ブラザー★シャッフル!

brother shuffle

ブラザー★シャッフル!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×215
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
125
評価数
32件
平均
4 / 5
神率
28.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784199605550

あらすじ

Charaコミックス初登場! ある日突然、正反対な兄弟の人格が入れ替わっちゃった! ?
高校生のトラブルLOVEコメディ

喧嘩上等なヤンキーの兄・ハルキと、可愛くて乙女系の弟・マフユ。
そんな正反対な兄弟の人格が、ある日入れ替わっちゃった!?
元に戻る方法を探しながら、マフユのふりをして お坊ちゃま学校に通うハルキ。そんなハルキを、マフユの友人・秋山が助けてくれて…?

表題作ブラザー★シャッフル!

弟の親友 秋山 高1
弟と人格が入れ替わったヤンキー兄 桜井ハルキ 高2

同時収録作品ブラザー★シャッフル!

兄と人格が入れ替わったオトメン弟 桜井マフユ 高1
【苗字不詳】ハジメ ヤンキー兄の舎弟 高1

その他の収録作品

  • 秋山の部屋で…

評価・レビューする

レビュー投稿数14

ヤンキー兄と可愛い弟の入れ替わり

いままで読んだ三島先生の作品の中で一番好きです(*^^*)

可愛い子攻めをよく描かれているイメージなので、あまり手に取る事がなかったのですが、レビューが良かったので購入しました。

メインはヤンキー兄(受)と弟の友達(攻)なので年下攻めではありますが、攻めもイケメンでした!
主人公のヤンキー兄は可愛い弟の姿でもヤンキー姿でも可愛かったです(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

可愛い弟は最終的に攻めなので、やっぱりなーと思いましたが、ギャグ要素の強い作品なのであまり気になりませんでした。
エロが多かったら苦手だったかも?

しかしヤンキー姿の弟がかなり良い感じの攻めだったので、元に戻った時ちょっとだけ寂しかったです(笑)

2

ヤンキーハルキの純情

大好きな三島一彦さん。新刊が出ると、必ず買ってしまいます。中でも、この作品が一番好きです。

今回は、ヤンキーな兄のハルキとふわふわ乙女系の弟のマフユが入れ替わってしまうお話です。

ヤンキーなのに、純情でキスだけでうろたえるハルキ。乙女系だと思ったら男らしくイケイケなマフユ。そのギャップにやられました。
そして、ハルキに恋する秋山。からかったり、守ったり、甘やかしたり…。好きなのがダダ漏れで、キュンキュンします。

番外編では、二人のエッチが見れて良かったです。好きな人の前では、可愛いハルキに萌えました。可愛くて、ちょっと切なくて、ストーリーも楽しめる、そんな1冊です。

5

かわいい!

年下攻めでヤンキー受け…というのが三島さんっぽい作品ですが、これは攻めがクールな優等生風で、受けのヤンキーが分け合って一時的に可愛い外見をしているので普段の作品とはちょっと毛色が違う感じかなぁと。

「可愛い弟」のマフユと「ヤンキー兄」ハルキは階段から落ちて体が入れ替わり、仕方なく「マフユ」として登校することになったハルキを、マフユの友人秋山がサポートする…というお話。
ハルキは秋山に好意を持っているけど、秋山が優しいのは「マフユ」だからかとぐるぐる迷走します。

ヤンキーの性格でアイドル顔のハルキは可愛いけど最後もとにもどってもこれはこれでしっくりくるかなぁ。秋山がクールで格好よくて、あんまり三島さんの作品では見ないタイプの攻めでしたが、そこもすごく良かったです。

0

これはなんというギャップ萌え

真逆な兄弟の人格が入れ替わるお話ですが、
あまり違和感を感じなかったのはわたしだけなんでしょうか。
兄の体を好き勝手に扱い、むしろ楽しそうにする弟が図太くて好きです。
舎弟をたくさん作り、ニヒルな笑みを浮かべ、酷い要求をするところとか
いったい兄をなんだとおもっているんだ!と突っ込まずにはいられませんでした。
三島さんといえば、可愛い顔して攻め!な印象が強いので
もしかしたら、兄弟どんぶりどころか、兄の相手さえもおいしく頂いちゃうんではないかと
心配になりましたが、そこまでぶっとんではいませんでしたw
兄が主人公なので、そちらのサイドがメインに進行するんですが、
弟の相手のハジメが可愛くて好きだったので、もう少し詳しく!と泣きました。

体が戻ったときに条件反射で弟のふりをする兄がすごく可愛くて萌えました。
すぐ攻めに見破られて、小さくもかわいくもないし、と言う場面で
そこが良いんだよ!と心のなかで叫びつつ読みました。
この兄、天然入っているところが良いんですよね。
攻めが最初から自分のことを好きだったなんて考えもつかないところとか
鈍感すぎて可愛らしい続きと思います。攻めもきっと同じ気持ちな筈です。
ガタイの良い受け、もしくは受けの方がガタイが良いというのは
好みからかけ離れているんですが、三島さんパワーなのか限定で許せるんですよね。
受け臭い秋山も口許のほくろが色っぽくて好きです。
三島さんに掛かれば、みんな可愛く、そして雄っぽくなるのがたまりません!
弟の方が手が早く、兄カップルが出来上がって帰宅した頃には致していたのが流石すぎました。
兄と同じように突っ込みをいれた人はどれだけいるんでしょうか。
可愛く喘いでいるハジメに対しての弟の言葉責めが容赦ないですし、
思い切り羞恥プレイなんですが、それは……w

とにかく笑えるし、萌えられるし、で楽しい作品ですので
わたしのように抵抗のある人でも嵌まること間違いありません!
そして、できるならば続編が出てほしいです。弟サイドのえろい話が読みたいですw

2

三島先生の本は

三島先生の本は、自分的には攻と受が反対のような感じがするのですが、この作品は、そういうことも許せるぐらい、いい作品です。って言うよりも攻と受間違ってないです。受が、攻は、弟の身体だから好きじゃないのかって悩んでるのかわいいです。見た目はごつくて、私的には、受の要素ないって思うけど、性格は受の要素が、すごくあります。攻も受がすきだから、いじめてしまうってラブストーリーには王道のシチュもいいですよね。受の弟も人格が入れ替わることによって両思いになれる相手が見つかってよかったです。でも乙女チックな受を嫌う人は、弟は好きになれないかも。

0

表紙にぴったりの作品

表題作で丸々1冊、他収録は無しです。

ヤンキーな兄と可愛らしい弟が階段から転落して中身が入れ替わってしまう。弟の友人である秋山は中身が入れ替わったと言う荒唐無稽な話を信じてくれて…

可愛らしくカラフルでPOPな表紙が中身をよく表していると思います。
展開が早くポンポンとテンポ良く進み、全体の印象は『可愛らしい』
階段から転落して中身が入れ替わる、と入れ替わりものとしては目新しい設定ではありませんが、急展開の中にちゃんとキュンもちりばめられていて、兄も弟もキャラが面白く最後まさかああなるとは…よめませんでした(笑)
加えて個人的にいいなと思ったのが中身が入れ替わったとき身体能力は体の能力値になるところ。
『中身(気持ち)はヤンキーで言葉は粗暴だけど体は乙女な美少年のため非力』と言うのが結構自分にはささりました。

楽しく読めましたがひとつだけ気になったのが兄の名前が「ハルキ」で、後半に出てくる兄の舎弟(でいいのかな?)が「ハジメ」。
カタカナで両名とも『ハ』から始まる3文字。どっちがどっちと瞬間的な区別がつきにくく、舎弟くんの出番が増えたところで名前に違和感を感続きじて読むのをやめて原因を考えたら「あぁ、お兄ちゃんの名前と似てるからか…」と気がつきました。
じっくり読ませると言うより明るくポンポンとテンポが良い作品なので、登場人物の名前は瞬間的に視覚で区別ができるようにしてほしかったな…。音が似てても漢字だと形が違うから区別できますがカタカナは少しひっかかってしまいました。

今後ドラマCD化されると言うことで入れ替わりものの音声化はなかなか難しそうですが、読んでいて楽しい作品だったので楽しみにしています。

3

面白くてかわいいw

雑誌で2話目だけ読んだことあったんですが、面白そうだったのと、今度CD化されるってことでコミックス買ってみましたー。

いやー、面白くてかわいかったです。
兄弟のアクシデントによる入れ替わり。
ヤンキーな兄・ハルキがオトメンな弟の姿になり、オトメンな弟・マフユがヤンキーな兄の姿になり。
そこにマフユの同級生である秋山が絡んできて。
もう、なんていうかちょっとしたことがいろいろキュンで困った!
ハルキが元々はヤンキーとはいえ中身はヤンキーゆえなのか多分まっすぐで純情な部分を持ち合わせてるからなのかやたらとかわいいんだ。
中でも最高に可愛かったシーンは秋山に嫌いって言っちゃった後、このままじゃヤバイと思ってノートに書くところ!!
これ可愛すぎて秋山じゃなくても抱きしめたくなっちゃうよねv
後半は自分と弟とのギャップとかで、もしかしてこのサイズだから…とかいろいろ考えちゃうところも好き。
同様にマフユの方も自分を見てもらえてないことに少しずつ息詰まってたりして。
とりあえず、秋山が男前でキラキラ王子様な感じでステキでした。
ホントはハルキより1つ年下なんですよね。
続き
でも、なんか上からというか主導権を握りたがるような感じとかもかわいい。
あとはもう、今回は秋山×ハルキ目線での物語だったわけですが、その間のマフユ×ハジメも気になるし、ハジメとの仲直りのあたりも気になるしマフユ編でも出して頂ければ…。
とりあえず、CDのマフユが楽しみです。
最後の方とか結構えちシーンがバックに流れてた感じですが、CDでもあんな感じでやってくれるのかなぁ。

1

まさかの

私は最初、この本がBLだと知らずに表紙買いしました。
私自身、あまり腐本はよまなかったのですが
この本を読んで腐女子の仲間入りですよ。

それくらい魅力的な作品でしたっ!

4

オレがお前でお前がオレで!?

現在絶好調で三島さんラブな中、こちらも可愛くて大満足な1冊。

三島さんの描く作品はまだそこまで多くは読めていませんが、どこかしら何かありますよね。
今回もきっと例にもれず、年下攻め&(多少の)体格差アリ!
やーっぱり三島さんの描くきゃわわポインツにほわほわしてしまいます♪

ヤンキー高校2年生のハルキとおぼっちゃま高校1年生のマフユは兄弟。
容姿・性格・趣味・言葉遣い全てが兄弟と思えない程正反対。
そんな中、ひょんな事から中身が入れ替わり!?
ヤンキー気質のハルキが可愛い弟の中に入ってしまい、友人の秋山がフォローしてくれて――と進んでいきます。

まず笑ってしまったのは、弟のマフユがハルキの体に入り込んで、「戻らなくてもいーやー♪」とまで思ってしまうこと!
何でそんなに楽観主義!?もっと危機感は!?
なんて思っても無駄無駄〃
ヤンキーで長身な体で、死ぬほど可愛いフリフリパジャマは着るし、ウサチャンのピン留めで髪はイジるし、ウサチャンフードのパーカ着ちゃうし、割とやりたい放題。
寧ろ満喫(笑)
力強いのをいいことに、いつの間にか学校は支配下に置いちゃうし続き、言い寄る男子は拒まずキスしたらしいし、進めば進む程「あれ、ハルキがかわいそう」と思える始末(笑)

一方、ハルキは秋山と居ることで、犬猿の仲だった筈がドキドキを感じるように。
マフユの体からドキドキする?
元に戻ったら治る?
それともまだ、ドキドキする…?
なんて事でグルグルするハルキがかっわいい!
言葉が悪くて勢いでガンつけたりもするけれど、本当は弟思いで優しい子だから、多分結局色んな事を受け入れることが容易いというか。
順応性が高い、というか。


入れ替わってからお互いがお互いに好きな人が出来て。
『相手はきっと、今の入れ替わったニセの「自分」だから好きなんじゃ』
と思って悩むトコが一緒で、もーう可愛い!
元に戻りたい。
でも戻りたくない。
本当に心の底の思って居た事をマフユから吐露されたハルキは、凄く共感しちゃうんですよね。
やっぱり可愛い弟には泣いて欲しくないですもん。優しいです、ハルキ。

……とか言いつつ。

おっそろしい子ですよマフユはっっ!
もうもうまさかスグ手籠めにしてしまうとは…!
魔性過ぎます!しかもきゃわわなマフユがガン攻めだなんて!(笑)

結局最後まで振り回されるハルキと秋山ですが、描き下ろしでしーっかりラブラブになっていたので一安心♪


やっぱり三島さんクオリティ大好き!
可愛いモノ好きな人にオススメを聞かれたら、きっとコチラも候補にあげると思います♪

1

ぶりっ子弟とツンデレ兄が交代したら

敢えてタイトルにこうあげてみましたが、スタートのイメージは
「かわいい弟とヤンキー兄が階段落ちで入れ替わる」
話です。

でも実際はそうでもなかったわけで、格好変わる事によって
ヤンキー兄の方は秋山に対して可愛い容姿が似合ってしまうようなキュンキュンがついちゃうし、
かわいい弟は兄の強い体に調子に乗って全校生徒食い倒した挙句、やんちゃな弟分のハジメをぴったりくっつけちゃうし。

でもお互い幾ら惹かれてもそれはルックスのせいじゃないか?
と思い悩んでしまうわけです。結局秋山を巻き込みながら元に戻れたあとも入れ替わったら入れ替わったでさらに大変なことになるわけです。
どっちも「見た目」でなく「性格」の方に引っ張り込まれてた?とはいえ最初からハルキが好きだった秋山はともかくハジメはマフユのルックスに惹かれたんではなかったのか…?
性格に惹かれたのなら、無理してるのを自覚してたマフユは大丈夫か?と思ったが、まったくもって問題なかったらしい(苦笑)
ハジメの押しもあるんでしょうが、単なる強気Sを身についたぶりっ子にクラスチェンジしておりました。なんというメタモルフォーゼ。続きそしていかにも三島先生の好きそうな攻め。

だから、しいて言うなら元の姿に戻ったマフユが
(最初は兄の振りをしてたとはいえ、本当はSの素質があったとしか思えない…)
不良な格好をしていても実はちょっと可愛いハジメをガンガン攻めるところを
「絵で」拝見したかった。というかこういうのが三島先生の真骨頂でしょ。
これは文字だけで見るのはもったいなかったなぁ・・・。

なんにせよ。兄カップルも弟カップルも余りにも秋山が冷静でしっかり者なので忘れそうですが、年下攻め。番外編を手に入れてみるのも面白そうな気がします。でも別冊ならよかったのだが・・。

いろいろ思う所もあるけど脳内にとんでもない妄想ワールドを残してそこが素晴らしかったので「神」を進呈いたしましょう。

2

兄弟で入れ替わり!

両極端な兄弟が、人格が入れ替わっちゃうお話。
この設定が大好きな設定だったので楽しかった~。

入れ替わることによって起きる混乱とか暴走とかハチャメチャさが
すごく面白かったです。
そして弟のマフユが。
オトメな子だったはずだったのに、
言葉使いが荒くなって、後輩たちを子分にしちゃうのにおどろき。
そしてキスもしちゃうの!??
色々とんでもないお話でしたけど、
絵も可愛いですし、
サクサク読めてよかったです。

3

どっちがどっちかこんがらがって~!

最初読んだ時、すごい勢いで迫ってくる誌面の絵と展開が、まるでいつきまこと作品のような”怒涛のジェットコースター”(?)で、気押されて正直疲れてしまいました。
だけど、滅茶ドキドキハラハラして面白いんですヨ♪
こりゃぁ元気がある時でないと消化できない作品です(自分的にですので)
なのでやっとレビューできた(汗~)

よくある「階段転げ落ちたら入れ替わっちゃった!」ストーリー
やんちゃでヤンキーな兄・ハルキと、かわいくて乙男な弟・マフユ。
日頃から顔を合わせるとは、ちょっかい出してカチンとさせるマフユの友人・秋山が、実はハルキを好きだった!?
ジタバタアタフタするハルキと、まるで愉しむかのようにその姿に馴染んでいるマフユとの両極端な入れ替わりに対する対応と、
お約束的なオレの心のはずなのに体は自分のモノでないという葛藤と、自分の体および弟の体の貞操の危機とか(爆)
そんなわちゃわちゃが非常に楽しい1冊。

何と言ってもダークホースは弟のマフユ。
乙男のはずだったのに、言葉遣い荒く、後輩たちを子分にしちゃってあげくキスもゆるしちゃう!
何よりもーーー!攻めだった(続き爆)
なのにヤンキーだったはずのハルキがへたれてオロオロしているこの差ですね♪
よく考えれば、入れ替わったのは心だけだから腕力とかは元の持ち主の体力相応。
ハルキ(体はマフユ)を最初に襲おうとしたキモ豚が本当にキモかった(笑)・・・だけどいつもどうやって撃退してたんでしょうね?

入れ替わりモノ、途中でどっちがどっち、秋山の観念はどうなってるんだ?マフユの外見でもいいのか?とか頭が混乱してきちゃって~
でもそれがとても楽しい1冊なのです。


4

マフユちゃん!最強ッス!

設定はありがちな階段を落ちたはずみで人格が入れ替わる、それも両極端な兄弟で
料理大好きフリルエプロンが良く似合う弟のマフユちゃんと不良で喧嘩っ早い
兄のハルキが入れ替わったことから起きるラブコメ騒動なのです。

乙女趣味かと思うようなマフユちゃんと人格が入れ替わり、マフユの友人の秋山だけが
事実を知っているのですが、人格が入れ替わる前からハルキと秋山は犬猿みたいで
どちらかと言えばおバカなハルキが突っかかるのですが、いつも躱される感じ。
年下の秋山を生意気だと思っていたけれど、さり気なくされる優しさにツンデレさん
なのでなかなか本心を言えないハルキ。
メインはこのハルキと年下秋山とのラブなのですが、インパクトに残るのは
弟のマフユちゃんとハルキの学校の後輩の不良くんのハジメくんでした(笑)

乙女思考とばかり思っていたマフユちゃんが、兄の丈夫で力強い身体を得た事で
かなり暴走気味でハルキの立ち振る舞いをしているようで更に上を行っていて、
学校を仕切ってしまうまでになっていたなんてオチ。
更に兄の身体だった時に慕ってきた相手に全て手を付けていた(キスだけど)続きなんて
もう、驚愕する感じで元に戻っても一人だけ今回の入れ替えの事実を知ったハジメを
マフユちゃんが本気で好きになっていたみたいで、可愛い姿のままなのに
押し倒す勢いで、さらに元に戻ったのに攻めエロさんは変わらずのギャップ萌えです。
主役の二人も押され気味って感じでしょうか。

4

安定の?三島節

※なるべくネタバレを回避する方向で進行致します。

三島さんらしからぬ表紙に惹かれて頁を開いてみたものの、
正直評者は最初の三分の一が進行するまでとても居心地が
悪い状態でした。
この経験から申し添えれば、この作品については三島さん
だから云々と言う先入観はとりあえず捨てて読んだ方が
良いです。その方が発見出来るものが多いでしょう。
そして、そこを乗り越えると後は一気に怒涛の三島節の
複合技が展開されます。なんなんですかこのてんこ盛りは。
お染ブラザースの名セリフ『いつもより多く廻しております』ですか?

評者は、一冊で三度楽しめました。
読み方によっては無限大に楽しみ方を増殖させることも
可能でしょう。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ