ひとりの夜、ふたりの朝 すれちがいの純情 2

ひとりの夜、ふたりの朝 すれちがいの純情 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
0
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784044385026

あらすじ

内科研修医・兼城瑞穂が、高原記念病院に配属されて1年近くがすぎていた。
医師の力量はまだ発展途上だが、仕事に対する熱心さとひたむきさでは、誰にも負けていない。
そんな彼は進路のことで悩み、ひとりで空回りしていた。
瑞穂のことを心配し、気づかう放射線技師の巳波。
「…せめて、俺の指先が届くところにはいろ」―瑞穂は深い口づけにおぼれていく…。
新人医師とベテラン技師の心温まる純情ラブストーリー。


おまえ以外の誰も抱きしめたいとは思わない…・。 センシティブ・ラブストーリー!!

表題作ひとりの夜、ふたりの朝 すれちがいの純情 2

あたりのきつい診察放射線科の主任技師・巳波嗣俊
高原記念病院の消化器系内科研修医・兼城瑞穂

評価・レビューする

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ