女子による女子のための18禁BLレーベル・「X-BL」第2弾?

【18禁・数量限定本】エロとろ R18

ero toro

【18禁・数量限定本】エロとろ R18
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×27
  • 萌6
  • 中立7
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
14
得点
68
評価数
27件
平均
2.9 / 5
神率
11.1%
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
X-BL(18禁BL・リブレ)
発売日
価格
¥1,200(税抜)  ¥1,296(税込)
ISBN

あらすじ

フェチズムの究極がここに…!!
すべてのフェチを網羅する。性的フェティシズム解放!

あの「エロとろ」が18禁になって、とろ濃度UP!
【エロ】×【萌え】×【ストーリー】に【タブー】をプラス!!

◆表紙イラスト
阿仁谷ユイジ

◆ラインナップ
阿仁谷ユイジ、彩景でりこ、カシオ、市川けい、仁茂田あい、木村ヒデサト、峰島なわこ、サトニシ、やまねむさし、やしこ、はらだ、岡田コウ、他 豪華執筆陣!

(出版社より)

表題作【18禁・数量限定本】エロとろ R18

その他の収録作品

  • 阿仁谷ユイジ「SWEETvSWEETvMONKEY」
  • 彩景でりこ「最後のひと」
  • 市川けい「風の隙間」
  • サトニシ「展翅板の上」
  • はらだ「変愛」
  • 仁茂田あい「three piece!」
  • やしこ「help?」
  • やまねむさし「SICKLY」
  • カシオ「催眠術入門」
  • 木村ヒデサト「おれ、被害者」

評価・レビューする

レビュー投稿数14

読み応えあります

阿仁谷さん、彩景さん、カシオさんといった、私が好きな作家さんが執筆陣に名を連ねていらっしゃったので読んでみました。
全部で370ページを超える雑誌なので、読み応えあります。
18禁とはなっていますが、H度については作品によって差がある印象でした。
全体的には、18禁の範囲に入るのかどうか私は分かりませんが、濃厚な絡みが多かったと思います。

上記に挙げた作家さんの作品で一番好みだったのは、カシオさんの「催眠術入門」。
催眠術が登場する作品も珍しいし、なんと言っても受け様が可愛かったです。

初めて読む作家さんもたくさんいらっしゃったのですが、その中で特に好きだったのは木村ヒデサトさんの「おれ、被害者」。
予想外の展開にびっくりさせられました。
シリアスの中にもコミカルな所があって、お話を読ませてくれる作家さんだなと思いました。

0

R18って、、、、?

R18とかエロとろとか関係なく市川けいさん目当てで購入。
お目当ての市川けいさんのは、予想以上に萌でした!!
大学院生の後輩×先輩なのですが、攻めの子も受けの子も非常に可愛い!!!
初体験の時に痛くて「またしたい」なんて思えなくても相手が好きだから肌を合わせたくなる。とかって!!
攻めの子も受けを気持ち良くさせたくて勉強してるとか!!そんで上達し過ぎだし!!
ほんっとーに可愛い!!一番最後のキスのコマも可愛くて!!
終始萌えまくりです!!
R18の必要性はなかったんじゃないかなぁー?と思いますが市川けいさんのえっちは可愛くて大好きです!

他の作品もわざわざR18の必要性を感じません。これくらいなら、普通のコミックスでも書かれてない?なんて思っちゃいます。

正直、他の作品にはあまり萌えられず、、、
でも、バラエティーに富んだ作品が収録されてますので、好みのが見つかる、、、かも?!


0

きっとお気に入りの作品が見つかるはず

普段アンソロジーは購入しないのですが、好きな作家さんがいたので購入してみました。
色々な作家さんやCPも楽しめるし、すごく買ってよかったなーと思いました!

特に萌えたのは峰嶋なわこ先生の「Oh mu chubby baby!」でした。
ドSな伊高くん×ぽっちゃりな花岡さんのお話です。
今までぽっちゃりの男性には全く興味がなかったのですが、これを読んでぽっちゃりな男性に目覚めました(笑)
伊高くんにいじめられてる花岡さんが可愛すぎて可愛すぎて…!
泣いた顔、困った顔が特に可愛くて、ついいじめてしまう伊高くんの気持ちがよく分かります(笑)
もちろん笑った顔も可愛いですよ!へにゃ~って感じで笑うんです!とても可愛いっ!
ぜひ皆さんにも読んでみてほしいです。
もしかしたら、ぽっちゃりな男性に目覚める方がいるかも…?!

峰嶋先生の作品のことばかりを言っていると「他は?良くないの?」って思われてしまうかも知れませんが、もちろんそんなことはありません!
他の作品も本当に萌えます!
数量限定本らしいですが、書店でもまだ見かけましたし通販などもまだあるようなので迷っている続き方は購入してみてはどうでしょうか?
もしかしたら、近々在庫がなくなってもう手に入らないなんてことになるかも知れませんしね。

最後に…これを読んで「ぽっちゃり男性が好き」って人が増える事を密かに祈ってます(しつこくて申し訳ないです)

2

18禁は、そこに置いといて…

数量限定に弱いもんで、買わなきゃ!と変な使命感で購入。

初感:18禁の定義が分かりません。
このアンソロは色んなフェチが読める点、ストーリーがわたしのツボを捉えている作品が多い点は、とても良かったです。しかし、わざわざ18禁として出すには期待外れな部分が大きく【中立】になってしまうので、その点はさて置き。作品についての所感を述べたいと思います。

私が一番萌えて、好きな作品。一番最後に掲載の『おれ、被害者』

冴えないオタク男が、世の中嫌になり、死ぬ前に、人生を謳歌しているイケている男を誘拐して、一緒に暮らしていく上でお互いに依存してしまうお話。なんでしょうか?絵柄は雑ですが、ストーリーに心奪われました。

その、誘拐男が拉致した男に言いくるめられて受け側になった所では、え?この状況下で受け?と心の中でツッコミしてしまいましたが、この受けの慣れないキスや仕草に萌えたのです。
拉致られた方が主導権握ってるところも良いですね。捕らわれの身なのにポジティブな攻めが清々しい。

ストーリーの後半で、行為の最中、買い出しに行ったまま戻ってこなくなった攻め。行為の最中の姿続きでお預けを食らった受け。まさか、あんなシーンになるなんて予想出来るようで予想外でした。妙に落ち着いた攻めの行動に違和感があったのですが、そこでタイトルとリンクするんですね。苦手なバッドエンドで終わらなくてホッとしました。
*絵に、腋毛・陰毛・すね毛があるのは高ポイントです!

次に良かったのが、
ゲイイケメン×デブおっさんのお話。
『Oh My chubby baby!』
最近、おデブさんの出る作品が熱い!
女々しすぎて萎える所もありますが天性の受け気質で、エロシーンは、ギリ18禁な感じでした。

作品の感想とは別に、18禁の部分について、もう一度考えてみました。考えても考えても答えは出なくて。それならいっそう、終始エロシーン、局部全開露わなら18禁!とか、観てて痛々しい激しめのSMなら18禁!とか、スカトロありなら18禁とか、何か定義付けしないと、18禁は成り立たないのではないかと感じました。

3

帯の嘘つき!!(ネタバレじゃないけど閲覧注意!)

「すべてのフェチを網羅する」とか
「エロ×萌え×ストーリーにタブーをプラス」とか
書いてあるけど、近親相姦とか監禁とか強姦とかで
ストーリーが深くて萌えてエロって
どんなストーリーだよwwwwと、まず思ってしまった。

帯、これは嘘つきの始まりです!
毎回思うけど、過大広告って感じですね。

で、ざっくり感想を言うと
先日発売したエロほんよりはマシ。面白い作品もあった。
でもこれは作家さん一人一人のポテンシャルによるもので
こんな風にまとめる必要性はやっぱり無いんだよなーって。

18禁にする必要性も、女性向けならそこまで無くて
もっとストーリー性が重要だと……そうしたら短編は明らかに不利。
エロだってあんなに擬音書いてグチュグチュさせたとこで
一歩引いて冷めちゃうようでは意味が無いんですよ、と。
嘘っぽいんだよね、要するに。エロが嘘っぽくて薄っぺらい。
ただツユダクにしてもね~画面が埋まるだけでエロくなんないんだって。
そろそろ怒って来たよ私!

BL自体が世間のタブーであること忘れてないか?リブレさんよ。

エロ売りにするなら、もっと続きちゃんとやって欲しい。
もっとエロに理解ある社員さんはいませんのか?
ストーリーは斬新な切り口なものもあっただけになんだか残念。

16

要は好きな作家さんが描いているかどうか

買わずに、そのうちコミック化されるのを待とう!
そう思っていたのですが、
阿仁谷ユイジさんの「男子迷路」の続きが読めると発売後に知って、慌てて購入~~
売り切れになっている本屋もありましたが、
結構売れているんですかね?
やはり限定をかけて煽って売ると売れるのでしょうか?


内容としては、
少し前に出た「エロほん」に比べて、エロ度は高くないものの、
馴染みのある作家さんが、わたしはコチラの本の方が多かったのもあり、
ストーリー展開にバリエーションがあり、
読み返したい作品が多くあって、買ってよかったです。
ただ、
R18にしてエロを前面に出し、
「エロほん」よりも200円ちょい高い値段で売り出していることを考えると、
納得がいかない人が多く出ても仕方がない気がします。

それに、
トリを飾っている作品が、木村ヒデサトさんの「おれ、被害者」で、
たしかに強いインパクトにはなると思いますが、
美しさも格好よさも爽やかさも感じられない絵と内容で(すみません、主観です)、
読後感的にどうだろう……と。
ヒデサトさんはまだコミックは1冊しか出して続きおられないので、
初めてという読者も多くて、嫌悪感を抱いた人も結構いたのでは?と心配になりました。
すみません、わたしも初めてコミックを読んだときに、
絵とインパクトのある展開にやられて、「なにこれ、ううう…」となったもので…
(免疫がついて、今はだいぶ内容を楽しめるようになってきましたが)

個人的には、
阿仁谷ユイジさんの、
「男子迷路」の続きのサル×伴内兄の話で、
受け攻め逆転の葛藤とその理由や、他のCPとの楽しいやり取りが見れて感激でしたし、
市川けいさんの、
大学研究室の後輩×先輩の気持ちいいセックスを初めて体験!の話では、
「こっち向いて笑って」の浅野くんのナゾの同居人が脇役で出ていて嬉しかったですし、
峰島なわこさんの、
お腹のお肉で立っているとナニが見えないくらいの、おデブちゃん(34歳)は、
イジメたくなるのも納得~~という可愛さで、笑顔と泣き顔にくらん~~ときました☆


「エロとろ」というタイトル名と、
R18の規制がこの本の内容に合っているかは疑問だな…と思いましたが、
アンソロ本としては楽しめましたし、
この本の出版があったことで、載っている作品たちが生み出されたというならば、
読めてよかったので、出版してくれて感謝だなと。
(でも、もうちょっと安くて手に入りやすいともっといいけど…)

11

帯に短したすきに長し

リブレの位置的には「シトロン」のアンソロにあたるエロとろ。
今回出されるX-BLの中で一番立場が微妙で難しいと思ったこの1冊です。
前回の出版はR18でなくて「エロ×萌え×ストーリー」
シトロン自体がエロが少なめというかほとんどない雑誌でしたから、必ずエッチの登場するストーリー的にも読ませる話が掲載されている程度の認識でいて、まあ、正解ではあったのですが、それをR18にするとどうなるのか?それが今回。

R18の理由が全くわかりませんでした、っていうかR18の必要がないと思った。
これだったら、ほんとう!通常運転です。
ちょっと、イチモツのセキララ描写のある作品があるものの、アングルを変えれば隠せる程度。
阿仁谷作品などは、表情がエロいのであって局部描写なんてほぼゼロ。←まさに通常運転。他の作家さんの作品も、どれも自分的にはエロ描写は全部通常運転の範疇。唯一エロ特化なのが、はらださんの作品。
例えば普段の市川けい作品はほとんどエッチがないのだが、今回それが登場するが行為シーンというだけでR18に該当すべきコマは一切ないのだ。(それが貴重だとも言うかもしれないw)
続きの作品についても、この本のこの程度のエロ描写だったら、単行本掲載時の描き下ろし番外がエロシーンがあるという程度の範疇なのでは?
リブレさんは、エロ(エッチ)シーンはR18にすべきという姿勢なんでしょうか?シトロンはエロ大目はR18にしますってことでしょうか?
読ませるストーリーとエロは共存しないと言われるが、これはそれをやってますよ。という見せ方なら雑誌でやってもいいじゃないですか。
何だかR18にすることが、うちは他社と違うんですよ。
ちゃんと線引きしてますという、一見作家さんや読者の欲求を満たす顔をしながら役所のご機嫌を伺っているようなそんな姿勢にしか見えない。

さて、R18について厳しい意見を落としたところで・・・

テーマをフェティシズムとした為に、それを読ませるストーリーとして見せようとすると、フェティシズム=性的倒錯 がテーマだけに為に若干ディープなものがあって、こういう場合は読者の好みが大変に分かれるものであるので、読者によっては好き嫌いが出てくる作品達だとは思う。
しかし、一個一個の作品は、出来としては良いのです。どの作品も興味深く面白く読めました。
個人的に気に入ったのは、サディズムとブラック展開の彩景でりこ作品、デブ受けの峰島なわこ作品、無意識の意識を催眠術で表現したカシオ作品、超ブラック仰天展開ダークホースの木村ヒデサト作品。
若干ほの暗さと、後ろめたさ、ベトっとしたものが好きな自分には、好みなのでした。
しかし、読ませるとエロを共存させようとするとこういうディープな世界でしか表現できないのであれば、またディープなフェチやら倒錯やらは、子供には理解できないからR18という意味だとしても、このテーマアンソロは存続は難しいでしょう。
だって、「泣けるBLのエロとろ」って想像できませんもんねw
ディープな世界というのは、そればかりで1冊にするよりも、様々な作品がある中の1本にとどめたほうがインパクトも大きく好印象を残すものだと思うのですが…

作家さんの描く作品はよかった。
だけど、R18の限定高額冊子として販売する本の意味と位置付け、出版社の意図、
そうしたものを考えた時に「特別な本」としての位置付けからの評価は低くなるのです。

11

茶鬼

ふぁんとむさま
コメントありがとうございます。
お返事が長くなりそうだったのでメールにて送ってあります、
ご確認ください。
宜しくお願いします。

ふぁんとむ

初めまして、ふぁんとむと申します。
「エロとろ」の木村ヒデサトさんの作品、「おれ、被害者」のオチの意味が
何度読んでもどうしてそうなったのか分からず、真相を解明するべく
検索を掛けたらこちらのページに辿り着きました。
私も若干ほの暗さと、後ろめたさ、ベトっとしたものが好きなので
どうしてもハッキリさせておきたくて…。
結局、「おれ、被害者」に出てくる彼らたちは何がどうなってああなったのでしょう?

いきなり変な質問してすみません…。

うーん…

中村明日美子先生の作品が読みたくて買った、昨年のPink Goldが18禁としては残念すぎて(中村明日美子先生の作品はツボでしたが)、エロほんはどうかな?と思って買ったら私的にはガッツリ18禁で萌えたのだが…エロとろでガックリでした。
阿仁谷ユイジ先生の絵や漫画は好きだけど、えっ!?って思うくらい普通の内容で、全く18禁じゃないなと思いました…。
そして、そして、いくら18禁と題しても、作者さんには悪いですがDEBUはないですよ…萎えました。
好きな人には申し訳ないですが…私はブサメン受とかも受け付けない。
(あ、でも、ブサイクおっさんがイケメンとか可愛い子ちゃんに痴漢とかするのはOK!(笑))
そういう系のものは、別にそういうのもOKな方達用に出して欲しいですね。
私の中で一番良かったのは雄っぱい!乳首責め最高です(笑)
この作品があったので中立で(_ _)
そして、問題のシーンがあった被害者ですが…一瞬、あれ?どうしてこうなったんだっけ?と読み返しました。
まあ、あーゆうシーンは私的にはありでした。
お話の流れやキャラの性格などを思えば、この道しかなかったんだな続きと納得。
結果的にはbadではないし、良かったと思えます。
あのシーンのあとで幽霊になってめでたしじゃ、これはまた萎えるとこでしたが(..;)
中村明日美子先生の作品が載っている、Pink Gold 2に期待しましょう。

3

18禁にこだわりすぎ……?

昨年の『PINK GOLD』、前回の『エロほん ぶっかけ』そして今回の『エロとろ』……
何かどんどん個人的に評価が低くなってる気がします。

前作よりは、えちシーンのみといった作品は少なくなっていますが、そのかわりぶっ飛んだ設定、話が多かったように思います。
もともと今回の執筆陣は自分が全然読まない作家さんばかりで、ただ好みが合わないだけかもしれませんが。

特に最後の「おれ、被害者」は、違う意味でも18禁……?
ショッキングな描写があって、ボーイズラブってなんだっけ?って思ってしまいました。

毎回毎回この場で叫んでいますが、私はリブレさんらしい、可愛くてせつなくてハッピーなお話が読みたいんです!!!
えちシーンは十分お腹いっぱいですから!!
なんだか18禁に捕われすぎたのか、野暮ったいAVみたいな感じがしました。
BLって幸せなものですよね????

7

トータル的評価は中立…ですね

個人的に凄く楽しみにしてたんですが、イマイチ消化不良というか…。
いや、ガチ兄弟とか自分的萌え要素は沢山ありましたし、ドS×デブとか新たな萌えも開拓できましたけど…もう一度読みたいか?と聞かれると………な内容でもありました。
ただ最後の「おれ、被害者」は、え!?まさか!!!ってな展開に妙に印象に残ってます。が、果たしてこれがBLになるのかどうか微妙なところもあり…。割り切って楽しめるなら有りかと思いますが個人的には中立ですね。多分期待しすぎたのもあるんだと思います。しかし、デブいいですね!!wこればっかりはキュンとしました^^

2

楽しめました。

ぶっかけが残念な感じだったので、期待しすぎないようにしてましたがよかったです(=゚ω゚)ノ

まずユイジさん!表紙もいい〜ヽ(´o`
迷路男子の続編〜。よかったです。えんちゃんカプは完璧な飼育ではリバになっていたことは知ってましたが、年上なりのプライドとかいろいろな感情があってここまできた2人にキュンキュンしました。ユイジさんのえっちシーンは毎回悶えます。私は。
続きものはファンにとってはいいけど知らない人にとってはどうなんだろう。。。
でも、エロいすよ。

あとはデブ童貞ありの兄弟LOVEありの親子で3Pありの催眠術ありーの、ヤンデレ?勝手に死ぬなんてゆるさねーよ的なカプもっとやっていただけたらよかった(笑)

デブ童貞は可愛かったです。攻めの気持ちよくわかります。
これから受けは攻めにいじり倒されまくるんだろうなぁ〜とかなり続きを期待してしまいました。

18禁の中で18禁?とは思いつつも以前のエロとろ読んでないのでわからなかったですが「やまねむさし」さんの話がほのぼので好きになっちゃいました。
受けが男前なところがほのぼの~。

18禁ならではの禁断続きな関係あってよかったです。
年一発行かな?つぎはピンクゴールドなので楽しみ

6

まぁ、普通?

PINK GOLD が不発気味だった気がするし、その後のぶっかけはなかなか良いと思った後のこの「エロとろ 」タイトルから個人的に感じるのはトロトロになるまでエロ甘とか
ねちっこくかと期待していたのですが、ちょっと外された感じでしょうかね。

ガチ兄弟もの、先生と生徒、デブ専なのかと思える会社の先輩後輩、ガチ親子と父親の
友人との3P、童貞上司と初物好きの部下の下克上から童貞上司の奪い返し、
友人同士の早漏相談から身体から始まって恋人になる話等バリエーション豊富なのに
これはっ!!と思えるのが無かったですね。

しいて言えば、木村ヒデサトさんの「おれ、被害者」がインパクトありですかね。
のんびり好きな歴史を教えることを夢みていた平凡な高校教師が軽薄な学生や
今までの鬱屈した感情が爆発して見知らぬ大学生に刃物で脅して~~~
しかしその被害者は意外にもしたたかで元は生真面目であろう相手に口八丁手八丁で
刃物を取り上げセックスしちゃう、怖いんだか痛いんだかコミカルなのかと
妙に気になるストーリー。

うまい具合にオッサン先生をネコにしてウマウマ逃げようと思ったら手続き錠が付いてて
監禁状態、結果的にはええっ!!痛い終わり?と思ったら違った!
加害者被害者がいつの間にか逆転して、そこからエロ愛まで生まれてしまう。
シュールでコミカルな感じで面白かったです。

6

隙間を埋めるもの

低い評価を導き出してしまうのは期待への反動かも
知れないと思い、出来るだけ雑念を鎮めて再読して
みました。
しかし、残念ながら評者の中での評価が覆る事は
ありませんでした。

確かにBLアンソロジーとして評するならこの一冊は
限界スレスレまでを描こうとした佳品であると言える
かも知れません。
しかし、エロを前面に押し出していると言う事で捉え直すと、
そう言う枠の中でBLであろうさせようとする拘りが
余分なえぐ味となって読後感に作用してしまい、
エロとしてもBLとしても中途半端な空気だけが漂って
いると言う風に評者には感じられます。

以上が評者の求めているものとこの本の方針が違う為に
発生したものであるならば、と願っております。

10

帯の期待を超えてきた

ほぼ全ての作品がストライクでした!
帯に『性的フェティシズムの解放』とありましたが、まさにそうでした。作家さんごとのフェチやストーリーのリズムが違い飽きずに最後まで面白かったです。それぞれの萌えにひきこまれて一気読みしました。
エロ満足感は高いのに、もういい、とはならない素晴らしさ。むしろもっと読みたい、と欲が増しますw
好きな作家さんが何人もいらしたので買ったのですが、こんなに楽しめるとは\(//∇//)\
私は1200円を安く感じられました。
元々好きな先生方ですが、
市川けい先生の瑞々しい雰囲気からのエロは可愛らしく、カシオ先生の洋風と和風が混ざりあった明治時代のレトロ調な雰囲気そのものから魅力的でしたw他の作品もとってもよかった!

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?