Oyaji de assort

oyaji de assort

Oyaji de assort
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
愚者<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
52ページ
版型
A5

あらすじ

※18禁
「愛とバクダン」&「愛してないと云ってくれ」番外編

表題作Oyaji de assort

オヤジ
ツンデレ

同時収録作品愛してないと云ってくれ番外編 「罠」~the trap~/「斑目の半分」~Half of Madarame~

元伝説の外科医で現在日雇い 斑目幸司
ドヤ町の開業美人医師 坂下春紀

同時収録作品愛とバクダン番外編 「猫」~the cat~/「おかえり」~okaeri~

元刑事の探偵・竜崎英彦
竜崎の助手・深見謙二郎

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

生き様を見届けたい

『愛とバクダン』『愛してないと云ってくれ』シリーズの番外編。
個人的に、オヤジが輝く中原作品の中でもお気に入りツートップの作品です。

◆『愛して~』番外編
【罠】
相変わらず小学生のような下ネタを吐く斑目と、あしらうつもりが策略にハマる坂下の日常譚。

【斑目の半分】
双葉と斑目のSM談義がくだらなすぎて面白い。「坂下先生はM」に同意w
ヘラヘラしつつ、陰ながら坂下のフォローに回る斑目はやはりカッコイイです。
坂下のため、金を返すよう島崎に説教し、食べたがっていたクレープを差し入れ…
食べさせたら格好良く帰るつもりが、欲情して襲ってしまうところも、
ドヤ顔でクサイ台詞言っても何故か決まってしまう所も、いいオヤジ攻めでしたv


◆『愛とバクダン』番外編
【猫】
仕事で大阪にいる謙二郎を想いつつ、子猫の世話をする竜崎視点の話。
辛い過去をもち、簡単には弱みを見せない謙二郎に何かしてやりたいと思う竜崎。
謙二郎は出てこないけど、中々なつかない子猫にその面影を見たり、
早く会いたいと思ったりと、竜崎の愛情と純情が趣深い短編でした。

【おかえり】続き
大阪から帰ってきて、竜崎やオリーブ達に囲まれ、今の幸せを噛み締める謙二郎。
いつか竜崎に感謝を伝えようと、遠い未来を思います。
老人になっても一緒にいるつもりの二人ですが・・・【あとがき】で衝撃の事実が。


◆【あとがき】
『愛とバクダン』の構想について。
どうやら竜崎は、あと10年もしないうちに命を落とす(予定)らしく、その最期のシーンも、ハッキリ決めてあるそうです。

死を描くことで、それまでその人がどんな生き方をしてきたのか、「生きざま」を現したいとのこと。
最近の中原先生の作品が、生死不明だったり、別れを予感させるようなラストが多いことを思うと、このポリシーは今でもあるのだろうと思います。
『愛して~』シリーズの最新刊も、完結は次巻だが、別れの可能性もにおわせる、切ないラストでした。

賛否ありそうですが、私は最近のビターな作風も結構好きです。あえてハピエンにしないことで、それまでの愛情や絆、失った存在の大きさが非常に強く感じられて心に響くし、そこに間接的な萌えを見いだせるんじゃないかと。

残された謙二郎が、今の竜崎の年(34歳位)になった頃の話…という構想もあるそうです。
悲しい話になりそうですが、竜崎の生き様を最後まで見届けたいし、その後の謙二郎の人生も知りたいと思います。この同人誌が発行されて随分経ちますが、いつの日かまた書いて下さることを願います。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ