メテオライト

meteorite

被陨石砸中的机率

メテオライト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×27
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
50
評価数
15件
平均
3.5 / 5
神率
6.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784812481813

あらすじ

オレはしがない清掃員、恩田都(おんだみやこ)。ゲイである。日々の楽しみは今をトキメク芸能人、香嶋慧(かしまけい)を鑑賞すること。そんなある日、香嶋慧本人に会っちゃった!? 冴えないオジサンに降って湧いた幸運! これって隕石に当たるよりもすごい確率かも!?
他、金貸し×借金リーマンの濃密乳首プレイも収録!!

(出版社より)

表題作メテオライト

フケ専の売れっ子芸能人 香嶋慧 25歳
香嶋ファンの冴えない清掃員 恩田都 39歳

同時収録作品飲み屋とワイシャツとオレ

常連客で大手商社の会社員 芹澤洋一郎 36歳 
飲み屋のマスター 三國亮太 29歳

同時収録作品毒蛇と乳首

金融業者 黒次
会社の金を使いこみした会社員 鳴海隆一 37歳

その他の収録作品

  • 窮鼠ヘビを噛む
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

こんな事あるかい!のゲイドリーム

松崎司さんは初読みで、先入観なく読ませていただきました。
BLというよりゲイ寄りの内容でした。私はリアルゲイもOKの人ですが、苦手な方は注意です。

「メテオライト」
アラフォーでしがない清掃員の恩田都と、今をときめく超人気俳優香嶋彗25才との秘密愛!あ、都が受けです。
出会いはコンビニの雑誌コーナー。彗が都に一目惚れ!の設定。
まあ、ありえないシンデレラ・ラブです。そのありえなさをメテオライト、隕石に当たるような、と例えている。
都は彗との格差恋愛に怯えていて、自然消滅すれば…とかネガティブな事ばかり考えているんだけど、肝心のキラ星スター彗はそんな事全く関係なく、都の心もカラダも満たすんですねえ。王子様でした。
Hは2人共ガチムチで肉弾戦状態ですよ〜。

「飲み屋とワイシャツとオレ」
リーマン好きのバーテン君、三國亮太が主人公。
亮太の萌えポイントは、ゴツイ腕時計とか手の血管、名刺に移った残り香…
そして今気になるオトコは、客であるリーマンの芹澤洋一郎。
あるゲリラ豪雨の夜、店に来た芹澤に言い寄られる!恋の成就です。ご都合すぎるけどネ。
亮太は確かに洋一続き郎の事好き好き大好きなんだけど、リーマンなら誰でも?的な?オイニーのフェチ的な?
洋一郎も流石に引いてます。オレ本人よりニオイなの?でもラブラブの2人です。エロシーンはアッサリ目。

「毒蛇と乳首」
会社の金を使い込んでFXで700万円損した成海。
ヤバい金でもなんでもいいから補填だ〜!と駆け込んだ先が、トライバルのタトゥバリバリのコワモテ金融業者黒次直己。
黒次の融資条件は「乳首調教」!
ハア〜、トンデモBLきましたね。頭をカラッポにして楽しく読むに限りますよ!笑ったもん勝ちです。これもエロ少な目。

「窮鼠ヘビを噛む」
乳首調教の後日談。黒次と成海の間には、それなりに甘い?ラブが芽生えた…っていう事で。

1

決してハードルが高かったわけではないのですが…!

松崎さん、今までお名前は存じ上げておりましたが、
しっかり読ませていただくのは初めてです!!
…ガチムチ系がちょっと苦手だったものですから…;
しかし、某無料ゲイ動画(Japaneseですw)で
結構イケるっぽいな…とツボが広がった感じなので
チャレンジさせていただきました!!w

均整のとれた体格、素晴らしかったですよ!!
しかも、表題作は“冴えないオジサン”が受けですし、
収録作あらすじの【濃密乳首プレイ】にそそられてしまったーww

『メテオライト』
ゲイで清掃業の39歳・恩田都は、
25歳の超人気マルチタレント・香嶋彗の大ファンで
雑誌をコンビニで探していた時に偶然本人と出会い…。

こういう夢みたいな事って無いと思うんですけども
まぁファンタジーなのでそこはツッコんじゃいけないですよねww
冴えないオジサンが若いイケメンにメロメロにされるのは好きです。設定上。
ただ、彗が都を好きになった理由が“一目惚れ”ってだけなのが
しっくりこなかったというか…。
いくらフケ専でも、都でなければ無かった魅力というのが欲しかったんです!
(ワガママ続き言ってすみません……;)
そりゃね、恋に堕ちるのなんて理屈じゃねんだよ!ですけどもね…。
つい引っ掛かってしまって…。
あと、彗が25歳に見えない貫禄っぷりというかww
個人的に、歌とかやらないで、俳優一本で頑張っていて欲しかったなぁ。(知らんがな)

3話目で、都の「大人だからキミよりもしっかりしてなきゃいけないのに…」
という言葉に対しての彗!!キスの後、
「たとえ何歳年上でも…都さんは俺の女なんだから、
ぜんぶ俺がリードするよ」って変装用の眼鏡を外して舌を覗かせるんですが…。
えええええ!!??“俺の女”って言っちゃうの!?
そこで都はかっこいいってドキッとしちゃうの!?
なんか、都が良いならそれでいいかもですが、
この発言に私の気持ちが萎えてしまいまして……すみません…。
いくらネコだとしても、女呼ばわりってどうなんだろう、と。
そりゃ、有名人だし性格もあるから、主導権は握ってて当然かもしれませんが
年下攻めは大好物なのに嬉しくなかったんです…。


『飲み屋とワイシャツとオレ』
リーマン、いいっすよね!!
手の甲に浮いた血管とか、ゴツイ腕時計とか
勿論スーツだって痺れる!!
しかし……顎髭ェェェェェエエ!!!
顎髭は嫌いじゃないんですよ!でも、なんかこう、この顎髭が、
好みの描かれ方じゃなくって……(泣)
本当に、我ながら細かすぎだろ!!って思うんですが
気になっちゃうとダメで……さーせん!!!
あとは、好きな人のにおいが好きっていうのはわかるんですが
「一週間分の洋一郎の洗濯物(汚れ物)なんて天国―♡」
……そっちキちゃいましたか……!
においフェチってやっぱり洗濯前の衣服も込みなんでしょうか…。
でも捨てられてた使用済みの歯ブラシを持って帰ろうとしてたとか、
あかんあかん!!!
「コレがあれば少し離れてても生きていける」と全開の笑顔の亮太が
健気と言えば健気ですが、もう恋人なんだから心を信じようよ……
っていうのはあくまでも私個人の(略)


『毒蛇と乳首』
金貨し屋・黒次と借金した男・成海、弱みを握られているから
本意じゃないけど従うしかないという設定は好きです。
ノンケのいい歳した男が借金の為に乳首調教って面白い!!
一か月もかけて感じさせられるなんてイイっす!!!
…しかし…(出たよ、“しかし”が!!)
描き下ろしで、黒次を試そうとしてわざとデレた事を言おうとする成海、
「いまオレは紅○女の舞台に上がる───!」……。
違ぇぇぇぇぇぇぇぇぇよ!!!!!
紅○女はそんな生半可な覚悟じゃ目指せないし、
ましてやその舞台になんて上がれやしないんだよ!!
マ○か亜○さんのどちらかなんだよ!!!
○影先生は勿論別格です……。
っていうね、他の方からすると「…どーでも良くね?」ってところに
しょうもなくひっかかって作品自体が楽しめなくなったという…。
例えだってわかってるんですが、ガラ○の仮面が好きなのでつい。
アホだと自覚してます…。

松崎さんと、ファンの方々、申し訳ありません!!!
いつかまた松崎さんの作品、リベンジさせていただきたいです……。
本当に体が逞しくて男って感じが良かったんですもの!!

2

オッサンだ~vv

でもね3話入ってたストーリーで一番面白かったのは会社員フェチ!!

水商売をしている亮太ですが、凄いリーマンフェチvv
毎日通ってくれる客の芹澤で妄想しまくってる(笑)
で、その芹澤と付き合うようになったのはいいのですが、とことんヤバかった!!

合鍵もらって部屋で待ってる。
勿論、芹澤は何か料理でもしてくれて待っててくれてるはず!な~んて夢もみますわ。
が、待ってた亮太がしてた事とは?!
溜め込んだ洗濯物に顔うずめてニオイ嗅いでる…
はい、芹澤が思うとおり私も引きます(- -)
でも更にニオイの上があったーっ!!便座カバーですよっっ?!
ハハハ…でも笑えてしょうがないストーリーでした。
こんな亮太でも芹澤にとっては可愛いんでしょう。

2

新天地で頑張ってください!応援してます。

「ガチムチだけどBL」という松崎さんのための「肉体派」というエデンが消えてしまい、
体を絞って典型的なBLに移行するのかゲイコミ向けに脂肪をつけるのか気にしてましたが、
体を絞る方に進んだみたいです。

と言ってもBLとしては筋肉系ではあるのですが、それでも
松崎さんの書かれる「ムチムチオッサン」の中では今回の恩田都は華奢な方です。

話の方も実はもともと持っていた甘さが前に出てきてて、
「コンビニで会った時から一目ぼれだったんだ」
というようなキレイメンがダサメンを拾い上げるシンデレラ的なお話に仕上がってます。

ただ、個人的には攻めの香島に対して
「このルックス&体格で25歳アイドルはまったくもって印象に合わない」
という実感を持ってしまったのも事実。
同じイケメン設定でも「30歳俳優」とかなら十分理解できたんだけどなぁ。
その代わり恩田のくたびれたおっさんぶりのリアルさは他の作家さんではなかなか出せません。これのどこが39か!というような綺麗オヤジでは出せない味が一杯。

むさくるしさはいい個性だと思うんで、このままあいそうなキャラクターを探して続きいかれたらいいなぁって思います。

3

ポップでキュートなガチムチエロス

松崎司さんといえば
渋くてムッチムチな中年/壮年エロスが得手のゲイ系作家さんというイメージでしたが…
竹書房からの初コミックスとなる本書はなんじゃこら超カワイイ!(*゚▽゚*)
過度な筋肉が苦手な人もこれなら読みやすいんじゃないかと思われる、
ポップな魅力満載のガチムチBLとなっておりましたv

ポップと感じた所以は
・愛撫中心でギシギシ度が少ない(以前もそれほど激しくはない印象でしたが)
・おっさんも若者も恋にキュンキュンしてて可愛い
・絵が(自分が知る松崎さんと比べ)だいぶこじゃれていて劇画風味が薄い
……等でしょうか。

それでも松崎さんならではの肉肉しい裸体描写や、フェチ心へのこだわりが光っていて
ガタイ×ガタイやプチ変態プレイが好きな読者にも満足度の高い内容でした☆

全部で3カプのお話が入っていますが、
一番好きというか分かるわ~と共感したのは【飲み屋とワイシャツとオレ】
大人の男萌えの主人公が、手の甲に浮き出た血管にチュッチュするシーン。
大きな手に透く繊細な血管、ガッシリとプニプニの共存がたまらなく好きです!!!(健康的にはよろしくな続きい兆候かもしれませんが・・・)

そのほか、
清掃員のオッサン相手にブラシプレイだったり(表題作)
借金のカタに…を口実にどんどんエスカレート/デレも入ってくる乳首調教黙示録だったり(闇金×リーマン)
どの話もフェチ心と萌えを刺激される大変面白いものでした!

マニアックだけど、
ノリがカラッと明るいコメディ+受けが超気持ち良さそうなので
全然背徳感や痛々しさがない。
ガッツリ最後まで…が描かれないのが物足りなくもあるけど
ガタイのいい男同士が密着して抱き合っているコマが多く、
それだけで十分萌え滾りましたv

3

き・・・筋肉ぅッ!!!

ハアハア(*´д`*)

も・・・萌えました。ご馳走様です。

松崎さんといえば知る人ぞ知るガテン系専売特許の作家さん。
むちむち筋肉オヤジが萌えツボに入ってる私は、
松崎先生の作品を見かけるたび中身が気になっていたのですが、
いかんせん本物の”ゲイの方向けガテン系BL”を受け止め切れるのか自信なくて
思い切れずにいました・・・が、素晴らしいじゃあありませんかああ!!!
こんなチャンスないでしょう!いつもより控えめ!?よりBLっぽく!?
買うしかないです。

すごく萌えました!エロくてお話も面白くてよかったです!!
なんならもっとガッツリエロを入れてくださってよかった!!!←

25歳イケメンアイドルが、四十路の清掃業者のオッサンを頂いちゃう。
それも思いつきでもなんでもなく恋人として!!
フケ専ゲイのトップアイドルってなんだその危険すぎる綱渡り!wwww
このオッサンってのが本当にただの”オッサン”なんですよ(笑)
ダンディとかでもなく、見てくれが可愛いわけでもなく、本当に冴えなさそうな”オッサン”。
そんなオッサンが15も年下のアイドルに自信続きなさげにでも嬉しくて感じちゃって
あわあわなってる姿がなんだこれ萌える。いつのまにか萌える。

個人的には最後の短編漫画、乳首好き変態闇金と会社の金横領しっちゃたリーマンの絡みがツボ!!!
何がってその闇金!金貸し!すっげー『マッチョ刺青悪人ヅラ』!!!!爆
ほんとうにリアル。あんな金貸し紹介されたら失禁します私たぶんw
なんだろうあの見事なマッチョぶり。似合いすぎる刺繍。
自分こんなワルに惹かれる要素持ってたか?ってくらい萌えましたwww
次はぜひ乳首ではなく下半身でおねg(※自重。

ムチムチが許容範囲なあなた、はまりこんでしまうかもしれません。

5

斜め上の悦楽

松崎さんらしからぬ表紙と帯にすわ何事とレジに走り、
そして紐解く事小半時…。
評者も良い年こいた読者風情でございますが、なんとまあ
ニヤニヤが止まらない止まらない。
今までの松崎さんの「型」をお望みの方には物足りない
一冊となりましょうが、デレ倒す野郎共が見たくて見たくて
辛抱たまらんと言う方には黙ってすっと差し出したい
一冊でございます。

表題作も併録作もオッサンが若い野郎に振り回された上で
あれやこれやと言う話です。
まあここまでなら今までの松崎さんの「型」にはよくある事。
しかしここにデレ成分がいつもより多目に入っただけで
ここまで変貌するのかと言う新鮮な驚き。
いつもの作品とは明らかに成分配合が逆転しています。
しかもそれが飛び切り美味しい。
イヤハヤ、ええ収穫でした。

9

あれやこれやの色々のこだわりが爆笑

筋肉&おっさんの肉体派!がなくなって、何とBL誌のQpaで松崎作品が見られるとは♪嬉しいことです。
ゲイ寄りのあちらに比べれば、ガタイは良いですが、筋肉同士のぶつかり合いのような表現も含め若干抑えめにしてます。
元々肉体派でも、ゲイものに比べものすごくエロエロという作家さんでもなかったのでこの作品もさほどエロエロというわけではありません。
シチュがエロいんですよね~☆
この1冊に3作品が掲載されているのですが、それぞれに設定されたそれが、こだわりになって、人物設定と相まって自分には滅茶萌え萌えする要素に♪
舐めるようにページを見て、もう最初から最後までニサラニサラすることといったらv
絵柄自体と、展開の即物性に好みが分かれる作家さんだとは思いますが、ガタイ良しもおっさんもOKなら楽しんでほしいな、と思うキャラとシチュを楽しむ一冊。

【メテオライト】
隕石の鉱物のことですが、その落下してきた隕石に当たる確率より低いだろうとんでもない雲の上の憧れの人と恋人になるという意味での題名。
39歳、アイドルオタクの根暗ゲイの清掃員の冴えないおっさん都が、コンビニでその憧れアイ続きドル香嶋慧に出会って、一目ぼれされてお付き合いが始まるのですが・・・
この慧がフケ専♪年上の50過ぎの恋人と別れたばかりという(驚)
恋ゴコロが云々よりは、「好み」とか「憧れの人」が優先した設定。
ここで楽しむのは、都のむっさいおっさんぶり♪
本当にね、冴えない外見。ヘタレすぎて自分に自信がもてなくてウジウジしてるんです。
怒れるどころか、このおじさんのネガティブが可愛く思えてしまってね~♪
一体どこがいいんだろうか?と思う位だけど、そういう冴えないところが慧は好きなんだから仕方ないw
めいっぱい執着束縛愛を見せてるのです。
いつもスーツとかTシャツが多い人物描写の作者さんが、芸能人という華やかな設定だけに、衣装を色々考えてるのが見えてそれも楽しめる。
ただ、慧の体格がいいのでニット帽にジャケット&腰にモフモフはちょっと(笑)
そしておっさんのスーツの似合わないことといったら(爆)
作中、慧がよく都の事を「オレのオンナ」と呼ぶのがちょっと気になったのですが、オンナかな~?でもやっぱりオンナかもしれないと、ちょっとそこに気持ちの浅さを心配してしまったりもしてしまったのですが…
久々に39だけどおっさん☆堪能しました。

【飲み屋とワイシャツとオレ】
高校中退で親の残したバーをやっている青年・亮太は自分がなれなかったからかリーマンに萌えを見出している。
客としてやってきた芹沢はまさに憧れのリーマンでv
そんな二人が恋人になる話ですが、この話の見どころは亮太のフェチ!
リーマン姿の芹沢に惚れてはいるけれど、それはリーマンアイテムと身につけているカラダとそこから漂う体臭にまで執着するフェチなんです。
この匂いフェチが半端なくて、芹沢の家に呼ばれた時、芹沢は家に帰ればご飯をつくって待っていてくれるかと期待していたら、なんとずーっと洗濯ものに埋もれて恍惚と(爆)
この変態丸出しのフェチが楽しかったのです。

【毒蛇と乳首】
まさに題名通り、蛇に狙われて乳首調教されるリーマンという話。
雄っぱい、というより本当に乳首ですw
会社の金を使い取引に損失を出してしまった成海が、それを返済するために同僚に紹介してもらった金貸しの元へ行くと、その返済の代償は何と!「乳首調教」
この金貸し黒次の乳首フェチによって成海が開発されて、しまいに給料も生活も乳首もアッチも奪われてしまうという、まさに全てを食らい尽くす蛇=毒蛇?な感じで黒次が描かれていてブラック風味のコメディタッチに思わずニヤリ☆
しかし、この黒次、描き下ろしでツンデレが判明(笑)そしてメガネをとると別人みたいな糸目で笑っちゃったです。

ああー楽しかった☆☆☆

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ