家に帰ってきたら、そこには見知らぬ美少年!?

岡部さん、おしかけ篠田くん、始まりの事情

okabesan oshikake shinodakun hajimari no jijou

岡部さん、おしかけ篠田くん、始まりの事情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
57
評価数
16件
平均
3.7 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
エンターブレイン
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784047288508

あらすじ

女好きのサラリーマンの岡部は、ある日、常務が専務の息子に紹介しようと思っていた女性に手を出してしまう。
これが原因で異動させられてしまった岡部に、同期の累から電話がかかってくる。
それは、ある事情を抱えたお坊ちゃんの高校生・篠田を預かってほしいというものだった。
はじめは嫌がっていた岡部だったが、仕方なく彼と暮らすことに。
生活能力が低そうな篠田の扱いに困っていたが、素直で世間知らずな部分がかわいく思えてきて……!?

表題作岡部さん、おしかけ篠田くん、始まりの事情

広告代理店勤務 マーケ部に飛ばされた   岡部雅春
同僚から頼まれ預かることになった高校生 篠田マリ夫

同時収録作品萩原くん、お隣高野くん、始まりの予感

? 広告代理店マーケ部新人 高野一郎(25)
? 攻の教育係・アパートの隣人 萩原マコト(25)

その他の収録作品

  • 玲くんの逆襲
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

このノリは

もしかして、海賊出身の方なのかな?

カバー絵とタイトルは岡部さんと篠田くんだけど、半分以上は「萩原君、お隣高野君」のお話。
大手(?)広告代理店を舞台にした、同僚&ご近所ラブ(萩原君、お隣高野君)と、年上サラーマンと高校生君の話(岡部さん、篠田くん)の2作品収録。
どちらも、お互いに感じている物が恋愛感情だと気付くまでのお話なので、エチシーンは全くない。
エチくなるどころか、キスすらない(萩原君、お隣高野君)か、あってもほとんどアクシデントレベル(岡部さん、篠田くん)。
結構ギャグ臭強めなので、ワチャワチャしながら段々恋するみたいなのがお好きなら楽しいけど、ガツガツエロや切ない泣ける系をお求めの方にはオススメしても、楽しめないかも。
海賊テイストになじんでいる方なら、楽しいんじゃないかな。

1

電気走ってるねぇ

まるでどこかの熟年某アイドルの過去の結婚話の時に聞いた出会ってビビッとキタ発言を
唐突に思い出してしまいました(笑)
対極にいるもの同士が起こす化学変化が何をおこしてくれるのか?
エロなシーンが出てくる訳でもないけれど、タイトルみたいに色々始まりを感じさせる、
そんな内容で、気持ちが育って行くときってこんな風かも知れないと思わせる。
表題になっているのが、単発1本なのですが、何故に表題なのか、初めに描かれる
作品ありきで表題の面白さや主人公の人となりを深く感じられるようになっていましたね。

派手さはないけれど、味のあるほのぼのテイストの作品で以外に楽しめた作品。
本人たちが気が付かない間に育っているホッとできる空間が今後の二人の未来を
彷彿とさせるようで表題も、萩原くん~もさらっと読み終わるにはもったいないと
思えるコミカルでほのぼのした作品は癒しながら楽しませてくれる内容で良かったです。

1

読みかえしてわかった面白さ

デビュー作品は学生モノで、ほとんどしゃべらない人見知りの高校生が餌付けされる猫みたい、とちょっと依田作品風味もあり手書き感満載の素朴さも気になった作家さん。
さて、この2冊目は細かい書き込みに疲れてしまって微妙な気分に。
しばらく寝かせてみて再読してはじめて楽しめて、そして面白さがわかったかな?

エッチもないし、恋愛の入り口で終わってるけど、それの気持ちが芽生えて行く過程は、ガッツリ仕事が絡んで、意外なほどにお仕事BLとなっているのでした。
実際のところ、表題のほうが話が短く、若干唐突感もなきにしもあらず。
前掲載の【萩原くん、お隣高野くん、始まりの予感】があって初めて、そのキャラクターがここに出ていてわかることから、表題が楽しめる作りになっている。
実際、掲載順も萩原→岡部になっているし。
ただ岡部が萩原で不思議キャラとした設定をされている分、時間軸がさかのぼるとはいえ同姓同名の別人?みたいな後付け感を持つ感覚は否めないのです。
だから、別作品としてキッパリ割り切って、切り離して味わうのが良いのではないかと?

【萩原くん、お隣高野くん、始まりの予感】
支店続き統合で萩原の所属するマーケ部に配属された高野は、アパートも隣の部屋。
仕事でも、家に帰っても一緒は嫌だとツンツンする萩原だけど、高野はワンコのように萩原に懐き、萩原を尊敬しているところがある。
そんな彼等が仕事を通して気になる存在となり、自覚していくまでのお話。
まるで魔法使いのような狂言回しのような役割が表題で主役になる部のプロデユーサー岡部。
彼が言った「化学反応」それは恋!?
本当は、多分岡部は仕事的に成果を出す為の発破の言葉だったと思うのだが、何だかあらぬ方向へ主人公達は解釈したのか?
というかそっちへ流れて行く要素やエピソードが(笑)
高野が思いきる時、それは「嫁」!?
何かずれてるけど、何かかわいくて面白くて、萩原も高野もキュンとするキャラではないんだけど、愛おしいキャラっていうのかな?
この絵から想像するゆる~い雰囲気を裏切る、ガッツリお仕事、というギャップもいいのかもしれません。

【萩原さん、おしかけ篠田くん、始まりの事情】
専務の息子に嫁推薦するはずだった秘書課の女の子に手を出したのがバレて、花形部署からマーケ部へ異動させられた岡部の元へ、制作部森崎からワケあり男子を預かってほしいと依頼を受ける。
其の男子マリ夫は、進路の事で父親とケンカして家出したきたらしい。
模試の判定が上がるまでと、彼を家におくことになるのだが、何故か彼が可愛く思えてくる岡部。
移動させられたばかりで、色々することが多く大変な岡部との距離感の取り方の上手いマリ夫だが、岡部はどんな気持ちだったのか?
猫を飼っているような部分もあり、ちょっとした嫁?な部分もあり、居心地の良さが優先だったようには見えないか?
マリ夫はどうして?
実はこの話は、いくらか消化不足な感じがする。
【萩原~】で不思議キャラだった岡部の以前ということであるのかもしれないが、彼のキャラがとても掴みにくかったのは確か。
なので、別モノ?と思うより他にないのかな~と。。。

歳の差、ツンデレ高校生がかわいい☆だけではこの作品的には「中立以下」なのだが、萩原高野があったので「萌え」にとどまった作品。
しかし、色々な作品の幅のある作家さんだという部分が見えた2冊目でした。

3

ほのぼので可愛いけれど

レトロめな(ちょっと昭和っぽい?)絵で楽しむ、ほのぼの仕事BL本。
コチラの本は、個人的にはそんなイメージ。


表題作の「岡部さん、おしかけ篠田くん、始まりの事情」は1話+描き下ろし。
リーマン岡部が、
女性関係が原因で花形部署から、メディア局マーケティング部に移動を命じられる。
同じ日に、
同期の友人からいきなり、高校生の男の子を預かってと強引に頼まれる。
本名も明かさない小生意気なガキだと思っていたら、
単に世間知らずのお坊ちゃんと分かり、一緒に暮らしていくうちに可愛いところも見えてきて・・・

描き下ろしの、プロレス技をかけながらのキスシーンがいいな~♡と思いました。


この本のメインは、
岡部が移動先のマーケ部でプロデューサーになってからの、岡部の部下ふたりについての、
「萩原くん、お隣高野くん、始まりの予感」で、4話分が掲載されています。
営業からマーケ部に転属してきて、アパートの部屋もお隣の高野と、
高野の教育係をする萩原の、お仕事色がかなり強めで、恋はするけどエロ要素は皆無なお話。

仕事に対する姿勢は好感が持てるし、
恋を続き自覚するまでが、ほのぼのとコミカルを合わせた感じで丁寧に描かれてます。


ただ、ちょっとしたシーンなんですが、とてもガッカリな事が・・・。
表題作のメインで、こちらの話では上司で脇役の岡部が、
会社で生保レディに給湯室で何やら手を出している模様!!(詳しくは描いていないけど)
世間知らずの高校生に自分から手を出しておいて、
なにやらまだ付き合っているっぽいのに、会社では女性にちょっかいをかけるって、やだよーー!
この本の一番のきゅん♡なシーンが、
岡部とその高校生の可愛いキスのシーンだったので、
それが台無しなっちゃう感じで、すごく悲しい~~~(;_;)

そのシーンがなければ、萌評価だったと思うのですが・・・

すみません、
いたいけさが残る若い子に手を出すいい年の大人には、誠実でいてほしいのです・・・。

2

読みやすい現代感

ノリが軽くて読みやすかったです。
絵柄もですが、キャラクターのいかにも若者らしいテンションが、今風だなと感じました。

全体的にライトで単純なので分かりやすく、前半の二人も後半の二人も素直に共感できるので、ざっくりした描写でも惹かれあっていく様子が伝わって、楽しく萌えながら読みました。

しかし職場恋愛のお話とは言え、仕事の話が細かすぎて…
とくに前半の1話は、二人のもめ方や言い分がリアルすぎて、職場で同僚がやりあってるのを見ている気分になりました。
せっかく仕事から帰ってきてリラックスタイムに漫画を読んでいるのに、なんだか邪魔くさかったです。

ただ、そういうお仕事あるあるをはじめ、人間のちょっとだめなところの描写がすごくリアルで、だからこそ共感しやすくて面白かったです。

2話以降は明るくテンポよく楽しめました。
後半のお話のほうがBLっぽいところもバランスが良くて、読後は満足感がありました。

全体的にコミカルで、BL要素は濃くないですが面白かったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ