囚われた甘い獣たち

torawareta amai kemonotachi

被囚禁的甜蜜野兽

囚われた甘い獣たち
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×29
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
40
評価数
12件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832288454

あらすじ

大企業藤堂グループの御曹司・一輝は、大学卒業にあたり 次期社長として本格的に学ぶため、単身アメリカへ渡ることに。 でも12年間ずっと一緒にいた恋人で教育(お世話)係の西條千春が 一輝を手放すはずもなく…!? 「獣」カップルが本能むき出しで愛し合う★  描き下ろし入り!

表題作囚われた甘い獣たち

藤堂グループ秘書で教育係・西条千春
藤堂グループ御曹司・藤堂一輝

その他の収録作品

  • 寂しい男
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

巣立ち

一輝がいよいよ大学を卒業して社会人に。
その時千春がどうなるのか早く見たいと思っていました。
社長の息子がとる道としては、まずは他の会社で勉強ということになるだろうから、その時千春がどうなるのか。
とても危険な男というのは分かってはいるのですが、怖いもの見たさなんでしょうかねぇ(笑)。
この2人に関してはこれまでもかなり壊れている面を見ているので多少の事では驚きませんが、今回は千春の追い込まれ方が今までにない程度にきていることを感じさせられました。
それを癒そうとする一輝が男前で、自分に必要なことだと一度納得すれば実行する強い意志は、まるで雛鳥が親鳥から巣立ちする姿を思わせました。
これは千春が恐れていたことでもあるんでしょうけど、ここは通らないといけない道だからねぇ…。
それでも流石千春です。彼の決意も千春らしい…。残された藤堂グループの皆さんが大変だろうなぁと(汗)。
千春がこの後暴れすぎないことを祈ります…。
2人の絆と信頼の強さを今までより更に見せつけられた巻でした。
一つ気になるのは一輝の勉強先です…あの傲慢でワンマンな社長から変な所だけは学んでほしくない続きなぁ…。

0

12年から13年へ

ついに一輝が卒業。
着実に時は過ぎている。
そんな感傷に浸ってしまったのも束の間。
藤堂パパの鋭い眼差しにまた波乱の幕開けです。

安易に就職してくれてもそれはそれで面白そうな展開が期待できるのですが、まずは2人が、主に千春が。
離れ離れになってどうなるのか。
予想通りでもありますが、やはりその威圧感に傍観者としては痺れてしまいます。
やはりとは言え、どうしても一輝を閉じ込めてしまいたい衝動と思い切りの良さに、今回ばかりは本当に2人だけの世界から出てこられないかも。
そんな不安に駆られてみたりもしましたが、一輝の不敵な笑みを信じて読み進めてみれば千春がどう根負けするのか。
その変化に、今まで見たことのない姿に、惹きつけられてしまいました。
納得でもなく、ほんのちょっとだけ理性を取り戻させた。
動じず、心で抱きしめ続けた一輝に軍配は上がったものの。
「とりあえず思い知らせておこう」
そんな発言にまだまだブラックな企みが目白押し。

続きが楽しみになります。

0

取り乱すワンコ攻めがかわいくてしかたない

千春の反応はまぁ予想通りなのですが、それに対する一輝がかっこよかったです。
このバカップル、中身は一輝がお母さん的だなぁとは思ってましたが、今回はそんな一輝のかっこいいところをしっかり見られたと思います。

一輝が離れるとなったら、それだけで呆れるくらいテンパってしまう千春を優しく優しく包んであげる一輝。そして一緒に前へ進もうと背中を押してあげるなんて、女王様受の鏡!とびぬけた設定の千春には、そのくらいとびぬけた女王様がお似合いですね。

今回は終始一輝が大人でした。それを見てると、きっと一輝は千春を越える立派な社長になってくれると思えました。
壊れた千春のばかっぷりがツボな私は、これからの千春の暴走にわくわくします。離れるとなっただけでアレということは、会いに行ったりテレフォンHくらいじゃ絶対足りないに決まっています。仕事の上でも一輝を取り戻すためにさらなる鬼畜っぷりを発揮して、周りを凍らせてくれるに違いありません。
やっぱり執着ワンコには試練を与えなければ!(笑)

1

一輝のほうがカッコイイぞ♪

社長の御曹司・一輝と教育係で社長秘書の千春のバカップル話も、いつかは来るだろうな~と思っていた一輝の旅立ちがやってまいりました。
いつかはそういう日が来ることはわかっていたけど、いつまでも一緒にはいられないよね。

千春を守る為に社長になると決めた一輝。
一輝を社長にするために役員にもならず地盤固めをしている千春。
そのままでは一輝は千春のあやつり人形だと警告する父親の藤堂社長。
当人たちは全くそのつもりはないが、そうとられる事によって二人が引き離されてしまうこと嫌がって一輝はもっと強くなろうと千春を守ろうと行けば10年戻れないだろうというアメリカの企業へ行くことを決めるのです。

渡米する前、一緒に旅行に出かけた二人ですが、そこで千春が一輝を監禁しちゃうんですよ!
まったく、2度目だよw
この千春壊れると怖いっていうか、きかん坊主になるよね(笑)
まるっきり子供だよ。
それだけ惚れてるってことだとは思うけど、男前のくせに男らしくないの。
こういう女々しい未練をみせるところがギャップで実は好きなのだ♪
監禁されてもあっさりしてる一輝の男前なこと!
これも千続き春の教育の賜物ととってもいいのかな?w
しかし、どうやら策略があるようで・・・
次の話はそういう部分をみせるのかな?あっと驚く彼等の何かがみられるのかな?ちょっとワクワクしちゃいます。

エッチシーンも裸体ももう書く必要もないほどに、自分的好みです。
絶倫千春に、まあ一輝もすっかり慣れたもんでv
相変わらず色気があふれています。
一輝の初フェラ顔射もあるし、
そして番外では遠距離定番のテレフォンえっち♪
一人で処理なんてしたことない(いつも女性で済ませてたw)千春が初めて一輝と通話しながらやるという、レアシチュににやにや☆

長く続くシリーズですが、結構愉しみにしている大好き作品です。

2

新展開!!

相変わらず執着激しい千春さまで大好きですvv

とうとう一輝を育てるために社長自ら動きだしましたね。
気付かない間に千春の引いたレールの上を進んできた一輝。
その為に一輝は大郷のいるマーキュリーの本社(アメリカ)へ修行に出ることに。
その期間なんと5年~10年という、とてつもなく長い期間。
よく千春が許したもんだと思っていたら、やはり。
そうですよ、千春はこうでなくっちゃいけません(笑)

最初は納得してた千春ですが、またもや一輝監禁!!
今度は前回のようにアッサリとはしてませんがね。
千春から一輝にフェラさせるなんて思ってもみなかったわ。
でも結局は一輝に弱い千春。
アメリカでの修行期間を1年のみとし、後は大郷のいる日本支社に呼び戻すという。
一輝もですが、千春もかなり大変な1年間になりそうです。

2人離ればなれにはなりましたが、おかげで千春の1人エッチも見れて満足。

次巻は離ればなれになってる話でしょうか?
それとも日本に帰国してからの話になるのでしょうか?
とても楽しみなのであります。


2

正直、あきつつある。

飽きつつあるのは、たぶん西條千春という人の
「力はあるのに我慢がきかず壊れっぷりが滅茶苦茶なのに見た目紳士」
というキャラクターのような気がします。

その壊れる原因が一輝の心変わりとかならともかく、
その中から少しでも前に進んでいこうとする一輝のアメリカ行きなわけですから、
これが恋人だったら、やだなぁ・・・よく別れたくなんないなぁ・・・というか。

別れるともなんとも言わないのに拉致監禁ですからね。
むしろ一輝が千春を抱きつぶすようによー頑張ったと思うのです。
千春の愛情表現は正直言って子供っぽく思えてしょうがないのですが、
でもそれを納得させる一輝に大人な要素を見出すのはどうもピンとこないんですよね。
藤崎作品の受けってどうも攻めの肉体におぼれがちだから。

そのせいで余りにも回りが気の毒なのが予定調和、というのがなんともなー。と。
次巻以降、カオルあたりは地獄を見そうな気がします。
でもきっと「しゅみじゃない」と切って捨てるまでこのシリーズには付き合っちゃうんでしょうね・・・。
まだそこまで飽きてはいません。

2

御曹司系は難しい

イラストも苦手、ストーリーもなかなかはまらず
藤崎さんの作品は苦手です

連載中もあまりよむことがなくて
きっかけももてずにいました
たまたま1番めの収録だったこともあり
読んでみたら監禁状態の裸のインパクトにびっくり

あらすじを読んでもイマイチ理解できず
最初から読もうと思い手にしてみました

御曹司とか金持ち関係の話はとうしても
当事者同士の関係よりも
会社だったり、そういった組織内の話しが必ず
絡んでくるので、LOVEだけに集中して
読むことはできなくて、ジャンルとして苦手です

この2人は互いに必要として愛し合っている
社会人としての立場においても
という部分が良かった部分でした

でも、やはり苦手でしたすみません

2

この執着、好きです

西条千春、壊れそうでした。一輝の大学卒業後の進路が二人を物理的に引き裂く。
一時でも離れられない西条が一輝がいなくなることに耐えられる訳がない。
今回一輝はいかに自分が西条に守られ甘やかされてきた箱入り息子だった事を
素直に認め、その上で自分が西条の夢を、西条を守る事を目標に社長になる修業を
始める事になるエピローグ的な流れ。

でもいかに優秀な西条でも、一輝が自分から引き離される事を簡単に納得できるなんて
ことは絶対にありえない、互いに執着し合いながらも今回は一輝が男前でした。
獣のようにエロエロしながら身体で戦う、身体で思いを伝えるそんな展開でした。
またまた次回作が楽しみでしょうがないですね。

1

愛のある監禁

愛があっても犯罪だろと思いつつ、千春の痛々しいほどの愛と執着は嫌いじゃない。
そんな重たい千春に対して一歩も引くことなく、真正面から受けて立つ一輝の男前さも魅力的。光と闇で強く惹かれ合っていることが伝わる、すごく好きなカプですv


千春×一輝のシリーズ6作目。
今回は、一輝が大学卒業後、一人でアメリカに渡り、本社で修行することが決まる。
千春はそれを快諾し、現地で一輝が住むところから何から完璧に準備する。
しかし、渡航予定日の2週間前になって
アブナイ本能が破裂してしまい、一輝をロッジに監禁。
鎖につなぎ、獣のように朝から晩までSEX浸けに…という話。


一輝は、監禁されても動じず、身体も与え、千春の良心が勝つのを信じて
根気強く説得を続ける。
千春との未来のためにも、今までの居心地よい世界から一旦離れなければいけないと考える一輝はほんとーーーに男前。次期社長としての修行は、千春の夢にもつながるのだと説きます。

千春は、長年の夢と、一輝を日本に縛り付けておきたい本能との間で葛藤。
最終的には、1年を限度にアメリカ行きを認める(最初の約束は5~10続き年)。
1年の間に、藤堂グループの半分を動かし、何としても一輝を日本支社に入らせる…と豪語する千春。
一輝が旅立ったあと、さっそく闇に堕ちた顔を見るに、どんな手を使っても実現させそうで恐いw
本格的に遠距離恋愛スタートの次巻が楽しみです。


描き下ろし【寂しい男】は、一輝と千春のテレフォンセクス。
よくある受け視点ではなく、出てくるのは千春だけ。
相変わらずのポーカーフェイスだけど、一人でしない主義の千春が、
電話越しの一輝の声を聞いて…というところに、強い想いが感じられるお話でした。


ちなみに、管理部チーフのカオル(『…ヴァージンラブ。』)や、
内偵の陣とジュン(『相方』)も脇で登場。
彼らの話も好きなので、またそのうち続編が読めるといいな~と思います。

1

2度目の監禁です。

相変わらず、執着して束縛しまくり(勿論、この作品の中で占めるエッチ率は半分以上?)の千春と、そんな病みまくっている千春をドーンと受け止めてやる男前な一輝が、いよいよ修行の為に渡米する話です。

まぁ、予想を裏切らないというか、一輝がいない千春は、本当に闇に生きる男なのでしょうね~。完全に危ない人になってます。(こんな面倒臭い男に良く付き合えるなぁ。。と、一輝を心から尊敬します)

藤堂グループのトップ(社長)である父親から、一輝は将来どんな社長になりたいか問われたことで、今回の話は大きく動き出します。

『千春を守る為に社長になりたい。』この一輝の思いは、千春の敷いたレールに乗っているだけの『あやつり人形』と喩えられ、本当の意味で千春を守れる男になりたいと、決意をする一輝。

順調に渡米の準備が進む中、渡米前に思い出づくりをしたいと一輝に旅行を提案され、遂にその旅行先で箍が外れて一輝を監禁してしまう千春。。

そして、ロッジに監禁して、一輝をヤリまくるのですが、抱かれている一輝が千春に向ける思いが一途で健気!闇に飲み込まれそうな千春を光の当たる場所へと救い上げてくれ続きる、正に千春にとっての『光』そのものが一輝なんですよねぇ。彼は本当に男前です。

いよいよ次巻では、一輝のいない千春の荒みっぷりが爆発して、周囲を凍らせる展開になりますね。

個人的に、大郷とカオルの二人が好きなので、二人の活躍に期待。

描き下ろしは、日本とアメリカで離れ離れになった二人のテレフォンS〇Xです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ