CIEL Tres Tres 2013年6月号(雑誌著者等多数)

CIEL Tres Tres 2013年6月号(雑誌著者等多数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN

あらすじ

【表紙】みなみ遥

【巻頭カラー】
こうじま奈月「これ以上は無理です!」
みなみ遥「今宵はキミに飢えている?」
三島一彦「うちの天使がケモノでした。」
三尾じゅん太「オレのコト好きになれ!」
蜂田キリー「逃げないようにギュッてして」
中村春菊「純情ミステイク」
山田パピコ「めちゃくちゃに愛されてます。」
さがのひを「金曜日のひみつ」
高城リョウ「書道家の恋人」
佳門サエコ「花屋に野獣がやってくる」
相葉キョウコ「いっしょにしてみる?」
桜井りょう「何も言わずにキスするな」
椎名秋乃「きせかえマイハニー」
鷹丘モトナリ「コドモじゃないよ?」

表題作CIEL Tres Tres 2013年6月号(雑誌著者等多数)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

『純情ミステイク』にぎゅんぎゅん!

あまり普段、シエルトレトレは買わないんですが、久しぶりに買ってみました。
なんと!『純情ミステイク』が掲載!!
表紙にその文字を発見して、気付けばレジにいた私でした。

勿論それがあってから、大目玉は『純情ミステイク』。
今月号はこうじま奈月さんの新連載?新シリーズ開始?という事もあり、巻頭カラーはこうじまさん。
そしてみなみ遥さんも新連載。表紙を飾っております。
初登場作家さんは、蜂田キリーさん・さがのひをさん・桜井りょうさん・椎名秋乃さんと4名も。

たくさんの中から、特にお気に入り作品を。


◆中村春菊さん『純情ミステイク』
井坂龍一郎と、秘書・朝比奈のお話。
春に社長に就任した井坂は思いの他忙しく、プライベートでも朝比奈にキスを拒否られ、相手の考えて居ることが分からない。
そんな中、朝比奈自ら、井坂への見合い話をしてきて――と進んでいきます。
…やばいです…相当もっていかれました心が…(ハアハア)
この組み合わせって、シリーズの中では唯一大人の雰囲気が出ている二人で、特別好きって訳じゃ今までは無かったのだけれど、今回読んでグンと株が急上昇しま続きした。
何か…何か…いやもうこのシリーズお好きな方には是非読んで頂きたいです!
「キスしろ」「抱け」。龍一郎が何だか男前に見えてしまう!何だこれ!
それ以上に朝比奈がブッちぎって超絶男前に見えてしまう…!
「龍一郎様は私のものです」「…後悔しますよ」
仏頂面男の、史上最大級の独占欲愛溢れる言葉に身悶えしました。
もうお願いです朝比奈、抱き潰してやって龍一郎を…♡
(※興奮がおさまらない状態で書いてます、御了承下さい・笑)


◆三島一彦さん『うちの天使がケモノでした。』act.2
家政夫・にのまえと、オタク・佐藤のお話。
佐藤が大好きなにのまえは、自身が佐藤の大好きなレインたんにソックリな事を利用して、キラキラ笑顔で佐藤を翻弄する。
しかし男を好きな訳じゃない佐藤はにのまえを拒否。しかし、「オレのレインたんコス、見たくないっすか?」と言われ――と進んでいきます。
今回2話目だったので、佐藤がどんな職業で何をしているのか、何故にのまえが家政夫で居るのか等々分からなかったんですが、絵柄の可愛さ&お話の進み方でとっても楽しめました♪
しかもこのにのまえ、チャラくて軽そうな外見と裏腹に、すごくイイ子!健気!
好きな人の好きなものなら何だって好き♡というのが見ていて気持ちいいです。
しかし最後。
『どうあがいてもオタク。』という言葉に爆笑。確かに佐藤はそうだった(笑)


今月号は、萌えっとする作品が盛りだくさんで、読み応え抜群でした♪
相葉キョウコさんの最終回も良かったし、佳門サエコさんの読み切りも少し切なくけれどあったかい気持ちになれた作品。

しかもしかも…

小説『世界一初恋~横澤隆史の場合~』、4冊目、7月1日発売決定だそうです!
やりました!これは予約予約♪
ということは、そろそろこの横澤さんアニメ情報も、詳しいことが公開される時が近付いている…という事ですかね?
純ロマ10周年記念イヤーは終わりましたが、中村春菊さん企画はまだまだ続くようです♪

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ