花音 2013年5月号(雑誌著者等複数)

hanaoto

花音 2013年5月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥733(税抜)  ¥792(税込)
ISBN

あらすじ

表紙&表紙イラスト『図書カード』
応募者全員サービス(応募者負担有)
中村明日美子

★愛読者プレゼント★春色の乙女アイテム
★藤崎こう先生★サイン会情報


■巻頭カラー■
「ワルイコトシタイ」
魔性生徒会長・帝×天然不良少年・永遠編

桜賀めい「ワルイ王子でもスキ」 第2話

■カラー■
佳門サエコ「試着室の淫らな紳士」
高級ブランドのカリスマ店員×営業サラリーマンの恋は突然に!?

■胸キュン連載■
いつきまこと「メガネは愛の全部です。」 呪いのメガネ★後編

猫野まりこ『同人に夢みて』 
芸能人×同人誌印刷所社員★第3話

松本花「蜜の王」
きゃわぁぁ虫ッコ擬人化ラブ!増量20頁★第69話

北沢きょう「朝長隆太郎、華道家です。」 美形長男のあやしい性癖★第3話

寿たらこ「NATURAL DOGGY'S DIARY」
百花繚乱ラブ恋物語

葛井美鳥「アンコンディショナル・ラブ」
年下バーテンダー×セレブ経営者最終回

夏水りつ「K先生の野蛮な恋愛」
俺様人気作家×マジメ担当編集最終回

春野アヒル「デキすぎ君とヤンキーちゃん」やりすぎハイスクールラブ★第6話
花音コミックス『デキすぎ君とヤンキーちゃん』4月27日発売!

■どきどきシリーズ&読切■
中村明日美子「奈落何処絵巻~陰陽道の男」 其の三。超人気『あなどこ』平安編★インチキ陰陽師×メガネ将曹殿に強敵が!?

内田つち「ホラーまんが家の花ヨメ修行」
ネガティブ漫画家恋物語

秋山花緒「王子様には敵わないッ」
イケメン英国セレブオタクが我が家に!?

環レン「部長は部下不足」
残念可愛い部長図鑑☆
花音コミックス『部長は部下不足』6月29日発売決定!

ハルユキ「無器用でマジメな恋をしよう」
大学生×童顔リーマンラブ初登場

嘉島ちあき「アキハバラフォーリンラブ」
アンチオタリーマン×オタク初登場

■エッセイ&ショート■
藤河るり「シカとして」 
毒女BL作家のいつ描くの今でしょエッセイ新連載

南野ましろ「溺愛ハニーバンチ」 
ちょいHスクールラブ
夏水りつ『山田くんと田中課長』 ミニチュアリーマンラブ
トラ山ミコト『腐っても男子』 BL萌え4コマ
花音サロン……北別府ニカ

(出版社より)

表題作花音 2013年5月号(雑誌著者等複数)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

安心の安定感♪

明日美子さん表紙!
佳門さん新連載!?
夏水さん最終回!!
ということで、毎度の事ながら興奮しつつ購入。
色々と雑誌を買う中で、私の中では正直こちらって今までは「買っても買わなくてもいいか、でも結局買っちゃうんだよね」的扱いだったのですが、最近ではお目当ての作品がいくつもあって、「必ず買わなくちゃならない」扱いになっています。

相変わらず、高千穂さんのお着物姿、美麗ですー♪
もうコレ見ただけで満腹感(笑)

たくさんの中から、お気に入りをいくつか。


◆中村明日美子さん『あなどこ奈落何処絵巻』
美人メガネ将曹(高千穂さん)と、チャラ男インチキ陰陽師(七海)のお話。
今回は、七海の生業である屋号・オンミュージックが、ホンモノ陰陽師・安倍晴明に目を点けられて――と進んでいきます。
出ましたインチキ陰陽師(笑) インチキ過ぎて笑えるんですよねー大好きです。
そして、このあなどこ奈落何処絵巻と言えば、ギャグ満載!明日美子さんのオフザケ盛り沢山!(笑)
「ラブコメの理」とか言うんじゃないよオンミュージック(笑)
……と、いつもの終わり方かと思いきや。
続き海の力を過信し、ヤツが続けていると、いつか恐ろしい目に遭うぞ、という教え。
そして、将曹は、黒い渦へと「行かないでくれ行かないでくれ」と手を伸ばしているだけです、と。
意外と最後は真面目なお話で、ちょっと意表を突かれつつお腹満足。
えぇ、ホンモノ陰陽師さん。二人はデキてます(笑)

◆佳門サエコさん『淫らな紳士』
極上な靴屋。
営業マンならイイ靴を履けと言われ見に来たサラリーマン・坂上と、元モデルで『VERGA』店員の黒沢のお話。
……いやー来ました佳門さんのぶっちぎったフェチ作品!
坂上ー!後ろ後ろー!(笑)
黒沢は、客のことを顔ではなく、足の造形でしか覚えられない男。
彼にとって坂上は理想そのものの足の形をしていて、思わず舌で舐め上げて――なんて。
うーん、私の「佳門さんもっとやって下さい」願望が沸々と……(笑)
次回(…は7月号掲載らしい)が楽しみ!


夏水さんのK先生も、結局は翠にメロメロだったし(エロすぎるからしょうがない、とか…どの口が言ってるんですか…・笑)
相変わらず松本花さんの絵柄は可愛いし、抜群の安定感!
意外にも、桜賀めいさん『ワルイ王子でもスキ』で、永遠が帝を思うことを「恋」と自覚していなかったんですね…え、今更!?(笑)

いつも通りの楽しさ、良かったです☆

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ