SEX PISTOLS (7)

sex pistols

SEX PISTOLS (7)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×218
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
15
得点
176
評価数
47件
平均
3.9 / 5
神率
34%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799712993

あらすじ

たった一人の男に心を囚われ、恋のために人生を変えられてしまった人々。彼らの恋と人生を壮大なスケールで描く大人気シリーズの最新刊!
動物の遺伝子を強く残す斑類は、子孫繁栄のため同性同士の結婚・妊娠が進化している。そんな斑類に更なる神秘が…
!?

(出版社より)

表題作SEX PISTOLS (7)

ヴァルネラ (V・B) 人魚と獅子の斑類
斑目志信 父親の指示でヴァルネラの教育係になる

同時収録作品SEX PISTOLS (7)

カナリーノ ヴァルネラの世話役
斑目志信 父親の指示でヴァルネラの教育係になる

評価・レビューする

レビュー投稿数15

成り損ないの人魚

前巻に続いて五年前のフランス、アヴィニョン――ヴァルネラと志信のお話から始まる第7巻です。二人の話はこの巻で一応完結しています。

あー…志信さん、受ける方だったんスね。…てそんなことは脇に置くとして。

第7巻は、さらに小難しさに拍車がかかった一冊になっています。誰もその或るべき姿を知らない、成り損ないの「人魚」であるヴァルネラを人型に収めようとする志信と、志信より何枚も上手で不気味な存在のヴァルネラが独特の絆を深めて行く様子が描かれています。

シリーズ最大の特徴である斑類という荒唐無稽な設定はこの「人魚」を描くために用意されたんじゃないかと思うほど、ヴァルネラは強烈で異質です。ヴァルネラの不遜な性格もあってちょっとゾクッとするほどでした。こんなに可愛くない人魚…やだなぁ。

一方の志信は、ここまでの激情と鬱屈を抱えていたとは意外でした。後半は急に可愛らしくなって、一体どんだけキャラ変するんだと笑 彼は斑類…というか斑目家の支配階級の最大の被害者なのかもしれません。これからのキーパーソンになりそうです。

あと…カナリーノがカッコ良くて参りました。斑類とは思えな続きいほど優しくてスマートで素敵なオヤジでした。また登場してほしいです。

0

毅然としたクールビューティー志信さんも、昔は純情

登場人物の数が普通のBLの10倍くらいいる上みんな家族で混乱してきたw
家系図を見ると、志信は巻尾の年の離れた異母弟=国政・米国の叔父じゃないの?と思ったのですが、母の嫁の連れ子だから義兄でもあるんですね
う~ん、確かにこれじゃあ弱肉強食で家長が全ての財を継ぐシステムにするしかないかも
法定相続するとみんな二重資格者で面倒過ぎるw

0

ヴァルネラ表紙。


気になりすぎて急いで買い足しに行ってきた1冊目。
ヴァルネラ表紙美味しすぎ。
「ヴァ、ヴァルネラ……!?」と震えました。置いては眺めました。ぞくぞくと恐ろしくも目が離せない。
中央に"見難くとも存在価値の大きい者"として人魚の象徴が、端に獅子が在るのが何だか深いです。
実在するものとして。

内容で不可解なことはなかったけれど、一度頑なだった心が裏を返したように一転、素直になったので、何だか最後まで信じきれずにいました。
それも一冊丸々でくるとは…。
容易に読み返せる気がしない。でも、時間を置いたらもっと遠ざけてしまいそうで。

色を感じたのは最後の頁(笑)
熊熊可愛いよ〜!どこも愛があるんだかないんだかなので、素直に妬いたり、分かり易いカプが可愛い。
因みに今巻カラー絵、どれが誰でしょうか…?
判らない人たちはやはり、まだ本編未登場の人たちですかね。それをカラー絵、口絵に使っちゃうとか凄い。

深さを知ります。
終わりを知りたくない。

0

完璧に見える人ほど…


過去や抱えてる物が重くずっしりしてますね。
SEX PISTOLS 7巻です。

志信がこんなにも他人や物を拒絶していたなんて思ってもみなかったです。
そして、ヴァルネラの存在が恐ろしさと悲しさを感じさせます。

SEX PISTOLS一番の衝撃を受けました。

この二人には幸せになって欲しい。
ヴァルネラなんて、志信と一緒にいれて本当に嬉しそうだったし。
でも、真っ黒な世界に陥れた人達にって何者なんでしょう。
やっぱり、マキオが一番恐ろしいですね。


志信のお茶で入れた者の感情がわかっちゃうなんて素敵ですね♪
熊×熊の話には吹きました(笑)

毎回、言ってますが寿たらこ先生の作品は素晴らしいです。
神の領域越えてます。読み終わった後、作品から抜け出せなくて悶えるくらいです。
そして、もう一度ページを開きますm(__)m

1

惑わされます

会えない父に対する畏怖と恋慕。
期待されていない諦めと認められたい虚辞から非情になろうとしてなりきれない弱さと、ヴァルネラの強引な好奇心を拒絶できない事に混乱していく志信。

ヴァルネラの乱暴な恋情に志信の繊細な心が耐えられず、未知の領域に踏み込む恐怖心からまさかカナリーノに縋ってしまうとは。

巻尾との交代にどういった経緯でそんな結末を迎えたのか。

ただただ今までで触れらてきた斑類の情報では足りず、人魚という特殊性と班目という血筋が担っている役割等。
背景に潜む暗闇が大きすぎて、まだほんの触り的な底知れぬ薄気味悪さと溢れる思考の波に少し飲まれてしまいました。

1

むずかしいぞ?

最後のおまけ的2・3ページをのぞき、一冊まるごと
ひとつのストーリーでした。

読みました。
読みましたけど・・・。
いや、ストーリー自体は
解りましたんですけどねぇ・・・難しかったなぁ、という感想。
そして、少々気持ち悪かったなぁ、という感想。

それからそれから、前巻のクニマサくんが優しくなって
帰ってきたけど実は何か理由がありそうな、成人式と
海から上がってきた時には首がなかった「尾張修治」。
このへんが何がどうつながってくのか解るのかと思ったら、
まだなぁぁぁぁんにも解りませんでした。

まいた種はその号で回収するか、次の号くらいで
回収していただけると、私の悪い頭で覚えていられるんですけど、
延びると、さらに消化できなくなりそうです(^^;

次に全て判明することを期待♪♪

0

あれれ???

国政がプロポーズした続きじゃないんだ??
すでに数年、正直あまり前巻を憶えてないのですが…(^^;)

やはり思いっきり絵が変わってしまってますね。
よく言えばシンプル??(笑)
今回は志信の過去編でした。
前巻で読んだ時はヴァルネラにいい感情を持たなかったのですが
今回読んでチョッと私には難しい内容でしたが、志信大好きなんだというのはよく解りました。
(志信が傷つけたからよっぽどヴァルネラが憎かったのかと思いきや
どちらかというと志信の感情の問題だよね。)
そして志信の為に戻ってきたということも。
そこで続くはチョッと悲しかったですが…

でも昔から巻尾は腹の立つキャラなんだというのは、凄くよく解りました!!

今回は志信過去編だったので他のキャラは…と思ってましたが
ショートですが最後にちょろっとでもあって良かったです。
本文シリアスな分、とても笑えるvv

2

待ちすぎて焦げる

この、劣等感とプライドと父親への羨望と子として愛されたい気持ちとでぐっちゃぐちゃになっている志信好きです。ネガティブすぎないのは、精いっぱいの虚栄心で身を保っているからなのでしょうが、そういうところもいい。
上殺しのサーベルを振るったことが、虐待・拷問にあたるのでしょうか。
V.Bは父親が人魚・母親がライオンのようですね。実体をもたない人魚がどうやって生殖行為をするんだろう。というかキメラ自体が前例がないということは、もしかしてもう人魚として生みだすことができなくなってしまったの? だから国政たちを生贄とするの?
プライドファースト、は要は はじめ の意味のファースト? キメラのことを接木種としていたのは、はじめての接木?

生粋の人魚ではないけれど、キメラであるV.Bにも斑類の ひとめぼれ は適用されるんですね。彼らはやっぱり惹かれあう生き物なんだなぁ。
あと電気。もしかして志信は心の底に電気でも流れてるんでしょうか。前巻のピリピリしたお茶はそういうこと? 電気を出す蛇、居るのかな。
V.Bが志信と触れあうことで次第に人らしくなっていく、いや人魚ですが、そうすることがV続き.Bにも必要だったんだろうなと思います。国光がなぜ、志信をアヴィニヨンへ派遣するとしたのかは…分からないけれども。彼もまた生贄なのかな。
そして誰しもの7割が人魚の支配っていう意味はつまり、【水分】ということですねなるほど! 人魚は水を介してならばなんでもできるから、ああだから隷属せざるを得ないのか…だから頂点に立てるのか。

いたいけなさまのV.Bとそれに抗おうとする志信。すごく幼い恋だけど、当時のふたりにはすべてだった愛。これが恒久的に続けば、もっと違ったのかもしれない。
でもだからって、どうして上殺しのサーベルを振るう必要があったの? 巻尾はなんのために来るはずだったの? 人形とはどういう意味? 誰がそこに納まっているの? 巻尾って、マキヲとは別のものなの? なんで目が左右で違うの…?

相変わらず謎だらけですが、どんどん面白くなっているのは確かだと思います。というか、人魚編が終わることと同時に国政とノリ夫の関係にも収拾がつくんじゃないのでしょうか。
大団円がすぐそこにあるような…ああでももう少しこのわけのわからない不思議な世界を見ていたい…

4

セクピスは唯一無二!!

しかし、関係図みないと何がなんだかですよねぇ。
今回はどういったらいいの??主人公の彼氏の伯父と人魚の過去編です。
正直よくわかりませーーん(笑)
前作で、重種の成人式??これもなぞですけどそこから主人公カプに戻るかと思いきやの過去編です。
前作から読み返してみても難しいのがセクピスです。
とにかく人魚はほかの斑一族とは異なる異質な存在であり王に君臨するほどの力がある。
潔癖症で父親との確執がある志信の心と身体に執着するVの馴れ初め?と決別のお話です。
寿先生の過去の作品に近づいてるなぁと思いました。
もともとミステリアスで独特の作品を以前描いていたので。
次の巻が楽しみです。そして次の巻よめば理解できると信じてます!

4

セクピス7巻不思議系

ちゃんと1巻から読んでないと置いて行かれるよ!
セクピス!私ちゃんとよんでるはずなのに……あれれ
置いて行かれた!

ファンタジー系のお話は置いて行かれない様にするのに必死。

まず、人魚にウソついちゃだめだよね。本心見抜かれちゃう。

ヴァルネラを結局裏切ったのかな?
しのぶはどこまで考えてカナリーノに迫ったのか
凄く宙ぶらりんだった。
カナリーノもなんでしのぶを受け入れたのか。
すごい愛情があって結ばれたのか?

ちょっとヴァルネラが不憫だった。
しのぶには逃げないでもっと向き合って欲しかったけど……
まあ、ちょっと怖い気もするよね。

0

待ってました!

他の方のレビュー通り、待っていたんですとも…セクスピファンは。
もちろんわたしもその一人!

7巻はヴァルネラ×志信メインの巻でしたね。

個人的には、ノリリンの登場がなかったことに少し残念な気持ちもありましたが…
それを忘れさせてくれるセクスピワールド。


ヴァルネラはかなりのくせ者だけど、志信には真っ直ぐでいじらしい。
でも、ぶっちゃけ得体がしれない?というか存在が貴重で計り知れないだけに
その心のうちがよく読めない………。貴重種っていうのは既刊でわかっていましたがピラミッドの頂点なだけあって本当にすごい。斑類というけど、もうそれともなんか違う……かけ離れた存在を感じました。
どこか奇妙さを孕んでみえたヴァルネラ。彼の性格にも一癖二癖ありましたが、それ以上に志信も不器用で言葉足らずではありましたね…。


きになるのは…ヴァルネラはなぜ、あんなにも志信を気に入ったのか。
触れるとどーのこーのというのだけでなく。
気になりますね~

何度も読むしかないですね。
自分なりに答えをだそうと思います!
読むごとに気づくことがあるし、ホントに読めば続き読むほど話の深さ・描写の上手さに感激。
楽しくてしょーがない!!

さて、ヴァルネラと志信は再会を果たしましたがこれからどうなるのか楽しみですね。
予想もつかない展開期待してます!
次巻、ノリ夫と国政の2人にも進展があることも祈りながら(笑)
また気長に待ちましょー。

今後の展開楽しみです♪

5

次巻に期待!

待ちに待った新刊です。
これ読むために生きてんだよ!っても過言でない程大好きな作家さんで、大好きなシリーズ。
本作は前作からの続き、シノブとヴァルネラを中心とした人魚の物語です。

6巻を読んでいないと話の繋がりが分からず、8巻を読まないと評価は出来ないところで終わっているので今回は萌評価ですが、作品は充分楽しませて頂きました。

ただただ先生のファンなので(気持ち悪いほど!)、冷静に評価出来ない自分を知っているのですが、それでもこの斑類という設定の深さ、風呂敷を広げ過ぎずにBLという甘さは残しつつ、しっかりとSF要素を描くその匙加減の上手さに毎回ドキドキしっぱなし。

今回は斑類のなかでも最も謎の多い人魚について。まだ片鱗といったところですが、その存在の異質さと巨大さはビリビリ伝わって来ます。

人間離れしたヴァルネラの異様な気味悪さと精神的な幼さの混在。一方シノブの若さゆえの傲慢さと無鉄砲さゆえ、このカップルはセクピスシリーズ随一の精神的不健康カップルのように思います。(現時点では)。
いや不健康というと語弊がありますが…自ら幸せを掴み取りにいく、ノリ夫のよう続きなアクティブさはゼロです。

斑目家の謎も深まる一方なので、伏線回収には次巻丸々使っても無理だと思うのですが、しかし寿先生が果たして斑目家の謎、特にマキオさんと国光さんの関係を書いてくれるのかが問題。
今の感じだと、あと2巻くらいでシリーズ終了してしまいそうな気がしているのです。この人魚編がかなり斑類の核心に迫って来ているようなので。是非杞憂であって欲しいと思っています。

毎度思う事ですが、このシリーズ、「恋は理屈ではなく、本能でするもの」というテーマを斑類という特殊設定で非常に巧みに書き上げた傑作だと思います。種の保存や繁殖行為など、人間という動物が今日まで生きてきた生殖本能を冷たく客観視するも、それを同性同士でも可能という設定にし、「本能である」事を逆手にとって温かい恋愛ドラマに仕立て上げている。BLにしか出来ない醍醐味だと思います。

さて番外編ですが、9ページしかないのでここで期待されてる方はご注意。書き下ろしではありません。
しかし本編と180度違ってこちらはラブコメなので、未読ファンには嬉しい内容でした。特に熊樫先輩とヨシュア!4コマ漫画なのですが、相変わらずの馬鹿ップルぶりは健在です。
ファンの方は勿論の事、まだセクピスに手を出してない方は是非一巻からどうぞ。
次巻が今から非常に待ち遠しいです。来年出れば嬉しいなあ。

8

嵐の前の静けさが不気味…7巻ですわよ

これまでの巻とは違い、7巻は柔らかなタッチの絵で描かれてあるように感じました。
神秘の存在である人魚『ヴァルネラ』と美しい『斑目志信』のイメージだったからでしょうか。

ミステリアスな『斑目志信』の核心に迫った今回の話。
志信の寂しい心の闇にどうしようもなくキュンキュンと唸りました。
まだ姿を現さない支配する男の存在がとても妖しくその存在感を増しています。
全く出てこないにもかかわらずです。寿たらこ先生、お見事。

お互いの魂が呼び合い、溶けるほど抱き合った『ヴァルネラ』と『志信』。
愛ゆえの絶望、引き裂かれた世界。
人魚『ヴァルネラ』と『斑目志信』恋の結末は・・・8巻へと続きます。

【セクピス】は壮大なSF物語。
男と男の熱いラブはもちろんの事、動物の遺伝子を持つもうひとつの人類《斑類》の謎を解く摩訶不思議な面白さがグイグイと迫り、クセになりますよ~。
8巻は嵐が来る予感。ムンムンとしています。

6

奥が深い!

3年ぶりの新刊で、待ってた気分で読み始めたら頭が???で埋め尽くされた。
読みかえすうちに前の巻の記憶が蘇ってきて、前の巻を引っ張り出す。
そしてまた読んで、、、
人魚と獅子のキメラであるその存在自体がかなり特殊であるだけに、このシリーズの中に出てくる人物とキャラクターの中で一番複雑ではないだろうか?
(刊行の間が空いているだけに余計にねw)

国光の息子・志信が、人魚と獅子の掛け合わせのヴァルネラの教育係に任命されて、そこで何があったかの話。

志信に執着しているような意味深なセリフを投げかけていたあの、斑目類の成人式での再会の意味したもの。
精神体で生まれ実体を保てないヴァルネラがそれを入れる器として引き籠っているアヴィニヨンの屋敷。
志信が送りこまれて彼に教えようとしたのは、その精神を入れる実体を作ることをさせること。
それは、ひょっとして人として心を見につけるということだったのだろうか?
教育と称しながら、潔癖症で人と交わるのが苦手な、実は志信にも教育だったのでは?

ヴァルネラが志信とキスをすると、触ると、電気が走ったようにピリピリするとその感触を続き楽しんでいる。
この屋敷にやってくる大人達とは違い、精一杯の反応を見せる志信に執着(本人は愛といっている)を持って行く。
また、志信もヴァルネラと触れ合いたいと望み、その為に人魚のカナリーノと初めての経験をしてみる。

前の巻で志信の生まれた時の様子が描かれていた・・・彼は実体のない精神体でうまれて、ほんとうは国政に殺されそうになったというエピソード。
実体をもたず実に不安定なヴァルネラと、そうい過去のある志信は、実はとてもよく似た同士だったのでは?と。
だからこそ惹かれあうものがあるんじゃないかな?と推測したのですが・・・

志信がお役御免を言い渡された時に、逆上して傷つけたヴァルネラの体。
結界を破ろうとして変色した手も、彼に傷つけられた傷跡もそのままに大人になって現れたヴァルネラのその姿は一体何を意味するのだろうか?
そんなことも謎に思いつつ、これも充分に身もだえする終わりでしたので、今度こそはせめて1年で続きの本を出していただきたい!!
ちょっぴり難解でシリアスだっただけにminipisはすごく安心させられます。
ノリリンは癒しだよね~♪

最初わけわからん状態だったのが、何度もよみかえすうちにジワジワと来て評価があがりました。
複雑だけどそれが面白い!セクピス大好きです!

6

人魚の初めての恋の結末

2半ぶりくらいになる新作でしょうか、余りに時間が経過していて新刊を読む前に
既刊をおさらいしないといけない感じです(笑)
この作品は回を重ねるごとに斑類解説ハンドブックを片手に読まないとアレレ?と
思う程キャラも多く出ているのですが、今回は少な目、神とも言えるヴァルネラと
志信との出会いと不遇な別れが描かれています。

前作での斑類最高「階級」にまつわる数々の謎、それに気になっていた国政君の変化、
でも今回は志信さんとヴァルネラの過去の経緯や関係性を頭に入れる内容。
きっと今後の展開に大きく影響された過去の出来事のような気がします。
ノリ夫君たちが出てこないとシリアス加減が半端ない流れになります。
過去を知ることで現在の状況をまとめながら読み解く作品、
この作品の世界は好みですが何せ、発刊まで間が空くのが切ないですよね。
寿たらこ先生の体調次第なのでしょうが、読者の我儘な願いは「早く読みたい」です。
次回も物凄く楽しみな展開になるのではと言う期待大の作品です。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ