君が大人になる前に

kimi ga otona n naru mae ni

君が大人になる前に
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
52
評価数
16件
平均
3.3 / 5
神率
12.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784041206911

あらすじ

受験生の都留貴文は片想い相手の予備校講師・仙波が実はアルバイトの大学生だと偶然知ってしまう。そして、都留の気持ちを見透かしていた仙波から口止め代わりに恋人ごっこを持ちかけられるが…?

表題作君が大人になる前に

仙波裕樹 予備校の講師で既婚者29才?
都留孝文 大学受験を控えた予備校生

同時収録作品いい男には秘密がある(前後編)

梶 営業部1課のトップで大学時代の後輩
日生 営業部2課のトップで大学の先輩

同時収録作品世界で1番長い夜の旅

瀬野 大学時代の恋人
黒田彰 出張帰りのリーマン

その他の収録作品

  • 先生のリスト
  • 長い週末
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

王道は王道でも

受験生と塾講師のお話と、サラリーマン同士のお話2編が入った作品集。
どのお話も、王道なラブストーリー。

ではあるんだけど、この王道、どこの世界の王道かっていう、、、、

とりあえず、間違いなくBLの世界の王道だなって思うのは、ライバル部署で年の近いのサラリーマン同志のお話「いい男には秘密がある」
会社ではライバル、プライベートでは仲良しだったのが、ただの仲の良い友人の範疇を乗り越えて恋人として付き合うようになってけど、、、
こういうパターンの仕事と恋愛、どっちを?みたいな話は、BLの王道でしょう。
短編の「世界で~」の、大学生時代に振られた元恋人に偶然であったら、、、なお話も、
男同士で付き合っていくことに怖じ気づいて一度は逃げたけど、やっぱり忘れられないって展開は、BLの王道だと思う。

しかし、表題作は、王道は王道でも、少女マンガかレディコミの王道じゃないかと、、。
そのへんが、ちょっと残念。

1

普通にほんわかしただけではない。

自分本当に、萌えるだけで易々と神本にはできないたちで・・・
勿論この本の評価ポイントもそれだけではないのです。
それだけだったら普通の「いいBLなお話でした、はいスルー」なのです。

この本に思うのは
「こんなにエロい上半身があってもいいものか。」
という事なのです。

例えば、にやけた仙波の口元、下唇。
そして攻めだけでなく受けもガチムチにならない程度に適度に骨っぽい大人の体。

あとサガミワカさん以外ではほとんど見ないアングルがあると思うのです。
例えば攻めの背中からの俯瞰。
受けから見上げた時の攻めの汗と微妙に遠い乳首。

あと、今回は全体的に受けさんが積極的だった話が多かったですね。
そこも実は自分のストライクゾーン真ん中。
新幹線の話だけはサガミワカさんでなくてもいい話に感じて「単調!」と思いましたが、残りがそれを補っていて、すれすれですが神棚行きです。

3

眼鏡が素敵

表題は予備校生と塾講師の擦れ違いラブなのですが、個人的にはもどかしい感じが好き。
それに塾講師の秘密と言うか、本当の姿にちょっとびっくり、どれだけ頭が良いの?
なんて思いながら、大学生が29才の既婚者のフリしてバイトなんて面白い設定。
それに、大学生の仙波さんより伊達メガネで髪を少しバックしてる姿が素敵萌えでした。
やっぱりインテリ眼鏡大好きです(笑)

そして予備校生の都留くん、熱い視線で見つめるけど相手はノンケと諦め憧れのまなざし。
それがひょんな事から仙波さんの秘密を知り、自分の思いがダダ漏れで、
秘密を守ったら付き合ってやると言うオレ様状態で言われムッとしながらも
甘いキスに逆らえなくなるまだまだお子様なのです。

まだまだ大人になりきれないお年頃の同性との恋、恋人ごっこに満足できず
恋するが故に真剣で一途な思いを相手にぶつけるけれど逃げられる。
都留くんの切ない恋心にキュンしちゃいます。
そして仙波さん、意外にずるい男でしたが、相手を思えばこその別れだったのですが、
結果的にこちらも意外に一途な感じでしたね。

同時収録の2作品も同じように誤続き解や擦れ違い、好きだけれど別れてしまって
再会してのやり直しハッピーものと、オフィスラブの先輩後輩の仕事を背景にしたお話、
それぞれ切なさと甘さが程よく出ている作品で良かったです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ