あなたの純情が伝染りそう。

フェアビアンカ

fair bianca

フェアビアンカ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×211
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
12
得点
114
評価数
36件
平均
3.3 / 5
神率
13.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784864420952

あらすじ

大学の写真部員である矢野は、天然だけど格好良くて誰からも好かれる先輩の阿久津から突然告白される。
しかし「伝えるだけでよかった」なんて、以降何事もなかったかのように振舞われることに矢野は戸惑いを隠せない。
応えも何も求めてこない阿久津に自分ばかりが意識しているとイライラが募り―…。

表題作フェアビアンカ

学生写真家で3度留年の4回生 阿久津類
大学写真部員の後輩 矢野

その他の収録作品

  • 続話(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数12

早くくっついて〜〜

一話目の最初で告白という、ちょっと変わった作品!
でも、その後が..早くくっつけといいたくなるほどのスローな展開!

もどかしい、じれったい!!そんな気持ちを久々に感じました。

攻めの阿久津先輩は矢野に告白したはいいが、特になにもしようとしないんですよ!
いや、好きならなんかしろよ!と突っ込みたくなっちゃいます。
阿久津先輩、イケメンでカメラの才能もあり、完璧に近いんですけどなんていうんでしょう、、恋愛偏差値ひっくいんですよ!
ちょっとのことで照れたりしちゃって、、、かわいいです。

完璧、美形、ぐいぐいやりたい放題の攻め様を最近まで好んで見てきたので、新鮮で面白かったです。

実は最初読んだときはそこまで面白いとは思いませんでした笑
でも、何度も読み直すうちにじわじわと好きになっていった作品でした。

1

ちっちゃい会話

吹き出しの中じゃなくて、吹き出しの外のちっちゃい会話が面白い。阿久津先輩への矢野のツッコミ。
10円が落ちた先の矢印付きのミゾという案内とか。

落ちた10円で、矢野が体で払ってって冗談で言ったはずなのに、阿久津先輩が本気で照れてるのは可愛かった。
矢野の肩からずり落ちるリュックのヒモと、矢野の心の叫び。
なんか、このシーンが一番好きかも。

カバー裏の事後の二人のイラスト。ちょっと、照れてる阿久津先輩とおパンツをはいてる矢野が可愛い。

1

少々じれったい

大学の写真サークル、矢野と阿久津先輩
カッコよくて誰からも好かれている先輩に突然告白された矢野。
でも、そのあとのアクションがない・・・
突然の告白に自分ばかりが、ぐるぐるして今まで以上に先輩を意識してしまう矢野。
マイペースだけど純粋で優しい先輩に、どんどん惹かれていくのは
自分でも気づいているけど、どうしようもないもどかしさ。
読んでいるこっちも、はらはらどきどき後にイライラ・・・
告白できれば、相手に気持ちが伝われば良かった先輩に対して
心を乱された矢野は、とうとう爆発。
先輩の優しさや気遣いも分かる気がしたけど
やっぱり矢野が気の毒でした。
「好き」の言い逃げみたいな感じで、その後のファオローなしは
青春真っ只中の成人男子にはかなりきついですよね。
結局、矢野が振り回されたというより
勝手に、イラついてぐるぐるしていた感じですが
最終的には、落ち着くとこに落ち着いてほんわかムードになったのは良かったです。
男同士だからか、変に意識してぎくしゃくしちゃうところなんか
先輩と矢野らいいといえばらしくて・・・
最後にちょっとだけHシーンが出てきます続き
もっと甘々な激しい先輩、ちょっと見てみたかった気もします。

1

おおー、スローラブ!!

かつて嶋二さんのコミックスで
ここまでじわじわ進むお話があっただろうか!というほどで
1読目は驚きましたw

告白してきたくせに、
改めてのアプローチも何もないなんて…。
矢野くんがイライラもどかしくなる気持ち、
もし自分が矢野くんの立場だったら
やっぱりそうなるんだろうなぁ。
しかも相手はイケメンの才能あるカメラマンで
純粋だからこそ“気持ちを伝えただけでよかった”と言える阿久津。

自分に無いものを羨み、多少卑屈になりながらも
そんな人が自分に好意を持っているという優越感、
人間としてあらゆる感情に振る舞わされるのも納得です。
飲みの帰りの路ちゅーは「ずいぶん思い切った事しちゃったな!」と思いましたがw

男なら、相手の反応次第で、直接的な返事をもらえなくても押す!って
矢野くんの言いたい事もごもっとも。
好きで、気持ちを伝えて、拒まれていないのなら
ガッツリいっちゃったっていいじゃない!!
でも阿久津はただ単にそういうタイプじゃなかったってだけで、
みんながみんな積極性のある人間じゃないですもんね…。

焦れ焦れな気持ちから意識しま続きくりで
自らもつられて恋に変化してしまった矢野くん、
自分でいちいちツッコミいれてて可愛らしかったです!

ゆっくり恋人になって、大事にされて、
素直に「これからもお幸せに」と言いたくなるカプでした。
1度しかHシーンが無いのがまた新鮮でしたよw

そしていつも思うのですが
やはり嶋二さんの書き文字はゆるさがクセになる!!
たまに見づらいのも味ですww

3

もどかしいぐらいがちょうどいい

帯にもあった『あなたの純情が伝染りそう』ってこれ、攻めキャラ(先輩)のことだったのね!?
……というのが、はじめの感想。

純情で純粋な先輩が可愛くて、見ているこちらのほうが恥ずかしくなっちゃった。
なかなか進展しなかった序盤も、すれ違いはじめてからも、ドキドキしながら読み進めました。
二人とも可愛いなあ。
あんなに純情だった先輩が、終盤で男前になっていたのもいいですね。

全体的に、ガツガツしていないところが好き。くっついた後のお話をもっと読みたくなりました。
妄想で補完できなくもないけれど、二人のその後がとても気になります。

3

読みながらジタバタすることまちがいなし

ジタバタしながら悶えて読む漫画といえば、さすが嶋二先生。
胸がくすぐったくて、ほんとに読みながらゴロゴロ転がってしまいました(笑)
メガネの男の子がドキドキ顔真っ赤にしてるところが大好きな方はぜひおすすめです。

何考えているのかわかんない不思議系の攻、阿久津先輩とごく普通の大学生矢野くん。
サラサラ長髪に、黒縁メガネの矢野くんは、本当にそこらへんにいそうだし、多分ちょっと影で異性にモテてるタイプだと思います。本人もそれなりに女性経験もありそうな感じ。

そんな普通の男子大学生に不思議系の阿久津先輩がウブな恋心をチラ見せしてくると、ごく普通の男子大学生としての恋愛を経験してきた矢野くんはそんな阿久津先輩にモヤモヤジリジリしてしまうんですね。この、ちょっと冷めたような普通の子っぽい矢野くんがどんどん阿久津先輩のジリジリに巻き込まれ、自分まで乙女思考になっていく感じがもう!たまんないです!

メガネの奥でジリジリドキドキする矢野くんの顔見るたびににやけちゃいます。
舞台が大学のサークルなのもいいですね。大学のサークル合宿を舞台に二人のドキドキが
加速する展開になるのが続き素晴らしいです。

ただ、阿久津先輩のキャラ設定や、最初のエピソードが、もしかして某漫画の某先輩…?
と思われるほどイメージがかぶってしまうので、そこがちょい残念でしたね。

4

矢野と一緒にモダモダ!

ジリジリとモダモダは嶋二さんの真骨頂!

表紙で矢野が抱えているバラ…紅の蕾から真っ白な重ねの花弁をほこらせるフェアビアンカ。
作中で矢野が阿久津を認識した作品もこのバラでしたね。

大学の写真部の阿久津は才能に恵まれ既に写真で仕事をしている。
その上、カッコよくてモテて一途で純粋。

そんな天才から突然、告白された矢野はというと阿久津の才能に嫉妬したり劣等感を感じたり、自分の持つ薄暗い感情や焦りとは縁のなさそうな阿久津に苛立ちを覚える人間らしい子です。

端から見ると全てを手にしているような人ってガツガツしていないことが多いですよね。
矢野が親しみやすい人柄で焦れるからこそ『妖精ちゃん』な阿久津が現実味を帯びて話自体の存在感を感じます。

告白したきり関係を先へ進めようとしない阿久津の態度にモヤモヤする矢野。
挙げ句、焦れた勢いでキスしてキャッチした阿久津の純情は矢野の気持ちをどんどん動かしていきます。

完璧な人なんていない。そこに気がつけば気が楽になるし自分の気持ちがどこに向かっているかもちゃんと見えてくる。

気づいてしまった気持ちが通じない方がそれまでより、ずっと焦れて切なく続きて才能ではなく女子に嫉妬した矢野の揺らぐ優越感と八つ当たりめいた言動はよくわかります。
打ちひしがれる阿久津にキュンとしました。
ところどころ可愛いんですよね、この人。

まっすぐでピュアな阿久津の気持ちが矢野の気持ちの向きをを少しずつ変えていく様子が丁寧に綴られています。

不器用におっかなびっくり近寄りながら重なるふたりの恋の焦れったさに一緒にもだもだしながら楽しめました!

どっちが受?とワクワクしながら読んでましたが、描き下ろし続編での阿久津の少し積極的な攻めに嬉しくなりました~。

透け感のある帯の下の矢野の美味しそうな腹チラ、阿久津はシャッターを切れたのでしょうか?


3

もどかしい!のがいい

一言で言えば、嶋二先生ワールド炸裂な感じです。

大学4年生を3回もやっている写真部の先輩(阿久津)から告白された矢野。
天然でも、イケメン(設定)モテモテの阿久津は告白後も今まで通りに接してくるので
戸惑い(勝手に)振り回されている矢野のイライラがものすごく伝わってきて
天然の人って罪だなぁと思いながら読んでました。
阿久津は矢野に会いたいため、忙しい中時間を作って会いにきてるんじゃないかな
と思うのに気づかない矢野も矢野ですが。

書き下ろしの続話の二人がかわいいので読後ほっこりします。

2

平凡な男の子たち

嶋二先生の話はどれも大好き。
あまりに好きすぎてうまく感想が書けないので、今回が初レビューかも?

無駄にカッコいい先輩の阿久津くんは、仕事出来たり賞をとる程の写真の腕前。
なのに、恋愛にはかなりのヘタレというか、ウブすぎる!
女子がやたらよってきたり、女子を引き寄せるサクラに使われたり。
イケメンでキツく断れない性格ゆえに、常に人に追いかけまわされている不器用な人。
天才でイケメンなのに残念な感じ。
いいなぁ、このギャップ。
気持ち伝えられて満足という、相手の気持ちを考えていない天然ぶり。
それでいて、矢野くんの好みの女子を知ってショック受けたり。
いくらイケメンでも、男同士はハードルが高いんだろうなぁと、つくづく思います。
天然過ぎてなんとかしてあげたくなる、母性本能くすぐる感じもたまりません。
デート内容がヘタレなのもギャップ萌え。

そして超がつくほど平凡な男の子、矢野くん。
猫の写真撮ってる時にしゃがんで服の裾が地面についていたり。
デカいリュックの肩紐が片方ずり落ちていたり。
がに股な歩き方とか、微妙なデザインの眼鏡とか、サンダル履きとか続き
いるいるこういう男子!みたいな普通な可愛さ。
好みな女子には、見た目の可愛さに騙されてる面白さ。
そんな普通男子が、コンプレックス感じているくらい超イケメンな先輩に告白されて、翻弄されて。
気持ちだけ伝えてきて放置って、どうすりゃいいの俺?って気持ちがよくわかる。

阿久津くんの、勿体ないほどの純情さ。
矢野くんの、純情が伝染る純粋さがとても愛しいです!
独占欲とか、やきもちとか、優越感とか、恋愛か友情かわからないもどかしさとか。
素敵な要素がてんこ盛りでした。

少し勿体なかったのは、気持ちの変化がちょっぴり掴みづらかった事でしょうか?
ライバルをもっと活躍させるとか、阿久津くんが矢野くんの恋の邪魔をしていて悩むとかあると楽しかったかも。
あとは、二人の時間がもっと書かれていると嬉しかったな。
二人の純情な空気感を、もう少し感じたかったです。

2

roseーlily

読み返しレビュー

毎年、春薔薇の季節になると読み返したくなります。
今年もフェアビアンカも含め、沢山の薔薇を見に行ってきました。
フェアビアンカの蕾の赤さは、阿久津先輩の純情さと情熱。
開いた白は、矢野ちゃんの中身の可愛らしさとピュアさに似ています。

矢野ちゃんてあまりにもフツメンで、ガサツでやる気無い感じや服装のセンスの無さに目がいきがちですが。
撮る写真が可愛いとか、阿久津先輩の純情に影響されるとか。
意外と中身が乙女というギャップが非常に萌えます!
チャラ過ぎないところも好き♪
心の独り言に(大声)とかもらしくて好きだなぁ。

今なら神評価ですが、評価変えられないのが残念です。

何度読んでもだめだった

嶋二さん好きなのですが
この作品は好きになれなかったのですがコミックはやはり購入しました

話そのものというよりは
キャラがはまれなかった

イケメンであるはずの阿久津先輩がイケメンに見えないことは
想定範囲内でしたが
矢野がどうにもよさを
見つけられなかった

阿久津先輩はイケメンという設定じゃなければ、愛すべき人だなと
かわいく思いました

しょっちゅうこけちゃうところとか、窓から飛び降りてまで逃げたり、隠れきれないのに、木の作りものをもったり
阿久津先輩は好きでした

矢野くんが全く可愛くない
今時の若者なのでしょうが
髪型も服装も好きになれず
イライラしました

眼鏡のフレームが1番嫌でした

続話で多少二人の動きが見えてはいるものの、矢野に対する私の感想はかわることなく

卑屈な人格としてうつりました

嶋二さんの最近の話というかキャラの設定が好きじゃないものが多くなっています

4

先輩それはw

文句なしに面白かったヽ(´▽`)/
読み終えての達成感wwムハー
ラストちょっと、結局ありきたりかと思う部分は少なからずあったんですが
過程として、厚さもばっちり読み応えな一冊でした。

というかね、読んでて思ったのは
あんまりBLな感じの。。主役はるような二人じゃないのがカップリングされてるな~という印象でした。
雰囲気かなぁ

留年しまくりで、ぽやっとしてて、でも男前でモテまくり
そんな先輩に告白された。
わけもわからないまま日々はすぎ。
誰にでも優しいあの人が自分だけには特別?それとも・・・
悩んで、葛藤して、自己嫌悪して
そんな過程が、その空気感がすごく好きでした。
先輩がちょっとしたことで嬉しそうに笑ったり、照れたり
独特の雰囲気も好き

だったんですがwwある意味カップルになってからの
甘やかし感とか、積極的に~感だったりとか
彼女をなだめすかして、自分のペースに巻き込みHに~な展開は
案外ふつうの男か。。。な部分が、ギャップ萌となるか否かというところですね
なんにせよ、受にベタ惚れな攻はいいと思う。
存分に甘やかすが良い(*´続きд`*)はぁはぁ

3

純情って伝染るんですね

この題名何だろうと思っていたらバラの花の名前。
作中、主人公の矢野が初めて見惚れた一枚の写真の被写体がこの花だったのですね。

大学の写真部を舞台にして、4回生を3回もやっている数々の賞を取りすでに会社の仕事もしている、モテメンなのに天然で乙女な先輩阿久津に「好きだ」と告白された後輩の矢野が、ただ告白されただけでその後の進展がないことにイラつきながら考えながら、やっと恋人になるまでのお話。

どうして阿久津が矢野を好きになったとか、そんなきっかけエピソードはないんだけど、
矢野の心の変遷を通して見えてくるものがある。
矢野は、最初に阿久津の写真を見てそれを通して惚れているのです。
ただ男だったことが恋の対象にならないから落胆して諦めて、彼の「女だったら…」の言葉に彼の心に恋心の種はすでに蒔かれていたことがわかるのです。
しかし同時に芽生える嫉妬と憧れがまいぜになった複雑な心境。
だから告白されたのに、何もしてこずいつもと変わらず犬ころのように矢野に近づいてくる阿久津がじれったくてしようがない。
しかも純情なのか!?
恋を指摘されて乙女のように顔を赤らめて、言葉だ続きけ伝えて満足するって~!?
そこが矢野とのすれ違い部分。
せっかくのステップアップも寸止め多数でついてないったらありゃしない(笑)
矢野が焦れて、どうしようもなくなってぶちまけてやっと解るという実に天然鈍感男の阿久津の恋愛脳は一体どうなってるんだ?

しかし、矢野との話の中でもう一度四回生やろうかな~なんて阿久津が発言しているのだが、ひょっとして阿久津って矢野がいるから4回生を3回もやっているのでは?と推理した。
無意識の関心なのでは?

作品はとにかく矢野が中心で、矢野の心をとても丁寧に詳しく描いているので、そのやり取りだけでも、阿久津の心の描写がなくても何だか満足できてしまった。
矢野はともかく、阿久津のあの純情ぶりは反則技と思うほどにすごいと思う。
何だか純真無垢で穢れを知らない阿久津を、矢野が大人色に染めて行くような雰囲気もw
そして、矢野も阿久津に染められて・・・
なんだか終わる頃にはフェアビアンカの花はホワイトだけどうっすらとピンク色に染まったエンドを迎えたような気がします。

それにしても、純情な阿久津が攻めに廻るとは(爆!)
萌え萌えに非常に近い萌え。
この作品って、激しく心を動かすっているより、じっくりジンワリと染みわたるようなお話だったような気がします。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ