義弟~青蛇の虜~

gitei

義弟~青蛇の虜~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
33
評価数
12件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫black(小説・白泉社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784592851059

あらすじ

母の突然の再婚で、義父の連れ子で暗い目をした義弟・彰久と暮らすことになった朔也は、ある日突然犯され、監禁調教の地獄の日々に突き落とされる。どうやら彰久は危険な組織と関係があるようで…。

表題作義弟~青蛇の虜~

再婚相手の息子 菅原彰久・17歳
落ち目女優の大学4年の息子 二ノ宮朔也・22歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

陵辱監禁ものですが

彰久と朔也の始まりが、愛も何もない陵辱と監禁。
受にとっては突然の陵辱でも攻は昔から受のことを愛していた、もしくは執着していた、憎かった等、少なくとも攻は受に対して何かしらの感情を持っていると思うのですが、彰久は最初、朔也のことを何とも思っていない。敢えて言うなら、憐れんでるんです。
さらに、受である朔也は監禁から逃げ出す為に、彰久に絆されたという芝居をします。
それが演技だと気付いているのに、彰久は朔也に好意を持ち始め、素を見せ始めた彰久に朔也も心を許し始め、そして裏切られ、彰久も傷つき・・・と二人の気持ちが近づいては離れてを繰り返します。
最終的に二人は恋人になりますが、正直私には朔也の彰久への気持ちが、恋人としての愛なのか、家族としての愛なのか判断がつきませんでした。
やることやってるし、朔也自身は愛だと言っています。愛に恋や家族を付けて区分すること自体間違っているのかもしれませんが、朔也の彰久への想いはどちらかと言えば、家族愛に近いのではないかと。だから、あとがき後の「そこにある幸福」という短編がこんなにも温かい雰囲気なのだと思いました。
二人のその後が幸せな空気に続き包まれているのが、何よりの救いでした。

母親の再婚相手の連れ子、義弟となった男に監禁され犯されて・・・という話なのですが、「義弟」というタイトルから想像する内容とは違うかもしれません。
彰久が背負っているものはとても重たいですし、表紙もがっつりエロいので、気軽に手に取れる作品ではないかもしれませんが、読み応えのある一冊です。

0

17歳に見えないなあ

えろいシーンが多め…というかそんなシーンが延々続きます。ので、周りに人がいない場所で読むことをオススメします…。

主人公朔也は、母親の再婚で義弟になった彰久と同居を始めます。  
最初は大人しく人見知りなのかな?という印象の彰久ですが、ある日を境に豹変し、朔也は監禁され、凌辱され…。
何故?とか目的は?などわからないままお話は進み、濃くて痛々しい陵辱シーンが続きます。
たまに錯乱状態になったり、怪我をして帰ってくる彰久。その謎もほぼラスト辺りまであかされないまま。
元子役の朔也は演技力を活かして逃げようとするも、捕まり入れ墨まで彫られてしまう。ドロドロの歪んだ展開が延々続きます。

重苦しいお話で、家族まで巻き込んだ犯罪描写などもあるため、ドロドロの展開はやガチ犯罪はいやだという方には向かないかもしれませんが、レーベルがレーベルなのでこの位の重さはある程度覚悟して読むべきなんでしょうか。

朔也は次第に、たまに彰久が見せるやさしさや気遣いにドキリとしている自分に気付き、けれどこれは被害者が犯人を好きになる被害者心理だと自分に言い聞かせます。
後半は彰久の目的や母続き親の再婚自体が仕組まれた罠だったことが明かされ、彰久は悪人でないこともわかってくるのですが、それが余りにもラストの方で、3分の2くらいは凌辱シーンだった気がします。
若干理由もわからないまま続く凌辱シーンに飽食気味になりました^^;
ですが、刺青を彫られるシーンはえろくてよかった。(痛々しいですが)
これはイラストの良さもあるかなぁと思います。

ですが彰久が朔也に執着している理由がわからないので、カップリングとして萌えるに萌えられなかったです。
真相もあまりに痛々しくて彰久が可哀想に思え、そのわりにはオチがあっさりしていてこれで終わり?という印象でした。
最後に朔也が彰久が気になるのは演技でも被害者心理でもないと結論づけるところは良かったです。

しかし、自分が何が読みたかったのかというと、タイトルにもある通り兄弟ものです!
義理の弟といっても兄や弟であるからどうのというようなシーンはほぼなく、一緒に暮らすという設定上兄弟である必要はあるのだけど、「BL」で「兄弟」という萌えどころは全く関係ないと感じました。
確かに彰久は17歳でかなり年下なのですが、1対1の男性として向き合う感じです。

私が読みたかったのは兄弟ものなんだーという理由で中立です。
ですので、兄弟というテーマに引かれて手に取ろうかと思っている方には兄弟萌えのようなものは期待できないかなぁと思います。

0

先が読めない面白さ!

最近の作家さんてホント、レベル高い人多いなぁ。
予定調和と雰囲気だけで乗り切れた時代とは隔世の感があります。
これもBL離れした骨太なストーリーと、
先が読めない展開にしてやられた感じ。

「義弟」というタイトルと、肌色率高い表紙につられて購入。
しかも、イラストは東野裕センセイだし!

芸能人同士の結婚により、息子同士が北鎌倉の屋敷で出会う。
主人公の名前が二ノ宮朔也、といういかにもイカニモなネーミングにワロタw

芸能人の息子同士っていう、いかにもお軽そうな設定に
「ふーむふむふむ」と序盤はボーッと読んでいたんですが
なかなか先が予測しにくい展開です。
BL的予定調和がない!!!!
ありがち強姦凌辱エロエロものと見せかけて、
結構なハードボイルド。

ま、ハードボイルドとして読むには人間模様が甘いところはあるが
謎がどんどん深まる構造は悪くありません。
ことに、元・俳優である朔也が、「演技」をしているうちに
演技ではない部分、さらにはストックホルム症候群を疑いはじめる
心理描写はなかなか読みごたえあります。
おそらくは犯罪部分も、ガッチ続きリ書ける人でしょうが、
あえてそこまでは踏み込まなかった、という自重ムードすらあります。

ここまで書ける作者さん、ぜひ、本格的にBL枠をとっぱらった
レーベルでも書いてほしいです。

1

犯罪の痛さが大きい

義兄弟ものなのですが、単純な親の再婚同士で兄弟になって云々では無いストーリー。
そこに幼児の人身売買、児童ポルノなどの犯罪が背景にあり、シリアスで重い。
そしてその犠牲者で被害者である者が加害者にならざる得ない暴力的な楔。
花丸blackなのでエロエロですが、恋愛とはかけ離れた痛いエロ凌辱系ですね。

主役二人の両親は華やかな芸能界の人間で受けである朔也も子供時代に名子役として
名前が売れていた人物、母親は2流女優で恋多き女で、再婚を繰り返しているのですが
今度の再婚相手が芸能プロの社長で、その連れ子が攻めである17才の彰久。
初対面の時から朔也は彰久の暗く澱んだ瞳や年齢にそぐわない雰囲気に不安を感じる。
再婚後都内で新婚生活を送る両親二人、連れ子同士は二人で暮らす事になる。

彰久はとにかく病んでいる感じで、同居して間もなく朔也は義弟の彰久に監禁され、
凌辱され始めるのですが、外見は美形で大人しい感じの朔也がかなり強気、
過去に自分が出た映画の台本を思い出し、演技で彰久を自分に夢中にさせ、
隙を見つけて逃げる事を画策するくらい以外にも冷静だったりする。
続き
そして、その演技で確かに彰久の心に変化は訪れるが、朔也の企みは失敗に終わる。
そもそもの、この凌辱監禁が彰久が朔也に欲情したからと言うものでは無かったから・・・
朔也を服従させるために凌辱し、朔也からラブトラップを仕掛けられる、
心を開いたと思ったら裏切られ、被害者なのに罪悪感にもにた感情が朔也を襲う。
そして、何か彰久には人には言えない秘密を抱えて苦悩しているように見える。
単純な好きや嫌いだけの義兄弟二人の問題では無かったことが次第に明かされる。

彰久の背負った壮絶な過去と現在進行形の死を願う程の苦しみ、それを知った時に
朔也がとる行動、ラストの展開は一応全てが解決する感じであるが、17才の少年が
背負ってしまった心の傷は簡単に癒える気がしないと思える内容。
書下ろしの短編は別の意味でどこか切なくて悲しいと思ってしまう内容でした。
読み終わって明るい気持ちになれるような作品では無いと思います。
愛の介在しない凌辱系が苦手な人にはおススメ出来ない作品かも知れませんね。

2

作られた17歳

義理だけど兄弟モノ。
しかし、この話は禁忌をテーマにしたものではなくて、辛くて苦しい胸の内がサスペンス風味満載に展開されており、この作家さんの過去作品が自分的に今一つだったのですが、中々に今回は読み応えがありました。
義理の弟となった17歳と思えないとんでもない姿にビックリしたのもつかの間、垣間見せる17歳の素顔のギャップとか、彼の苦悩とか
兄となった22歳の賢さと、酷い目にあわされながらもやはり悩み苦しみながら試行錯誤して冷静に考えるその男前な、いかにも年上らしい態度。
そこに生まれた感情は、吊り橋効果もなきにしもですが、結末に幸せになれよと思わずにいられない。
若干悪人のスケールがちんまくて(w)え?とは思わなくもないが、ま、それは物語を勧める上での重要なところなんで、あえてスルーして…

かつては大河女優をはった母親も落ち目で、次々と男を変えては再婚して、そんな女優の息子・朔也は新たに母親の再婚によって弟ができることになります。
その弟は彰久17歳。しかし、学校へは通っておらず同居するようになってもほとんど家から出ず、出かければ数日帰ってこなかったり。
ある日傷続きだらけになって帰宅した彰久の足の付け根に蛇の刺青を見つけた朔也は、激情した彰久に犯され、それから部屋に監禁されて彼に犯され続けます。
何とか逃げ出そうと朔也の考えた策は、彼が以前名子役として俳優をしていたその前歴を生かし、彰久に心が移った演技をして、彼の弱味を探ろうとするものでした。
その中で普段傲慢で鬼畜を装っているものの、本来持つ17歳の少年らしい素顔を見つけた朔也は、彰久に何かあるに違いないと確信するのでした。
そしてわかった真実とは!?

いきなりオラオラの鬼畜を見せた17歳に仰天しました。
こんな17歳っているの?って、朔也と同じ意見ですw
だけど、それは怒りをぶつけているようでもあるかもしれないので、後で事情がわかるとなんだかかわいそうで。
本来は酷い目にあわされているのは、朔也なんですが彰久が理不尽すぎて、彼があまりかわいそうに思えない、
むしろ、男前で彼には考える時間もあるし賢かったので、閭辱シーンが頻繁に出現しても客観的になれる分、痛さが緩和されているかもしれません。
ただ、クライマックス。
真実が明かされて、その魔の手から逃げようとしたところをつかまって絶体絶命になった時、一体誰が二人を助けてくれるの?
普通だと攻めがスーパーヒーローで受けを救いに…とかがよくある展開ですが、この場合二人とも現場にいて危機にひんしているのです。
そんなクライマックスはハラハラしてしまいました。

全てが解明された時、たった朔也一人の為にこんなに手間取って、そして解決を見るのには、それには17歳の彰久が、彼なりに必死で守ろうとしていた、彼の影の努力があったのがわかります。
彰久は本来の一番の犠牲者で、一番可哀相な人だったのです。
あまり甘さはないのですが、ひと時の二人の穏やかな会話、ヘミングウェイを原書で読むのを教えてくれとか、野生の動物に餌をやっているのを知られた時の彰久の様子とか、ハードの中に見せる彰久のギャップがほっとさせる部分だと思われます。

東野さんのハードな男イラストは話の作風にピッタリだったと思います。
あとがきの後に短編でその後の二人『そこにある幸福』が描かれています。
ここでは本編と違い、年相応の彰久の姿と、朔也が彰久の兄・親・恋人と、いくつもの役割をして、彰久に幸せをあたえているという、とっても甘い話が展開されておりました。
この短編に、照れてる強面の彰久の絵なんかあったら面白かったのに~なんておもってみたり♪

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ