この男を俺に下さい

konootoko wo ore ni kudasai

この男を俺に下さい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×217
  • 萌14
  • 中立6
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
18
得点
166
評価数
49件
平均
3.6 / 5
神率
20.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799713013

あらすじ

結婚=打算と妥協…と信じる、イケメン婚活アドバイザー獅子内。
しかし、数年婚活しても結婚できない男・永野渉の担当となってしまう。

しかし、渉は収入や見た目には問題はないのに、
極度の上がり症だったために、結婚できないでいたことが判明。

しかし、とびきりピュアで一途な渉。
渉の婚活を助力する内に獅子内は……??

婚活業界を舞台に、
「でも運命の人を探す」ロマンチック物語、描き下ろし付き★

表題作この男を俺に下さい

獅子内,婚活アドバイザー
永野渉,絵本作家,38歳

その他の収録作品

  • この人を僕にください

評価・レビューする

レビュー投稿数18

誰ですか、この可愛い男は!

初読み作家さんです。

このちるちるのスキャンは、
あまり画像がよくありませんが(スンマセン)
表紙からして、可愛いっつーか、萌えます!

特に受けの表情が、カワイイったらありません。
この顔は、男を誘ってる顔です!(笑)
ヤバいです!(><)

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

結婚相談所の相談員・獅子内(攻め)は、
3年も結婚できないでいる問題会員の渉(受け)の
担当になります。

対人恐怖症の渉。
でも、だんだんと獅子内「だけ」に心を開いていく様は、
見ていて本当に嬉しくて……
ちっちゃい仔猫がなついたかのようで、もうとにかく
カワイイんです!!
これが38歳ですかっ!?
信じられません!

獅子内がどんどん惹かれていくのも分かります。
「運命の人がかならずいる」と信じている所も
38歳らしかぬ、カワイイトコロですね。

ついに渉に愛の告白をする獅子内。戸惑う渉。
でも、結局二人はハッピーエンド。


そのあとのエロシーンが、めっちゃエロい!
なんて表現したらいいんでしょう。
「もうびちゃびちゃ」って言うんですか続きね。
キスからして、もうびっちゃびちゃなんですもん!
エロエロです!

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

結婚相談所では、お客さんのことを
下の名前で呼ぶそうで…。
今回、獅子内は「渉さん」と呼んでいた。
親密度がアップするからですかねー。

今回は別の意味で親密度がアップしちゃいましたけど♪
良かった良かった。

2

運命の相手探し

婚活業界を舞台に、真実の運命の人を探すロマンチックなお話です。今回は、いつもよりエロさを低くして、ピュアさを高くした内容になってます。

イケメン婚活アドバイザーの獅子内が担当することになったのは、極度のあがり症で他人と会話するのが難しい渉でした。何とかまとめさせようと、あがり症を克服すべく協力するのです。
そんな渉も、獅子内にはだんだん慣れてきて。

練習と称して、一緒に行動するうちに渉に惹かれていく獅子内。でも、渉の幸せを考えて離れようと決めます。
結婚なんて打算と妥協だと考えてた獅子内が、本当の恋をして悩み戸惑う様子に切なくなります。
渉も、獅子内と知り合って、だんだん良い方向に変化していったのが良かったです。

いざエッチをするとエロエロな渉が、おとなしい普段とのギャップがあって萌えます。
描き下ろしでのエッチは、加門さんらしくエロエロで安心します(笑)

2

38歳だけど・・・

地味目だけど綺麗な感じの受け様・・・38歳・・・38歳!?

イケメン結婚アドバイザーの攻め様と
極度のあがり症の受け様とのお話です
受け様のあがり症克服&結婚相談ということで
どんどん2人の距離が縮まっていくことは間違いありません!

今回は受け様38歳の可愛らしい行動に目が行きます
あがり症で倒れるぐらいまで緊張してといろいろと大変な方ですが
戸惑いながらも一生懸命で、なんともかんとも
可愛くて仕方ありません

佳門サエコ先生の絡みの時のあの!滴るものがすごいグッときますよね
可愛い受け様・・・www

0

絵がキレイです!

表紙絵に一目惚れです。本当に絵がキレイです。そしてお話もとても素敵でした!対人恐怖症の男の恋愛…というテーマで以前読んだ「花とうさぎ」が真っ先に浮かんだのですが(この話も大好きです)、同じテーマでもこちらはどシリアスでした。運命の人に巡り会うのではなく、巡り会いを運命に変えてこそ幸せをつかめるのかもしれないですよね。こちらの胸が締め付けられる程の大人の純愛を見ることができました。そして短いですがベッドシーンが超濃厚です。お覚悟を(笑)

1

婚活でもホモに走ったっていいじゃなーい\(^o^)/

サエコさんの作品といえば、
急展開なエロでとにかくエロいでしたが
この作品はちゃんと恋愛作品でした(^^)
(失礼な事言ってすみません汗)

結婚アドバイザーのイケメンと婚活中の男性のお話。
婚活中の渉さんは、恋愛どころか友達すらいない
かなりの問題児で婚活どころではないけれど
獅子内の協力もあってだんだん克服すると同時に
獅子内は頑張ってる渉さんにだんだん惹かれていって
離れようとしたり、傷付いたりとなんだか
応援したくなる2人でした。

エロいシーンも最後の最後と書き下ろしにのみの
恋愛の過程を読ませる1冊です。
(失礼ですがサエコさんらしくない笑)

でも、エッチシーンはサエコさんらしく
エロエロでした‼︎笑

スッキリすらすら〜と読める1冊で
楽しかったです(^^)

1

綺麗なサエコさん

失礼なのは承知の上です…。
いつもはえろえろなサエコさんらしくない
純情を描いた作品です。
尚、書き下ろしでは。皆様わかりますよね?
本編で無かった分のえろを感じましたw

この漫画を手違いで三回も買ってしまったという逸話があります。
なんで、書店員新刊のところに置いてたんや…。

男前婚活アドバイザー×冴えない作家のカップリングです。
接していくうちに段々と心の距離が近づいてという雰囲気は
良かったんですが、個人的にサエコさんの攻めは紳士よりも
野獣の方が好みなため、満足できなかった節があります。
わたしはいまいち萌えなかったんですが、
ふわふわした恋愛が好きな方にはおすすめです。

0

とても読後感のいいお話でした。

何でか自分もBLでブライダルネタ好きなので、購入してみました。

一冊丸々一つのお話で、二人が纏まるまでを丁寧に描かれています。
そもそも、ノンケの男が男を気にするかというのは、もう「運命の人だったから」という事で、攻めが最初は仕事だからと頑張っていたのが、いつの間にか…という流れが自然でした。
受けはまあ、対人恐怖症なのに大丈夫な人に会ったら、懐きますわな。

攻めが職業柄、今後結婚しないままでいいのかなと思いつつ、末永くお幸せに。
そうか、いっそゲイ専門のコースも作ってしまえばいいのに(笑)

とても読後感のいいお話でした。

1

んーーーまぁ、うん。

婚活業界の話ーーということであまり他では見ない設定に驚きつつも、読み始めましたが普通に最後まで読破出来ました。
婚活アドバイザーがあんなイケメンでいいのか....。
((いやでも、そうじゃないとこの物語が成り立ちませんが))

ただ、私の萌えZONE☆にはヒットしませんでした....
受けが対人恐怖症という設定は割と好みでした。

ざっくり言えば
「婚活しようとした対人恐怖症の受けがなんやかんやあってイケメン婚活アドバイザーとくっついた」
でしょうかね( ̄▽ ̄)

1

結局お似合いの二人

まるまる1冊、ひとつのお話です。

『恋愛が錯覚なら結婚は打算』わかる気がします。

結婚アドバイザーのイケメン獅子内と絵本作家38歳永野渉。

永野渉さんは極度のあがり症おまけに感じやすい・・・^_^;
それが原因でなかなか良い縁に恵まれず、知り合った女性とも結婚とまではいかない。
その渉さんがなんとかあがり症を克服して良い人を見つけたいと入会したのが
獅子内が務める、結婚相談所。
渉さんのために、悪戦苦闘する獅子内だがいつのまにか
渉さんが女性と会っているのを見ると嫉妬している自分に気づき・・・
幸せになって欲しいという思いが、いつしか恋に。
仕事と恋に挟まれ苦悩する獅子内。
獅子内に告白されるも感じやすいことを知られたくない渉さんは
キスを拒否してしまい・・・

ピュアな渉さんは真面目に、日々自分のコンプレックスを克服するため努力します。
それを応援し、見守る獅子内と渉さんの少しづつ揺れ動く心の内や
相手のことを真剣に大事に想う、大人同士の愛が細かく表現されています。

好きだからこそ、嫉妬から相手を傷つけるようなことをしてしまう。
続き低だとわかっていても、心はブレーキがきかない。
なんだかすごくわかります。
心で「違う違う・・何言ってんだ俺」て思っていても
口ではまったく逆のことを言ってしまったり
そんな気持ちの動きが、手に取るようにわかる作品でした。

想いが叶い、晴れて恋人になった獅子内と渉さん。
Hシーンは、かなり濃くてエロチックでした。
渉さんがものすごい感じまくりで、
もう、いろんな汁だらけでえらいことになってました。(恥)
2人がhappyで38歳の渉さんがあまりにも可愛いラストだったので
読んでいるこっちまで、幸せな気持ちにさせてくれるお話でした。

2

フワフワかわいい

 結婚アドバイザーをしているイケメンと、その会社の会員で
結婚を望んでいるが対人恐怖症の2人の話です

対人恐怖症の会員の担当となった事で2人は出会います

対人恐怖症なのでそれを克服できなければ、結婚どころか人と話すことも難しい状態。

なぜかアドバイザーとは一緒にいられる。

ジレジレ具合で進みますが
対人恐怖症の渉がとっても可愛いです

お料理をつくってエプロンをしている姿も。

渉相手のためゆっくりと進みますが、いつものようなエロ満載と違って自然な気がしました。

順序を踏まえて最後にという部分ですが。

イケメン設定は絶対なのでしょうけど、いつも同じタイプな感じで、あきそうなのですが
相手がかわればなんとか
なるもんだなと思いました。

0

大変なお仕事ですね。

結婚相談所へ登録するだけでも、かなり勇気のいる事ですよね。
それだけでもう、渉さん、あんたは偉い!と思います。
そして、そんな渉さんの良さに気付いたものの、結婚相手を探してあげなければならない獅子内さんも偉い!
気持ちをおさえながらも、仕事頑張ったはりますもん。
ええやっちゃな~と思います。

私が好きなシーンは。
渉さんのアトリエで「墓場までつきあいます」と言った獅子内さん。
そして、バーで他の客(ホモはキモいと笑った男)に頭から酒をかける獅子内さん。
クリスマス、キスに怯える渉さんに、ちゃんと誠意を示して欲をおさえるところなんかも。
獅子内さんの男前シーンはかなりグッときました。

渉さんは、部屋がお洒落で綺麗なところとか。
料理がめちゃくちゃ豪華でうまいとか。
その、どちらかと言えば嫁スキルの高さにグッときました。
しかも、対人恐怖症が獅子内さんとの交流でどんどん良くなっていく。
自分が、相手の長年患っている病気を良くしていたら、そらもう惚れてまうやろう。

とてもキュンとなる二人の、最後にやっと結ばれるエロがまた濃くて。
その昼と夜のメリハ続きリも楽しかったです。
二人は多分十才くらい年も離れていますし。
渉さん、身体に気をつけてね!
なんて余計な心配をしてしまいましたf(^_^)

1

おしあわせにv

なんだろうな、佳門さんの本って、エロのイメージがあるんだけど
エロメインじゃないほうが可愛いと思うんだ(*´∀`*)最近エロ弱いの多いから
余計にそう思うんだけどなww

今回のお話は、結婚相談所職員(攻)と、結婚相談者(受)
対人恐怖症の受は、いいとしだしパートナーをと探すものの
対人になるとどうしてもダメ。
振られ続けて数知れず。
そんな問題児を押し付けられたのが攻。
さて、どうしたもんかと、協力していくうちにキュンwなお話なのであります
ま、お見合いの会場での最初の出会いを考えれば一目惚れと言えなくもないのかなとおもうんだけどもw

二人の距離感も存外好き
頼るように胸に頭をおいて「人肌久しぶり」なシーンが好きです。
濡れ場は相変わらずの濡れ濡れではありますが、なくても十分満足な1冊でしたw

2

すれ違いにキュンキュン

婚活というわりに表紙の二人が若いなーと思ったら受けの方は38歳らしいです…見えない
絵柄の問題なんでしょうが中身でも20代後半から30代前半にしか見えないですのでおじさま受けを期待している方は要注意

ストーリー婚活アドバイザーが婚活をしている男性と恋に落ちるものです。
女性と結婚することを目的に婚活サイトに登録している受けと、そのアドバイザーなので当然女性関係でのすれ違いが生まれてしまいます。
そこらへんが丁寧に書かれていてとっても素敵です。

0

この攻めと受けを私に下さい。

新刊チェックの時に何故か見逃していました。
特典ペーパーなど特に無いため、中古で買える機会が出来るまで
待つ予定でしたが、色々あって、急遽、新刊で購入しました。


受けの永野さんに惹かれて婚活に失敗してほしいという思いと、
今まで頑張ってきた婚活が成功してほしいと仕事として思う
攻めの獅子内さんの葛藤が綺麗に描かれていて、
分かりやすく伝わってきました。
婚活パーティで永野さんが倒れる寸前に駆けつけて体を支える
獅子内さんがカッコ良かったです。

極度の対人恐怖症で、それを克服しようと前向きに行動に移している
永野さんに好感を持ちました。
とても38歳には見えないけど、38歳の喪男という設定に
とても萌えました。
30歳前後だと、まだまだ若すぎる感じがして、
婚活が難航しているのが伝わってこなかったように思います。
この微妙な年齢だったからこそ、作品に味わいが出せたのでは
ないかと思いました。

永野さんも獅子内さんも、とても誠実な人だなと思いました。
このお二人とぜひお友達になって、二人の今後を傍で見てみたいと、
応援したいなと思いまし続きた。
(レビューのタイトルは友達になりたいという意味で付けました。)

永野さんは会員なので、下の名前や年齢も書かれていますが、
獅子内さんの下の名前や年齢がどこにも書いていなくて、
それがずっと気になって仕方がありませんでした。
レビューを書くにあたって何度か読み返していたら、
年齢に関しては1話目の初めに、「大学卒業後、入社5年目」と
書いてあったので、大体27歳 前後だということが分かって
少しスッキリしました。
下の名前は見当たらなかったので、どんな名前なのかが気になります。

実際の、現実の婚活は全く興味がありませんが、この作品のような婚活には憧れました。
婚活で結婚相手を見つけることが一番ですが、相性の良い担当のアドバイザーを
見つけることも非常に重要だと思いました。


今回の評価は「神」と「萌×2」で非常に迷いました。
今も まだ迷っています。
永野さん視点のお話や、今後の二人の様子など、まだ物足りない、
読み足りないような気がして、その点が少し引っかかっています。
もっと続きが読みたいと強く願っています。
それ以外は、人物設定が安定していて、物語や心境の流れが分かりやすく
流れるように描かれていて、絵も綺麗で安定しているので、
これらの評価に関しては、あまり迷わず「神」だと思いました。
今回は総合的に判断して「神」評価にしました。

読む前は古本でも良いかなと思っていたけど、
読んでみて、古本ではなく新本で買って良かったと思いました。

3

婚活にキュン

婚活がテーマで、受け様は敏感すぎる身体が原因のトラウマがあって対人恐怖症。
それでも、絵本作家でもあるからなのか、こんなダメな自分にもきっと運命の相手は
現れると、何度婚活で女性にフラれても夢を諦めないような人。

強いのか弱いのか解らない不思議な魅力があるのですが、そんな受け様を担当する
婚活アドバイザーが攻め様なのです。
初めは壁の花になる受け様に何故か目がいってしまう、そして、全戦連敗の受け様の
担当になり、色々なジレンマを抱えながらも、受け様の努力に報いたいとバックアップ。
しかし、徐々に受け様の人となりを知り、距離が近づいて行くうちに、会員と担当だと
割り切れない感情が芽生えてしまう。

お互いにノーマルみたいだけど、見つけた運命の相手が同性だっただけで婚活成功な
最終的にはハッピーな展開で終わっている。
攻め様の暴走気味の行動のせいで、誤解やら擦れ違いも起きるけれど、
恋する心は止まれないって感じが伝わる作品で良かったです。

2

運命なんて馬鹿げてる

結婚なんて単なる紙切れでの契約と思って居る、結婚相談所勤務のイケメン・獅子内。
そして、自分の対人恐怖症を克服しようと何度でも頑張る38歳の絵本作家・渉。
その二人が、婚活アドバイザーと会員として出会うお話。

以前、「最近の佳門さんは『男と男』という感じの絵柄が増えて来た」というような事をどこかで思って居たのですが、今回も正にそうでした。
獅子内の格好よさは当然ながら光っているのですが、地味ながらもパーツが整っていて優しさすら滲み出ている面持ちの渉も男性的。
とっても大人の雰囲気が楽しめる二人が素敵でした♪

そしてこの渉。
佳門さんの魅力の一つと言えば、あちらこちらに散りばめられたとんでもないエロ!と私は思って居るのですが、今回は彼が彼なので最後でたっぷり致した位で終わり。
でも、その渉の足かせとなっている、『対人恐怖症』『敏感体質』というのがまるでエロへの伏線かと勝手に勘違いするほど(笑)、この作中では大事な設定になっています。

渉は大人しいながらも、ネガティブな自分を打ち破ってたった一人の運命の相手に出会えたら、と頑張る。
はじめは仕方ないという気持続きちで接していた獅子内も、渉の笑顔の裏側を見てしまって――と進んでいきます。
この獅子内も、元々は「この婚活産業はニーズがある」と見越しての就職だった為か、さほどの仕事自体に思い入れがあるわけでもなかった筈。
渉と仕事上出会った時だって、面倒な男の担当になったな、くらいだったのだと思うのですが、素直で一生懸命なところ、一生懸命に取り繕う笑顔に潜む暗いカゲを知る事で、「この人の為に尽くしてやろう」と思い始めます。


声を押し殺して泣く渉を抱き締めてから、獅子内は彼を意識する訳ですが、それでも婚活アドバイザーとして渉には「女性とカップル」になって貰わなくてはならない。
元々は仕事として、自分のノルマ達成の為にそうなって欲しい筈だったものが、「自分の気持ちが退き返せなくなる前に」という意識が強くなってしまい、更にはその意識すら押し潰してしまう程の嫉妬も覚える。

こちらの作品はほぼ獅子内目線で進むんだけれど、嫉妬心丸出しで渉をベッドに押し倒したシーンは、獅子内なんかにコレっぽっちも同情出来なかった!
獅子内の痛い気持ち以上に、もっともっと渉の切なく苦しい気持ちが泣きながら吐露されていたので、そちらに気持ちが持って行かれました。


恋なんてしたことがなかった渉。
悩んで考えて真正面からぶつかってきてくれた獅子内が居て、彼に助けられて救われて気持ちが浮上した。
渉が選ぶ道は迷うことなくひとつしかなかっただろうなって思うと、何故かぎゅうっと心が締め付けられるんですよね。
人と接するのが怖くて、緊張して震えてしまってビクついて。
10代の頃にそれを馬鹿にされて嘲笑されて、自分は汚い人間なんだと思って生きて来て。
それが獅子内のおかげで38歳にしてようやく本当の一歩が踏み出せたんですもん。

最後、二人が致すシーン。
……やっぱり敏感体質はこの時の為の伏線だったんでしょう佳門さん!
と叫びたくなった(笑)
(それまで一度もそんなシーンが無かったので焦らされた気分だった?)
描き下ろしは渉目線でのお話だったのだけれど、
「朝まで何度も、獅子内さん若い」
なんて思いつつ、彼を想うと幸せで笑顔になれて、そしてまた渉から求める――という甘いお話でした♪


ただ待ってるだけじゃ運命の人なんて現れる訳がない。
どんだけ辛くても前に進んで、自分で悩みやトラウマから脱却しなくては出会える訳がない。
都合のいいお話かもしれないけれど、渉の一生懸命さと、獅子内の必死さからはそんなことが伝わって来ました。

2

えちシーンが!!

ここの所控えめだった佳門先生の作品ですが、久々にえちシーンの描写がたっぷり…っ!!
と言っても、そこまで多くはないですが。
受の渉さんが「感じやすい」体質らしく、書き下ろしでは攻の獅子内と一緒にいるだけで
体が反応してしまいます。
佳門先生の描く表情がまた色っぽいので、エロい!エロいです!

お話は、さすがにベテランの作家さんなので見せ方がうまいです。
絵もブレがなく、安心して読めます。
渉が絵本作家なんですが、獅子内に今までのお礼にと描いた絵がすごくよくて
ページをめくった瞬間、心にズキューンときました。
そりゃ、これをみれば獅子内も告白しちゃいますね。

くっついた後の2人のラブラブっぷりを、もっと読みたい!と思えた作品でした☆

1

久々の佳門作品(個人的に)

条例の関係で最近自重気味かな?と思って最近買っていなかったのですが、表紙を見て気になって久しぶりに買ってみました。
ストーリーはいつも通りしっかりしていて、えちシーンも(佳門先生にしては)少ないながら濃厚充実。
最近の作品はえちシーンが減った分、ストーリー性がより高まっている印象です。
佳門先生の攻めは基本男前だけど、今回特に男前でした!!
そこまで変態じゃなかったからかな……←オイ

渉さんのトラウマの原因となったきっかけを番外編で見たかったなぁ~。
何となく消化不良。ということで萌評価にしました(^^)v

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ