秘めごとあそび (2)

himegoto asobi

祕密情事游戏

秘めごとあそび (2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神34
  • 萌×229
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
21
得点
296
評価数
71件
平均
4.2 / 5
神率
47.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041207222

あらすじ

駄菓子屋を営むバツイチ子連れの柊至は、近所の小児科医・佐治から口説かれ、成行きで関係を持つように。自覚なく佐治に惹かれていく柊至だったが、佐治が元同僚という幸久とキスしているところを目撃してしまい…?

(出版社より)

表題作秘めごとあそび (2)

佐治貴文 小児科医
谷原柊至 駄菓子屋

その他の収録作品

  • 番外編

評価・レビューする

レビュー投稿数21

受けの変化がいい!(ネタバレ)

前作の表紙の谷原さんは好奇心の目で佐治先生を誘っているような感じの絵でしたけど、今回は少し赤らめた顔で、先生を拒絶?しようとしていますが、先生が谷原さんの腕をつかんでいる絵ですね。
谷原さん、カワ(・∀・)イイ!!

今回はもちろん前回の続きです。
前回は先生にキスをする謎の人(男)がいて、そのせいで谷原さんが心を乱れる感じで終わっています。
謎の人はもちろん明らかになります。先生のもと恋人(名前は幸久)なんですね。しかも今は先生の家に泊まっています。ただし今は恋人はいますが、色々と問題があるよう。
で、色々あり、谷原さんは先生に別れよう、と切り出します。その時のお二人はどっちの顔も傷ついた感じで切なかったです。先生の顔を見て、谷原さんも自分は先生のことが好きだと自覚します。
でも、最後はちゃんと二人は恋人同士になります。

特に好きなシーンは、谷原さんが無意識に嫉妬して、先生にキスする場面です。後になって結構混乱しちゃうんですよね、谷原さん。

今回の谷原さんはほんと可愛くて、エロかったです。(特に最後らへん)そういう攻めっぽい顔が真っ赤になるとギャップあります続きよね。

次回の3冊目にも期待です。

0

アイツはダリだ!?

と、一巻からの続きです。

谷原とはまた違った軽さを持つ男、
幸久(ゆっきー)の登場でした。
彼がかき乱してくれたおかげで、
谷原の心境に変化が訪れるのですが、
金と恋愛にルーズな幸久は好きじゃないです。

こういう輩は、巻き込まれないこと前提で、
「またやってるわ!」的に遠目で観察して楽しみたいです。

佐治が谷原宅へ往診した
時間帯と曜日に?を感じつつも、
(ちょっと気になっただけです。)
二人の恋の発展現場を覗き見するような
気持ちで読んでいました。
ちーちゃんナイスアシスト!

二人のかけあいにはにんまりとし、
何回もリピートして萌え萌えしてしまいました。

さてさて、三巻はどうなる!?
ということで、続きはそちらへレビューします。

0

谷原君可愛い♡

せっかく1巻を買ったので2、3巻を購入。
しばらく恋愛をしていない私ですが、
何だか色々思い出した気がします(笑)

この巻は谷原君のターンです!
1巻では終始冷めてた印象の谷原君が
2巻では表紙通りに表情が崩れてとろとろになってる・・・!!
っていう巻です(笑)

あの淡泊な谷原君が無意識に自分から先生にキスするシーンは
おぉ!!って萌えました♡
谷原君先生が好きになったんだ!!って思いました(*^O^*)

先生も谷原君に嫌われたくないから合わせたり、
谷原君も本気で恋愛なんてしたことないせいか関係をやめようと言ったり、
二人ともホントに不器用だなーって思う。
でもわかります。
相手に合わせようとすることも、恋愛が怖いから離れたくなることも。

先生としちゃってから開発されちゃって後ろも自分でしちゃうのも
ほだされちゃってまた可愛いんですが、
後半谷原君が風邪を引いて寝込んでる時の顔が崩れすぎててまた可愛い。
いや本人絶対辛いと思うんですけどね(^_^;)
そしてセックスの時も自分から乗っかっちゃう先生専用のビッチになって
ごちそうさ続きまって感じでした!!

0

邪魔者登場

佐治(攻め)が主人公の谷原(受け)を
なんとか落とそうと苦戦している日々。

そこに佐治の元恋人?っぽい人物が現れます。

ああ、私、こういう性格の人ってダメなんですよね…。
なんつーのか、
「こいつ、ベッドの上じゃ誘い受けだろ」
的な。

誘い受け、苦手な属性なんです。
だから、嫌悪感があったのかも……?

でも、この人物の登場によって、
谷原は佐治への気持ちを自覚し始めるんですよねー。
起爆剤になったというか。

最後の谷原のセリフ、
「俺と……恋愛ってやつ、してみます……?」
って、意地を張りながら
真っ赤な顔で言う谷原が可愛かった。

熱でうかされていたとしても、
真っ赤で可愛かったなー。

0

やっぱりいい

前巻よりも、先生の過去や心理描写が多い巻でした。
先生の人との距離を保つのが苦手というのは、
子供におもちゃを渡して機嫌を取る所にも表れていますよね。
前巻の顔のコンプレックス話と今巻の自分の意見を言わず、
何でもお金で解決してしまいそうな所もあわせて考えると、まあそうなるなと納得。
が、決して納得しているわけではないところが、先生のいい所。
あんまり気にしすぎて、先生の顔が、より神経質な感じにならないか、
ちょっと心配ですがww

谷原の方は、私の予想通りw やっぱり幸久のこと気になりますよね。
お金の話は、第三者でまったく関係のない谷原ですが、意見するあたり、少しおせっかいな感じ。でも、先生のことが気になっている証拠。
辛そうな顔を見たくないとおっしゃってますし。
無意識に、幸久を除外したいという気持ちもあったかもしれません。

それにしても、いつも物事を穏便に済ませたがる先生が、
突如、的をついた発言を谷原にするところが、この物語の面白い所。 
目つきも変わったりして、やっぱり谷原のことが好きなんだなぁと思っていました。

最後の病気シチュエー続きション
谷原って、顔に出る事、自覚してなかったんですねw もう隙だらけでなんかかわいい。
病気の谷原と濡れ場に発展しないところは、先生らしい行動でよかったです。
谷原の迷いもあって、先生の口から正直な気持ちが、先に出てきたので、先生の成長も見られてよかったです。 


0

すっかりハマって…

1巻のみを購入し、
ああもう!なんで一緒に2巻を買わなかったんだ!と後悔した教訓を活かし(?)、
こりゃ~桜城ややさんにハマったわ~と思ったので、
「夢結び恋結び」も「コイ茶のお作法」も一気に揃えてしまいましたw
ちょっとずつリンクしていっているのですね。
でも、古い本も面白かったですが、
やっぱりこの「秘めごとあそび」がダントツでよかった!惹き込まれる!!


わたし的にはこの巻は、谷原の揺れ動く感情が見どころ。
「夢結び恋結び」を読んで、
回りの恋を傍観するという谷原のスタンスを見ていたので、
その姿勢を崩したくない、
あんな風に心乱してみっともなくなりたくない…と思ってしまう気持ちも分かる気が。
にしても、
そんな谷原が恋を自覚した途端に手のひらを反す、
その姿をなんて切なく桜城さんは魅せてくださるんでしょう…(イイ‼)

そして、
攻めの先生も受けの谷原も、どちらもネガティブな後ろ向きな部分を持っていながら、
相手に対して冷静に男らしく出れるところもあって、
(この巻なら、谷原が先生の友達への接し方に怒るところとか、
 病床の谷原に先続き生が改めて想いを告げるところとか…)
その両方を見せられる相手、示せる相手ってのが、とてもイイなぁ。
男同士だからこそな気がするし、
だからこそこの相手がよかったんだね…っていうのをすごく感じます☆
桜城さんが、
丁寧に話を組み立てているからってのもあると思います、
それで尚且つずっと引き込む展開が続いていくのが、う~~ん、ステキ!!


はぅ~わたしも3巻早く読みたいなぁ~
そろそろ、
谷原が駄菓子屋をキャッシュで買えるほど稼いでいた頃とか、
前の奥さんとの過去話が語られたりするのかな?

5

ここの口コミみてまとめ買いしました。

「夢結び恋結び全4巻」ででてきたメインカプのサポートをしていたバツイチの谷原がなんと、親友と同じく男に恋しちゃったんですねぇ。
夢恋とは違い大人の男同志の恋愛はまた一味違ってドキドキしました。
イケメンで真面目なゲイを最初は面白半分で近づいたのにいつの間にか魅かれていて・・・。
大人だから・・・と真面目な恋愛より気楽な関係を望んでいたはずなのにあて馬が現れて二人の関係が変わりはじめます。
まぁなんていうことでしょう(ビフォーアフター笑)
駄菓子屋の店主と小児科医ってなんて不思議なカプのできあがりです。

先生、Hです(笑)谷原の色気もすげぇよ!
谷原が弱ってつけいる隙を見つけるとグイグイくる先生がイイ!!大人だもんずるしたっていいじゃん~。
3巻まちどうし・・・。ここの評価は本当あてになるのでいつもここみて買っておりますよ。

電車じゃ読めないかな

2

踏み出す勇気と、捨てる勇気

1巻の最後に、佐治が他の男とキスしている所を目撃してしまった谷原ですが・・・
しかも、谷原が飲みに誘っても、佐治は暫く時間が取れないと言います。
これって、もしかしてフェードアウトフラグ?!
必ず連絡すると谷原にキスする佐治ですが、
他の人のタバコの匂いさせてちゃいけませんよ、先生~(笑)

佐治とキスしていた男、幸久は、元同僚の元カレでした。
しかも、暫く佐治の家に泊まり込むらしい。
親しげな様子の二人に、谷原は感情と行動のコントロールが出来なくなって、
佐治に追い縋ってキスしてしまったり、大きな声をだしてしまったり・・・
でも、何故いつもの自分でいられないのか、谷原自身もわかりません。

今巻は、谷原がすごく可愛いです!
自分が幸久に嫉妬している事を認められず、
佐治に対する自分の気持ちからも目をそらしていた・・・
それを自覚した谷原は、佐治との関係を終わらせる決心をします。

佐治が好きだと気づいた途端に逃げ出した谷原の気持ちが、痛いです。
本当は谷原は、誰よりも情が深くて傷つきやすい人なんだと思います。
だからこそ今までは、無意識に恋愛から続き一歩引いて、遊びと割り切った関係でいる事で、
傷つけられることから自分を守っていたのでしょう。
なのに佐治に対しては、どうしても今までの様に感情のコントロールが効かない。
自分から終わらせたのに、佐治を忘れられない谷原が、可哀想でした・・・
そして佐治もまた、真面目で不器用で、
失うことを恐れるあまりもう一歩が踏み込めないところが、切なかったです。

両思いなのに、どちらもが一歩引いちゃってて、気持ちがすれ違ってて・・・
じれったいです!でも、それがなんか切なくて悲しくて、すごく良かった。
最後は、踏み出せなかった自分の間違いに気付いた佐治が、
男らしくキメてくれました!ステキです、先生!
そして真っ赤になって、最後の意地を捨てる谷原が、かわいすぎ!

不器用な大人同志のラブ、凄く良かったです。

2

いい感じで、あて馬になってくれましたよ幸久

あ~ん、もう2人とも何してんのよ~っ!!
読んでてこっちがイライラよ(笑)
お互い好き同士なのに、なんで簡単に上手くいかないもんかね…

正直性格はいいとはいえませんが、2人をくっつけてくれてたという意味では
幸久はいい仕事してくれました。(というか谷原が勝手に嫉妬なりしただけですけどね)
でも先生本当にネガティブですよ。
谷原が風邪引かなかったら、しばらく顔を会わせることもなかったんでしょうに。
風邪で弱気になってる谷原でよかったです。
先生がここぞとばかりにつけ込んでくれたから。
腹をくくった先生の笑顔、違う意味で怖いですよ(笑)

あっ、2人恋人同士になって忘れてたけど…
幸久がこのままフェイドアウトしていくとは思えないんだよな。
悪い意味で今度は2人の邪魔になると思うのは私だけなんだろうか???

5

谷原がものすっごい好みですvv

こういうタイプが自覚するのがいいんだよねー。

というわけで2巻です。
1巻の最後で何やら感情の動くがあったっぽい谷原。
しかし、自覚して→両想い→ハッピーエンドという具合にはいかないんですよね。
この谷原のモダモダ具合が非常に素敵で非常に好みでしたv
このままではこの波に飲み込まれてしまうからと、感情はあるのに自ら断ち切ってしまう感じ。
どうしても、それを認めて越えていくことを恐れてしまうような気持ち。
そういう揺れがヒシヒシと感じられてとてもよかったです。
そして、先生。
谷原のアソビのようなノリに温度差を感じつつも2人の時間を大切にして。
少しでも好まれるようになりたいと思う心。
けれど、真っ正面からぶつかることを避けられてしまい、遂には振られて…。
それでもちゃんと追い縋ったからこそ、谷原の方もちゃんと向き合おうと思うようになったんだろうな。
あそこで引いてたら終わっていたかも?
先生がどこか面倒な性格のようでもあるんですけど、やっっぱり天然炸裂してたりで本当に2人が正反対のようで見ていて面白いです。
ここからようやく恋愛を始めるわけですが、きっ続きとイイ年して初々しいやりとりが繰り広げられるんだろうなと今から楽しみにしております。

あー。早く3巻出ないかしら?
ついでにCD化とかされるといいのになー。

4

アダルトが溢れている…もう表紙からしていやん☆

ちょっとー!
表紙の先生と柊至を見ただけですでにきゅんきゅんキました!
攻めさんが受けさんの手首を捕まえるシーンはそれだけで絵的に萌えます。
地味に私の萌えシチュエーションだったりします。

そして裏を見て、水鉄砲で遊んで髪がおりている攻めさん…
あああだからどうしてこうも的確に私の萌えシチュを突いてくるのか(笑)
オールバック自体は好きでも嫌いでもありませんが、
上げた髪がおりている所を見るのが好きなんですよね。

そしてチャライ割に正論を言う受けさんに萌え。
「お金貸して」と攻めさんに対して言う攻めさんの昔の男(?)と、お金を貸して場を取り繕おうとする攻め、両方に対して「それはおかしいんじゃないか」というようなことを受けさんが言うんですね。
男の人のビシっと発言には男らしさを感じるので結構萌えます。

そして、受けさんを困らせないように踏み込みたい想いを抑えている大人な攻めさんに萌え萌え!!おっとっなー!
その後の展開に切なさもあり、受けさんがお風呂で一人○○とか、
何度心臓がどくどくしたことか(笑)

そして風邪を引いて弱っている受けさんの、弱続きっているところにつけ込んで本気の告白しちゃう先生に激萌えーっ!
なんてこった!直球でストライクだ!
さすがの受けさんも受け止めちゃいました。
なんですかね、この二人のキャラ、相当キャラ萌えしちゃいました。
萌ってこのことだったんだ!って久しぶりに萌えの感覚を思い出した気がしました。

4

俺と恋愛ってやつしてみます?

キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!萌えるーーーー!!
シュウちゃん大好きなんだよな~前作からマジ。
シュウちゃんの話読みたい読みたい!!!!
そんな乙女が沢山居たと思う。

とにかくシュウちゃんがチャラ美しい。
かつハニカミデレ最高っす!!!
絵も美麗すぎ!もう美麗すぎ完璧!!

子持ちバツイチチャラ男シュウちゃんが
小児科のセンセと本気恋愛。
センセも大人色っぽフェロモン全開だし。

キャーキャーバタンバタンです!!!
ずーっと読んでたくなるオハナシ!!!!
桜城やや先生の作品はどれも大好きだけど
これはガチでやばい萌え萌え萌え萌え!!!!って感じ。

このまま何もないとつまらないので
最後までにもう1波乱起これば面白そうな予感!!!
((o(´∀`)o))ワクワク

1

書き下ろしあります

大好きな作品なのですが、本誌の方でも読んじゃってるので買う前から内容が全部わかっちゃってるな…と思ってたのですが書き下ろし番外編あります!
そして書き下ろしがいいっ!!
ラブラブあまあまです。
先生が訪問診療に来たときのエピソードが掘り下げられているのですが、弱っててちょっと無防備な柊ちゃんに激しく萌えました。
ジャージだったり、髪の毛セットしてなかったり、思いが通じ合った直後だからなのか表情が柔らかくて、なんでもないコマに萌え萌えしてしまいました。
柊ちゃんはもともとクールで飄々としてますし、この2巻本編では間男(?)の出現や、恋愛にハマることにおびえて、ほとんど笑顔が出てこないのですが、番外編にすべての甘さが詰まってますw
先生には真面目が過ぎた天然ぷりで柊ちゃんのガードを緩ませて、どんどん攻めていって欲しいですw

3

キャラ萌えにもほどがある!!

不器用で可愛い【萌エンターテインメント】にクラクラ!

もぉ、赤面尽くしの大人たちがエロ可愛いっ(〃-〃)

しかも途中から脳内で柊至の声が遊佐さんに変換されてしまったからもう大変!CD化してー!!

…と、ジタバタしながら読んだ2巻!

柊至は遊び慣れているようでいて実は臆病なところがあります。
佐治もありのままの自分を見せて相手に引かれるのを恐れている。
このふたり実は似ていると思います。

大人ですからそれなりに過去はあって自分の感情をまともにぶつけることで伴う痛みを知っている。

だから最初から気持ちに『柵』を作ってつきあっていますが『柵』の向こうに見え隠れする甘みに期待して揺れてしまうふたりの変化にワクワクします!

そんなある日、柊至は佐治の家に居候を決め込む幸久への対応を巡って佐治に意見します。

少し引いたところから傍観者に徹していたハズなのに佐治と関わるうちにできなくなっている。

それでなくとも衝動的に帰り際に追いかけてキスしたりして自分でコントロールが出来ないほどの感情に揺さぶられて動揺する柊至が可愛い!

天然に見えた佐治が幼い日に駄菓子屋に抱いた憧れを柊至に重続きねるいじらしさも切ない。

この巻は佐治目線の部分もあるので彼らがどう考えているのか比べられて、もどかしさにハラハラしますが、不器用な大人の可愛らしさをもつふたりにぐいぐい引きずり込まれてしまいます。

あのね、ふたりとも!
誰かを好きになった時、自分も愛されたいと願わずにいることほど難しいことはないんだからね!

互いを求める気持ちが膨らんで決壊して『柵』とジレンマを飛び越えた時の嬉しさったらなかったです。

想いが通じて病院に忍んで佐治に跨がる柊至がエロい~!!
桜城ややさんの描く掌や脚の筋が大好きなんですが、この一冊は眼福でした!
リビングのソファでイタしている姿もたまりません!

あとがきがなかったけど、これで終わりなのかな?続くといいんだけど。

佐治という名字…江戸時代では将軍、大名の侍医のことを御匙(医)って呼びましたよね。そこから名付けたのかな?

----

帯についていた原作者サイン入り図書カード抽選プレゼント。
対象が既刊のものって…もう一冊買えと?
作品には関係ないし、ここで書くことではないかもしれませんが少々、残念でした。
この作品がすっっごく良かっただけに、ね。



4

1巻を更に超えた‼ 大人の純愛みたり〜

まちに待った2巻です‼
期待を裏切らない…期待以上のシリーズに出会えて浮き足立ってるかも(笑)

もう表紙を見た瞬間からノックアウトです。
手が手が〜なんとも言えません(笑)
やや先生が描く腕や手のひら大好きです。
男らしい力強さはもちろんなんですけど、筋肉や骨張り感が色気タップリでエロスを感じさせます。
恥ずかしさや寂しさ、喜びや優しさなど、いろんな心の戸惑いや熱情を表してくれるのも好きなポイント。
本当に上手いんですよね〜♡

今回も、顔の表情だけでは表せれない部分を、手を表情にかえして伝えてくれます。
心が離れているように見えても、読み手には、大人ゆえに臆病にならざる負えない心の葛藤、相手を想う強さ、大きさ、重みがしっかり伝わってくる…
だからこそ、もどかしくて、せつなくて、胸が締め付けられる…魅せられます!

表紙を開いた次のページも、大人のお色気むんむんで萌です。これぞ『秘めごとあそび』ピッタリで好きでした。

内容は、前作で体の関係から始まった2人。
それぞれトラウマやジレンマを抱えているあまり、臆病になりなかなか素直なれず、距離は縮まり続きません…。
でも! 佐治と親密さをただよわせる第3者の登場で進展が‼
お互いの想いを自覚し、『特別な出会い』から『特別な恋人』へと、やっと、恋愛をするためスタートラインにたちます。

ここまでにたどり着く過程が、なんとも素晴らしかったんです。
もう、読んでいる間中ハラハラドキドキの繰り返し(笑)
2人の視点で描かれているのも良かったです。
佐治が柊至との出会いを特別だと感じた理由、恋心を抱くせつなさや、優しさゆえの不器用な部分が、丁寧に描かれているのもジーンときたし、
柊至の、佐治と接すれば接するほど、抑えきれなくなる激しい感情に戸惑い、混乱し、ここでも優しさゆえに本心とは違う行動にでてしまう、心の葛藤が丁寧に描かれている所も胸に突き刺さりました。

生き方も仕事も全く正反対な2人なんですけど、やっぱり似ているな〜と確信‼
物事に対する真撃さや、なにより人を思いやる優しい部分が一緒なんです。
ここに、ある程度経験もある大人の男なのに、2人のピュアな純愛さが感じられ、運命的なものを彷彿させられます。
男前な大人の男達が、好きだと、自分の気持ちを自覚し、恋人同士になるまでを、せつないだけでなく、初々しく可愛く描いているのも魅力的!美味しいんです♡

最後の、佐治の粘り勝ち大告白と、シャイで可愛すぎる、熱にうなされた柊至のシーンはドキドキ♡ニヤニヤ♡表現出来ないくらいの盛り上がりを魅せられて、大•大満足です‼
ちーちゃんの、心配なあまりの機転に大感謝です(笑)

キャラに、ストーリーに、絵柄から伝わる表現力といい、ありとあらゆる所から、萌えを感じ続けられる作品でした。
久しぶりにブラックホール並のツボ(表現がヘンテコかも)です(笑)
こういう作品に出会ってしまうと、やっぱり腐女子はやめられませんね(笑)嬉しいです!

この気持ちを共有したいと思うので、ぜひぜひオススメしたいと思います‼

4

先生、可愛いです。

ゲイで開業医の佐治と金髪イケメンで駄菓子屋店主の谷原との秘めごとあそび 。
タイトル通りの展開から始まった続編、佐治の今までの恋愛が云いたい事も全て
飲み込んで相手に重いと、飽きられないように振る舞う健気さが見た目のギャップと
相まって余計に可愛く見えてしまう。
大人の男の可愛さって妙にツボに入ります。

それに対して谷原は、後腐れの無い関係で好奇心から始まったのに、
佐治の昔の男が出てきた事で、無意識に考えないようにどこかでブレーキをかけていた
感情が現れ、その感情に振り回されて結局逃げ出してしまう展開。
これ以上心が傾く前に、ハマる前にって逃げたのに、逃げ出してから既にどっぷり
深みにハマっていることに改めて気がついてしまう。

二人共に恋愛初心者でないから余計に臆病になってしまうのか、ジタバタした男の
可愛らしさを感じて萌える作品でした。
全て心をさらけ出してからの谷原のエロ誘いの行動が本来の性に奔放な気性を
感じさせて、きっと先生はメロメロに今後なるのだろうとニヤつかせる作品。

4

先生の眉間のシワがっ!!!

待ってました2巻!
1巻の、大人の遊びめいた関係をほのめかすスカシた表紙も好きでしたが
2巻の表紙はうってかわってデレデレに!!(主に柊至が)
内容も、本気の恋にモダモダする大人二人がすごく可愛らしく、
終始ニヤニヤがとまりませんでした(〃∇〃)


1巻で、佐治先生の遊び相手?と思われた青年(幸久)は、先生の元カレでした。
金や男にだらしない幸久に、ホイホイ金を貸してしまう先生。
そんな二人にガツンと説教する柊至は、見かけによらず(?)常識人で男前!!
しかし「貴方と僕にはこの関係だけあればいい」と寂しそうな笑顔で反論されてしまい、
自分こそ先生の優しさを利用し、傷つけていることに気付いてしまいます。

柊至は、恋愛にのめり込んでみっともない自分を晒すのが嫌。
先生は、今以上の関係を望んで柊至に引かれるくらいなら
セフレ扱いで構わないと思っている(『愛する事を許して欲しいだけだ』…切ない)。

自分のスタンスを守るため、先生の悲しそうな顔を見なくてすむため
別れを切り出したが、すでにドップリ先生にハマっている柊至。
お風呂場でアナニーしてしまい(続き激エロ!)、
先生の辛そうな顔を思い出して自分も寂しそ~に笑う顔がこれまた切ないです。

いったん終わった二人ですが、
柊至が風邪をひいてガードが甘くなっているところに、先生のガチ告白がっ!
真っ赤になって「そんなに顔に出てますか!?」と柊至。ええもうダダ漏れですwww

嫉妬しても、傷ついても
顔を合わせれば何事もなかったかのように振舞ってきた二人。
そんな大人な二人だからこそ、
超直球でお互いに照れまくる告白合戦に盛大なギャップ萌えがあったし、
感動もひとしおでした☆

そして柊至が完治してからの初・両思いH!!!
こんなときにも診察モードの先生×乗っかり受の柊至。
1巻のエロかっこよさそのままに、デレ(+赤面)大々増量の二人の絡みに
萌えツボをグイグイ刺激されました///


描き下ろし【番外編】は、先生視点のお話(告白直後)。
土鍋でお粥を作る!(キリッ→結局柊至にフォローしてもらい、
ヘタレモードに陥る先生が可愛すぎる!www
しかし「恋人」発言にカーッとなる柊至を見て・・・?

なんと先生が笑顔に!!眉間の皺がとれました!!!
いつも八の字眉のショボーン顔しか見ていなかったので、
我慢から開放された心からの笑顔に感動☆
CIEL今月号から始まるラブラブ編も買おうと決断した瞬間でしたw

4

大好きな作品ですっ(^^♪

待ってましたっ、2巻ですっww

もう、キャラが大好きなんですっ。
柊至が、かっこいいです。
最初は軽いノリで佐治と関係を結ぶんですが、いつのまにか好きになっていましたww

で、柊至は本気にならないうちに佐治にもう別れを告げるんです。。。
その時の佐治の泣きそうな悲しそうな顔が胸を締め付けます。。。

いざ、佐治と別れた柊至でしたが、いつも佐治のコトを考えてしまいます。
いつのまにか、本気で佐治に恋に落ちていましたww

そして、柊至は風邪で倒れてしまいました。
その時、ちーちゃんが佐治に往診を頼んでいました。

佐治、柊至に思いを改めて伝えますっ!!
柊至、風邪に弱ってつい本音が顔に出てます(笑)

そして、
「先生、おれと恋愛してみます?」の言葉がww

晴れて両思いになった二人の、病室Hの柊至の可愛さと男前な所が素敵ですっww

番外編の先生が柊至のためにおかゆに挑戦してる所も可愛いですww

早く、三巻が見たいですww
二人のあまあまが見たいww

6

期待以上

くそっ(つд⊂)期待を裏切らない面白さでした。
なに?次からラブラブ編だって!?
楽しみすぎる。うっかり雑誌を買ってしまいそうで怖い。
そんなわけで、待ってましたの秘めごと第二巻です。

ただの遊びだったはず
ただの気まぐれ・・暇つぶし
それがいつの間にか本気になってた・・・??
な今回、他の男とキスをしていることに取り乱し
あまつさえ嫉妬し、拒絶すれば忘れると思っていた気持ちはどんどん膨らんで
「我慢」の美味しさ前回なのであります(*゚▽゚*)ほら
我慢すればするほど気持ちは膨らんで、こらえきれなくなって
結局のところ、向こうは向こうで卑屈なまでに自信がなくて
延々ぐるぐる考えてるってのがまたいいですよねww
(顔に似合わずww)

大人だからこそ素直に気持ちを出せないもどかしさ。
アダルトムンムンな雰囲気含めて美味しい作品でした。
次回もまた楽しみです。首を長くして待ちますか

4

号泣しました。

待望の2巻!!
まず中表紙にやられました。柊ちゃん足エロすぎ。

無意識に嫉妬する柊ちゃん可愛すぎて///
当て馬の彼は何となくやや先生にしては珍しい雰囲気?な美形キャラ。
そこまで当て馬としての役割を全うしていたわけでもなく、少しよく分からない存在でした。
そして先生への思いを自覚した柊ちゃん。
しかし本気になるのが怖くて、距離を置こうとしてしまいます。
その柊ちゃんと先生のすれ違い、柊ちゃんの葛藤に涙が止まりませんでした。

2人が離別してからの柊ちゃんの片思いモード。
ものすごく切ないです。
そして!お風呂での!!アナニー!!!!!!!!キターーーーーーーーーーー///
もうこの数ページが切ない&エロい&美しいで忙しかったですよ!!!

紆余曲折の末2人は元のサヤに。
仲直り(?)Hは燃えますなぁ……
積極的な柊ちゃんエロすぎてもっと見たい衝動にかられました。
しかしまだ完結ではないようなので!!!
エロかっこ可愛い柊ちゃんがまだまだ見れるのかしら!?
当て馬くんはまた出てくるのかしら!?
とにかく次巻が楽しみです!
神評価つけたいとこ続きろですが、次回に期待して萌×2にしました(^^)

7

先生!ずるいよ~

大人の恋愛がワクワクさせてくれる第2巻。
今回ももうっ!っていう身もだえする展開で押してくれまして。
素直になれない大人たちが、言いたいことの言えない男達に、自分の気持ちを認めた彼等に、思い切り萌え萌えさせていただきました☆☆☆

先生の家でキスをしているところを見て帰ってきてしまった柊至。
ひょっとして恋人かと思った時、彼の心に芽生えた自分の気持ち。
違うんだと説明しようとする先生を追いかえしてしまう。
先生も、柊至との出会いは特別なものであったから彼に対する気持ちをきちんと持っているのに、口に出せない。
そして柊至から切り出されたさようなら。。。

と大雑把にこんな展開なのですが、この男達がもどかしい。
特に先生!
あなた、いつも眉間にしわ寄せてダメですよw
生真面目でヘタレだから困っちゃうのですよ。
「好きでいることを許して下さい」なんて。
しかし、柊至もやんちゃ風味を装っている本音を隠す人なので、先生の態度も仕方ないかもしれない。
でも、今回は本当の事を言って欲しかったと思うのですよね。

恋ってタイミング。
言葉もタイミング。
早くても続き遅くても時を逸して遠回りしてしまうかもしれないし、切れてしまうかもしれない。
それがこの作品うま~く表現されていて、二人の気持ちに同化しちゃうんです♪

そして、柊至が風邪で寝込んだ時にチーちゃんに呼ばれて往診に来る先生。
ここで、弱っている柊至だからこそ本当の気持ちを言うなんて、先生ちょっとずるいよw
柊至が特に意地っ張りというのではなくて、きっと先生がヘタレというのが一番大きなすれ違いの原因だとはおもうんだけど(笑)
でもだからこそ、片方が弱っている時だから本音を言うことができた。
はじめて見たよ、先生の優しい顔v
よかったです♪

さて、気持ちが通じた二人だけど、次はどうなっていくのかしら?
一段落というわけではなく更に気になってしまうのです!

番外編は不器用で家事をしたことない先生が柊至の為に健気に頑張っちゃう話。
不器用さんの精一杯のデレが面白い~♪
先生、これからもその優しい笑顔をもっと見せてねv(本当は怖いけど…爆!)

この作品桜城ややさんの絵も大好きなのもあるけど、組み合わせといい、展開といい、とってもとっても大好きです!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ