DARWIN 2

darwin

DARWIN 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
  
媒体
コミック(同人)
サークル
紫宸殿<サークル>
ジャンル
グランゾート(ジャンル)
発売日
ISBN
版型
A5

表題作DARWIN 2

炎と大地の魔道戦士・遥 大地
水の魔道戦士・ラビ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

愛されることの怖さ

総集編第2弾は『C.DARWIN2』(商業誌版『C.DARWIN』2巻&3巻とほぼ同内容)+書下ろしとなってます。

この書き下ろしが、「C.DARWIN2』のなかで語られている、狼・大地と羊・ラビの大人編となっており、これも必見モノです!
大地はラビの為に本当の自分を隠している。
昔と変わらない自分を演じ続けてる。
それは嘘だけど、ラビの傍にいるためであって、優しく甘い嘘なんですよね。

それにしてもこの『C.DARWIN2』で、「ラビに殴られる大地」というのが完全に固定化されたのかな(笑)
こんなに殴られ、泣きまくる攻め君も珍しいのではw

そしてラビの難しさが語られいるのもここから。
彼は愛された経験が乏しいから、大地からの愛情も疑うし、逆に怖くなる。
彼にとって誰かを信頼することなど元々は自殺行為であったし、恐ろしく勇気を必要とする行為なのでしょうね。

一度は逃げ出しはしたけど、やっと大地に手を伸ばせたラビ。
自分は愛される存在になってもよいと、自信を持つことが出来つつあったのかと思います。
彼にとってそれだけ大地の存在が大きいのですよね。
続きラビの言葉とは裏ハラな想いに涙してしまう一冊です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ