恋になれ!

koi ni nare

那就恋爱吧

恋になれ!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×211
  • 萌16
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
12
得点
130
評価数
39件
平均
3.5 / 5
神率
17.9%
著者
 
原作
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
H&C Comics CRAFT SERIES
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784813030225

あらすじ

寮生活を送る高校二年の小松新は、舎監の進藤が嫌いだった。
どうしてって、無駄に整った顔、いやみったらしい長身、
それに明るくて、奇策で、モテるところもなにもかも
自分とはまるで正反対だから──…。
そんなある日、新は同室の仲嶋に
同性が好きなことを知られてしまう。
動揺する新に仲嶋はお見合いをセッティングしてくれるのだけれど……
待ち合わせに現れたのは進藤だった!?

(出版社より)

表題作恋になれ!

進藤航太郎・新のクラスの副担任で寮の舎監・28歳
小松新・ゲイであることに悩む高校生

その他の収録作品

  • 仲嶋くんのラブラブ中継
  • Postscript

評価・レビューする

レビュー投稿数12

友人にも幸せを

1冊すべて表紙カップル、表題作の長編(全6話)と、ショートが収録されています。

ゲイである性癖に悩む生徒・小松(受け)と副担任の教師・進藤(攻め)の恋愛話です。
小松は可愛いですし、進藤も男としても教師としても格好良い。
友人の仲嶋との仲の良さもいい感じなのですが、余りにもスムーズすぎて…もっと教師×生徒という禁断っぽい雰囲気が欲しかったなぁ、街中で待ち合わせするのも不用心だなぁと思いました。
あとまったくエロを隠すことのない進藤に、「先生、よく懲戒にならなかったよね」という仲嶋のツッコミにすごく同感しました!

ショートは3ページ。仲嶋が二人のデートに潜入しての中継なのですが、隣のテーブルから覗いているのかなと思ったら、二人と同じテーブルで同席していて、これって「潜入」?とちょっと思いました(笑)

仲嶋が大活躍でしたので、彼にもちょこっとハッピーが欲しかった気もします。

0

勝者、小松!

寮のある高校が舞台で、先生x生徒の物語。
先生は背も高くてカッコよくて、女子からはモテモテ、男子からも人気があって恋愛になんの苦労もなさそうなイケメン。
対して小松はゲイを自覚してて、でも臆病で自分に自信がなくて、自分には一生お相手なんて現れない、家族も作れないって思いつめてる。
自分の持ってるコンプレックスってすごく厄介で、いくら人が大丈夫とかそんな事ないとか、慰めてくれても助言してくれても何も心に響いてこない時がある。
小松も、自分の対極にいるような進藤の事ははじめは嫌っていた。
実際進藤の言動は、読んでて結構無神経だなぁと思いましたよ。私も自分に自信が持てない青春時代を過ごしてたんで、小松の気持ちがよくわかる。
まだ子供だもん。拗ねたり反発したり、気持ち隠したり。しようと思ってしてるわけじゃない。どうにもなんないんですよね。この辺の小松が可愛いやら可哀想やら。だから余計余裕綽々の進藤が小憎らしいのなんのって。
だから『先生のせいだ』って言いながら零れ落ちる小松の涙、これがもう…破壊力どんだけ?って言いたい。進藤もこれには完全に落ちましたよね。今までの、教師面、大人面続き、そんなずるいもの全部が無効になった瞬間。
卒業式の後の初H。また余裕ぶちかましてくる進藤の理性を根こそぎ破壊する小松の『先生……好き』も必見です。
小松を泣かせるような事したら、仲嶋同様私も許さないぞ、進藤!

0

流れるようなストーリー

丸ごと一冊がひとつのストーリー。

原作があって、それをコミックとしているパターンで
学校の先生と生徒の物語ですね。

とってもきれいにまとまっているお話でした。
絵もキレイですし。

でも、先生がどうして生徒の小松くんを好きになったか・・・
というところが、言葉でサラ~~~ッと語られるだけで終了、と
なっていたのですが、そこは是非、ストーリーの中で
先生の表情や言葉で「もしや惹かれていってる!?」と
思わせるところが出て来て欲しかったな~、なぁんて。

全てがキレイにまとまっているだけに
そういう所が、ちょっと惜しいっ!という気分になってしまいました。

1

ゆっくり

先生×生徒ということで・・・
急な展開ではなく過程をふんでゆっくり進んでいきます

偶然紹介してもらった相手が、同じ学校の先生だったとか
受け様は、眼鏡っ子のおとなしめ
攻め様は、ちょい悪先生w
と、自分ではかなり好きな内容だったので楽しく読めました

積極的になれない受け様がまたいい感じに話を進めてくれるのでw
じれったい感じもしますが、攻め様を好きになっていく過程が面白いです
そんな受け様を、攻め様が温かく見守るのもまた美味しい!

そんな2人を見守る受け様の友達・・・気になりますね(*´∀`*)

1

恋になっていく過程

先生と生徒。歳の差カップル。どちらも好きな組み合わせなので購入。
結論として、すごく面白かったです。

この作品は歳の差カップルのいい味も、先生と生徒であるという醍醐味も全て上手く料理してくれています。
先生である進藤は男前でちょっとチャラいけど、「指導者」である体を放棄してはいませんし、生徒である小松は大人しそうな外見をしてるのにツンデレ意地っ張りで非常~に可愛い!

お決まりの「先生と生徒は付き合えない」というタブーカードもそれほど重くにしかかってきません。あんまりドロドロした作品はニガテなので、このくらいさわやかで、でもせつないテイストがとても気に入りました。

何より高評価を付けたのは、「好きになっていく過程」が十分伝わってくるという、私が恋愛モノを読む上で一番重点を置いているところがとてもよく出来ているからです。
「あんな嫌な先生好きになるもんか」と思いながら過ごす日々で気が付けば「めちゃめちゃ好きになっている」小松。
けれど思い返せば「好きになって当然」な事ばかり。

漫画の前半部分という限られたページ数・限られたやりとりで「恋になる」過程を無理なく続き丁寧に描いている作品です。
漫画を読んでいてもけっこう「何で好きになったの?」とか「好きになるの早すぎない?」という作品があるので、こういうグっと相手に惹かれていく様がきちんと描かれている作品に出会えると嬉しいです。
この丁寧な心理描写はやはり小説家さんが原作だからでしょうか。

中でも名脇キャラだったのが色々協力してくれた中嶋くん。恋愛と友情両方楽しめる作品だと思います。

2

胸キュン&幸せな気持ちになる!

まだ月村作品を知らなかった頃、ただ樹要先生の絵だからという理由で購入。
何せ攻めである先生がめちゃくちゃ格好いい!!!
見た目もさることながら、行動も発言も・・・
私はもういちいち胸キュンでした。

主人公の高校生(受)は、ゲイという性癖に悩み、一生恋愛できない・・・と絶望的な気持ちに陥って悩んでいます。
しかもそのことが寮のルームメイトにばれてしまうのですが、そのルームメイトがまた本当に友達お思いの良い子で・・・
主人公の為にお見合いをセッティングしてくれたり、そのあとも先生への恋心に戸惑う主人公を絶賛サポートしてくれて・・・。

主人公が深く絶望的に悩むからこそ、最後に先生と両想いになった時は心から良かったね~!!!と思えたし、こちらまで幸せな気持ちになりました。

しかし、何度読み返しても先生格好いいな・・・

2

恋になった!

雑誌連載でずっと読んでいた作品です。
後日談が載っているので買いまして、今日久しぶりに読みました。
樹要先生は、以前オネェキャラの作品と父&婿さんの作品を読み、これが3冊目。


副担任で寮の舎監の進藤先生は、爽やかイケメンで面白くてモテる人。
父親の転勤で3年でから寮へ入った小松くんは、ゲイであることで悩むおとなしくて真面目な男の子。
進藤先生に何かとからかわれながら、モテモテなのが気に入らない。
同室の仲嶋くんは、明朗活発で偏見のない世話焼きな男の子。
仲嶋くんがセッティングしたお見合いデートの相手が、偶然進藤先生だった!
小松くんは、嫌いなはずの進藤先生を意識するようになって…?


BLによくある先生と生徒ものなんですが。
なんだかすごく可愛らしい!
ピュアッピュアなんですよね、この話。
BLと言うよりも、少女漫画のようなお話でした。
小松くんがことごとく素直じゃないんですが。
いざ素直になると、ヤバいくらい可愛い!

皆に合わせて女子寮へ忍び込むとか。
小松くんが盗みの疑いで別の先生から呼び出されるとか。
共同風呂で進藤先生と鉢合わ続きせてのぼせるとか。
ありがちなエピソードばかりなんですが。
あまりに素直な進行で、なんだか逆に新鮮でした!
進藤先生が段々小松くんに惹かれていく気持ちが、ひしひし伝わります♪

仲嶋くんもすごく楽しいヤツで、しかも優しい。
彼も何だか苦しい恋をしているのかな?と思わせるセリフがあったり。
キャラ立ちが半端ないです。
実は今、雑誌では仲嶋くんの方の話が連載されています。
季刊紙なのでなかなか先へ進みませんが、とにかくこちらも可愛いお話♪

一つだけ気になるのは、樹要先生の絵が昔と違い…。
何て言うか、動きが硬い感じ。
そんな、妙なところが気になりつつも。
結構お気に入りなのでした♪

2

青春で胸キュン◎

出ました!私の好物、先生×生徒!!
受けがネガティブかつちょっとツンかつ真面目メガネかつ健気!
美味しいとこどりですよー!笑
おおいに悩む受けを励ますルームメイトくんも、かわいくて良い子で、読んでいてほほえましく思いました。
そして攻めの先生が大人でかっこよすぎです。
内容は王道なので、最後まで胸キュンしながら安心して読めました。

2

あ~~、かわいい。

月村先生の原作・樹先生の漫画というので、何の予備知識もなく購入。
高校生という多感な時期に、学校の寮という・・・私たち大人からすると少し閉塞的な感じが青春って感じで甘酸っぱさと胸キュンがつまったお話でした。

主人公の小松くんは自分がゲイであることで一生恋愛が出来ないだろうと悩み、そっち系の出会い系サイトを見てたのを同室の中嶋くんに知られる。
中嶋くん。彼がとってもいい子で、小松の親友として良き理解者として小松の側にいてくれたのは小松にとって生涯の友人を得たんだろうなぁと親心で読み進めました。

本題の恋愛は、入寮時から周囲にいい顔する寮監の進藤先生が気に入らない小松は何かと目のかたきのようにしてきたが、中嶋くんの紹介で同性のお見合いをセティングしてもらったときに来た相手が進藤だった。
ここから、小松くんはゲイであることがバレて何かと気にかけてくれる(自分もバイであることをちゃんと小松に言ってくれた)進藤先生を無自覚に意識しまくってます。本当に初心な高校生で、視てる方はキュンとしてしまいます。進藤先生もきっと同じ気持ちだったはず!!
そして自分の気持ちを自覚してからの小続き松はさらに可愛くて、そしてかわいそうだった。
初めての恋愛なのに、望みのない先生を好きになり、なのに学校にも寮にも先生がいて自分を気にかけてくれる・・・凄く嬉しいけど、同時に凄くつらい。
そんな小松の気持ちが樹先生の美しい絵で表情が描かれてて素敵です。ほんとにかわいい。
受験勉強にも身が入らないし、自分の心を守るために再度、中嶋にお見合いのセティングを依頼します。この時の小松のセリフ「壊れる」「もう、人間の男なら誰でもいい」に切なくなりました。
そのお見合いに来たのも進藤先生で(まぁこれは中嶋くんの差し金?ですが)、そのときの先生の怒った表情が、小松を想ってるのが出てて個人的にグッときちゃいました。先生かっこいい・・。

終始、小松君の初恋話で大きな事件や障害なんかはないけど、その分小松の心の変化や表情が美しい絵で丁寧に描かれていて最後は本当によかったね!!となりました。
これからも進藤先生に振り回されながら幸せなバカップルになっていくんでしょうな。
こんな可愛く甘いお話は大歓迎なので、また続編でもスピンオフでもいいのでコンビで御願いしたいです!!

3

甘酸っぱい王道作品

原作者の月村先生は存じ上げないのですが、樹要先生久しぶりの作品ということで迷わず購入。
本当に王道の学園ものといった雰囲気でした。

寮に入った受けの小松くんがルームメイトの仲嶋くんにゲイということがバレるも、仲嶋くんににお見合いをセッティングしてもらう。そこにきたのがあまり好ましく思っていなかった攻めの進藤先生。
最初小松くんが進藤先生を好ましく思っていなかったのは、その時点で惹かれていたのかなぁと。好きの反対は無関心ですからね、反感を持っていた時点で関心があったということかな、と考えると思春期特有の甘酸っぱさがたまりません。
お話のストーリーも樹要先生の普段描く作品ととてもマッチしていて読んでいてとてもときめきました。進藤先生がいちいちかっこいい!!
真面目な受けが大好物なので、小松くんがたまらなくツボでした。
ルームメイトの仲嶋くんとのじゃれ合いもとても可愛く、まさに進藤先生のいう通り百合でしたね。
全体的に大きな山場といいますか、障害もなく安心して2人のくっつくまでを楽しむことの出来た作品でした。

2

先生と生徒のキュンとする恋

初読みの作家さんだが、月村さんの原作ということで購入。

話は、高校の寮が舞台で、自分の性癖故に臆病な男子高校生と舎監も務める先生の恋。

ストーリーは取り立てて目新しくもない王道、キャラもアクのある人や悪い人もおらず、
全編甘酸っぱく可愛らしく、月村節のきゅんきゅんも健在。

ただ、個人的には月村さんの文のイメージとは些か絵柄がミスマッチな印象を受け、
微妙な心理やニュアンスも単純化されてしまって、味わいが薄い感じ。
コミカライズの問題なのか、それとも話自体が漫画にする前提で書かれた原作なので
そういう話だったのか、そこは分かりませんが。

ところで、新のルームメイトの仲嶋くんがすごくいい子だった。
可愛い二人が百合ってた場面が可愛かった~、彼の話もあるなら読んでみたいな。

3

甘酸っぱいお話です

僚監の先生と高校生の甘酸っぱいお話でした。

黒髪、眼鏡の真面目で少しネガティブぽい受の小松君は、自分が同性が好きたが、恋愛なんて一生できないと悩んでいた際、友人が設定してくれたお見合いに出掛けるとお相手にやって来たのは、普段から苦手に感じていた僚監の進藤先生でした。

初めは、苦手な先生が来たことで帰ろうとした、受様ですが、攻様にやや強引にデートに付き合わされる事に、デートの際改めて先生ついて見てみると自分の理想にあっていると考えてしまうも、認める事ができずついつい、可愛らしいツンな態度をとってしまうのです…
それからの学校生活でも気が付いたら先生を目で追ってしまい、そのたびにあんな人嫌いだと自分のなかでもやもやするの様子も可愛らしくかったです。ようやく自分の恋心を自覚しても、みんなに優しい先生をみて心を痛めたりと正に思春期の恋のお話でした。
攻様の方はそんな受様をとっくに好きになっており、彼の卒業を待っていたような感じでした。
卒業前にカップル成立してしまいましたが…。
又私が個人的に気になるのは、受様の友人で初めにお見合いをセッティングした中嶋君続きです!彼が主役でスピンオフとか出来たら読んでみたいです!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ