アラビアンナイトな異世界トリップラブ@

異世界で恋に落ちました!?

isekai de koi ni ochimashita

異世界で恋に落ちました!?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
20
評価数
8件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  
ISBN
9784041007679

あらすじ

神様のミスで死亡し、お詫びにと異世界に飛ばされた空。そこで出会った盗賊団の首領・アゼルに突然「俺のもの」と決めつけられ、強引にキスをされた空は、自分が興奮すると水を生む魔法使いになったと知り!?

(出版社より)

表題作異世界で恋に落ちました!?

アゼル,盗賊
久保田空,異世界で魔法使いになった現代人

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

魔法の絨毯がある世界

今回は、神さまのミスで亡くなった青年の空が、異世界に飛ばされたお話です。飛ばされた先は、盗賊団の首領アゼルが乗る魔法の絨毯の上で。そして、なんと自分が、水を生む魔法使いになっていたのです。

元の世界では、贔屓されている兄と違って、疎まれてて居場所のなかった空は、窃盗団のみんなに歓迎されます。
アゼルには、戦利品だと扱われ、水を出せとエッチを仕掛けられるけど(空はエッチをしたり、感情が高ぶると水を出すという美味しい設定です)…。
でも、だんだんここでの生活も快適に思えてきて。
自分には意地悪なアゼルだけど、みんなに慕われてて、空もいつしか惹かれてて…。

そんな時、アゼルが窃盗団を作るキッカケになったという少女の話を聞いて、その少女がアゼルの大切な人だと思い込みます。ストレスからか、水を出せなくなった空は、必要とされなくなるのを恐れて自分から出ていくのです。

天野さんのファンタジーでは、珍しく溺愛ではなくて、むしろアゼルの恋心が分かりにくかったです。だからか、いつもよりは萌えやキュンは少なかった感じです。
でも、熱中症になった子供のために、初めて水が自分で出せた場続き面とかは好きです。

1

表紙絵がとても綺麗です

以前読んだ「恋愛スキャンダル」が面白かったので
天野かづきさんの本を買いに行ったところ、
この本の表紙が、書店でとても目立っていました。

キラッキラの可愛い色合いで、帯の表も裏もイラストがぎっしり!
(紙の素材が光っているのではなく、星の絵が散らばっているんです)
手に取ったら戻せなくなってしまいました。可愛い~(*^_^*)

神様(イケメン)のミスで亡くなってしまった主人公の空(受け)は、
お詫びとしてある能力を与えられ、さまざまな手心を加えられた上で、
異世界に飛ばされ、新たな人生を生きることになります。

異世界で出会った砂漠の盗賊団の首領アゼル(攻め)が
最初から空に対してゾッコンのため安心して読めるお話なのですが、
当の空自身がツンツンしていて、なかなか心を開いてくれません。
自分の能力を使わせてやる代わりに、
自分の体には触れるなという契約を持ちかけたりして、
私がアゼルだったら傷つきますよ…(;_:)ウゥ

その能力とは、水を出せる力。
砂漠のど真ん中で、生死に直結する、計り知れない価値のある一杯の水。
それが、Hをすると出せ続きるとか、そんな扱いでいいのかー??とちょっと思ってしまったんですけど…(汗
奴隷や人身売買についてもサラっとした触れ方だったので、
この作品は、シリアスに考えてはいけない作品だと思いながら読み進めました。

盗賊だと思っていたアゼルは実は正義感に燃える愛すべきリーダーだったり、
空がアゼルの“大切な女性”だと思い込んでいた人物は実はアゼルの実の妹だったなど、
王道で分かりやすく、盛り上がる場面も「おぉ、ここか」と簡単に判明するくらいハッキリしています。

分かりやすいということは先が読めるということで、退屈さと表裏一体です。
盗賊と名乗りながらも、みな仲良く平和に暮らしているのもチョットぬるい感じがしました。
お話としてはまとまりが良く十分楽しかったのですが、もう一歩の意外性があるともっと良かったと思います。

個人的には、ドジなイケメン神様が主人公のお話を読んでみたいな~。

2

神様・・・またですか?

読み始めでどこかでこんな展開があったと思ったら既刊「獅子の王様」と同じ展開。
毎回この神様と言う御仁はドジを踏み続けるのだなと苦笑が漏れる。
そして前作の続編と言うものではないのでこの作品だけで読めるのですが、
神様のドジぶりを見たいと思う方は是非「獅子の王様」と共に読むと面白いです。

今回の主人公の空さんは、現世でやはり自分の居場所を必死で作ろうとしていたので
やっぱりこの作品も主人公が必要とされ求められる本当の居場所がテーマかも。
そして攻め様が空飛ぶ絨毯に乗っている海賊団の首領、まるでシン○バットの冒険。
そしてこの手のファンタジーは嫌いじゃ無いんですよね。
むしろ大好きで、それにさらっと読めるルビー文庫だから余計に良いです。

異世界に飛ばされた受け様はどうやら魔法の国へ飛ばされたようで、前回同様健康で
受け様には何ものも害せない祝福を受けているし、受け様自身にも受け様が知らない間に
不思議な力を神様は授けているみたいです。

初めは盗賊団と聞いて怯えなども感じていて、更にいきなり攻め様に手を出されたりと
現世では考えられない事態に見まわれるの続きですが、何故か現世では感情を表に出す事も
少なかった受け様が攻め様と出会いある意味素直に感情を出せるようになり、
いつしかオレ様で身勝手だと思っていた攻め様との関係や盗賊団の仲間との暮らしが
心地よいものだと感じるようになる。

でもそんな時に攻め様が探している大事な女性の存在を知り、誤解や擦れ違いが
ありながらも受け様が本当の居場所を手に入れて幸せになるストーリーでした。
とても読みやすいファンタジーで楽しめます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ