第二ボタン下さい

daini button kudasai

第二ボタン下さい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×27
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

191

レビュー数
4
得点
95
評価数
22件
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
渡辺いさき
脚本
佐々美沙
原画・イラスト
門地かおり
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
収録時間
68 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー初回特典(封入) キャストトークCD
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

柔道の高校No.1選手・阿久津は、とある試合会場で村上クンに一目ボレ。
選手として憧れていた阿久津にアタックされ、胸中複雑だった村上クンも、
やがて自分の気持ちに気づいて…。

大人気「生徒会長に忠告」のスピンオフをドラマCD化。
阿久津主将の恋の顛末を描いたトキメキ悶々ハイテンション・ラブストーリー!

表題作 第二ボタン下さい

阿久津直也 → 子安武人

村上遥 → 小野友樹

その他キャラ
国斉裕三[鳥海浩輔]/ 知賀泰広[杉田智和]/ 近藤武蔵[岸尾だいすけ]/ 栗鳥潤[近藤孝行]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

どこまでもバカップル

原作既読です。
収録されている内容は原作漫画のおまけを除いた内容なんですが、原作と比べるとカットされているシーンも変更されている台詞も結構多めだと思います。
作りとしては、原作を知らない方にとってはちょっと分かり辛いシーンがいくつかあるかも。主役2人と脇役3人の台詞が交錯しているシーンで聞き分けが少しややこしいのと、現実と心象表現のシーンが切り替わるので、何が起こっているのか掴みにくいかなと思います。

配役については原作イメージに合ってたんじゃないかと思います。
阿久津役の子安さんは「生徒会長~」の時から寡黙で、ちょっと何を考えているのか掴みにくいキャラだったんですが、今回キャラが掴めました。
寡黙だったのは、ただ単にちょっと天然というか抜けている所があっただけなんですね!(笑)。そういう所を子安さんがとても上手く演じられていたと思います。
村上役の小野さんも可愛い感じの村上に合っていたと思います。
原作よりも手が出るのが控えめでした。
脇役の3人もいいですね~。特に気に入ったのは近藤役の岸尾さん。
ギャグのツッコミが面白かったです。
知賀と国斉は、まだ知賀が国続き斉のことを好きになる前なので、「生徒会長~」と比べると普通の先輩後輩の間柄なんですが、知賀はもうこの頃からクールで大人っぽいです。
この後2人の関係がどうなるか知っている読者には興味深いかも。
原作自体がギャグ主体で、色気より笑いなので、このドラマCDもそんな感じです。
なので、Hシーンにも色気は感じませんが可笑しいです。^^

1

可愛くて耳に幸せ

このCD音が小さいですよね…。
普段聴いているボリュームから、大分上げないと聴き取れないのです。これはちょっとなぁ…ということで、しょっぱなから申し訳ないのですが星ひとつマイナスです(つД`)ノ

子安さんの阿久津(攻め)…こんなに可愛い演技でいいの?と心配になるくらい可愛かった!

本編の「生徒会長に忠告」では無口なキャラの阿久津なので、掴みどころのない部分も多かったのですが、この作品は天然というか不憫というか、気の毒になっちゃうような可愛らしさがあるんです。

そして、このCDでは心の声がメインになるので、普段クールな態度を取っていても、阿久津の心の中は実はいつもこんな感じなんだな、と納得出来てしまいました。

そして、小野さんの村上(受け)。
一般的に、天然の攻めに対する受けって、シッカリ者設定の場合が多いと思うのですが、この作品ではWボケのバカップル設定で、それがもうめちゃくちゃ可愛くて、突っ込み役がいないとこうなるのか的な…(=´∀`)人(´∀`=)
それを音声で聞くともう、行くところまで行ってしまっている感がすごいです。
小野さんの可愛い声も、耳に幸続きせでした。

H時のイメージ映像の場面はちょっと多すぎやしませんか(笑)
「突撃ー!わーわー!開かなーい!開かなーい!手がすべるー!」とか笑えて大好きなのですが(これ子安さんの声ですか?声優さんってスゴイ!)しかし、これのおかげでリアルなHシーンが明らかに削られていますよどうしてくれよう(-_-;)

そして、お話の流れの中で国斉さんが登場すると何故か安心します。なんでだろう。鳥海さんの声がすると、ホっとするのですよね…。国斉効果?

フリトもすごく楽しかったです。
“栗鳥さん”のネーミングセンスが気になる(?)岸尾さん。子安さんが「わわ、そこは触れないように」とあせっているのが面白かったです。
今後の村上の出演予定について、岸尾さんの「賑やかしで本編に出るかも。栗鳥さんと一緒に」という発言に、小野さんが間髪を入れずに「(栗鳥さんって)言いたいだけですよね」と突っ込んでいるのも笑えました。
そして最近オシャレに目覚めたという小野さん、今日のファッションは“店員さんに勧められた、わざと裏返しに見える流行のTシャツ”だ、と嬉しそうに紹介するのですが、岸尾さんには「お前さては芋だな!」と突っ込まれ、子安さんには「不良品を騙されて買わされたんじゃない?」と失笑され、さんざんな目に。可哀想でした(笑)

最後まで楽しいCDでした。笑える場面がてんこ盛りで、リピート聴きしてしまうこと確実です。
音が小さいのがやっぱり気になるなぁ。

3

心象風景が楽しいよね。

「生徒会長に忠告」のスピンオフ・阿久津編ですね。
なかなか楽しい感じでした。
子安さんの阿久津はさすがというかなんというか「生徒会長~」ではそれほど喋らない阿久津ですけど、その阿久津の天然感というか残念感というかぼんやりした感じがとてもステキでした。
阿久津を子安さんにしといたのは正解だと思います!(笑)
よく考えたら高校生だけど(!)
心象風景とかもあるので、そういうところでのフツーに阿久津との差みたいなのとかもよかったです。
っていうか、なんか演ってて楽しそうな感じがした(笑)
喜んで「突撃ー!」とかやってる感じというか…。
一方のおのゆー(小野くん)の村上。
正直、絵を見た時にはおのゆーの声が想像できなかったんですよね。
で、音で聞いてみても「ああ、なるほど」みたいな。
門地さんの絵だとわりと「美少女系」なんですよね、村上って。
もちろん、男の子なんですけども。
でも、おのゆーだとそこまで「美少女系」って感じではなくて。
でもちゃんと「かわいい系」の少年なんです。
トーンとかではなく雰囲気的なのがちょっと鈴に近いかなって思いました。
えちシーンに関続きしては心象風景盛りだくさんなので、そんなにエロくは感じないというか。
フツーの生喘ぎ?が少ないからかな。
それでも、原作だと門地さんの絵のせいもあってかエロさがもっとあったような気も。
これは心象風景とか全体のテンポとかノリを楽しめばいい作品なんだろうな。
心象風景とかメール本文とかをもちろん、子安さんとおのゆーが演じるわけですがそういうのが非常に楽しかったです。
あと、メールのやりとりでテンソンが上がってく感じの両陣営の人たちが(笑)

初回特典フリトは子安さん、おのゆー(小野くん)、岸尾さん。
別会場で鳥ちゃん(鳥海さん)、杉田くん。
栗鳥さんで盛り上がる3人。
やはりその名前が気になるか!
ってうか、ネーミングセンスとかの話になるってことは原作読んでないってことですよね。
原作では珍名みたいなので話題になってたんですよね。
近藤もフルネームだとアレな感じなんですが気づいてないのかな?
「生徒会長~」の方で少し触れてたかな?
心象風景があったりするのが斬新。
7年前にデビュー作で子安さんと共演したおのゆー。
今回は役作りがずっと合ってるのか不安になりながら演じた子安さん。
ハイテクについての話題。
だいさくはスマホを嗜む程度に。
おのゆーと子安さんはガラケー。
ガラケーに愛着があるからのガラケー。
ハイテクに殺されそうな気がするおのゆー。
車の免許もないおのゆー。
鳥ちゃんも免許ないらしい。
この業界では年取ってお金が貯まってから免許とる人も多い。
妹が月に1回手作りした蝶ネクタイを3個送ってくるおのゆー。
そして、別会場の杉田くん。
今回は「生徒会長~」より少しばかり時間軸が戻ってるということでまだ国斉さんといろいろある前。
なので、いわゆるフツーの男子校生なリアクションでした。
別会場の鳥ちゃん。
穢れを知らない頃の国斉さん。
毎回これでいいのかと不安になる鳥ちゃん。

2

不思議なくらいにかわいいの

子安さんが、

今更ながらの、子安さんの高校生。
初恋に右往左往する、ドーでテーの高校生。
一目惚れして即ボッキ。
初めてのソーニューに戸惑い、
ケータイの使い方すらままならない。
真面目で不器用な高校生。

原作コミックス自体が、かなり以前の発行で、読んでいないはずはないんだけど、はっきりいって内容は記憶の彼方。
それでも、恋に戸惑う男の子の心情には今も昔も(ってほど昔じゃないけど)ありゃんせん。
こんな高校生の子安さんが、今になって聞けるとは!
お相手が、まだあんまりBLではお馴染みじゃない小野友樹さんって所も、このカップルの初々しさにつながっていると思う。
お話の時系列が「生徒会長に忠告」カップルがまだ出来上がる前なので、国斉や知賀、近藤の子供っぽさも聞き所です。

初回特典は、キャストトークCDが2枚目ディスクとして封入。
子安、小野、岸尾のお三方が一緒、杉田さん、鳥海さんはそれぞれ別録りコメント。
岸尾さんの栗鳥さん推し下ネタに受けている小野さん、クールに煽っている子安さん。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ