砂漠の王子に攫われた童貞花嫁の運命は!?

砂漠の王子と略奪花嫁

sabaku no ouji to ryakudatsu hanayome

砂漠の王子と略奪花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048915021

あらすじ

組の跡取りでありながら、世界中を周遊する豪華客船のカジノでディーラーを務める功一に言い寄る男――砂漠の国の王子・ラシッド。ラシッドに応える気などない功一だったが、功一を日本へ連れ戻そうとする組の追っ手から逃れるため、ラシッドの部屋に匿われることに。そして、功一の貞操を賭けたカード勝負の末、童貞の功一は純潔を奪われ、砂漠の国へと攫われて!?
強引王子×童貞花嫁のゴージャスラブ?

イラスト:小碌

表題作砂漠の王子と略奪花嫁

ラシッド・アラブの王国の王子
功一・ヤクザの息子。豪華客船のカジノのディーラー

評価・レビューする

レビュー投稿数2

うーん?

あさひ先生ファンなら物足りないかもしれません。
というのも、似たような設定の本があってデジャヴを感じるというか…
アレの設定でコレの流れを組み込んだ感じだなぁと思ってしまったせいで、純粋に楽しめていなかったかも。勿体無いことをした。

日本に帰りたくない・帰れないと思っている功一(受)がラシッド(攻)の奥様にされてしまうお話なのですが、この功一が強い。
どんな理不尽なことをされようともラシッドに落ちる気配を見せないw
心の奥底では初めから好意は抱いていたのですが、最初のHで口走ったことが原因でふたりはずるずるとすれ違いの道へ…
あさひ先生は強い受けがお好きですね。
攻めにどんな扱いを受けようとも根をあげない受けというのを、他にもいっぱい読んだ気がします。

このお話で地雷になりそうなものはないと思います。
人前でのプレイもあさひ先生だと普通だしな…とか思ったりして。

3

アラブだもの

まったくもってアラブの男と言う印象のラシッド王子、私が個人的に思い描く
傲岸不遜で鬼畜な感じがまさにぴったり。
対する受けである功一は日本の極道の生まれで、大事な人の為にはどこまでも強く
慣れるような男前な一面を持っている。
そんな二人が出会い、初めは友人のような掛け合いから始まるが、功一の一言で
過去のこだわりが再燃し、まるで功一を罰するがごとく虐げいたぶるラシッド王子。

功一はラシッド王子に抱いていた印象が全て崩れ去る気がしているが、
ふとラシッド王子に感じる理由が解らないままの違和感を感じてしまう。
功一が言った自由になるためならと言う言葉と功一の過去、二つの事がラシッド王子を
怒らせ誤解から嫉妬され自由を奪われる、擦れ違い王道アラブなのですが、
俺のもの発言が標準装備のアラブ男が好きな人には楽しめる内容だと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ