オマエに兄さんは渡さない!最強7兄弟の△関係ラブ!

七匹のひつじ育成日記!

nanahiki no hitsuji ikusei nikki

七匹のひつじ育成日記!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
4
得点
28
評価数
12件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
シリーズ
G-Lish Comics ガーリッシュコミックス
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784864570206

あらすじ

ひつじ家は男だらけの7人兄弟。
ある日、「8人目の兄弟がいる」と母親から連絡が入る!
マザコンっ気あり! 性格は最悪! しかも超エリート!
8人目千影の登場に、ひつじファミリーの均衡が破られる!?
ひつじ家の禁断のLOVE ライフ、覗いちゃう?

(出版社より)

表題作七匹のひつじ育成日記!

その他の収録作品

  • ひつじ家族 設定資料

評価・レビューする

レビュー投稿数4

登場人物が多すぎて

登場人物が多すぎてなかなかすっと読めませんが、家族もの好きなので良かったです。
主人公は次男なんですが、双子同士だったり、三男と次男だったり6男7男だったり、カップルらしきものがたくさんあります。らしき、と言うのは、決定打がないんです。更に、長男の幼馴染みが次男にメロメロだったり、そこももっと欲しいとこですが、全てほんわり終わります。
ショタではないけど、8歳の末っ子がとてもしっかりしていて、成長したとこを見てみたかったですね。
登場人物が多すぎて話がどれも浅いのは残念ですが家族ものだからそんなに濃厚じゃなくても私はそれなりに楽しめました。

0

何も残らない

あれもこれもと詰め込まれていて、読み終わった後何も思い出せなかったです。
とっちらかり過ぎているので、メインを据えて描いた方が良かったのでは…?

0

七人兄弟のあれやこれ

七匹のひつじ、ということで七人兄弟のお話となってます。
表紙にいる三人がメインでBL展開が進んでいくのかといえばそうではなく、大元のストーリーは八人目の兄弟としてあらわれた千影と次男であるシン中心に進んでいくのですが、BLっぽさがあるの五男と四男だけでしょうか。三男である祥三と次男であるシンもそれっぽい雰囲気を出している感はあるのですがまだまだこれから…といった感じで、最後の最後でちょっと恋愛に発展するかも!?みたいなところまでいったのに結局もどかしい感じで終わってしまい、ですが続編も今のところでないそうなのでそこがとても残念に思いました。ぜひこの三男と次男をピックアップしたお話がみたいですね!

1

7人の緋辻家兄弟が更に増えた!?

『それでも君は笑うといった』の中に続く…とプロローグが挿入されていた、血がつながっていたりなかったりする7人兄弟の緋辻家のお話が単行本になりました♪
そちらを見なくてもわかるように、本作にプロローグがちゃんと入っていてわかるようになってるので大丈夫。
5男の双子の片われヨシが、兄ちゃん(長男:龍)を見ると勃っちゃうんだよ、好きなのかもしれない~と苦労症のみんなのお母さん代わりの次男シンに打ち明けたという波瀾が事の発端でした。
血が繋がっていたりなかったりだけに、兄弟間の禁忌がコミカルに展開するかとおもいきや!
結構、意表をつかれましたね。
それぞれに愛情はあるのだけど、期待するエロ込みの禁忌展開とはちょっと違ったかも。
まあ、兄弟総ホモというのも何なんで、それぞれの立ち位置があって事情があって、この距離感がちょうどいいかもです。
しかし、本当にいさか作品というのは、この前の『それでも~』から様変わりしてグンとよくなった気がします。

兄弟それぞれが主人公でもありますが、メインは次男のシン。
ヨシの爆弾発言に学校の授業(高校の先生なのです)も手に付かない程のうろたえぶ続きりですが、この話、結構簡単に決着つきました。
龍が無垢な未成年に着エロの絵の手伝いなんかさせるから(爆!)
しかし、この双子の片われであるマサはヨシが好きなんです。
やんちゃなヨシとちがってマサはちょっと内気で地味で、いつも一緒に寝てるので意識しちゃって本当に好きなんです。
この高校生二人に、ちょいエロ担当させましたが、魂の双子?運命の双子?双子ゆえの愛情なんでしょうか、その関係はどうなるのでしょう?

彼等7人兄弟の様子が良く解るのは、実は8人目の兄弟、シンと実の兄弟になる(父親が同じ)千影がやってきて波瀾を巻き起こすからです。
彼は18歳なのに飛び級で大学を出て研究者をしている天才。
緋辻家の兄弟達に事あるごとにチビっこにまで攻撃します。
兄として弟達を守ろうとするシンだけに、特に千影はシンに一番きつく当たるのでかなりダメージ。
そんなシンの心の支えになるのが、昔不良で今家を出て一人暮らしの大学生をしている3男のショウちゃん。
シンはわかってるのかないのか、ショウちゃんはシンが大好き、ともすると愛してると思うのですよ。
そして、もう一人。愛する兄・薫を守りたいと立ち向かうのが一番末っ子の小学生の伊盛。
彼が一番男前かもしれないデス。素敵なショタっ子、いや小学生男子です☆

と、兄弟の中で3組が怪しい?な関係。
シンと同僚の体育教師で龍の同級生、そしてシンにちょっかいを四六時中かけてくる大神という存在。
多分余興的に登場してるのが、伊盛に苛めらる妄想をしてる変態塾講師。
それらが、ふりかけ的存在を示しながら、物語を盛り上げます。
しかし、千影って滅茶歪んでる奴でした。
まあ、この緋辻家がとんでもない家族構成だけに、彼だけが兄弟の仲間に入れず一人海外にいたから仕方ないんですが、やっかみと嫉妬ですよね。
シンてばよく我慢したとおもうのですが、学校教師やめちゃうのって!?(驚)でした。
いいのかな~兄弟の幸せが彼の幸せなんだろうか。
そしてそんな苦労を一人で背負うシンを慰められるのが唯一ショウちゃんなんで、これはこれでいい関係なんだろう。

ちょっぴりシンとショウちゃんの関係の発展を期待したのだが、プラトニックで終わってしまってちょっとガッカリな感じもなきにしも…
とにかく、登場人物が多いので、兄弟全員を描くのは大変だったと思うが、少し散漫になってしまった感はいなめない部分ではあるのです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ