「まったく、こんな難儀な奴を愛してしまうなんて…」

光木八尋の甘美な憂鬱

mitsuki yahiro no kanbi ba yuuutsu

光木八尋の甘美な憂鬱
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×27
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
57
評価数
17件
平均
3.4 / 5
神率
5.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784812481806

あらすじ

巨大暴力団・竹強会の御曹司である豪太郎と、カリスマ美容師・八尋は幼なじみの間柄。
実はかねてから豪太郎のことを愛し続けていた八尋は、遂に半ば逆レイプ的にその想いを遂げてしまう。
ところが、ゆえにむしろ八尋の憂鬱はますます深まるばかりで-------!?

大好評前作「南美隆輔の傲慢な正餐」のスピンオフである表題作含む2編をはじめ、真摯に愛を生きる男たちのドラマをセンシティブに描く珠玉の6話を収録!!
読むほどにハートにしみるアダルトロマンの決定版!!!

表題作光木八尋の甘美な憂鬱

竹強会組長の息子で若頭 豪太郎
幼なじみでカリスマ美容師 光木八尋

同時収録作品ほんと報われない

部下 笹村
食品開発部長 田名川

同時収録作品糸も半ばの物語/糸、各の物語

娘の幼なじみ 和兎
幼なじみの父親で小説家 剛

同時収録作品花影、揺れる

元同級生の教育実習生 瀬里瑛一
教育実習生 秋吉双葉

その他の収録作品

  • スワール-swirl-
  • ノワール~noire~豪太郎を見ていると
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

表題もいいけど、最後のお話が好きでした

深井さんの作品は好きで本屋でたまたま見つけて作者買い。
4つのお話が入ってる短編集。
深井さんの作品は絵も好きだし、丁寧に書かれてるし、心理描写が上手いから結構好きな作品が多い。設定は結構ハードだなーと思いますけど、最後は救われるというか、心から救われるような、光がすーっと射してくる感じと言いますか、そういう感じが好きで、またそういう時の登場人物顔の表情が好きで、大好きな作品が多いです。
でも今回のはそんなではなかったかなー。なんか短編だからか、お話が雑な印象を受けました。好みもあるかもしれないけど。
今回は最後に収録されてる「花影、揺れる」が好きでした。
高校時代に告白された時、最初私も遠回しに断ってしまったのかと思ってたので、最後のネタばらしの時はびっくり&なるほどと。ちょっと悲しいですね。でも最後報われて良かった。いつもの心から救われる感じがして好きでした。
深井さんの作品は設定がちょっとハードだったりするから好みが分かれるかな?と思います。まだBLあまり詳しくないので、そんなでもないかもしれないけど。なので今回も人によっては好みが分かれるかもと思いましたが、最後のが続き好きだったのと、作者さんが好きなので「萌」評価です。

1

光木八尋が格好良い

前巻「南美隆輔の傲慢な生餐」のスピンオフ作品。若頭豪太郎のお話。
深井さんにしては、今までの受とは少しタイプが違うような、開き直った強気の受。
2作品だけですが、八尋の魅力は十分に堪能できました。
釣られて、豪太郎のバカ素直な男心も可愛らしくて(前作のイメージから)好感度UP。

リーマンもの。大学生もの。
麗人作品にしては、エロが少なかった感じがしますが、深井さんらしい作品。

年の差。続きもの2作品。
まさかのリバ!両方Hシーンあるのも珍しくて新鮮でした。
娘まりんの男前ぶりが最高。
複雑な心情込みで、全てダダ漏れな2人とのやり取りが楽しかった。

表紙の煽りがヤクザものだったので、流血ものかなと期待薄だったのですが、レーベル疑うほど全体的に明るくて爽やかで読みやすかったと思います。

0

まさかリバになるとは…

でも別に違和感なかったので気になりませんがね。
ということでそちらの感想から。

小さいころに自分の娘が連れてきた男の子(和兎)とのお話で
その子に告白され、一緒になるお話。
ここに出てくる娘が結構いいやつでして、女性キャラなんだけど好感持てます。
そんな娘は和兎の気持ちを知っていたけど、一応初恋相手。
自分の父親と初恋相手の本番見ちゃって、ちょっと引き気味…
ま、みんな幸せということで!!


表題作は南美隆輔のスピンオフかな。
お互いが相手に言えない秘密を隠し持ってて
相手に知られないように友人関係を続けてる。
が、とある一言で関係が狂いだしたというか、先に進み始めたというか
秘密(南美がかかわってくるヤクザらしいこと)というのが、
あっけらかんに話せる内容じゃなかったけれどそれだけ大切だったんだよね。

0

言えない過去、言わない過去。

私の中の深井さんイメージが強い一冊。

メガネ&おやぢ受け補完キター!!
乳首成分は足りませんでしたがww

【スワール~光木八尋の甘美な憂鬱】
【南美隆輔の傲慢な正餐】のスピンオフ。
↑で気のイイ奴だな~、と思っていた豪太郎がおバカさんだけど本当にイイヤツだった件←

幼馴染みの豪太郎と八尋は互いに言えないことがあります。

八尋は豪太郎に秘めた想いを抱いているからこそ過去をひた隠し、豪太郎も八尋には知られたくない秘密を持っています。

豪太郎の場合は恋愛感情ではなく特殊な家業の自分と付き合う幼馴染みを大切に思う気持ちだったんじゃないかな~?と思いますが。

ある日、豪太郎が男相手に欲情したと知り嫉妬した八尋は剃刀片手にのしかかります。ツンデレ襲い受けヽ(*´∀`)ノ

事後、冷静なフリをして強がるも赤面してしまう八尋、グルグルする豪太郎が可愛い!

自分からコマを進めた八尋ですがふたりの関係が変わるのを恐れて豪太郎を避けるようになります。

そんな彼の前に過去を知る脅迫者が現れ、これをキッカケに言えなかった『過去』が繋がっていたことが詳らかになるんですが豪太郎が男前!

辛い過去は続き消せないまま今に繋がっていますが、同時に大切な相手との絆も繋がっています。

八尋は『姐さん』となる前に『カカア天下』な姿を披露していますが、ふたりのパワーバランスが可愛くて楽しいです。

【ほんと報われない】
誉められたい一心で頑張る部下×仕事熱心な上司。

真っ直ぐに愛をぶつけてくる部下に困惑しながら顔を赤らめる純情メガネ上司が可愛い~。
深井さんのコミカルな作品、好きです。

【糸も半ばの物語】
親子に近い関係の年の差カップル。
確信犯な年下はともかくメガネおやぢが自分の気持ちにうっすら気づいていたせいか意外とすんなり結ばれたふたり。

ほんわりな人柄かと思いきや性的にアグレッシヴなふたりが薄暗~く誘う表情にゾクゾクします!
ビバ!リバ!

【花影、揺れる】
教育実習先の学校で再会した同級生同士。

過去に告白された時に答えた「何があっても友達でいられるかな」の本当の意味はあまりにも切なかった。
過去を繋げる深井さんの仕掛けは巧み。

青春のリテイクが叶ったのだから、めいっぱい楽しんでほしい!

最近の深井作品は暗い始まりでも明るい終わり方が多く安心して読めます。

…深井先生はスネ毛はもう描かないの?


3

だってリバが好きw

なるほどな(ノ∀`)なるほどなwww
そうならそうで、もっと早く言いなさいよwwwな本作
面白かったです。
ここしばらく立て続けに出たやつがわりと
しっとり系だったからかな、あんまりクリティカルにガツンとこなかったんですが
個人的にはこのくらいの作品がちょうどいいです
いろんな意味で美味しい一作でした。

表題「スワール
南美さんとこのスピンオフとのことなんですが、表紙がどんなかは思い出せるのに
全然内容を思い出せないというね・・・
とはいえ、単品でも十分面白い
攻は、暴力団の若頭、受と友人。
けれど、受には、ずっと胸に秘めた想いがあった
攻は「ホモが嫌い」その言葉を聞いて以来悟られないようにしていた
それなのに、その彼の口から「男相手に勃った」発言をいてしまい・・・!?

なのですが、「ホモが嫌い」の本当の意味
意味の履き違えが原因でのすれ違いでした。
なのだけれど、お互いがお互いを大事に思っている気持ちは同じ
二人の雰囲気が好きデス。何よりも大事にしあってる雰囲気が長年の関係を象徴しているようで

>糸も半ばの
リバーーーーーーーーーー続きーーーーーーーーーーーーっヽ(・∀・)ノ
なんだろうね、リバってると・・というか、
受を生業にしてきた男が、攻なっている瞬間ってさ
そのケツがすごく気になるのは私だけだろうか・・・
なんだか卑猥wwww
というわけで、育ての親レベルにお世話になった幼なじみの父にこがれていた攻
「娘が結婚したらいっしょにくらしてもいい」という言葉を糧に
よもやの娘の結婚式後。
ついに二人は~なお話なのですが、思いがけずなリバでごっつあん、
「せっかくお互いにいいものを持ってるんだから使わないのはもったいない」
心理だとおもいますwww
・・・・ま、結局掘りたかった理由が実にくだらないんですがw

ほか短編。

1

エロすぎじゃないか

これ、えろすぎて平台に並べられないんじゃないかと、心配になるような、
隠微にエロい濃いピンクを基調にしたカバー。
ドラコミ版に比べて、カバーがつや消しの分、より肌の質感がしっとりとエロい。
一応、後のイラストは普通に着衣なんだけど、その分帯が、、、、。

こちらは、掲載誌「麗人」なので、一話ずつ完結しているが、実質的には4つのお話からなっている。
表題作は「南美隆輔の傲慢な正餐」のスピンオフ。
「ほんと報われない」はサラリーマン、年上上司受け。
「花影、揺れる」は高校で行き違った二人の再会物。
そして「糸も半ばの物語」と「糸、各の物語」
ビバ!リバ!!
キャッホーイ!

こちらのオマケ4コマはカバー下。
表題作カプです。


0

お互いの嫌いだろのセリフの陰に隠れていた愛

表題に続編をプラスして4本の同時収録作品とあとがきで書下ろし番外編を収録した
とっても読みごたえがある作品ばかりが揃っている作品で素敵です。
短編だと物足りない感じがしてしまうのですが、この1冊に限ってはそんなことは
無かったと個人的には思う所ですね。

表題は幼なじみでヤクザと美容師にのラブなのですが「南美隆輔の傲慢な正餐」の
スピンオフ作でもあります。
受けのカリスマ美容師、八尋の片思いの相手が幼なじみのヤクザの豪太郎で
腐れ縁の隠し事が何もないような二人が実は互いにこれだけは言えない秘密を抱えてる。
ノーマルな豪太郎が男を抱こうとしたことを本人の口から聞いて、ゲイで片思いしてる
八尋は嫉妬から豪太郎に乗っかって関係を持つ。

突発的な出来事で、八尋はこれで友情が消えたと思うくらい消沈し豪太郎からの
呼び出しにもバックれるのですが、そこへ八尋の過去を知る男が現れ豪太郎だけには
知られたくない秘密で脅されるがトラブルになる前に豪太郎に助けられる。

豪太郎がホモが嫌いになった訳、いくらヤクザでも八尋が人殺しだけは嫌だと言った訳
その嫌だが互いに思い合続きっていた事実の嫌だなんですよね。
ツンデレの八尋とやんちゃな暴れん坊みたいな豪太郎とのラブはうまくいったと思っても
八尋の心配は嫉妬と共に尽きないかもと思わせるコミカルなラスト。
切なさや苦しみとの対比で逆に話のメリハリが利いて素敵でした。

同時収録されている作品もかなり優れもの、短編なのにしっかり心に伝わってくる、
そんな内容のストーリーばかりで良かったです。

2

ギュギュっと濃縮、あれもこれもリバもありマス♪

滅茶萌え萌えする1冊でした!
krovopizzaさんもおっしゃられてますが、深井作品は断然麗人のほうがいいですね、っていうか好みではあります。
短い1~2本で、普通短編だと感じる物足りなさや尺足らずを感じずに見事にそのページの中でズバリと見せる的確な萌え。
この本の中には、ツンデレすれ違い愛もあれば、オヤジ受けもあれば、リバも登場☆
実に実に楽しめる詰め合わせとなっております。

【スワール】~【光木八尋の甘美な憂鬱】
『南美隆介の傲慢な聖餐』のスピンオフですが、南美を好きな弁護士の国木にノンケのくせにムラムラして襲ってしまった(指入れました!)組長の息子・豪太郎が登場v
腐れ縁のカリスマ美容師・八尋が親友なのですが、彼の前でその事を言ってしまった所、突然涙を浮かべて押し倒されて乗っかられて「ぐるぐるするがいい!」

八尋は、想いを抱えていてずっと隠していたんですよね。
高校時代「俺はホモは嫌いだ」って豪太郎が言ったからずっとずっと黙っていたんです。
そんな彼の気も知らないで(笑)男も大丈夫だって未遂だけどやっちゃったんで、堪忍袋の緒が切れた。
実はそこに、続きおもいがけない重たい過去があるのです。
だけど、現在の彼等はそれをかんじさせないから、それも意外なのですが、豪太郎の家がヤクザであればこそ。
そこんところが上手く『南美~』ともリンクしてて設定づけが上手いな、と思える箇所。
それ以上にキャラクターが魅力的☆
八尋の超意地っ張りの顔がほろっとこぼす涙と、ヘタレを隠す意地っ張りの絶妙なバランス。
でも、どちらかというとバカ犬っぽい豪太郎を尻に敷いてる感もあって、八尋の方が立ち場が強い感じが。
普通惚れた弱みっていうのがあるのに、このカプは逆(笑)
豪太郎もアホっぽいんだけど、決めるときゃ決めるぜ!な男前もあって、でもやっぱりアホかもw
八尋への告白が、家族になる為に組員になることは八尋はできないだろうから、なら嫁になれ!と(爆)
八尋が怒ると、豪太郎は怖いかもしれないです(尻に敷かれるタイプ)冒頭の嫉妬ではいきなり剃毛されちゃうし、ラストでは丸坊主の危機が♪
豪太郎のアホっぷりは、巻末短編やコラボペーパー、本体後ろのショートマンガでも炸裂。愉快なキャラですよ。

【ほんと報われない】
定番の、メガネリーマンおやじ受けです♪
仕事に妥協をゆるさない上司の田名川部長と、彼に褒められたくて頑張る部下の笹村。
本当は笹村は、好きな人に褒められたいから頑張るのです。
そんな時、部長の結婚話を同僚から、自分の転勤話を部長から聞かされて・・・
鬼のような部長、やんちゃな部長、ほほえむ部長、色々な部長があって笹村がかわいいと思うのは、読者も田名川がかわいいと思う位いいオヤジです。
冒頭に、袋に入ったソースがメガネにビシャっとかかるシーン。目ガん射出たー♪白い液体じゃないけど(w)ごちそうさまなのでした。

【糸も半ばの物語】【糸、各の物語】
不遇な家庭事情からご飯も食べられない子供だったのを家につれてきてくれたのが、まりんという女の子。
まるでそこの家の子供のようになった和兎が、まりんの父親である剛にずっと片思いをしていて、剛が受け入れるお話。
ここには人情や色々がギュギュっとつまっているのにやはり重さを感じさせず、さらっと触れながらも説得力のある背景というのが見事だ。
しかしながら、見どころはリバ♪
剛、「今日はオレが上になるから。今日からお前が突っ込まれる方になれ」
和兎にとって晴天の霹靂(爆)なかなか覚悟がいるようで、しかし後ろを知ってしまってますからねw
ひょっとして、この上になりたい発言は娘への父親の威厳誇示の為か!?

【花影、揺れる】
高校の時、ほんとうは好きだったのに想いを告げられなかった同級生が、母校での教育実習で再会する。
そこには実は・・・
少し背景が、表題とかぶるものがあるのだが、主人公の性格が全く違う為に違うパターンとなっている。
初恋のやり直し。

以前に比べて少し線が細く、画面が白っぽいと見づらさはあるのだが、やはり深井作品は満足度がなかなかに高いのです。

3

ヤクザにリバに再会愛

竹書房から出る深井作品が、個人的には一番当たり率が高いですv
いい感じに痛くてシリアスでエロいところが好き。

深井さんらしく、年上受け、眼鏡受け率が比較的高い(リバあり!)短篇集でしたが、
一番好きなのは表題作の幼馴染カプだったりします☆


◆表題作(ほか1話+描き下ろし)
『南美隆輔の傲慢な正餐』スピンオフ。
俺様に見えて意外とヘタレな893×一途なクーデレ襲い受というすごく好みなカプでしたv
ノンケの豪太郎(攻)にずっと片想いする八尋(受)。
ゲイ嫌いと思っていた相手が男もいける(前作エピ)と聞き、乗っかり襲い受けに変貌w
普段のクールな顔と、カミソリをカリ首に突き付ける凶暴性(!)と、真っ赤になる可愛さという三重のギャップ萌えが美味しいですv
八尋のデレた顔にグルグルしている豪太郎も可愛いww
実はゲイ嫌いは八尋の過去を思いやってのことで、最後はビシッと男らしく決めます。
893もので、八尋の過去はそれなりに重いのですが、
2人の関係は、男同士らしくサバサバしているのに甘さがあって、
大変萌え度の高いお話でしたv


◆【ほんと報われな続きい】
健気な年下社員×メガネの部長
鬼部長のおっさんが可愛く思えて仕方がない笹村(攻)。
なのに部長が結婚する噂を聞き、しかも自分は名古屋に転勤することになり・・・?
思い切って告白すると可愛い反応が返ってきて、実は部長も笹村のこと…?というお話。
メガネ受けってことで、ムースのソースとか、それ以外のものとか…色々ぶっかけられるシーンが素敵でしたv


◆【糸も半ばの物語】(ほか1話)
娘の幼なじみ×やもめのメガネ小説家。リバありの年の差カプでした!!!
実の子同然に世話してきた子供に押し倒され、まんざらでもない剛(受)。
リバは、やっぱり年下攻めの方がしっくりくるというオチですが、
剛の攻め顔もカッコイイので、これからも度々リバってくれてもいーのよ?
好きだから受に回ってもいいというカズ(攻)の一途さやウブイ反応も楽しめましたv
攻受は実はどうでもよくて、本音は娘にいいとこ見せたい!という剛の親バカぶりがコミカルなお話でした。


◆【花影、揺れる】
高校の同級生が、教育実習生として再会。
高校時代、「ゲイだ」という瀬里(攻)の告白に、「友達でいよう」と返した秋吉(受)。
瀬里に応えられなかった背景には、高校の先輩に脅され、性的にひどい仕打ちを受けていたという秘密があった。
再会後、担当教官となった先輩に脅される秋吉を瀬里が助け、高校時代のやり直しをする二人。作中一番シリアスなお話でした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ