵柄と、色気のある表情やセリフに、いつの間にか引き込まれてしまう作品でした。

表題作は硬派系•烏堂 × チャラ系•三城の高校生カプ。
期待値を高くして読んだ自分も悪いんですけど…評価が高かったのを知っているだけに、正直ストーリー展開は今一つで残念でした。

でも烏堂の攻キャラは好みです。
硬派なようで、豹変するとエロくて大人な攻様で、濡れ場での色気には萌ます。
高校生で、その色香にこのセリフが言えるとは…あなた一体…と思いつつも、綺麗な絵柄が余計に色っぽさをUPしていて良かったです。

逆に三城は、読み進んでいくほど苦手なキャラに…。
小悪魔系ビッチ受は嫌いではないし、健気な一面も覗かしてくれる可愛らしい受様だとは思うんです。
少し女の子っぽく見えてきてしまったのがダメだったかな〜と!
特にエロシーンでの話口調が変わるのが気になります。
少女漫画チックな展開に、走り過ぎている印象を受けてしまった所は残念でした。

あと気になったのは、ノンケ同士なのに、さほど葛藤もなく受け入続きれていく展開の早さや、周囲の目を気にせずイチャイチャ…周囲もなんなく普通に受け入れている展開が、あまりに都合が良すぎる流れで気になりました。
それを言ったらダメなのは分かってるんですけど…何故かこのお話は現実的に読んでしまったから、気になって仕方なかったんです(泣)

自分の気になるところ尽くしで勝手に書いてしまいましたが、それでも、このお話を読んでいて、この作家さんの魅力は充分伝わってきたので、今後も注目していきたい気持ちを込めてレビューさせて頂きました。

他の2作品は、野球部の後輩と先輩の青春ものと、リーマン同士のお話でした。
どちらも、恋が始まる瞬間までを丁寧に描いています。
リーマンものは、この本の中でも1番お気に入りのお話でした。
眼鏡が絡むお話はやっぱりエロくていいですね♡
電車で助けるシーンの攻様の色気はたまりません。
上手いな〜とニヤニヤさせられました。
続きを読みたいお話でした。

表題作のストーリー展開の残念さはあったものの、この作家さんの他の作品も読んでみたいと思わされました。
今後も注目していきたい作家さんの一人です。

4

好みではなかった

評価が良くて買ってみたのですが、あまり好みではありませんでした。


展開が早く、物足りない感じがします。
男同士ならもっと葛藤などあっても良かったかなーという印象。

少し少女漫画を見てる気分になりました。

4

絵は素敵

男子高生同士というところに惹かれて買ってみました。
絵はとてもきれいで好みだったのですが、話が少し薄っぺらい気がします。
展開が早くて心を動かされる時間がなかったのが残念です。
あと台詞が高校生らしくなく狙ってる感じがあって、話に入り込みたいのにちょっと引いて冷静になってしまったのであまり好きになれませんでした。
「ふしだらな」純愛、とあるので、そういう話なので仕方ないのかなあと思いますが。

2つ目の話が一番好きです。
野球部かつ先輩後輩の関係が萌えました。
濡れ場がないのが健全な(?)高校生らしくて良かったです。
しかしこれも話の掘り進め方が浅かった。
ページ数の問題もあるのかもしれませんが、こういう一生背負う怪我の話などは普通に表題作にしてしっかり描いた方がいいと思います。
せっかくのいい話なのに、感動が薄れてしまいました。

7

表情がイイ!


書店にてピックアップされていたので購入したのですが文句なしで萌えました!
個人的に、受けの子三城くんのふとしたときにでる表情がめちゃくちゃかわいくてたまらなかったです。
そしてはじめは三城くんがひたすら攻めである烏童くんに振り回される、みたいな話かと思いきやそれだけではなく、淡白そうに見えて三城くんのこと溺愛してる烏童くんにもかなり萌えました!
この表題作以外の短編もとても素敵でしたので買って後悔はないと思います!

1

緒川千世先生の描く男子は美しい!

チャラい三城×クールな烏童
どちらも美しく簡単に恋愛がはじまって
なんか淡々としてるのかなと
思ったんですが予想以上に嫉妬したり
熱い想いが見えてキュンキュンしました

階段の糸引くキッスがエロくて好きです!
女の子にごめんなって謝るとことかもうっ…!!!

烏堂兄にはヒヤリとしました
結果何もなくってよかったけど
もうちょっと何かあってもよかったような…?

攻・烏堂の黒髪、切れ長目、長身がどストライク
すぎて彼の小さなコマどれも見逃せませんでした♡

同時収録作品も嫌いではないですが
うどー&みきをもっともっと見たかったです!


1

つ、つづき・・・早よ!

表題作のお話がよかったです!

攻めの子がかっこいいのももちろん、受けの子がどんどんエロくなっていくのが、いやもうほんとに鼻血もの。

この二人の今後はどうなっていくのか、読みたくてしょうがなくなってしまいました。
自分の育てた魔性で・・・というセリフが印象的でした。

いや、もうどんどん振り回されて!そんで振り回して!
と、思わず興奮。

表題作でもっと長かったら、神評価でした。


2

普通の少女漫画を読んでるみたいでした。

評価が高いのと、絵がキレイなので読んでみました。

絵は、確かにキレイですが…最近の少女漫画だな、という感想です。あまりBLっぽくないです。決め台詞の言い方が、いかにも女子のウケ狙いでかえって引いちゃいました。
そして受けの男の子細すぎ!!あばら浮いてる!!あばらをあえて書くくらいだからあえての細さなのでしょうか…。
そのせいか色気をあまり感じませんでした。

話も、えっ今ので素直になれた?落ちるの早くない?!とあまり入り込めず…。

若い人(中高生とか)向けかな、と思いました。

9

もう少しツンツンして欲しかったかも…

女にだらしないチャラ男が気まぐれで付きあった男に本気になり、
当初の余裕はすっかり無くなってしまうという、
こういう展開は結構好みですし、絵柄もスッとしてて綺麗なんですけどね…。
『誤算のハート』、良いタイトルだと思います。
まさに“恋は思案のほか”的なw
(そういうタイトルの作品、確かありましたよね?)
烏童は色っぽくてHも上手そうw
こちらも余裕があったというのに後々独占欲丸出しになって
焦るのは楽しめました☆

しかし、三城、もうちょい頑張って虚勢はってて欲しかったなぁ…。
意外とあっさり泣いちゃったり本音曝したりしてたので
じりじり小出しにしていただけたら良かった…;
あくまでも、個人的感想ですが。
んで、あまりにも細い!折れちゃいそう!!
こういう男の子もたまにいるけど、自分の脂肪を分けたくなるww

烏童の兄が、本当に三城をヤッちゃわないでいてくれて、
そこまで鬼畜じゃなくて良かったとホッとしました。
元はと言えば、そこまでエロくしちゃった烏童のせいですから
自業自得とも言えるような…。
しかし、恋は本当に人を綺麗にするのネw

続き

『ラストサマーブルース』
野球部員にしてはみんなスタイリッシュ過ぎ!!
ジャ○ーズですか!?と言わんばかりのかっこ良さでした。
もっと汗臭いもんだろう…と違和感が拭えないにしても、
エースの先輩に憧れ、追いつきたくて頑張る後輩、
肩を壊してしまって、夢を果たせなかった先輩、
切ない想いが交差して青春でした。
お互い好きとは言わず、キスもありませんでしたが
(ピッチングが好きとは言ったし、抱き締めあったけども)
「甲子園に連れて行きます」これだけで十分ですね!タッ○の世界です!w


『無防備な午後』
リーマン…良いです。
でも、やはりツンが足りない気がしてしまいました;;
読み切りですから、ページ数の関係かもしれませんが
素直になるのが早いよー(泣)
電車内で体をかばってくれるのは憧れるのですけどもw
最後のモノローグ、
“もう少しで 丸腰の心を持ってかれるところだった”とありましたが
手遅れですね!!
軽そうな男の誠実な態度に、丸々持ってかれちゃってます。
Hはどんな塩梅ですかね、と気になるところです。
やっぱり泣いちゃってメロメロにされそうですが…。

私は漢気のある受けの方が好みだな、というのが一番でしたが(すみません;)
評価が高い作品ですので読めて良かったです。

7

ちょっと予想外。

初めて、この作者さんのコミックを読みました。
最初に思ったのが他の方も言われているように絵が綺麗だということです。
しかしH中の男の子(人)の体を見て、「この子細いなぁ…」と思いました…笑
あくまで個人的の意見ですがね。
ストーリーは悪くはないです。
ですが、
話があっさりしています。そこだけ予想外でした。
展開が早く「いつの間にかHしてる」…あれ? ってなります。
他の2つの方が深みがあったと思います。
H目的ではないので話の内容で-1(★)にしました。

気軽にサクッとは読めますがね。

2

お似合いのカップルです

表題作と、他短編二編。表題作が面白かったです!

テキトーに遊ぶ恋愛しかしたことが無い三城。
ある日、真面目に女の子と別れようと苦戦している烏童を見かけ、
助け船を出したことがきっかけで、ノリで付き合うことになります。
ところが、男同士で気を使わない上に恋人に甘い烏童の隣が、
思いのほか居心地が良い三城。
そしてセックスをねだってみれば、思った以上の快感に翻弄され、
三城は変わりそうな自分が怖くなって、烏童と距離を置こうとしますが・・・

ある意味で恋愛ベタな三城が、可愛かったです!
今までは自分が女の子を翻弄する側だったのに、烏童の気持ちだけは読めず、
イライラ悶々として、不安になって・・・
自制心があって大人な攻め様と、奔放で甘えん坊な受け様のカップルは、
結構私好みかもしれません!
しかも、烏童が実は三城にかなり執着していた・・・ときては、萌レベル高いです(笑)

表題作は三話あって、最後は烏童目線の話です。攻め様目線大好きです!
烏童と付き合いだして、女遊びは無くなった代わりに男に狙われるようになった三城。
なんか、三城がどんどんエロ可愛く続きなってます!
ある日偶然二人は烏童のお兄さんに出会いますが、
好色なお兄さんを警戒した烏童に「友達」と紹介されて、三城は拗ねちゃいます(笑)
この時の、拗ねた三城と困った烏童が、どちらも私にはツボで、可愛かった!
結構エロもあるんですが、初々しい高校生カップルが、すごく良かったです。


他の二編も面白かったですが、実は私は野球マンガがあまり好きではないんです・・・
でも、緒川千世先生の絵は凄く好みだったので、
他の作品も読んでみたくなりました!

5

絵は好みなんだけれど……

表紙の雰囲気が素敵で、評価も高い。
ということで、気になっていた緒川さんの作品『世界は君で廻ってる』と二作一緒に購入。
初読みです。

絵は、綺麗で好みでした。
キャラも設定も嫌いじゃない。

でも。
展開が速いというか、ご都合主義というか、
正直へえ……、と言っている間に終わってしまった感じ。

雰囲気はいいし細部に魅力もあるんだけれど、
個人的には全く頭にはいってこなくて残念でした。
なんていうんだろう?
気持ちに上手く引っかかりどころが見つかっていかない感じです。

同時収録の二つの話の方が、平凡だけれどまだ気持ちの引っかかりどころがあったかな。


9

遊人ほど男に転ぶ

表題作は女の子と遊びまくっている三城が、
硬派な烏童をからかって付き合い出したのがきっかけで、
結果、ウソがマコトになってしまうお話でした。

この遊人(ビッチ)受け×真面目攻めっていうのもまた懐かしい私のドハマりカプだったという。
緒川さんは私の萌えの変遷を思い出させるようなカプが多い気がします。
個人的な萌の変遷として、昔セレクトしてた内容というか(笑)

そして遊び人の受けの子の、「本気になって傷つくのが怖いから本音がなかなか言えない」
のパターンは今の時代を反映しているっぽいなーと思いました。

軽い付き合いのほうがいい、っていうのが気持ちよけれがそれで良い、
ではなくて、傷つくのが怖いからとか、本音が言えないからとか、そういう表現を取るところがBLらしさが出てていいです。
受けさんがお気楽Hを楽しむ遊人でした。と話が終わらないから良いんだと思います。

一つ突っ込むとすれば、攻めさんのお兄さんは何がしたかったし?と。
受けさんを拉致して輪姦そうとしていましたが、脈絡がなくて謎でした。
でもお兄さんの見た目がすごくストライクでした(笑)

続きそして短編のほうは…、雰囲気を読む感じですかね…;;;
読み終わったあとほぼノーコメントに近い状態でした…。
絵とセリフから雰囲気を味わうというか。そんな感じでした。

4

絵がキレイ

緒川千世さん初見です。
とにかく絵がキレイですね。ていねいに描かれていてよかった。

テキトーに女と遊びまくっていて本気になるのが面倒な三城と、隣のクラスのまじめ?!なモテ男烏童のお話。
三城は烏童が女の子と別れ話をしている場に遭遇。なかなか別れに応じてくれない女の子にイライラし、烏童は今から自分と付き合うから、と言って交際がスタートします。

うーん、助けるためにそう言ったとしてなんの接点もなかった2人がホントに付き合いだして、周りの人たちもあの2人が付き合いだした!なんて当たり前に騒いで。
ちょっと話の展開が早かったりおかしかったりしてるような?

でもだんだんと何にでもテキトーだった三城が烏童に本気になって振り回されてる姿に、かわいいなって思いました。
烏童も他の人に嫉妬して、三城にひどくしたり。
2人がお互いに惹かれ合っているのがわかりました。

もう少しゆっくりした展開で見たかったお話。少し急いでいるような、そんな感じがしました。
でも2人の色気に萌え評価を。今後に期待な作家さんです。

4

これ好き!

軽い気持ちで読める一冊だと思います。
この先生はやっぱり定番美青年ビッチ受けが上手いですね。

セックスって好きな人とするのと、そこまでじゃない人とするのと
全く違うんだけど、高校生とかじゃそんなのわかんないと思うのです。

でもこの本はそこんところが良く分かるし、
若いから身体から溺れるっていうのも
良く分かる本でソコに萌えたかな?

短編もあったんだけど、短編は申し訳ない……が、
ほとんど空気……だった。

長編向きですよね、ホント話の描き方が。
絵もとっても綺麗だし、私は好きだな!

3

かわいすぎる!

緒川先生の作品は初読みでした。
なんで、今まで買わなかったんだろう?と自分でも不思議なくらい
絵柄も好みで良かったです。

ストーリーも遊び人受が本気の恋に落ちてハマるっていう好物過ぎる内容で、
読み終わった後すぐに読み返してしまいました。
受の三城がかわいいし、追い詰められると素直になっちゃうのが本当に萌えました。
攻の烏童は大人だなーと思って読んでいたのに、三城のことでは余裕なくなって
しまうとことかかわいいなぁって。

表題作がものすごく好みだったのに表題作以外の2作は
消化不良気味な内容でした。
高校球児大好きなので、もっと読みたかったなぁ・・・。


3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ