君と極限状態

君と極限状態
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
茜新社
シリーズ
オヴィスノベルズ(小説・茜新社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784871824064

あらすじ

うかつに「やかんどう」なる怪しいサークルに入ってしまった茅原由也はあまりにもヤバイやかんどうの実態に挫けそうな日々。
そんな茅原をかばいつつ共に行動してくれる盛田啓介がいるからなんとか続いていたのだが、夏合宿で行ったハイキング山で盛田と一緒に遭難してしまって…。
たびたび極限状態に追いこまれる二人のラブコメディー。

表題作君と極限状態

盛田啓介・大学1年
茅原由也・大学1年

その他の収録作品

  • 第1話 やかんどうへようこそ
  • 第2話 雪山の約束
  • 第3話 二人ならどこまでも
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

遭難って何か萌え♪笑

真剣なのに笑えるって・・・案外クセになるw
萌え少々、でも、楽しめたv

「やかんどう」というサークルに入ってしまった新入生の受と攻。
ヤカン道・・・ではなく、野生動物の後を追いその生態を観察する、野性動物観察同好会。 つまり、動物のストーカー集団(笑)
三階にある部室には外壁をよじ登らないと入れないとか、もう変なサークルで、先輩達もみんな変。こいうノリ結構好きなんだよね~
おバカなテンションだけど、お互いに惹かれていく様もちゃんと伝わってくる、非日常的BLラブコメ。
ラブコメ好きな方には、まぁまぁ楽しめるかと。
初Hが攻のアパートっていうのがちょっと残念・・・アオカンが萌えたのに!(笑)

【ヘタレ気味な単細胞×謙虚で優しい男前】
合宿のたびに、共にプチ遭難してしまう2人。
攻 「逃げろ!ここは俺が!」
受 「危険だよっ 僕を置いて逃げて!」
2人の会話は普通なんだけど、コントっぽくて思わず笑っちゃう。
コメディだからそれでいいんだけど(笑)
お互いに助け合って、徐々に深まる関係がまたイイ。
キャラメル1個を半分コで食べるという甘酸っぱさにもキュンと続きくる。
寒くて極限状態な2人が、コキあうところは
受「強さはこれくらいでいいか?速度はどうだ?もうすぐなのか?」
な~んて、かなり笑えるw
初H後の微妙にすれ違った会話もおかしいし。
エロが足りないけど、2人のやりとりが面白かったー♪
コメディタッチで分かりやすい文章もいいけど、これはぜひ音声で聴いてみたいな~ 個性的な先輩達とか猿との激戦とかを声優さんが演じれば、もっと萌えそう。
設定やセリフがいいので、CD向けだと思う。
新装版よりCD化されるといいな・・・

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ