年下の高校教師

年下の高校教師
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
23
評価数
10件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784199007040

あらすじ

一夜限りでいい、失恋を忘れさせてくれる男に会いたい──。傷心中の高校教師・鳴沢(なるさわ)がセフレに選んだのは、体育教師の灰原(はいばら)。快活な笑顔で懐いてくる四つ年下の同僚は、生徒の信頼も篤い精悍な面差しの男。次の相手が見つかるまでの関係だ──優しい灰原に甘えていた鳴沢。けれどある夜、突然「あなたを怖がらせてもいいんですよ?」と灰原が豹変!! 本能のままに激しく抱かれてしまい…!?

表題作年下の高校教師

年下の体育教師 灰原鷹之・27歳
恋人に振られた高校の国語教師 鳴沢友宏・31歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

未熟な教師達の恋

あらすじ読んですぐ誤解は解けたのですが、題名を読んでの印象はサラリーマンとかの「教師じゃない人」と「年下の高校教師」の話だと思っていたので、高校教師同士だったことに最初とまどいました。

丸ごと1冊表題作です。鳴沢目線で話は進んでいきます。
鳴沢(受け)は遊ぶのをやめて、真剣に交際をしようと決めて付き合った恋人からフラれて、理由が分からず混乱します。そんな中、気遣ってくれる灰原(攻め)を知るごとに惹かれて、身体だけのセフレでなく恋人になりたいと思ってしまうが…という話です。

鳴沢は、灰原と話すうちに徐々に自分の欠点に気がつきます。元恋人と話すことにより、改めて当時の身勝手さと、現在の寂しさに気がつく。段々教師として、人間として成長していく鳴沢と、それについていけない灰原。鳴沢が好きだと言った後の返しは酷いもんだと思いました。

ですが、鳴沢の目線では前半部に、灰原は懐の広い男だと書かれていますが、灰原もまだ未熟であれこれ迷っているのだと思えば、納得できました。その辺をもうちょっと透けて見えるようにして欲しかったです。ですが、鳴沢の混乱ぶりや変わっていく心の動きなど、描写続きが見事でした。

最後に鳴沢はほろりと泣いたの、良かったです。

俺に任せろという大人な攻めの話ではありません。まだまだ未熟な大人達が成長していこうとする話がお好きな方はオススメです。鳴沢が国語教師らしく例文や解釈があるのも楽しめました。作者様、作中に登場した(おそらく)仮想の作品名「右の角を曲がって谷底へ」読んでみたいです!

あと、カラー挿し絵の、二人のキスイラスト。鳴沢の背中から腰のラインが妙に色っぽくて素敵でした。

3

色々と残念でした;;

大事にしていたと思っていた恋人に生まれて初めて振られ、
職業柄ストレスも溜まる、国語教師の鳴沢は
週末くらい憂さ晴らしをしたくて
住んでいるところから離れた飲み屋で
同僚の年下で体育教師・灰原に出くわしてしまう。
そしてその夜自分の部屋で触れ合うのがきっかけで
どんどん灰原への見方も自身の気持ちも変わっていくのですが…。

鳴沢はタチですがネコの経験もある男でした。
振られた恋人・和貴に色々合わせてきたつもりでしたが
恋人の希望に応えるのが愛というのもわかるけど
「してやったのに」って上からな態度が好ましくなかったです;
精神面で、和貴が望んでいた接し方ではなく
相手の気持ちに寄り添う事もなく冷徹な印象で…。
生徒に対しても決して親身になるというタイプじゃありませんでしたが
お人好し過ぎて年下だけど包容力のある灰原の影響で
自分自身も、教師としても変わっていくのです。

確かに良い方へ変化があるのは素晴らしいことですよ!
人間は悪い方には簡単に変わってしまいがちですが
良くはそうそうならないものだと思うので。

ずっと前から鳴沢に憧れていた灰続き原は
灰原のふと見せた意外な面にますます惹かれたようですが
後半意外というか…なんか違うような…。
鳴沢が灰原への気持ちを自覚してせっかく想いを告げたのに
自分の実家のごたごたで一度受け入れてくれたなかったというのが
ちゃうやろ!っていうか。
そりゃ、自分の家族が大変な時って余裕が無くなるかもしれませんが
好きなんだよね?ずっと憧れてたんだよね?と腑に落ちませんでした;

鳴沢が灰原に頼まれ、灰原の弟と話をしに訪れたとか
ここは普通そこまでしないよねぇと
また違和感をおぼえてしまって…。
(私がひねくれてるのかしら;;)

良かったと思うのは、序盤の灰原。
いい人すぎて逆に良く思われない事もあったようですが
あれやこれやと気配りがあって、
こういう年下攻めは大好きです!!
鳴沢を誘って軽めの登山にも必要な物は全て用意してくれたし。
Hで普段の穏やかさが無くなって
敬語で丁寧なのに言葉責めとも言える態度はすっごく萌えました!!
こういうギャップに弱いですw

しかし…三池ろむこさんの挿絵で嬉しかったのに、
腕とか上半身の長さとかバランスがあまりよろしくなくて…(泣)
それこそ、男子校の設定なのに挿絵で女子が描かれていたのが残念;

最後まで読ませていただいて
“しゅみじゃない”とまでは申しませんが、中立です…。

2

大人なストーリーで

秀さんらしいお仕事ものです。
大人なストーリーで、
シリアスめに進みますが、最後まで意欲的に読めました。
設定も面白いです。
ただ、個人的には、この設定でもう少しコミカルだったら、
もっと楽しめたのにな!と思いました。

鳴沢が、遊び人を改め、大切にしたいと思った恋人からフラれ、
傷心だったところに、現れたのが、同じ高校の体育教師、灰原でした。
一夜の遊びとして、灰原のことを誘ったところ、
鳴沢は、その一夜で本気になってしまいました。
でも、今更、「恋人になって」なんて言えなくて
という展開です。

こんな展開、大好きなのですが、
教師ものということで、みかたによっては、
青臭さもあるかもしれません。

2

学生時代を思い出す

主人公の高校教師が恋人にフラれた事から心が冴えない日々を鬱屈した思いを抱きながら
後輩教師との思わぬ付き合いが始まった事を切っ掛けに、教師としても一人の人間として
成長していくような内容でした。

学校内での出来事は教師と生徒のやり取りなんかが、某教育関連番組の討論的な雰囲気も
あったりして、悩める受験生にも思いを馳せてしまうような感じでしたね。
そして、教師である受け様の始めの傲慢さが嘘のように後半は穏やかになる。
もっともかなり強気で教育熱心でもあるのですが、そんな受け様に鬱陶しがられ、
それでも、受け様を心配し続けたら、受け様に強気な感じで身体だけの関係をせまられ
でも、攻め様は意外に受け様が好きみたいと感じながら読み進め、この出会いによって
受け様が一回り全ての面で成長していくのですよ。

内容的には恋人にフラれ、自分の何がダメだったのか解らないままで過去の思いに
引きずられ、そのとばっちりを優しい後輩教師が受ける事になり、でもその後輩教師は
受け様に長いこと片思いしていたなんてオチもあったりして、生徒の悩みと教師の悩み
プライベートでの恋愛の悩み続き、それが丸ごと1冊になった教師もの。
軽いノリがない、硬めの作品気味かなと思える内容だった気がします。

1

ごくごく個人的に、どうにも……

秀香穂里さんといえば何よりもまず、お仕事BL!という印象。
そこが好きな作家さんなのですが、今回は個人的に、お仕事のチョイスが不味かったかなぁ…と。

受けと攻めは同じ進学校の、それぞれ国語科と社会科の教師であり――物語を通して、恋愛面だけでなく人として教師として、成長してゆく姿も描かれているのですが。
つい二年前までそこそこの進学校で受験生をやっていた身としては(受けは高三担当です)、教師の仕事の仕方(というか学校の教育システム?)や行動、生徒の考え方に突っ込みどころがありすぎてorz
高三にもなって文系理系が同じクラスにいたりとか、『先生のクラスは抜き打ちテストが多い』とか。どうなってんだこの学校……(汗
もっとなんちゃってな設定の学校モノでも、普段はここまで引っ掛からないのですが……
なまじお仕事がっつりなだけに、さらっと『BLはファンタジー』で流せませんでした。

ということで
『これは読めん』と仕事パートを流していたら、今度は受けが攻めの家族間の問題に引っ張りだされ……話に聞いていただけの、初対面の人間と腹を割って対話、いい助言までするという展開に目が点。続き
ちょっと付いて行けなかったです。

恋愛面も、書き込みが物足りない印象で……これといって魅力的な点は少なかったかなと。
受けが基本的にはタチの人だったり、優しく器の大きな攻めが、セックスの時はSっ気のある感じになったりと、萌えポイントはそれなりにあったのですけどね。

綺麗な、良い話すぎたのもあってか、総じて物語に入り込めませんでした。

あ、それと
男子校な筈なのに、挿絵に女の子がいたのはちょっとどうかと……
男の娘容認な学校なんだ!なんて脳内補完は流石に無理でした(笑

1

先生も生徒も成長するのです。

イイ話だったのですよ。
みんな自分に悩み、迷い、それは大人も生徒も同じなんだと、
ちょっと傲慢で上から目線で、愛していた男に振られたことがとてもショックだった国語の教師が、年下の体育教師とのふれあいで、受け持ちの生徒とのふれあいで、そんなことにきがついていく話。
思わず「贈る言葉」が流れてきそうな???
あまりにフィニッシュがきれいにきまりすぎて、思わずうろたえる読者。
よかったのに、萌えないってよくありますよね?誠実すぎて・・・
今回はそれになってしまったようです。

31歳の国語教師・鳴沢は、これから受験一触になっていく3年の担任を受け持っているが、どうも身が入らない。
というのも、これから身を固めて一人にしようと、この人なら!と思った恋人に、自分にはわからないといわれて、理由もわからないまま一方的に振られてしまったからだ。
ゲイの鳴沢なので憂さ晴らしに飲みにでかけるのですが、そこで後をつけてきたという、いつも笑顔を絶やさない体育教師の灰原にクダをまいて、最後までないものの欲求不満晴らしと襲ってしまう。
灰原はなぜか話しやすく、八つ当たりのつもりだったが、不満続きやおもっていることを何でも話せ、そして読んでいる本の趣味が合い、
最初のきっかけがきっかけだっただけに、いまさら友人の申し入れも恋人の申し入れもできずに悶々としているのですが・・・
そこで受け持ち生徒で学年一成績が優秀な七瀬が悩んでいることをしり、みなでこの悩みを話あおうということに。

とても自分勝手で自分本位だった相手の立場にたって思いやることができなかった鳴沢が成長をする話ですね。
元はまじめな先生なんですよね!
まじめすぎて、ちょっと・・・という部分が難点(なんて贅沢なんでしょう!)
しかし、とてもわかりやすいお話でしたよ。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ