官能小説家のオモチャ

kannoushousetsuka no omocha

官能小说家的情趣玩具

官能小説家のオモチャ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
22
評価数
7件
平均
3.3 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775520628

あらすじ

新人編集の那岐が担当することになったのは、官能小説家の村木先生! ヒット作を連発する売れっ子先生は、ルックス抜群で女性からも大人気だ。編集長をはじめ、周りからの期待をひしひしと感じた那岐は大張りきりで自宅を訪れるが、出てきた先生は不機嫌さMAXで───? これを着ろって…先生、これメイド服ですけど…! 原稿をもらうには絶対服従が条件!? ドS官能作家×わんこ編集のコスプレいっぱいv調教日記。

表題作官能小説家のオモチャ

売れっ子官能小説家 村木龍弥
新人編集担当 那岐

同時収録作品ファインダーにメロメロ☆

芸能部の先輩記者 上田兵衛太
新卒新人記者 小石川秀人

同時収録作品正しい媚薬の使い方

会社の先輩 坂本
坂本に片思いの会社員 宇佐見

その他の収録作品

  • 官能小説家とドレイな僕
  • 官能小説家に愛のご奉仕

評価・レビューする

レビュー投稿数5

攻めが変な人!

官能小説家が新人担当編集者に「原稿が欲しかったら言う事きけ」ってお話ってたくさんあるなぁと思いつつ…。
これはコスプレさせる事がメインのお話です。
それも普通のメイド服やらナース服でなく、スカートが短かったり一部衣装が開いていたりというマニアックな改造服。

主人公の那岐が「恥ずかしい」と言いながらもあまりにも素直に着るので、断りなさいよ^^;とちょっと突っ込みたくなります。
でも最後まで楽しんで読めてしまうのって、画力がすごく高いからなんですよね。こんなコスプレプレイ(しかも改造服)なんて見た目に重視されるお話なので、きっと絵がそんなに上手くなかったらなえてしまうかもしれないテーマ。
絵が上手くて綺麗で衣装も上手くて、見てるだけでも楽しかったです。

好き好んでする女装ものだとあんまり好きではないんですが、嫌がっている受けに無理やり着せる…というのは大好きです。
お話よりはプレイを楽しむ作品かなぁと思うのですが、それでも好きだと思ったのは小説家の村木の性格。かなりツンデレです。
見た目はオヤジで変態なのにツンデレって…。なんだか凄く可愛い。
無茶難題を降りかけて続きくるくせにイザとなったらそっぽ向いて頬を赤らめたりしているところは、もうこの人バカだな~と楽しくなってくる。

ちょっと気になったのは、人気作家で賞を貰ったりメディアに引っ張りだこだったり大きな看板が出てたり家の周囲に人が集まってきたり…でもこれって官能小説家なんですよね?
官能小説ってそんなに一般人に騒がれるのかしら?このベストセラー作家のような扱いがちょっと気になりました。

コスプレプレイがお好きな方には楽しめる1冊ではないかと思います。

1

コスプレマニアは、NGですので…

スンマセン。
コスプレ、正直言って全然駄目なんです。
受付ないんです。

男性が男性のコスプレってのはOKなのですが、
(バーテンダーとか、詰め襟学生服とか…)
やはり、
男性に女性のメイド服やらナース服やらセーラー服は
ちょっと受け付けないんです。
2次元でもちょっと無理だなぁ。
うん、駄目。

スンマセン。
生理的にNGなんッスよ……。

しかも今作は、次から次に女装コスプレが出てきます。
コスプレオンリー。
コスプレのオンパレード。

ううう、キツイなぁ。

コスプレ服のひとつひとつにこだわりがあって、
(メイド服とかもただのメイド服ではないところとか)
意気込みは凄く感じるのですが……。
( ̄へ ̄|||) ウーム

これだけはちょい勘弁して下さいって
感じッス。 
ペコリ(o_ _)o))

シンプルで分かりやすい話なんですけど、
ゴメンナサイ!

1

コスプレ、コスプレvv

タイトル通り官能小説家に、
いろいろとエロい注文を受ける新人編集者・那岐のお話。

最初は新人編集の自分に、こんなすごい作家の担当にしてもらえるなんて!
と、訪ねて行ったが、相手はやはり官能小説家。
作品を仕上げるのにいろいろな試練(試練なのか?!)を与えてきます。
おかげで作品をもらうことができましたが、急に村木が訪ねてきた。
そこで編集長と何やらヒソヒソ話。
仕事のためにと、編集長に売られてしまうお話でした。

そこで初めて編集長が腹黒だって気付く那岐もどうかと…(^^;)
どんどんとエロい試練はエスカレートしていくお話ですが
愛はありそうなので良かったですvv

0

"S" に惹かれる "M"

これがホントの精神的"S"と"M"。

待ってました宇田マキさん最新コミック!
これはもう満足なエロエロです~!!
やっとwebコミックなみのエロすを出してくれました!!
(どうせなら既刊の極道ものでエロエロフィーバーしてほしかったですが…w)

今回はドSな小説家とドMな担当くんのお話。
いやー担当君、単純・素直・ドMにもほどがあるでしょう!
なぜそんな目に遭ってまで訴えない!!!爆
優しい先生だからと言われて安心して向かった村木邸、
ところがそこで待ち受けていたのは、イケメン・傲慢・俺様・ドSな村木先生。
さっそく原稿がほしけりゃメイドになれ、ナースになれ、etc...
これでもかってくらい恥ずかしいコスプレをさせられます。(もちろんいたずらもw)
ナースコスしたまんま宅配受け取りだされたり、おもちゃでア●ルオナニーやらされたり…

でもでも、受けも受けで
「続き…してください…」っておま!!!!爆

人気になった村木先生と久し振りに会ったと思ったら、
いろいろ期待しちゃってウザがられ、目隠し両手足縛られてほおっておかれたり…
それでも勝手続きに自慰にふけって、村木先生の真後ろで
おもわず「村木先生…っ!」と言いながら果ててしまう。
どんだけMよ担当君www 開発されすぎでしょうこの淫乱!

アソコ踏まれて「ああん」と感じ、
恥ずかしいかっこさせられて勃起し…
素質ありまくりですこの担当君。

おまけの二つも働く若者のお話。
・野暮ったい上司と新卒イケメン。
・媚薬を間違って別の人に使っちゃったりするイケメン部下と自分に自信のない上司。

今回はwebの宇田ファンも満足の一冊だと思います。

2

シンプルイズベスト☆

待ってました!宇田作品。
今回は極道じゃなくて官能小説家と担当編集。
新人なのに売れっ子の官能小説家村木の担当になって張り切る編集の那岐。
原稿ももらえず追い出されそうになった時「環境が整えばかけるような気がする」の言葉に踊らされて洗濯掃除のあげくコスプレにセクハラとやられ三昧。
だけどそれが嫌じゃなくておねだりまでする始末。
村木の玩具になった那岐だけど、すっかり村木のお気に入り~♪

はっきりいってタイトル通りにそのまんまです。
複雑なストーリーがあるわけじゃないのに、ただ毎回那岐が村木に色々されちゃうだけなのに、これがまた見せる!笑わせる!
那岐はどうやら編集長に騙されたらしい?というか村木の趣味を知っていて回したのかもw
一度あんな事があると、期待しちゃってる姿とか連載中は好きにしていいと編集長に言われたと言って村木の奴隷に!?
自慰はさせられるは、玩具も入れられるは、羞恥プレイでコスのまま宅配便に出されるは、それはそれは素敵な受け?奴隷?M?玩具?に成長しているのです。
でも最後まで天然風味をうしなわないから美味しいのデス♪
一方村木ってばいいドSメ続きガネですわ☆
顔をしかめて笑わない、むっつりしてでもちょっぴりツンデレ風味も見せて、でっかい子供みたいなところもあって。和服がこれがまたよく似合うのです!

宇田さんのがっちりした男の体格でのエロ展開はとっても大好きvだからちょっと修正がもったいないな~
今回は普通の人でちょっと天然な子が受けなので顔が丸いのが特徴。そして乳首が光ってますよん♪
村木に至っては超ムッツリすけべです(笑)作中一度も笑いませんでしたし、一度も服を脱ぎませんでした(驚!)

あとは短編が2本
【ファインダーにメロメロ】
本当は報道部が希望だったのに芸能部に配属になったT大出の新人。
ちょっとがっかりしていたその部署で先輩がカッコよくて惚れちゃうという話。
【正しい媚薬の使い方】
年上の坂本が好きだけど振られた宇佐見。友人から媚薬をもらってそれをためそうとしたところ、間違って先輩が飲んでしまって襲われる。
それを助けてくれたのは坂本。
実は彼は・・という媚薬さまさま、ヘタレおやじのお話。

宇田さん、ちょっぴり絵が変わりましたよね。
黒ベタの使い方とか、ラインとか。
カバーの裏にカラーで漫画が載っているのですが、那岐のつやつや乳首はやっぱりカラーで見たかったですよね~ということでちゃんとちょこっと載ってました♪
作家さんのファンなので評価が甘め?かもしれないですが、すごく楽しめるエンタメ要素は満点です!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ