部下×上司の恋人未満オフィスラブ

ハートの鍵を手に入れろ!

heart no kagi wo te ni irero

ハートの鍵を手に入れろ!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神18
  • 萌×219
  • 萌16
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
15
得点
218
評価数
60件
平均
3.8 / 5
神率
30%
著者
 
媒体
コミック
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
シリーズ
G-Lish Comics ガーリッシュコミックス
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784864570183

あらすじ

平凡地味な鈴木が運命的に出会った超美形男。後日彼が新しい職場の上司・志賀だと発覚し!?

表題作ハートの鍵を手に入れろ!

コンプレックスのある社長の息子 鈴木太郎 25歳
太郎の姉と付き合っていた上司 志賀凌太

その他の収録作品

  • ハートの扉を開けてみろ!

評価・レビューする

レビュー投稿数15

女性キャラがだめでした

私は太郎の姉の桜子が苦手で、
登場するたびいやな気分になりました。
別に性格が悪いとか、
ビッチってわけじゃないんだけど、
他の男と婚約しているのに、
結婚するまでという条件で志賀さんと付き合ったり、
別れた志賀さんに対して、
他の男と結婚するなって言って欲しかったとか、
志賀さんじゃなきゃだめだって
思わせて欲しかった、とか言うなんて
とにかく自分勝手すぎます!
こんな女、婚約者に浮気がばれて、
破談になってしまえばいい!と思いました。
徹底的に悪役として描かれていれば
まだいいのですが、
この作品では悪い女ではなく
むしろちょっといい子っぽく描かれているのが
よりいっそう私は苦手でした。
とにかく桜子の印象ばっかり残ってしまって
BLとして純粋に楽しむことができなくて
残念です。

1

説得力が足りない

『結んで、ほどいて、キスをして』がとても良かったので期待して読みましたが、どうも入り込めなかった。元カノと顔が似ていて、同じ鈴木という苗字の太郎と、元カノに未練がいっぱいの志賀。設定としては有りです。だけど太郎が志賀を立ち直らせるためにデートしようと言うのが、「なんでデート?」と唐突過ぎて理解出来ないし、志賀に惹かれたキッカケの言葉も、そこまで嬉しいかな?と共感出来ず。だって太郎ってとても恵まれた人なんですよ。家族の話も出てくるのですが、屈折するような家族でもない。現にお姉さんも父である社長も、ちゃんと太郎を愛しているのがわかる。
それに太郎なんて名前、今では貴重ですよ。全然平凡じゃない!
そして一番あちゃ〜っと思ってしまったのは、太郎の姉の察してちゃんぶりです。とても面倒くさくてズルい女です。言わずに伝わることなんてめったにないですよ!甘え過ぎです。結局彼女にとって志賀は、自分からすがってでも手に入れたい男ではなかったということだと思います。
太郎か志賀のどちらかがゲイだったら、すんなりと飲み込めたかもしれません。ノンケ同士が惹かれ合うには、説得力が足続きりないように思いました。

1

太郎がいい子だから・・・

最後まで読めたかなぁと思いました。

絵柄的に悪女にはならないですが、
(太郎とよく似た姉という設定なので。)
太郎の姉(桜子)が好きになれず。
ついでに言うと、志賀もあまり好きになれず。

お互いに割り切って付き合ったとしても、
桜子が二股をかけていたことには変わりがなく、
志賀に欲しい言葉をもらえなかったから、
婚約者と結婚するっていうのも、うーん。
自分から求めたらよかったじゃんかと思いました。

志賀も、太郎にここまで言われて
ようやくかよ!という感じでした。
志賀なりの配慮もそこにはあったのですが、
なんかズルイなぁと。はっきりしないなぁと。

好きな作者様ではあるのですけどねぇ。
自分的には萌えられるところが少なかったです。

1

鈴木太郎、いそうでいない

最近この作家さんを知って電子で読み漁ってます。
いいですね。リーマンものなんだけど、社長の息子のフレッシュな新人が相手で、しかも、優遇されてない息子なのでフレッシュです。最終的にすごくいい男に育つんです、この子が!受けの上司も最初は未練がましい男かと思ってたけど、いろいろ悩んで、優しい人です。
ただ、お姉さんのお下がりってのが、私個人としては萎えポイント。親友とか兄弟のお下がり、恋人だけはあり得ないわ。

1

爽やかでラブリー

すごくいい!!
流れが自然で、感情が置いていかれることなく一気に読める。
絵も上手!!

リーマンものだけど、幼馴染み学生もの(後輩×先輩)くらい爽やかでラブリー。
最後の絡みがなくてもいいくらい、満足度が高い。

(余談ですが、鈴木裕斗×中澤まさともで脳内再生余裕でした)

1

にぎやかしい

丸ごと一冊がひとつのストーリー。

にぎやかしい攻めサマでしたw
ストーリーは面白かったです!
でも何となく圧迫感と言うか・・・。
それに、姉弟で同じ相手とか・・・。
そういうのがあったので、ストーリーの中にぐいっと
入り込めなくって、すこ~~~し残念な感じがしちゃいましたかねぇ。
もちろん、好みの問題なのですが。

初めて読んだ作家さんでで、他の本とこの本と2冊をまとめて
読んでみたのですが、絵もキレイだしストーリーもしっかりしているし
これからもチェックしたい作家さんでした♪

2

鈴木さん

どこにでもいそうで以外といないんですよ。鈴木さんは。

学校にはたくさんいましたけど、今までの職場にも今まで引っ越した近所にも鈴木さんはいません。
きっとどっかで組織作って企んでるんだろうと思う。

この漫画は鈴木さん繋がりの運命的な出会いです。
志賀と付き合っていた鈴木さん、会社の社長の鈴木さん、合鍵を返しにきたら新しく住んでいた鈴木さん、この鈴木さん3人みんな家族なんです。
志賀は知らなかったようです。

付き合っていた鈴木さんの弟(太郎)の出会い恋愛に発展するという……ちょっと複雑です。
結婚するまで付き合いだったらしいけど二股をかけていて志賀を捨てた太郎の姉が悪い人にしか思えない。
米を洗剤で洗う人らしいんで別れて正解だと思うけど、よく付き合ってたねとも思う。
太郎の姉が結婚するなと引き止めて欲しかったとか言い出すし……。

まだ友達なはずなのに夫婦みたいな志賀と太郎が良い感じでした。
太郎が志賀の頭をなでなでなでするところが可愛い。志賀は怒りますが。

シリアスな部分も。
ノンケの二人なんで性別の壁を簡単に越えられないんです。特に志賀が。
続き

成長した太郎がかっこよかった。

初コミックスらしいですが、内容はかなりしっかりしていて他の作品も気になりました。

3

萌えの巣窟

表紙買いでしたがまさかこんなに萌える作品だったなんて、、、取りあえず三月えみさんチェックしますね(^◇^)
表紙で右の人が攻めだったらどうしよう・・・と思いつつ購入右の人(志賀さん)が受けで本当に良かった

平々凡々な鈴木太郎の元に突然現れた美形男子志賀さん(確かに美形です女がほっときませんね)の話
たまたま知り合った人との話で舞台はマンションの中かなと思っていたのですが志賀さんはなんと入社した会社の先輩で会社ではそっけないしアレっとなる鈴木くん 公私は分けるタイプなんですかね~鈴木が入社するなんて知らなかったにしては落ち着いた態度で挨拶なさるなんてイケメンは流石です笑
こういう公私の性格のギャップがすごく可愛かったです!

途中までは自分は桜子に未練があると思っていたけれどそれは違うと自覚したのは鈴木の存在が大きくなり好きになっていたからですね。その頃はまだお互いに気持ちを自覚しているのかもまだ微妙なところで大層志賀さんも悩んだことでしょう
桜子への思いが分かる前の、鈴木が「志賀さんじゃなきゃ いやだ」で私は頭パーンでしたね そこで!志賀さんが少し鈴木への思いの変化に続き気づき
「このままだと俺はこの気持ちを恋だと間違えてしまう」と思い合鍵を返す所で言葉で表しきれない萌えで頭がいっぱいでした
恋でいいんですよ志賀さん!!!と言いたくて堪らなかった・・・
その次の話で、鍵を無言で返された鈴木が志賀さんの家に行き話をする所で
お前とは友達でいたい でも鍵があったらいつでもお前に会いにいってしまう
がもう;;;ボキャブラリーが少ない自分を悔やみます
友達の枠で自分がいられないから会いたくないだなんてあぁ・・・認めたら鈴木に迷惑をかけるから認めたくない志賀さんと好きだと認めて必要だと言葉にしてほしい鈴木う~~~ん難しい

鈴木が子会社に出向するとなり高を括った志賀さんの 離れるのは嫌だ、おまえの代わりはいないおまえが必要なんだ このシーン!羞恥からキスに逃げようとする志賀さん それを許さないでちゃんと言ってほしいと言った鈴木最高です ワンコ攻めって素敵ですよね、牙剥いた瞬間なんかがたまらない

書きおろしの「ハートの扉を開けてみろ」は本編だと最後までしていなかったので最高の内容でした。本誌読んでいてもこれは買いますね
初っ端の「オレ志賀さんとセックスがしたい」の超直球には笑わされましたw

セックスを頑なに断っていた理由が鈴木に普通の道に戻れるようにしていたからなのがも~~言葉にしないから行動で示しちゃいますね志賀さんは
口で言わないから不器用で勘違いされてしまう。鈴木には伝わってないのでちゃんと言葉にしてあげてください・・これからも言葉足らずですれ違いことが多そうですこのカップルは笑
そうそれで素直に本音を吐露したときの志賀さんの可愛さと慌てっぷりといったら!
恥ずかしいから関係のない話で繋ごうとしているのがバレバレで
泣いてるのにヨユーだなんて涙目で言われる鈴木が羨ましくて仕方ないです泣いていた理由も行為に入る時にYシャツ半脱げでエロいし強がっちゃうのも最高にGOODです 作者さんとは萌えの傾向がばっちり合います♡
今年読んだなかだと暫定一位です 萌えに走り酷い文章ですみません御馳走様でした✌

5

二人の関係性がいい。

主人公(鈴木太郎)が転職をきっかけに引越しした日に、酔っ払って合鍵を返しにきた前の住人(志賀凌太)が知り合いの『スズキ』(元カノ)にそっくりだった太郎にキスしようとしてきて、その男は実は太郎の新しい職場の上司で、元カノの『スズキ』というのは実は………

とにかく偶然に偶然が重なりまくって運命的に出会う太郎と志賀なのですが、漫画とはいえ出来すぎた偶然に逆にしらけてしまったところに、平凡の象徴のように描かれていた太郎が実は二人が働く会社の社長の息子!
全然平凡じゃないじゃん!!って思わずつっこんでしまった…

でも…
この二人の関係がなんかすごくいいんですよね。
最初の出会いをきっかけに友達になって、会社では上司然りとした態度で厳しく接する志賀が、家では太郎に膝枕してもらって二人でまったりテレビ見てたり。どちらもノンケだから出会ってすぐ付き合うなんて考えにはならなくて、友達以上夫婦未満(笑)なお付き合いをしています。
居心地の良さに毎日一緒に居てしまっているんだけど、太郎を元カノの替わりにしているんじゃないかってところと、太郎は将来自分の雇い主になるかもしれない男ってところ続きと、そもそも太郎は「男」ってところが気になってグズグズしてる志賀さんが可愛らしい。
志賀は見た目がいいからモテるんだけど、基本受け身で世間体もすごく気にするタイプで、だから『スズキ』さんを始め、これまでの彼女ともいつも上手くいかなくて。
逆に太郎は、平凡なことをコンプレックスにしているんだけど、(本人は自覚がないけど)実際は貪欲で男らしくて、志賀に対して真っ直ぐだし仕事もどんどん出来るようになるし、とてもカッコいいのです。
お互いがお互いを励まし刺激し合って少しずつ変わっていくところがまさに割れ鍋に綴じ蓋のような関係性で良かったです。

太郎の家族周りの設定が色々あっただけに、ラストは社長にでもなってるのかなと思いきやそうでもなくて…
このストーリーに太郎のこの設定って要ったのかな?と思ってしまいました。社長の息子じゃない方が平凡だし、そんな彼が上司としての志賀にカツを入れられながら頑張って出世していく方が全然カッコいいような…

1

プライドや将来より

今、離れたくないって事が大事。
それが恋なのか。

イケメン振られ男と、平凡コンプレックス君があり得ない偶然のようでいて、呪いのような必然で出会い、友情と名付けて無自覚に甘え合っているうちに、のっぴきならない恋に落ちてしまうお話。

姉と弟、両方と付き合って、結局弟の方とくっつくって事は、元々志賀には素質があったってことかな。
出会ってから、お互いが好きだって認めるまでの葛藤をしっかり描いていて読み応えがありました。
本編中ではなんだかとらえきれなかった鈴木家の家族関係もカバー下で補完。
そして、あがいていた志賀が、結局太朗の元に落ち着いたのかも、カバー下で納得。

1

BLの枠を超えた感動ストーリー

薄っぺらな内容のBL漫画が多い中、えみ先生の書かれるストーリーには深みがあって、読んでいて感動して、幸せになって、読み終えた後には満足感で満たされます。
ただ男同士きゃっきゃしてるだけじゃなくて、お互い惹かれあっていく模様や、お互いのコンプレックス、おまえじゃなきゃダメなんだ、という恋愛がきっちりと描かれていて、ストーリー重視や内容の濃さを求める方にはオススメ。

目だったキャラを使うでもなく、特別反発しあうような描きやすいBLではないのに、最後までドキドキして読めて、何度も読み返してしまいました。
背景やパースもしっかりしていて、絵も抜群に上手いです。

目立たないかと思ったら実はダイヤモンドの原石のような真っ直ぐな太郎くん×イケメンでスマートに何でもこなせそうかと思ったら不器用でいろいろ考えちゃうタイプの志賀さん。
ストーリーに若干触れますが、社会人同士なのに絵柄や行動のせいか、可愛くて、2人もぐりぐりしたくなるタイプでした。

この方の商業でない薄い本の方を10年以上買っていますが、その頃からこんなに泣くほど感動させられて完成されたBLは無いな!と思って読んでい続きたので、こうしてオリジナルで才能発揮されているのを見ると嬉しいです。

8

志賀さん、可愛い。

表紙買いです。
本屋さんに平積みされてあり手に取りました。


少し、中の絵と印象が違いました。


重なった凄い偶然が2人を巡り合わせ、恋してしまう。

お互いに気楽で居心地が良くて一緒にいたいと思ってしまいマズい、と距離を置こうとする受けの志賀さん。それをグイグイ詰めてくる年下の攻め太郎くん。

最後の、キスに逃げないで。は良かった。確かにあるよ!!そうやって恥ずかしくて濁しちゃうよ!な所をハッキリと口にさせるなんて!大人は空気で察して欲しいのに敢えて言わなきゃか!


描き下ろしは2人のハジメテ。
志賀さんの気持ちが凄く分かる!男で年下でいずれは社長!なんて逃げ腰になりたくなるよね!いつか離れる、のいつかが怖くてこれ以上はいけないし、きちゃダメだって気持ち。それを押しのけグイグイ来るのは若さなのか男気なのか。
最後はラブい感じで良かったです。


ただ、どうしても、、、、鼻が気になっちゃいましたました。なんか、人間の鼻って気がしない、、、

4

萌えと言う意味では高くは無いがグッとは来る!

最初読み始めた当初は受けだと思ってた鈴木太郎が実は攻めと途中で気づいた。

エロ度は低め。偶然の出会いから友達を経て恋人になるまでが主な話。

凄くカップリングに萌えるとか、思わず手足をバタバタさせるような台詞の場面とかは特に無いが、物語としては普通に感動もできましたし良いと思います。
でも人によっては受けの煮え切らない態度に若干イラッと来る人もいるかもしれません。
逆に攻めのひたむきさとかは割りと万人が好感持ちそうなキャラ。


無理やりエンディングに繋げる為なのか、攻めが支店へ出向する事になり、二人を繋いでいた攻めの部屋(且つ受けが昔住んでいた部屋)を引き払う話になる。
遠くに行く事を意識して一旦は諦めかけるが、過去の経験もきっかけに晴れて受けから告白のような状態になり、恋人同士になる。それでも目標の為に出向するってなったのに、遠距離恋愛でもなんでもなく、普通に受けの部屋に同居しだす。むしろ会社に近くなったって言うのが拍子抜けで残念でした。
せめて出向先聞いてなくて実は結構近くでした!!ってボケが後で入るならコメディとしてそれもありかな?とも思うのに、ほんとに続き何の説明も無く普通に受けの部屋に同居。
元々同じ会社に通ってて、出向先は受けの部屋の方が近いなら部屋を引き払うような場面や離れ離れになるような点にスポット当てるのはどうなのかな……?そんな距離なら普通に引越ししなくても通えるじゃん……。

でも最後の駆け足感や無理やり感は否めない所はあるけど、心がぽっと温かくなったり、ずんと響き思わず切なくなったり、胸の奥がズキンと痛くなったりする良作だと思いました。

4

面白いケドネ・・・

面白いのに中立評価って酷いよなぁ~と思いつつもダメなものはダメ。
これはいたって個人的に今回の設定が大の苦手な部類だからなのですよ。
何がダメかって姉弟で同じ人とって設定がホント無理なんですよね。
その設定だけで面白い作品が激減してしまう事態になってしまう。

互いの出会いはまるで運命か呪いかと思うような偶然なのか必然だったのか、
付き合っていた彼女は婚約者がいて結婚するまでの間の付き合いでいいならなんて感じで
付き合って、やはり彼女は婚約者を選び志賀さんは捨てられる。
初めから決まっていたことだから思い出として諦めようとするけれど未練があって
昔住んでいたアパートへ合鍵を返しに行ってそこに住んでいた平凡な名前の鈴木太郎と
出会い、別れた彼女の面影を太郎くんに見て酔った勢いで別れた彼女の事を話してしまう。

しかし、その後に太郎くんが志賀さんの会社に入る新人で尚且つその会社の次期社長で
元カノの弟だと知り混乱するが、太郎くんに友人として慰めたいなんて言われ
プライベートで交流を持つようになり続け、太郎くんは太郎くんで志賀さんに出会い
父から何も期待されずに続き育ったコンプレックスもあるが攻め様の一言で救われた事で
志賀さんに甘えるようになる。
初めは元カノの面影を見ていた志賀さんだけど、次第に別の感情が育ち始め、
太郎くんは志賀さんで無ければダメだと言う強い思いが育っていたんです。

志賀さんは好きでいることだけでは恋愛はダメなんだと、強く相手を求める心が
無ければダメだと言う事を同性の太郎くんと出会ったことで知る事になります。
それでも不毛の関係へ進む事に戸惑い悩みそれでもどうしてもと言う思いが育つまでを
描いているようなストーリーでした。
平凡で自分自身に自信が無かった太郎くんの後半の変身ぶりは素敵だったかも。
凄く素敵な作品だと思うけれどやっぱり苦手な設定で半減以下になりましたね。

2

好きな人の為なら頑張れる

作者さんの初コミックス。
表紙の端正な絵柄に惹かれましたが、中の白黒になってもその印象は裏切りません。
人物の顔の表情がとても豊かで物語へ引き込まれていきます。
1話づつ、鈴木太郎視点、志賀主任視点と交互に登場するので、ノンケの恋愛だけに心の変遷が丁寧でわかりやすいです。
本編は恋人になるまで、描き下ろしにてその後の姿ということで初のエッチシーンが登場♪
色気はないけど、とてもいい感じの上昇志向の恋人という関係が前向きでよかったな~と思えます。

平凡な”鈴木太郎”という名前にコンプレックスを持っているという主人公。
引っ越し先に突然現れた男はそこの元住人に振られた男で、鍵を返しに来たというブロークンハート。
何と彼は、太郎が転職した先の会社の上司の主任・志賀だった。
しかも太郎の部屋の元住人は太郎の姉で、志賀は姉に二股をかけられて捨てられたのでした。
志賀に言われた鈴木太郎はこの世に一人しかいない、という言葉に勇気づけられた太郎は志賀を慕い、
太郎に姉の面影を重ねながらも、太郎によって気持ちが切り替わっていく。
色々な出来事を通して、彼等が成長して心を通い合続きわせて行く話でした。

太郎は名前がコンプレックスとか、社長である親に期待されてないと言われてる割に、すごく明るいです。
本編のほとんどは会社の場面はあっても志賀との絡みや彼等の心の動きがほとんどなので、彼がどう父親の要望に足りないのかは善く解らないのが不足に感じる部分ですが、
志賀の為に好きな人の為に社長になってやる!と覚悟を決めた彼の後半の仕事ぶりはちょっと取ってつけたようですが、まあ、彼のヤル気が見えたのだと。
最初の出会いで、志賀の弱さを見てしまっているので、彼はあまり姉の事を志賀に触れたりせずに、明るくふるまっていたのかな?

太郎が主人公のようでもあり志賀視点もあるので、彼も重要な主人公です。
太郎は最初から好意をぶつけてきていますが、志賀は年上な分、色々考えてしまう。
確かに太郎に元気をもらったり、あげたり、はあるけど自分を優先してしまうんだろうな~と思うのです。
だからこそ、太郎の姉と付き合っていても多分能動的で自分を選べと強く言うことができなかった。
その後悔もあるんだろうな~と。

さほど重くなく、淡々と、幾分か太郎の元気ペースが勝る形で押していくので太郎のコンプレックスはもう初期設定でしかなくなってしまってます。
それにしても、一番わからないのが太郎の姉です!
何だか腹立って、一体何考えてるんだろう?
・・・ということで、カバー下の本体の設定を見て、ガッテン!!
志賀の家庭環境と、太郎姉の事が描かれていてなるほど、となるのですが。
志賀は甘やかされたいタイプなんで、太郎は頑張るタイプなんで、いい組み合わせなんじゃないかと。
丁寧さがとても伝わる作品でした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ