時間ですよ

jikan desuyo

時間ですよ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルス(小説・心交社)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784883024773

あらすじ

かけだしのライター架川祐司には、いつか推理小説作家として成功したいという夢がある。
だが今の所、風呂もない安アパートで暮らす身分だ。
そんな祐司が通う銭湯「うさぎ湯」で、真夜中にいつも顔を合わせる謎めいた青年がいる。
華奢でどこか儚げな姿に似合わず、その人の白い身体には常に痣や生傷が絶えない。
いったいどういう人なのか?―彼のことが気になって仕方がない祐司は、うさぎ湯の息子の協力で、鷺沢果宿という名と、クラブでピアノ弾きの仕事をしているのだということを知るが…。

表題作時間ですよ

架川祐司,ライター
鷺沢果宿,クラブのピアノ演奏者

評価・レビューする

レビュー投稿数1

くーー、タマラン!

やっぱこの時代の榊花月さん作品(つまり神谷凪さん作品)は、めちゃくちゃ好きだー!と思いながら読みました。
こういう作品を読んだあとにディアプラスあたりで出されてる最近の作品を読むと、ガックリしちゃったり、する…(けして最近の作品が嫌いというわけではなく、やっぱり好きなんですけどね)。
もう、タマランかったです。面白かったです。

主人公はしがないフリーライター。
銭湯で会うアザだらけの青年のことが気になる。
きっかけというきっかけもなく、なんとなく仲良くなり、相手の背景を知り、どうしようもなく惹かれるようになる。
アザだらけな彼には、DVでヒモな彼氏がついていたことを知り、主人公は「なんとかならないか」とアレコレ遠慮がちに気を回すんだけど、結果的には二人の共依存的な絆の強さを知るばかり。
夢を追うことの難しさ、人を好きになりその人のために尽くすことがイコール正義ではないこと、ストーリーの中に織り込まれてる世知辛くてシビアな視点に惹かれました。
そしてなにより、主人公の真っ直ぐな片思いが切なかったです。

あと永田が好きです。
榊さんの作り出すキャラの好きな部分を凝縮したような人物。
続きういう男の嫁になりたいぜ。

ただこれ、濡れ場はないし、『時間ですよ』と『その後の時間ですよ』の間にあった出来事がまるまる省略されてるし、一般的なBL読者にとったら「そこがいちばん読みたいんだよう!」と不満かもです。
私は、こういうのかなり好きなんですけどね。オイシイ部分だけを書かないで作品を成立させられるって、なにげにスゴいと思う。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ