叶先生のすべて ―フィフスアベニュー通販特典―トークCD

kanousensei no subete

叶老师的一切

叶先生のすべて ―フィフスアベニュー通販特典―トークCD
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
叶先生のすべて

商品説明

フィフスアベニュー通販特典のトークCD。
キャストは叶歩稀役寺島拓篤さんと日高唯人役羽多野渉さん。(約15分)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

お家で練習

声優さんって、当然だけど、やっぱりお家で練習するのね。
で、叶先生のテンションのアップダウンにビックリしたらしい。
トークは、基本的には羽多野さんの仕切りで、いくつかのお題を消化していくスタイル進んでいきます。
お題ごとの内容は、先の方が詳しく書いてくださっているので省略。

トーク全体としては、それなりにお付き合いも長いお二人なので、息ピッタリというか、お互いの趣味というか性癖?は、熟知しちゃってるもんね。な感じのトーンで、サクサク展開していきます。
羽多野さん、だめな子萌って、、、、
ほんと、はずさないなぁ

1

時々、叶先生が現れるフリト(笑)

特典フリトはてらしー(寺島さん)と羽多野くん。
叶先生の性格嫌いじゃない羽多野くん。
嫌いじゃないというか似てるというか…。
いい事があったら悪い事があるから、いい事があった時が一番不安。
人生プラマイゼロ。
人だってそうだから、優しくされるとこわい。
羽多野家の家訓でもある。
てらしーの感想としてはメガネスイッチを最中にも入れさせられることに家で練習してた時もそうだけど本番でもやっぱり戸惑いを感じざるを得ない。

どこでやる気スイッチが入るか?というお題。
てらしーは普段姿勢が悪いので姿勢を正すとシャンとするらしい。
雑誌のてらしーの姿勢がキレイでポージングを参考にしている渉。
羽多野くんは仕事面でいえば車に乗った時。
スタジオへ向かう車に乗ってバタンとドアを閉めた瞬間スイッチが入る。
ただし、運転はスーパー安全運転男。

ストレス発散についてのお題。
食べるてらしー。
量は食べれないので「こんな量でこんな値段ー!?」というようなものを財布に無理して食べちゃう。
発散するためにじゃないけど映画とか見て泣いて結果的にスッキリする羽多野くん。
あと続きはアイスを食べる。
しかし、お腹が弱いため、それをわかった上で「今日はアイスを食べてやるんだからな!!」と気合いを入れて食べる。
そして、翌朝には「ほれ、見たことか!」というようなアイスの反撃をくらうらしい(…)

同性・異性への憧れについて。
左利きに憧れるてらしー。
子供の頃とか左利きの練習をして、左でお箸を持てるようになったらしい。
食堂などの並びで「俺、左なんで」と左端に座るかっこよさ。
間の席だから肘とかぶつかってそこから恋が生まれるてらしーの妄想。
更に妄想爆発な羽多野くんの妄想は「会社では上司、でもとしは3つくらい下で家に帰ったら逆転」というギャップ萌え。
某特命○長みたいなのに憧れてるらしい。
ギャップ萌えでいえば、てらしーは活発だけどメガネとか。
バスケ部がクラス対抗マッチで本気出す萌えの羽多野くんとか。
あと、背中の広い男性にも憧れるらしいてらしー。

いろんな話をしつつ、時々てらしーが日高先生になってネガティブ発言みたいなのをするのも面白かったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ