ひよこぴょこぴょこ恋の園

hiyoko pyokopyoko koi no sono

ひよこぴょこぴょこ恋の園
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
シリーズ
セシル文庫(小説・コスミック出版)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784774727691

あらすじ

高校最後の日に突然キスされ、けんか別れをしてしまった幼なじみとの再会は、父子家庭同士としてだった……。

表題作ひよこぴょこぴょこ恋の園

粕谷敏暁,高校時代の親友 保育士,27歳
鈴木隆巳,保育園で働く元商社マン,,27歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

健気なお子ちゃまにキュン

育児モノが読みたくなって、再読しました。何回読んでも、健気な子供たちが泣かせます。
お話は、卒業式にキスをされたことで気まずくなった敏暁と隆巳が、お互い子持ちのシングルファザーになった9年後に再会して、止まっていた時間が動き出す…という感じです。

家も職も無くなった隆巳が、保育園を経営している敏暁の家に息子共々お世話になります。
実は、子供は2人とも実の息子ではないという経緯があって。
でも、男夫婦2人と子供たちで、ゆっくりと家族になっていく過程にキュンとなるのです。
特に、隆巳の子供のすずが4歳児なのに、今までの境遇から大人に気を使いまくりだったのが、だんだん自己主張ができたり、子供らしい天真爛漫さを見せるように変わっていくのが良かったです。

パパ達の恋愛も、お互いに9年間忘れてなかったのも萌えるし、一緒に育児をしながら愛情が育っていく(再燃?)のもキュンとなります。
トラブルに見舞われたこともあったけど、お子ちゃまヒーローズとパパさん達の協力で難なく乗り越えてるし、男夫婦っていいな~と思えます。

可愛い子供達も堪能できるし、BLとしても満足できるし、何度続き読んでも面白いです。

1

男夫婦です

高校の卒業式の日に攻め様からキスをされ、
焦るあまり誤解されるような暴言を吐いて逃げてしまった受け様ですが
子供を押しつけられ、子育てするもうまくいかず仕事も辞めることになり
困り果てて最終的に、変な別れ方をした攻め様を頼るべく再会します

攻め様の親経営の保育園ですが
丁度、事務員が必要だったために受け様に仕事を与え同居も・・・

お互い子供がいるのでラブラブした感じは少なめですが
子供を返しての攻め様受け様のふれあいwww

そして子供たちの母親のいい加減な感じwww

悪い人も出てきますが、凄い怖いわけではなくて
平和に読める作品でした(*´∀`*)

他にもホモカップルが出てくるのでそれも気になる所ですかね

とりあえず、ハッピーホモエンドとなり
温かい気持ちになりながら読めました

子育て萌えですね!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ