AND FAITH TO FA

AND FAITH TO FA
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥515(税抜)  ¥556(税込)
ISBN
9784044326029

あらすじ

アメリカ西海岸の小さな海辺の町に、クリス・エヴァンスと名のるひとりの男がやって来た。
長身でブルー・グリーンの瞳と茶色の髪を持つハンサム・ガイだったが、戦場で負った深い心の傷を抱えたままの状態だった。
地元のロック少年ダリルは、酒場でクリスと出会い、その危険な雰囲気に今まで経験したことのないような胸のうずきを覚える。
やがてダリルは、クリスの家をひとりで訪れることを決心したのだが…。
前作を凌ぐ筆致で描かれる信実と信実の交錯、心と心の葛藤。
「小説JUNE」掲載作品、文庫化第2弾。

表題作AND FAITH TO FA

クリス・ベトナム戦争帰りの翻訳家
ダリル・ロックバントを組むロック好き少年

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ベトナム戦争帰りの男

耽美系とかそういう意味ではなく別の意味でBLではなく「JUNE」作品だなあと感じる一冊。

テーマはベトナム戦争に行って帰って来た男達の心の深い傷。
ベトナム戦争を描いた文学や映画は沢山ありますがBLでとなるとやはり珍しいテーマかと思います。

舞台はアメリカ、小さな町に越してきた美丈夫な男・クリス[攻]
彼は妻子持ちですが、ベトナム戦争後のトラウマが原因で妻子と別れて彼だけがその町に。
小さな町だけに彼の存在はその町に住むロック少年・ダリル[受]も知っていてある悪戯をきっかけにして、クリスの家へと通う様になり身体も重ねます。
そして突然フラッシュバックして過去のベトナム戦争の記憶にパニック状態になるクリスを見ておぼろげながら彼の心の傷を知る事となる。
話はクリスとダリルの出会いから始まり、そしてクリスの戦友とその死、そのトラウマ、戦友の兄の精神科医、生きて生還した後に殺された戦友と話はクリスの過去、そして現在を描きます。

最後までクリスの傷は塞がる事はありませんが、希望に繋がる終わり方で締めくくられています。
ベトナム戦争を実体験として知らない若い世代のダリ続きルと、ベトナム戦争を体験した男達。
その対比も何気に上手いです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ