『マッチ売り』メーカー通販特典 野島裕史&小野友樹キャストトークCD

match uri

卖火柴的青年

『マッチ売り』メーカー通販特典 野島裕史&小野友樹キャストトークCD
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

267

レビュー数
3
得点
19
評価数
5件
平均
3.8 / 5
神率
20%
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
ドラマCD『マッチ売り』

評価・レビューする

レビュー投稿数3

のっけからテンション高い!!

リブレ通販特典のキャストトークディスクはおのゆー(小野友樹さん)と裕史さん(野島裕史さん)の2人。
お2人とものっけからテンション高いです!!

昭和の世界観が素敵。
待ち合わせシーンの距離感が印象的。
支那そば屋でのお客さんのていで喋る時とか昭和感を出すのにいろいろ気を遣いながらのガヤ。
昔、昭和の映像集みたいなのとかよくテレビで好んで見てた裕史さん。

一番共感したキャラクターは?

しいていえば若い頃は廣瀬だった裕史さん。
おのゆーは今でもまっすぐすぎるくらいまっすぐ。
大人なんだからカーブも投げろよ!みたいな。

タイムマシンがあったらどんな時代に行ってどんなことをしたいですか?

リアルなことを言うと1年前くらい。
10年前とかに戻って先行投資的に株とかかって金儲けな裕史さん。
未来が見たいおのゆー。
タイムマシンから物理的な疑問になっていく人たち。
同じ3月3日なら地球は同じ位置にあるけど、自転とか公転の関係で日がズレれば地球の位置も変わるからどこに着くかわからないみたいな。
だから、タイムマシンを作るのは非常に難しいと大真面目に力続き説するおのゆー。

もらった手紙、書いた手紙で印象に残っているのは?

男の従兄弟と文通してた小学生のおのゆー。
1週間おきくらいに「今週の小野友樹」みたいな感じで。
九州に引っ越した時に東京の友達(男女)と文通してた裕史さん。

興味のある国、言語は?

いろいろ勉強したいとは思うけれども、それ以前に日本語を覚えないとみたいな裕史さん。
企画で30カ国の挨拶を覚えなければならないおのゆー。
日本がいいけど、南の島は好き。
ガラパゴスゾウガメが見たい裕史さん。
南の島に行きたいおのゆー。

0

ハイテンションを

保ち続けきることができない、ノジ兄さんと小野さんのトーク。

本編のしっとりを払拭するように、ハイテンションでトーク開始してみたけれど、ノジ兄さんってばすぐに息切れして、「このテンション、もうやめてもいいですか?」って、なんかかわいい。

トークの内容は、既に紹介されているようなので、

ノジ兄さんって、トークでは無防備にふわっとボケたいタイプなイメージなんだけど、このトークCDでは、お相手が、まだこのようなトークCDに関して比較的経験値が低そうな小野さんと言うこともあって、けっこう頑張ってトークを引っ張っている感じ。
引っ張りすぎて、小野さんの方がたじたじとなっているのはご愛敬。
この作品の続きが、無事ドラマCD化された暁には、今度はアンゲンさんとたっつんのトークが聞きたいなぁ。
たっつん、けっこうストレスフルな引き出しからキャラ引っ張り出している風だから、収録後トークはそうとう弾けそうだよね。

1

会話が弾む弾む!w

のっけから素晴らしいBGMと、
すっげーーーーーーーハイテンションの野島裕史さんと小野友樹さん!!
「このテンションやめていいすか」の野島兄さん!可愛いぃぃぃぃ!!

昭和の雰囲気が素晴らしいってお二人ともおっしゃってて、
思わず「うんうん!」とうなずいてしまいました。
そば屋(ラーメン屋?)のガヤで
昭和に無いものを言うのが難しかったらしいです。
“替え玉”は当時無かったの!?
つけ麺はないのか…すごいな…。
気を遣ったガヤだったそうです。
なかなか面白い裏話。

共感出来るキャラ、「若いころはまっすぐだったから廣瀬」という
野島兄さん……。今も充分純でしょ?w
小野さんを「もう大人なんだからカーブも投げろよ」と励ましますw
花城のようなやさぐれた感じがない、ないよ!ひろさん!!
「役者は自分にない部分を演じるのが楽しい」いいっすね♪
小野さんとお互い引っ張り合いながら
良い意味で助け合ったという、とても楽し気なトークです。

タイムマシーンがあったなら?のお題に
あれやこれや思いを巡らすお二人。
過去に行くか未来に行くか。
「もしかし続きたら太陽が爆発してて未来が無いかもしれないんだよ!」だってw
何この可愛いの!!w
銀河系やら宇宙空間やら。
何気に熱く語っているんですが物理系の話に。
男子って感じ……。
結論、「タイムマシーン危ない!」w

今までもらったor書いた手紙で印象に残ったもの。
手紙はもう書くことないけど、
文通をした事がある小野さん!!男性の従兄弟と文通って!!
小学生の頃だったらしいですけどね…。微笑ましいわ…。
野島兄さんは東京生まれだけど九州に引っ越して
男女複数と文通してたと。
ファンレターは手書きが9割で嬉しいらしいです。
皆さん!!バンバン書きましょう!!!w

本編で露西亜語を訳すとか出てきたので
学んでみたい言語は?に野島兄さん、
職業柄日本語をもっと勉強しなくては!だそうです。
30ヶ国語の挨拶を覚えなくてはならなくなった小野さん
もうすっかり忘れてる!「ゴーンダイン」…どこ!?w
でも南国好きなひろさん、
ガラパゴス象ガメが見たいって…一緒に見たい…。
同じ番組を観ていたお二人、南の国へ行きたいって
お題にそっているのかどうかw

すごく微笑ましいトークCDだったんですが
20分あっという間に過ぎてしまって
(聴いてるこっちもあっという間!)
「もう20分喋るか」ひーーーろーーーさーーーん!!!!
〆のご挨拶、真面目です。
冒頭トンネルでの会話が好きだと、小野さん。
白黒の深みのある作品を音で表現出来たかなって
昭和23年の頃を表せたら…とひろさん。
「ごーきげーんよ~う」
ラスト若干の締まらない感がまた愛おしいお二人でした!!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ