G・DEFEND(41)

g・defend

战栗情人不设防

G・DEFEND(41)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
19
評価数
5件
平均
3.8 / 5
神率
20%
著者
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
ラキッシュ・コミックス(コミック・冬水社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784864232227

あらすじ

国会警備隊隊長・石川とSP・岩瀬の近未来ラブ&アクション!!
隊長のカリスマ最強!!の『隊長 石川』、DGパワーのこれぞ原点『俺たちの場所』の他、
『TAKE OFF』を収録! 連載再開で一層強まるDG愛をご堪能あれ♪ 描下し2Pも必見!!

著者:森本秀

(出版社より)

表題作G・DEFEND(41)

岩瀬基寿,国会警備隊隊長SP
石川悠,国会警備隊8代目隊長

その他の収録作品

  • The 65th 隊長 石川
  • The 66th 俺たちの場所
  • The 67th TAKE OFF
  • TAKE OFF その後

評価・レビューする

レビュー投稿数4

安定の結束力

今回もオールキャラ気味の3話構成。
最近隊長と岩瀬のラブシーンっぽいものが減ってる気がしますね。ここまでキャラクターが増えると仕方ないのかもしれませんが。

どちらかというと恋愛よりDGの結束力に重きをおいたお話でした。
冒頭は隊長が命を狙われ、全員で阻止するお話。それでも黙って守られっぱなしにならないのが石川隊長です。ちょっとこの隊の底にある原点のようなものが見える回でした。この隊長あって、この部下、というお話ですね。

2つ目は手の足りない食堂に有志メンバーが手伝い出るお話です。
ほのぼのしたお話でした。どこにいてもここのメンバーは楽しそう。
最後は演習をテーマにした回想話。隊長と西脇の過去話は何度もありましたが、岩瀬とアレクの過去話って結構珍しいんじゃないでしょうか。
この2人も性格全然違うのに、長い間親友…って感じですね。岩瀬がアレクといるときだけはいつもの健気なわんこでなく歳相応で口が悪い感じになるのが好きです。

面白かったけど、ラブ度の少ないさらさら読めちゃう感じでしたのでちょっと物足りない感じが…。巻数が増えてきた分、マンネリにならないように新しい続きテーマをつくらないといけないのは大変でしょうが、やっぱりキャラクターは魅力的ですのでこの先も期待したいです。

0

待ってました〜41巻‼

今回も楽しく読ませて頂きました。いつも、G•DEFND読後は、元気いっぱい、幸福感で胸がいっぱいエネルギッシュな気持ちになります。今回も、アクションもありハラハラドキドキ、時にはほのぼのライフを交えながら、国を守る男達みんな、協力して頑張ってくれています。カッコよすぎです。
いろんなカップリングがいるんですけど、今回はラブ面が若干少なかったかなあと…でも、幸せそうなのは読んでいてチラホラわかるので良かったなあと思います。

今回も、隊長 石川さんはステキでした。いつも周りの事を一番に考えて行動できる、あたたかな思いやりのある人です。人の上に立つ方が石川さんみたいな人なら、本当に安心してついていきたくなるし、この人のためなら頑張っていこおって思えます。隊員と同じて、本当に隊長に乾杯でした。

6月には20周年記念画集発売という事なので楽しみです。私も20年間読み続けてるんだな〜と思ったら、また1巻から読みたくなってきました(笑)巻数も多いですけど、何回読んでも飽きないんですよね。毎回思いますが、キャラにストーリーとバリエーションが豊かで、壮大な映画の世界のようなお話なんですけど続き、それをなんなく書いている森本先生は凄いなあと思います。続けていくことは簡単な事ではないと思うんですけど、ファンとしたら、いつまでも読み続けたい作品なので終わらないで欲しいと、新刊が出るたびに願ってます。
もう一つ嬉しいのが、次巻が8月発売との事。今回は余り待たずにGDEFNDのメンバーに会えると思うと、今から待ち遠しいです。次は待ちに待った城&篠井さんのお話が読めるみたいなので楽しみですし、魔性石川降臨みたいなので…また酔っ払っちゃうのかなあ?岩瀬大変‼と色々妄想を楽しみながら待たせて頂こうかと思います。

近未来&アクションものが好きな方(結構本格的なアクションシーン満載なので萌ますよ)制服姿&働く男に萌の方、本当にたくさんの愛が詰まった作品なのでオススメです。

1

もう少しラブが欲しいっ!!

今回もいつものメンバーかっこ良かったですvv
そしてほのぼの感、アクション感も健在なんですが
いかんせん、最近あまりラブラブ感がというか
いろんなカップリングの進展がなさすぎるので
正直ちょっとマンネリしてきてるのも確か(^^;)

すでにラブラブなカップリングもですが
まだ一線越えてないカップリングは特に、なんらかの進展が欲しい!!
大好きなアレクのところもそうだけれど
宮沢さんのところなんか特にどうなってるの~?!
顔色がいいのは誰のおかげ~?!その相手とは今どうなってるの~?!
などと、ちょっと(かなり)気になるのに進展なし…

でも読むのはやめられないんですけどね…(^^;)

1

安定した幸せ感

近未来の国会を舞台にしたこのシリーズも41巻!!
も~ずっと連載しててほしい(*^^*)
読んだ後の幸せ感が大好きで、読み出すと既刊も含めてずっと読んでしまうんですが、中毒の様に…。
今回は三話収録、雑誌掲載も再開されて嬉しい( 〃▽〃)

『隊長 石川』
ネットに隊長殺害予告がでてみんなで隊長を守ろうとするお話。もちろん石川隊長にはナイショですが 皆の違和感に気づいて…結果隊長がかっこよく解決し、隊長人気が益々上がっています!!
みんなの絆も再確認させられます♪
『俺たちの場所』
調理班の大部分のスタッフがインフルエンザに!!
岸谷さんまで寝込んで、隊員たちの食事の危機。
食事だけでなく、憩いの場所でもあるので、隊長がまたまた頑張るお話。調理班の大変さを見ながらも美味しそうに食べてくれる隊員たちに喜びを感じながら過ごすある日のヒトコマ。
『TAKE OFF』
官邸の抜き打ちテロ演習をDGの主要4人でやってあげるお話。
仲間の為に力になる事、それを過去の話しも交えてストーリーが進みます!!
今回は描き下ろしも2ページあってうれしい♪
6月は20周年記念続き画集も出ますし、益々楽しみにしてます。

でも、今回はどのカップルもラブラブぶりが超低めだったので萌×2評価で。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ