好きだと言われて調子に乗って、尻を揉まれて逃げました。

カップルはじめました

couple hajimemashita

カップルはじめました
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×213
  • 萌7
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
10
得点
97
評価数
30件
平均
3.4 / 5
神率
13.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784864420945

あらすじ

巨乳が大好きな普通の大学生・古田は、友人の花岡から酒に酔った勢いで告白され断りきれず付き合うことに。デートしたり恥ずかしいくらい甘~いメールが届いたり…
初めのうちこそ戸惑っていた古田だったが、段々と花岡から好かれているという状況に優越感が芽生え始め……?
大人気表題シリーズほか、BL界に衝撃を与えたあの伝説のブラ男・桜庭の続編も収録したブッ飛び最新コミック!

表題作カップルはじめました

花岡,高校時代からの親友で大学生,20歳
古田,巨乳好きの大学生,20歳

同時収録作品みつめるダイアリー

同時収録作品ビューティフル

同時収録作品続 ひみつのお花ちゃん

その他の収録作品

  • カップルすすみました
  • あとがき
  • カバー下表紙1【表】:ワイド4コマ漫画[『続 秘密のお花ちゃん』より]
  • カバー下表紙4【裏】:ワイド4コマ漫画[『ビューティフル』より]

評価・レビューする

レビュー投稿数10

決定打は心の中に

デビュー2冊目で固めた路線を更に固めた感が強い3冊目。
ここまで来ると好き嫌いが真っ二つに分かれそうな気が
しますね。
ただ何となく…本当に何となくですが、空気では無く
言葉に語らせようとし始めてないかなと言う懸念が。
作風と路線を貫くなら貫くで良いのですが、その辺りは
作品の空間が折角あるのですから空気として醸し出した方が
良いかなと些かの老婆心。
落とす為の言葉もそれなりの空気があってより活きるので
あって、言葉だけポンと放り込まれてもかなり苦しい
気がします。

評価は切り上げ表記と致しました。

0

味がある

真柄うしろさんの絵って、けして見やすい絵でも、お上手な絵でもないんですけど、なんだか、実にキャラクターに合っていて、味があるって言うか、味わい深い。
表題作なんかだと、特にそれが顕著で、
普通に友達だと思って、女の子に振られては慰めて貰っていた古田が放った一言
「お前が女だったら~」
ここまでのがさつな展開では、古田も花岡も、結構ざっくりした絵だったのが、
いざ、お付き合いが始まると、、、
なに!この花岡の可憐さ!
そして、
花岡が、どんどんきれいな絵になっていくのに対して、古田の方は相変わらずのざっくりとした絵で描かれていて、
この辺の割り切り方が、私としては腑に落ちるというか、納得できて、
伝えたい物が伝わる時って、絵の、上手、きれいだけじゃないんだな。、

2

見守りたい。ひたすらと。

ん?面白いかも。うん、面白い。
に結構早くかわりました。

生の巨乳をもむのが夢ってあたりから冒頭がつんとやられていたわけですが。
大学生の2人は親友。
彼女ができないと嘆く友人に
好きだと言われ、つきあうことになる。

つきあうことになるというよりは
断れないまま。。。という感じです。

イラストがとても素朴な感じで
うっとおしくないので
普通にどこにでもいる大学生という設定がすんなり心に入りました。

近すぎる存在、恋愛として考えた事が正直なかった相手。

その相手との体の交流についての苦悩はさけられるものではなく
この作品でも描かれています。

好きだから触りたい・・
この当たり前のことが
当たり前じゃないわけで。

大学生じゃなく高校生だったら
もっとキャイキャイしながら
読めたかも。

大学生だからこその、安定感なのかな?

泣いちゃうくらい好きってかわいい。

2

ひみつのお花ちゃん!

メインのお話はさておき〜。

なんとひみつのお花ちゃんの続編があるではありませんか!!(。-_-。)
強面でありながらブラをする彼からはなにやら受け臭がするではないですか、、、。
なぜ彼らで一冊作らないんだ(^ω^)
強面で初心でかなり萌えるんですけどー!!!

強面くんが雨に濡れてブラが透けるとかもうなにがなんだか!!他の人にもバレないかかなりハラハラしました。
ん〜キスどまりなんでこの続きが気になりましたー。

3

こりゃしっぱい。

全体通して全く持って感情移入できなかった……
というか、面白いのかな~これ。

好きになる過程とか曖昧でも良いんだけど
(カップルはじめました……なので)
なんか流されてるのかホントに好きなのかわからないまま
オチでイイコトをひたすら言ってるように感じました。

そこまで好きじゃなさそうなのに、そんなに無責任に
カッコイイこと言っちゃっていいの?って感じ。

その他短編についても分り辛かった!
好きな人の為に土いじりをする潔癖症の少年と
そのライバルである先輩。
結局何も進んでないし何も得られてないオチなお話。

どこに萌えろと??

最後のブラ付けた強面の子……
散々やりつくされてるネタをそのままなぞっただけのストーリーで
なんの斬新さもない。

挑戦してる本でもないし、最近の流行に乗ろうとして
乗れてないような中途半端な本でした。

ちょっと厳しいかもしれないけど失敗買いの1冊という評価です。

2

帯が全てを語ってる

いやはや、なんて面白いのだろう!高校時代からの親友同士がカプになるのですが、
ノンケでも人を好きになったら男女の区別なんて関係ないって感じちゃう。
それに分かり合える友人だと思っていた花くんが、ずっと自分に片思いしていて、
勢いで付き合う事になるのだけど、その初めての戸惑いぶりが笑えるやら妙に気持ちが
解る感じだし、確かに仲の良い友人だから一緒にいるのは楽しいけれど、尻を揉まれたら
やっぱりリアルにビビるだろうと同感してしまう。
それでも距離を置かれて初めて本気で相手の事を考える時間が出来て自分にとっての
花くんの存在を認識して本物のカプになるストーリー。
エロは無いに等しいのだけど、ストレートに古田戸惑いや動揺、初めて相手に好かれてる
その事がとても嬉し恥ずかしいなんて気持ちが溢れてて素直に面白かった。

ひみつのお花ちゃんの続編も1本入っていて、究極のギャップは健在だとこちらも
笑えるやら愛しいやらで楽しく読ませて頂きました。

2

ご馳走様でした!

元々好きな漫画家さんなのですが、個人的に既刊の中では一番好みの短編集です。人を好きになった時のあたふた忙しい感じと、相手に好かれようとなりふり構わず必死になってしまう、人間の愛らしさが丁寧に描かれていると思います。
特に表題作の『カップルはじめました』はノンケ×ゲイということで、受けの子の煩悶が切なくてたまらない。可愛いなあもう!
短編集でこれだけ個性的なキャラを作り上げてしまう真柄先生の発想力と創作力には毎回驚かされます。
みんなのアイドル桜庭も再登場で、お花ちゃんファンには垂涎ものでございます。
勿論、真柄先生お得意のシュールギャグも健在です。満腹満腹。

2

ば✩カップル、はじめましたw

可愛かったヽ(*´∀`)ノ短編なのだけれど、きちんと起承転結というかね
なんだかアホな展開が可愛くて、思わずキュンとしてしまう。
エロも薄めですし、ガッツリという感じではないのですが
薄味の良さをいかんなく感じた本作。
表題は「カップルはじめました」ですね
まさにバ✩カップルはじめましたwww
オッパイ好きに彼氏ができました・・・断りきれなくて
から始まるお話。
もともとが親友で、「お前がおんななら」ありがちな展開からの
展開ではあるのですが、王道には王道のよさといいますかね。
好きと思われるのは心地いい。
好きか嫌いかと言われれば好き。
柔らかいオッパイはないけれど、やわらかいお尻・・存外いい・・
お尻を揉まれて逃げ惑う姿もアホくさくて好きですが
自分を好きだという相手に思わずにやけ、紳士な彼氏を気取るアホが可愛かった
攻受逆かなと思ってましたが、これはこれで可愛い展開でした。

ナルシスト双子なBL
なんというか・・・なんといいようかwwという感じですが
終わりよければすべてよし。
愛に違いはない気がするぬw
自分とそっくりな相手に興奮する続きかといえばしないけど・・・

ひみつの~な続編。
相変わらず小鹿ちゃんwwww
チュゥ止まりではあるのだけれど、この難攻不落を
落とせた時の感動を考えるとなんだか悶えてしまう(/ω\*)
前回の話がもっかい読みたいな~と思いつつ。

4

今回も色々変な子がww

少年マンガのようなノリで、
おバカなキャラのおかしな言動で笑わせてくれる真柄うしろさんの本、なんかスキです♪
1stコミックは衝撃で、なんだこの変なのーーー!って思いながらもハマりましたw
でも、
「ひみつのお花ちゃん」が一番スキだったわけじゃなかったので、
今回の新刊にその続きが入っていたのは嬉しかったけど、表題作の方がずっとスキかな♪

あ、レビューのタイトルの変な子というのは、
「ひみつのお花ちゃん」の
見た目は眼付きの悪いヤンキーなのに、実は制服の下にはブラを付けてる乙女系男子とか、
「ビューティフル」の潔癖すぎる高校生とか、
(拾ってもらった消しゴムは消毒し、クラスのノートを集める時は手袋したり・・・w)、
「みつめるダイヤリー」の
自分の顔が大好きすぎる超ナルシストとかです♪
特に、
このナルシストはすごくて、鏡を見まくるのはもちろん(一日の半分くらい見てる!)、
味噌汁に自分の顔がうつると「勿体なくて飲めない」と言い、
いつもりんごジュースを飲むのは、りんごの赤い色が「いちばん顔が映える」と言うw
双子の弟が、自分が脱いだパンツの匂いを続き嗅いでいるのを目撃したら、
「こんなイケメン・・・惚れちまうのもムリねーよな・・・」と!!
(そんな双子の兄に、パンツを嗅ぎたくなるくらい惚れる方もどうかと思うw)
相変わらず真柄さんは変な男の子思いつくな~~
表題作以外は、面白いの重視って感じかな、笑いのツボが合わないと辛いかもです。


表題作「カップルはじめました」は、面白くもあるけれど、それだけじゃないのです☆
高校生の仲のよい友達同士(ゲイとノンケ)がお付き合い~という、
アリガチな設定ではあるのですが、バカな展開の中にきゅん♡があって、とてもいい!
まず、
友達の時はクールっぽい感じだった、ずっと片想いしていたゲイの子が、
付き合うようになると表情が変わるのに、きゅん♡
ふとした時に見せる顔がちょっと頬を赤く染めて、なんとも言えない可愛さ。
相手のノンケの子はそれを可愛いと思いつつも、
トキメクっていうより、優越感とか楽しいとかで、
変にカッコつけてバカをやってみたり、気持ちを察してあげられなかったり・・・
キスして抱き合って尻を触られたら、
尻を揉まれた!!とビビって、変に妄想して掘られるのが怖くなってぐるぐるしたりw
ずいぶん笑いに走ってはいるけれど、
ゲイの片想い発でノンケと付き合ったら、結構こういう感じなんじゃないかな~とも思えて、
面白いだけではない、味わいみたいなのを感じました。


表題作だけだと、文句なしに萌×2なのですが、一冊を通して考えてちょっと評価を下げました。
もう少し、切なめテイストの話もちょっとあると嬉しかったな~と。
比べると1stコミックの方がスキです。

4

全てにボケツッコミ♪

今回の単行本、何と!『ひみつのお花ちゃん』のその後が載ってました!!
あの時はラブの予感はあるのかな?程度のものでしたが、今回は進展がちょっぴりあって、やはり予想通りの桜庭にもうニヤニヤするしか☆☆
表題の【カップルはじめました】もそうだったんですが、”乙女な要素を持つ男子”の表現に味があるかな?と思ったりも。
相変わらず、好みのノリと突っ込みのやり取りも楽しく、テンポよく楽しく進む展開は自分の好みにマッチしていて、登場人物に読みながらツッコミいれてるのが楽しのです。

いつも彼女ができては振られる古田を慰めるのは親友の花岡。
だけど、古田の「俺、お前が女だったら、ぜってー付き合ってる」の言葉に、酔いの勢いを借りて花岡が告白し、何と二人は付き合うことに!?
本来巨乳好きの古田が親友とはいえ男の花岡と。
そこに親友を失くしたくないとかシリアスなモノは薄く、軽いノリの様でいてポジティブとヘタレをグルグルする古田は、若干切なさよりポジティブが勝っているような展開。
何よりも、花岡の親友の顔と恋する乙女のような顔の二面を見せるのが、何か萌えツボを刺激されます♪
それに、好き続きな人と付き合える人は別とか言ってかなりの数付き合ってる花岡のギャップにビックリ!
今まで、それを隠してきたのか?花岡。それとも古田が気がつかなかっただけなのか?
初デートが決まってその間に服が10着も増えたという花岡と、寝巻ズボンのままで来てしまったという古田(笑)
お付き合いを始めて、「好き」を受け入れて、キスをして、だけどそこに立ちふさがる障害は?
花岡に尻を揉まれてビビリまくって、やっぱりそこかと思いつつ、花岡に「俺の尻を狙ってくれてもいいんだけど」と言われて目の前が開けた古田なのですが、
描き下ろし【カップルすすみました】の初エッチの様子にまた笑っちゃいました♪
巨乳から尻の触り具合の気持ち良さに目覚めた古田、何となく逆転もありそうかな?

【みつめるダイアリー】
双子の兄弟が主人公。
禁忌モノ?かと思うと微妙な抜け感があって、それはナルシストの洸が曲者。
同じ顔を持つ瞬はどうやら洸が好きなようなんだけど、
これってひょっとして向いてる方向が洸だけど、自分の顔が好きっていうことじゃ?
一見簡単なようでいて、アレ?アレ?と不思議な迷宮に入ったような感覚。

【ビューティフル】
超潔癖症の菱屋が、とても綺麗な先輩に助けられたことでうっかり(?)園芸部員にさせられて、汚れ仕事をしなくてはならなくなるのだが、キレイな先輩の為!
そこで起きる芋太郎(爆)との火花散る先輩争奪戦という、変な三角関係。
この芋太郎はあだ名です。本編後のモブ紹介コーナーを読んで更に笑った♪

【続 ひみつのお花ちゃん】
桜庭の怖い外見と中身乙女のギャップが、今回とっても前面出しされた続編。
桜庭の純情が、ギャップが、かわいいーー!
気分は蓮田です♪
雨にぬれてブラが透けてるのを心配する蓮田というシチュが萌えた。(え?そこか、と自分で突っ込んだw)

全体的にほのぼのして、愉快ですが、BL色も若干薄く抜けた感じの笑いが好き嫌いを生む微妙さを持っているので、多分万人受けは難しいのでしょうが、ほどよくまとまった1冊だと思われます。


6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ