わんだふるLOVER(2)

wonderful lovers

わんだふるLOVER(2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
36
評価数
10件
平均
3.6 / 5
神率
20%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799713136

あらすじ

情熱的な初Hを済ませ、ラブラブバカップルになった高阪と志村。
秘密の社内恋愛を満喫するが、同僚・橋本が志村に突然告白!! 抱擁&キスを拒めなかった志村と三角関係に…!!
嫉妬で暴走する高阪を救うのは―!?
チワワが取り持つリーマンラブ、永遠の愛を誓う感動ハッピーエンド+た~っぷり描きおろし付き。

(出版社より)

表題作わんだふるLOVER(2)

高阪蓮 同じ会社の営業課の後輩
志村比呂人 関西弁の先輩社員

その他の収録作品

  • わんだふるLOVER番外編
  • しあわせの向こう側

評価・レビューする

レビュー投稿数4

前途多難な恋人同士

わんだふるLOVERの二巻。
一巻だけでも楽しめる作品なのですが、この二人+一匹がとても可愛かったので続編もあって嬉しいです。

でも一巻のほうがお話は好みでした。
なぜならこちらは一巻よりちーの出番が少ない気がするから・・。
すっかり恋人として落ち着いた高阪と志村ですが、高阪のモトカノが
現れ志村が不安にかられたり、志村の同期の橋本が間に入ってきて三角関係…など前回よりもっと恋愛モードが全開の一冊です。
私は前の、ちーを間に挟んでのほのぼのストーリーが大好きだったので、今回はそういうのが少なくてちょっと残念でした。
もちろんちーは出てくるのですが^^;

高阪はやっぱりもてたんだろうなぁとか、関係を持った人間は多かったんだろうなぁという彼のルーツが見えました。
受けの志村が女々しくなくて、しっかりしてるのが素敵です。むしろ攻めの高阪の余裕のなくなるシーンがいっぱい見られて楽しめました。
ハイスペックな攻めが余裕がなくなって恋愛にがむしゃらになるシーンはぐっときます。
しかし、いくら恋人同士でも強姦は頂けない・・・。それだけ志村に対して必死になっているというこ続きとでしょうが。
ここでもメソメソしないのはやはり志村が年上だなぁと感じました。

最後に、志村にふられた橋本くん視点のお話しが入っていますが、これを読んで彼に愛着を持ってしまいました。
彼を救済してくれるお話しがあればいいなぁと思ってしまいます。

1

ライバル登場に揺れる2人

サラリーマン同士の先輩と後輩が、飼い犬のチワワによって結ばれる、ラブストーリーの2巻です。
1巻で恋人同士になった志村と高阪。そんな2人に、1巻で気になってた橋本の存在が、2人の関係を揺るがします。

やっぱり橋本は、志村が好きだったのです。でも、学生時代に辛い経験をしたことから、傍にいれればいいと諦めていたのでした。それなのに、高阪と仲のイイところを見せられて、我慢できなくなって…。

曖昧な態度を取った志村にお仕置きプレイをしたり、橋本と喧嘩したりと、志村が好き過ぎて暴走する高阪が可愛くて萌えます。
でも、お互いに本音でぶつかって、前よりもラブラブで甘々になってたのが良かったです。
だけど、可哀想なのは橋本です。

『しあわせの向こう側』を読んで、ますます橋本がイイ人なのが分かって、切なくなります。どこかに橋本のお相手はいませんか~?と、スピンオフを希望したいです。

3

あて馬くんに救済を・・・

1巻でくっついた2人が、トラブルをのりこえつつ絆を深め、最後にはプロポーズ。
男同士、2人(と1匹)で一生付き合っていく覚悟が感じられました。

元カノに嫉妬したり、同期に2人の関係がバレたり、相手の嫌な部分も見えてきたり…
色んなゴタゴタを乗り越えて愛を深め、ますますバカップルに磨きがかかる2人が眩しいです。

幼少時の辛い体験から、誰のことも好きになれなかった高阪(攻め)。
高阪は、その過去を志村(受け)に打ち明け、なぜ志村に執着するのか?という理由も明かします。
情の深い志村(受け)なら、自分のことを裏切らずにずっと好きでいてくれるのではないか…という、保身的な発想からはじまった恋。
それを知っても、高阪を丸ごと受け止める志村は本当に度量の広いイイ男です。関西弁もまた、彼のお茶目で温かいキャラクターによくマッチしています☆

メイン2人も男×男って感じでカッコイイのですが、
何より気になったのは、志村の同期であて馬の橋本!!!
志村を心配して高阪に食ってかかったり、志村を抱きしめるが告白はできなかったり…いい奴すぎてチャンスを逃している感じが何とも切ない続き。。。Sで少々独りよがりな高阪よりもこっちとくっついた方が絶対平和だよなと、メインカプそっちのけで彼に肩入れしてしまいましたw

描き下ろし【幸せの向こう側】で橋本の元カレが出てきますが…スピンオフのフラグ?
目の前でいちゃつく志村と高阪を見て、しょーがねーなーなんて笑っている橋本に、何らかの救済措置がとられるといいな~と心から思いましたw
志村のそばで幸せを願うぜなんて殊勝なこと言ってないで自分の幸せも見つけて下さい~~~(切実)。

3

やっぱりワンコが要かも

意地っ張りな関西弁の先輩と結構ずるい後輩攻めとの続編で、恋人同士になり
蜜月状態かと思われた二人に新たな試練がやってきます。
でもその試練を得て互いにもっと深い絆で結びつく結果になるハッピーもの。

そして前作でも可愛らしさで癒されアイテムのチワワ君が今回も大活躍?
受けの意地っ張りな性格が元ですれ違ってしまった時は身体を張ってチワワが縁結び。
しかし、前作でも登場していた受けの同期で友人が二人の関係に気が付いてしまう。
更なるトラブルの予感をさせる展開なのです。
それと攻めが誰にも執着出来なかった過去が受けの知る所になる展開もあり、
受けの男前ブリが発揮される内容でもありました。
前半はバカップルブリが健在なのですが、後半は少々切ない系のシリアス風。
でも、全てを乗り越えた時にバカップルは復活を遂げて子育てものに変化する。
やっぱり素直に気持ちは告げないといけないと思えるようなお話でした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ