忍者なんです

忍者なんです
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
2件
平均
1.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
アイスノベルズ(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784872786187

あらすじ

大介は突然恋人の一流に「忍者の末裔」だと告白されびっくり!二人の愛を認めてもらうためには、男同士なんてカンケーなく大介も優秀な忍者になり、一族に認めてもらわなくてはならないのだ!苦しく辛い忍者修行が続き、大介はヘトヘト。でも、可愛い!愛しい!一流への愛のため、大介はがんばるのだった…。そんなある日、大介は偶然、一流が仲間の東雲とキスしているところを目撃!不審な(二人の)噂も耳に入ってきて…。

表題作忍者なんです

大介
一流

評価・レビューする

レビュー投稿数1

忍者は職業?

恋人の郷にお願いして連れていってもらうが、恋人のカミングアウトは、自分が忍者だということだった。一流は甲賀忍者だというのを知り、一流の願いは恋人である大介に甲賀忍者になって欲しいという願いだった。
一流の願いは叶えてあげたいと考えた大介は、忍者になる修業をすることなる!
一流の恋のライバルが郷にいた。一流の配偶者になると思ってた東雲は、突然現れたライバルの大介に修業といいながら嫌がらせ行為を幾度となくする。
乳母のウメにもいたぶられるが、逆境にも負けることなく修業する。
2ヶ月という短い時間で、修業をしめくくれると考えた時に、実家から連絡が、
大介の母は伊賀忍者になるのが嫌でとびだしていた。しかも、祖父の死=伊賀忍者頭領だった。

大介は伊賀忍者頭領
一流は甲賀忍者頭領
ふたりが、愛し合うことで、双方の忍者が仲良く手を取り合う!

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ