愛玩キティ

aigan kitty

爱玩猫奴

愛玩キティ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×29
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
60
評価数
16件
平均
3.8 / 5
神率
18.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799713167

あらすじ

ネコ型ラブマシンのエイジは、ドジっこ過ぎて商品にならず開発者の兄・みなみの家に来ることに。
ガチで引くくらい(笑)ドジなエイジだけど主人を愛する一途さはピカイチ。
さらに「お仕置きスイッチ」でトラブル発生!? そのうえエイジが発情しちゃって…!?
ラブマシン嫌いでドSな開発者の男前すぎ恋物語も収録。
ラブえっち高めイチャイチャ同棲ラブ!

(出版社より)

表題作愛玩キティ

在宅デザイナー みなみ 
ネコミミラブマシンドジっ子型 エイジ

同時収録作品愛玩キティ 番外編/朝倉と名無しのその後

名無しのネコ耳ラブマシン
ラブマシンの開発研究者 朝倉兄

同時収録作品ラブネコ 妄想爆走編/三つ巴編

ラブマシン ネココ
ご主人様 矢吹英二

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

ドジっ子が可愛すぎます

『ラブネコ』の20年後のお話になります。今回の主人公は、『ラブネコ』でロボットを作ってた、朝倉の弟になります。以前のネココは生意気だったけど、今回のロボットのエイジはドジっ子で童顔で体も小さくて、本当に可愛くて悶えます。

朝倉の弟のみなみは、兄にラブマシンを押し付けられます。そのラブマシンは、ドジっ子モデルなんだけど、ドジっ子が酷過ぎて商品にならないと言うのです。そして、みなみが引き取らないと廃棄するとも。
可哀想になったみなみは引き取ることにするけど、そのドジぶりが半端なくて。
でも、一生懸命にみなみのために頑張るエイジにキュンキュンします。
そんなエイジに、みなみも惚れないわけがなくて。ラブマシンが相手なのに、順番をふんでエッチをしようとするみなみにも、好感が持てます。
だけど、エッチの時のエイジのショタっぷりと言ったら…!思わず鼻血ものです(笑)
そして、純情で初々しい二人にも、萌え度倍増です。
それにしても、みなみ兄のドSさには、ちょっと引きます。お仕置きスイッチやら、弟を実験に使うやらで…。エイジはイイ人に引き取られて良かったな~としみじみ思います。

続き同時収録のネココの話では、相変わらずのネココの暴走振りが笑えます。

3

心暖まるショタ風エロ!

前作は未読ですが、充分楽しめました!

いやはや当初、ラブマシン・エイジがドジにも程がある!と突っ込みたくなるくらい使えないコで(笑)それはそれで笑えるんだけど、
ちょっとキレてしまうみなみの気持ちが非常にわかる…w
でもエイジはただのドジなコではなく常に一生懸命だし、愛情持って接すればとんでもなく学習しちゃうのです♪

みなみの為に頑張るエイジが可愛くてたまらない~!
みなみが大好きだから、みなみから何されても平気なんですw
あまり泣いちゃうコは好みでないのですが、可愛いんだからいい!(笑)

そんな風なエイジにみなみは優しく接したくて、でも時折迷ったりオーバーフローしたりしてしまう。人間ですものね。
でもエイジの"みなみ大好きパワー"によって、みなみの心は解かされ、万事解決しちゃうのです♪

とにかく可愛いくて癒される、素敵なお話です。
ネコ耳に大して興味もなく、ショタだからって敬遠しちゃうのは勿体ないくらい!(それは私です。)

後半に少し、みなみの兄・浅倉とラブマシンとのお話しがあります。
ロボを作っておきながらロボをぞんざいに扱う彼が、名無し続きのロボの想いによってほだされていくのが、とてもきゅんとしました。
荒れた心を癒すのは、まっすぐでぶれない愛情なんですよね。
とても好きな彼らだから、もっと見ていたかったです。
しかも浅倉が受けであるのが美味しい!ので、ちゃんとエロを見たかった…というのがこの本での唯一の残念な点であります。

ほんとは☆もう1つ足してもいいくらい、大好きな一冊です。

1

ショタv

最近のBLのショタ率の低さ故に
ガッツリのショタエロを思う存分堪能させていただきました(((o(*゚▽゚*)o)))
や、もちろん年下攻のつよがり受は嫌いじゃない。
嫌いじゃないんだけどマンネリが過ぎると・・というわけで、最近三島さんの本も読んでいなかったわけですが、これはイイ。
これはオイシウございます先生www

お話は、以前あったラブネコの続編というか、番外編というか、スピンオフ的なお話ですね。ラブネコの番外編も収録されているので
合わせて読むとなおオイシイかもしれません。

お話は、ラブネコを作っている天才兄に、廃棄するか譲り受けるかを迫られた
ラブロボットを引き取らされたところから。
いやいや引き受けたものの、いつの間にか芽生えた感情は
親愛だけではなくなって!?という展開。
怒って欲しくて、わざと「え?」なことをしてみせる姿がいかんせん可愛かった。
ドジっ子設定故に、いろいろドジをしてしまうものの
攻のためにと頑張る姿もまた可愛い。
ハジメテの合体~の二人も可愛いわけだが、贅沢を言うならば
ハジメテのシーンは一度しかないわけなので
ガッツ続きリ挿入したところよりも、挿入にかける何とやらがもう少し
ガッツリ見れたら嬉しかったかな。

後半戦、媚薬事件~
攻が媚薬を飲まされるという展開はある意味斬新ww
ありそうでなかった気がするのは私だけ?
普段は、受を大事にしたいが度をこして、優しい攻が
媚薬に翻弄されて、ドエロいオスの顔をする。足をペロっとするシーンが
なんとも言えず妖艶でした。
攻×媚薬。アリ!

兄様の話。
結局合体はなかったものの、時間の問題だと思われる。
この場合、しびれを切らして「入れろ」という兄様がみたいww
続編希望wwにしても、従順に待ち続ける攻萌ですな。
人間ではない。だからこその設定も美味しいと思います。

巻末。ネココ再び!
ショタ攻w懐かしい

2

朝倉…みなみ…ってそっちかよ!!!

「△っちゃん…みなみを○子園へ…」

って、こっちの「みなみ」は男か!!!!!!

無駄に名作アニメ漫画を腐らせるところでした危ない私の脳内。


『ラブネコ』原作からの派生漫画『愛玩キティ』
メインのネコ型ラブマシンは「エイジ」!
かんわええええええええええええええええええ( *´艸`)
サイコパス並みの人格破綻者な開発者の弟:みなみに引き取られ、
アニキと正反対で優しいみなみに応えるべく、ドジっ子なりに頑張るエイジ。
でもその驚異的なドジっ子属性の威力が半端なく、ついいらだちを隠せないみなみ。
まー一気にブちぎれるあたり血筋というか兄弟というか・・・w
切れた時の冷たさがえげつないですよみなみさん。

まあなんやかんやで結局はラブラブな恋人同士に落ち着くわけですが
もーーーーーエイジがかわいすぎて!!
あんな愛くるしい顔を向けられたら理性も崩壊しますわw

ひょんなことから媚薬試薬のモニターにさせられたり
エイジが媚薬気に入っちゃったり…♡
素直に萌えられれるエロエロ漫画でした( *´艸`)♡

みなみのアニキでラブネコ開発者メインの続きお話も入っておりますが
いやーもうどうしようもない性格なのですなあれは。
ドSという言葉がチープな表現に思えてきます。
そんな開発者に一生仕えたいと思うラブマシンもラブマシンです。
二人がそれでいいならいいんですけども。

元作『ラブネコ』の番外編も入ってますが、どうも可愛い猫耳がS攻めっていう設定が
個人的には受け付けず、『ラブネコ』のスピンオフでありながら『愛玩キティ』本編の方が素直に萌えられました。

0

ひぇ~!?首・・・ポロリ(驚)

猫耳ラブマシンドジっ子型・・・なんてベタ萌えツボ設定でしょう♪
かわいい格好でショタ風味まんさい☆
ショタ風だとこれはいいわ♪と思うのは実は攻めのカラダに乗せた時のバランスがちょうどいい具合に収まりまして、
本物の人間のショタなら犯罪級でも、ロボットですからねvちょっぴり心の奥に罪悪感を残しながらエヘっ、とおいしく頂いてしまえるという~

またこのドジっ子・エイジの可愛らしいこと!
確かにドジではあるんだけど、ちゃんと学習能力があって、色々失敗するのは最初だけであとは素晴らしいお手前を披露してびっくり(料理)
こんなに「お疲れ様」なんて甘いものばかり作って、食べてるみなみ太りゃぁせぬか、と思わず心配まで・・・
愛情で成長するタイプだったのね、まさにラブマシンだったと思います。
さて、朝倉兄が失敗作だと弟のみなみに押し付けていったこのドジっ子エイジは実は朝倉兄が片思いしていた矢吹英二に似せて作ったのを「容姿は度が過ぎていたから使いやすいように改造した」って最初に言ってます。
ひょっとして最初って、ラスト番外にある【三つ巴編】の英二の夢に出てきたエイジ・・・これが元の姿続きだったのでは!?
そうだとしたら随分ショタっ子に改造したもので、でも何となく似てる(笑)
で、この兄がつけたお仕置きスイッチが発動した時、滅茶衝撃でしたーーーー!!
何のホラーかと思って心臓に悪かったw
朝倉兄、性格歪んでるよ。

さて、その朝倉が再び押しつけられた女性向け猫耳ラブマシン。
萌え属性とかって、気絶って面白い設定ではあるのですが、ちょっと切ない。
朝倉があまりにひねくれ過ぎていて、この名無しのラブマシンが健気で。
でも、朝倉兄の愛情はこういう風にしか表現できないんでしょうね。
本当に残念な性格。

しかし、『ラブネコ』から
20年後設定って、無茶すぎますよ(爆)
英二いったい何歳ですか?朝倉兄はアラフォーですか?
はっきりと20年後って断言しなくてもよかったのに(汗)と思いますw

5

ラブマシンは猫耳エロボット♡

何度か雑誌ではお見かけしていた三島一彦さん。
先日読んだ雑誌の作品が好きだった&新刊が猫耳という事で迷わず購入♪

元々は『ラブネコ』という作品のスピンオフ?にあたるようですね。20年後の設定だとか。
そちらは読んだ事が無いですが、それでも十分楽しめましたー。
この表題作のカップルのお話が4話+番外編と番外編の描き下ろし+ラブネコ2話、という構成になっています。


◆『愛玩キティ』みなみ×エイジ
天才的なメカニックの兄に押し付けられたネコミミ3Dラブマシン。
要らないと言ったけれど思わず可哀相になって引き取ったみなみは、ラブマシン・エイジのドジっ子ぶりの酷さを目の当たりにして――と進んでいきます。
キャーーーー♡ エイジが小っちゃ可愛くて大好き過ぎます♡
みなみも、言葉は汚くないし優しいので安心感があります♪
お互いが一緒に居る事で、色んな事が頑張れて、一生懸命出来て。
ハプニングを絡めつつ、たっくさんエッチな事も起きていくわけです。
「好きな子には優しくしたい!」とみなみは思うのだけれど、エイジもみなみが好きだしエッチな事をして欲しいので、みなみのスイ続きッチもがっつり入っちゃう。

そして何が可愛いって…お互いが「きゃっ」「ぼっっ」と照れちゃうんですよねー、本当に可愛い、ほのぼのするー♡
ほわほわ癒されちゃいます。

エイジの服装も、どこかしら必ずネコのワンポイントだったりボタンだったりがついていて凄くコダワリを感じて可愛らしい。大好きです♪
元々エイジが造られたコンセプトの中に「僕 男の子だけど本当にいいの?」というのが有るので、割と女の子テイストをふんだんに感じる格好です。
フリフリヒラヒラ、パジャマもネグリジェに近い雰囲気。
私は「可愛いなー似合うなー」と眼福♡

お仕置きスイッチの『発情』を押してエッチなことに励む!
みなみが媚薬を飲んでしまって、トコトンエッチな事をしまくる!
とにかくエロ満載♪な二人。
あんなちっちゃなエイジが足を抱えてみなみを待つシーン…思わず萌えた♡

ただ、ショタや女性的な雰囲気、体格差が苦手な方はご注意下さい。
表紙から見てとれる通り、エイジ(※表紙向かって一番右)はかなりショタの雰囲気があります。

可愛くて可愛くてタマラナイ!
きっとまだこれ、続くんですよね?是非続刊希望です♡


◆『愛玩キティ 番外編』浅倉(兄)×猫耳執事型ラブマシン(名無し)
みなみの兄は、ロボティクス分野世界最高峰の男。
そんな浅倉は女性用猫耳執事型ラブマシンを同僚に押し付けられる。
しかしそのラブマシンには、面倒な機能がついていて――と進んでいきます。
冷血で冷徹で残酷に平気で切り捨てる浅倉。
はじめは「何でもかんでも言うこと聞きやがって」と思うのだけれど、本当に少しずつ少しずつ、心が名無しによって融かされていく。
エロが搭載された単なるロボットじゃない、俺が造ったから人間の心を動かせるんだ。
そんな絶対的自信があって真剣に造るからこそ、名無しの目と脳には主人である浅倉が焼き付いているんですね。

正直、浅倉のようなタイプのキャラって苦手なんですけど、名無しの真っ直ぐに注ぐ愛情とあの台詞に読んで居るこちらもずきゅんと来て、浅倉もそれによって名無しに歩み寄る瞬間がとても良かった!

描き下ろし『浅倉と名無しのその後』では、最中に突如名前のお話になります。
いや、もういいよ浅倉、股間丸出しで色々名無しに言われなさいよ(笑)
たまには恥ずかしい思いもしなさい(笑)
でも「気絶」とか嫌だなぁ…もう少しセンスのある名前をお願いします、ご主人様!


◆『ラブネコ』妄想暴走編・3つ巴編
元祖猫型3Dラブマシン・ネココと、御主人・英二のお話。
『愛玩キティ』のエイジ、の名はココから来ているのですねー!これは『ラブネコ』本編が読みたくなってきました〃
こちらはショート漫画2本立てなのですが、まーネココの妄想が本当に暴走してる!
し、しかも英二の怒るトコね…いやネココの言う通りもっと凄いこと言ってたんだけども…
しかしさすがラブマシン、ご主人様のご機嫌をとるのは得意ですね♡
「だってネココと英二はラブラブだもん♡」で許されるんですからー!

3つ巴編では…これは凄い3P…ネココと、英二ラブマシンと、ホンモノ英二!
ま、これも英二の夢なんですが、ネココったら何て人形を枕元に置いてるんですか、そりゃ悪夢見ますよ英二が(笑)


『愛玩キティ番外編』と『ラブネコ』では、ラブマシンが攻めなんですね。
私的にそれが少し意外で驚いちゃいました。

とにかく可愛い猫耳ラブマシン♡
どのラブマシンが好みか決めるのも悪くないかもしれません♪

4

ドジっ子属性・・・これは鬼気迫るドジかも

全体的には甘々仕様なのですが、初めはなんて酷いのよ、と思えるくらい可哀想。
でも、本当に可哀想なのは、エイジを押し付けられたみなみかも知れないと気が付く。
それでも1話目はやっぱりどこか切なくなってしまう、ネコスキーには堪えます。

猫型のラブマシン、尻尾にラブリーな耳、見てるだけで可愛い萌えスタイル。
チョットのドジなら可愛いけれど、壊滅的なのは流石に困るけれど可愛いのよね。
そしてみなみの兄でもある前のご主人に虐げられてきたけどみなみの為に頑張る姿は
健気で一生懸命、エロもあるんだけどそれがまた萌えカワユイし、思わずウルウルも
しちゃう展開だったりするのですから堪りません。
ロボを超越した二人の恋は可愛くてエロです。

後はみなみのお兄様の番外編、この天才なお兄様きっとS属性ですねぇ~と思いながら
自分が開発した売れ残りロボを引き取り、辛辣に接しているお話。
その二人がどうなるのかも楽しめる内容です。

4

惜しい!

「ラブネコ」は三島先生の中でもかなりの「三島っぽさ」が強い作品でした。
・小柄で強気
・邪悪&無邪気のツートーン
という「これぞちみっこ攻め」というネココは目つきのきっつい子が得意な三島さんの真骨頂ではないかと思うのです。

そして同じテーマを元にしたこの作品。
というか、時代だけは違うけど登場人物は似ているのです。
ネココの生みの親である浅倉の弟、みなみが「絵にかいたようなドジっ子」という事になっているラブドールを押し付けられてしまうという事で。

相変わらず浅倉はロボットだからという理由とはあんまり関係なく、
人のココロもロボットのココロも雑に扱う奴です。
名前も持たされず、ごみのように放り投げられたドジっ子、エイジ。
しかもさすが浅倉としか言いようがない、とんでもないお仕置き装置までつけられてます・・・発動した時背筋凍ったぞ。
でもドジでも頑張るし一途だし、ネコというよりは子犬のような子なのです。

そこでみなみが深い・・・とはいわんか。まぁ並みの並位の愛情を注ぐことによりエイジがちょっとずつ成長するのです。凄いぞ、成長するロボット。
ほだされたと続きころにまたいらんこと考えてる浅倉が渡したお仕置きスイッチは・・・はっきり言ってエロイ。まぁ、ラブネコでも性欲だけは悪い方向に発達してますからね。

とにかく大人になった浅倉のいらんことしぃと性格の悪さぶりが際立ち、
それに振り回されつつ、殆どの人間が理解できるのに
浅倉だけがさっぱり理解できない「人間とラブドールの愛」に目覚めていくのです。

その後に番外編としてくるのがその当人、浅倉編。
ツンで性格わるぅござるな人のデレがやっとのぞきます。

そしてこの本の惜しい!のはどこか。
関係図だよ関係図!なぜ「ラブネコ」の世界の「20年後」にしたのか。
20年後だと、浅倉はもう30代の後半じゃないかっ、と。
どう見てもそんな年には見えない。10年後でよかったでしょ10年後で!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ