花降る国のウエディング 情熱の王子に無垢な花は奪われる

hanafuru kuni no wedding

花降る国のウエディング 情熱の王子に無垢な花は奪われる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784799713181

あらすじ

高校生の颯良は、母の結婚式で訪れたアステールで、凛々しく高貴なアレクシオスと出会う。
漆黒の力強い瞳に見つめられドキドキしていると「明日も君に会いたい」と強引に迫られて。
翌日、颯良はこの国に伝わる幻の花の話を聞き、その花を母に贈ろうと探し始める。困難だと分かっていても助けてくれる彼に颯良は惹かれ、思わずキスしてしまう。
だけど偶然、アレクシオスがこの国の王子様と知り、二人は引き離されて!?
ウエディングラブ!

(出版社より)

表題作花降る国のウエディング 情熱の王子に無垢な花は奪われる

アレクシオス 神殿で颯良に声を掛けた男 25才
永瀬颯良 母の再婚で神殿で結婚式に参加した18才

その他の収録作品

  • 星降る夜のマリアージュ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ロマンティックウエディング

幸せの国の王子様と高校生の運命の恋のお話で幸せの国で代々語られている
幻の花で原種のマリス・ステラが導くウエディングストーリー。
マリス・ステラ、聖母マリアを指す言葉として記憶していたのですが、
今回の話では、海の星と訳す方がぴったりくる気がするのは読み終わった後の感想。

幸せの国として、ウエディングを夢見る人の憧れの聖地アステール、
そこへ、再婚する母親と共に母の結婚式に参列する為に来た受けの颯良。
自身が二人の間を取り持ったのに、いざ結婚式を迎えると颯良は寂しさと胸の痛みを
覚えてしまい、心から二人を祝福出来ない事に自己嫌悪してしまう。

そんな時に結婚式を挙げた神殿で煌めきを纏っているような男性と出会い、
心にくすぶっていた思いを見知らぬ相手に吐き出してしまう。
初めて出会った相手に、子供じみた母への思いを話したことで颯良は今度こそ
両親に祝福を云えるように、幸せの国の幻の花を神殿であったアレクシオスと
帰国までの数日間に探す事になり、その中で徐々に二人の距離が縮まり、
伝説の花を背景にしたロマンティックウエディング。

身分違いの恋で、直ぐに続きは傍にいる事が出来ない二人、一旦離れる事になっての
再会ラブでもありますが、全体的には甘い雰囲気のお話で、イラストの周防佑未さんの
絵柄とはちょっと違うようなイメージを読んで感じましたね。
周防さんのイラストだともっと荒々しいイメージが本編作品にも欲しいところですが
読み始めて終わる頃には違和感が無くなりました。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ